マタニティ

赤ちゃんとママを繋ぐ、「臍帯(へその緒)」の役割について。トラブルの種類とは?

お母さんと赤ちゃんとを繋ぐ大切な命綱「臍帯(へその緒)」。

みなさんも桐の箱に大切に入れられたご自身のへその緒を、母親から見せてもらった記憶がある方もいるのではないでしょうか?

今回は、その臍帯にどのような役割があるのかを紹介していきます。

臍帯(へその緒)とは?

臍帯は、母体と胎児とを繋ぐ大切な役割をもっています。

臍帯は一般的にへその緒と呼ばれており、母体の胎盤から伸び、胎児のおへそに繋がっています。

太さは直径1~2センチメートルほどで、大人の中指ほどあります。

長さは、個人差がありますが約25~70センチメートルあり、細い臍動脈2本と太い臍静脈1本が螺旋状にグルグルと絡み合って収納されています。

ちょうど、電話機のコードのように引っ張ると伸びる形状になっていて伸縮性があります。

3本の血管が螺旋状になっていますが、血管の周囲にはゼリー状の物質が取り巻いています。

この物質は、プニプニの寒天のような柔らかな物質で、コイル状に巻いている血管が絡まったり、狭まって血液の流れが悪くなったりしないように保護しています。

この3本の血管を流れる血液は、いずれも胎児の血液になります。

太い臍静脈は母体から胎児へと流れる血管で、酸素や栄養をたくさん含んだ血液になります。

一方、細い臍動脈2本には、胎児から母体へと流れる血液が通っていて、二酸化炭素や老廃物などを母体に戻す働きをしています。

お腹の中の胎児は、母体が胎動を感じられるようになる前から、かなり頻繁に動いています。

臍帯は、羊水の水の中で胎児が自由に動き回ったり、手足を動かしたりして引っ張っても、千切れたりしないような頑丈な作りになっています。

臍帯(へその緒)の役割とは?

臍帯は、胎児と母体を繋ぐ重要な血管が絡み合ってできている物です。

母体から酸素や栄養を受け取り胎児の体に運び、胎児からは、二酸化炭素や老廃物など不要なものを再び母体に送り返します。

つまり、臍帯には

  • 胎児が呼吸をするための呼吸器の役目
  • 栄養を摂取ための消化器の役目
  • 老廃物を排出する泌尿器の役目

の主に3つの役割があります。

万が一にも、臍帯が切れるようなことがあれば、胎児は死亡してしまいます。

そのため、検診などでは、臍帯内の血液が無事に流れているかも検査します。

臍帯(へその緒)のトラブル

前述したように、臍帯は、母体と胎児を繋ぐ命綱です。ほんのわずかなトラブルでも、胎児にとっては、命の危険に繋がる可能性があります。

臍帯のトラブルにはいくつかの種類や原因がありますので、見ていきましょう。

臍帯巻絡

胎児の首や肩に臍帯が巻きついてしまう状態のことです。比較的よく起こる症状です。

臍帯が1周巻いていることがほとんどなのですが、中には、3周くらい巻きついてしまい、臍帯が短くなりすぎてしまうために、分娩が上手くいかない(胎児が膣内に降りてこない)ケースを引き起こすこともあります。

このような場合は、吸引分娩になったり、最悪の場合は帝王切開での分娩になったりすることがあります。

臍帯が長すぎる場合は、胎児がお腹の中で動き回っている間に、このように絡んでしまうことが多いようで、全分娩の20~25%で、何らかの絡みつきが見られます。

臍帯結節

臍帯結節とは臍帯が結ばれている状態のものをいいます。結節の仕方によって、新結節と偽結節の2種類に分類されます。

真結節とは、胎児が子宮内で回転し、臍帯が実際に結ばれて結節を生じたものをいいます。

一方の偽結節は、一見すると結節のように見えるもののことをいいます。臍帯の偽結節には、血管結節と膠質結節があります。

血管結節は、臍帯の発育が悪く、部分的に結節のような瘤状に見えることをいいます。膠質結節の方は、結節の内部に、ワルトン膠質が溜まってしまうもので、比較的よく見られます。

臍帯は、ゼリー状の物質でくるまれているので、多少の絡まりは平気ですが、結節の度合いが強くなりすぎると、血行が悪くなり、胎児の成長や生存を危険にさらすことがあります。

単一臍帯動脈

これは、通常なら2本あるはずの臍帯動脈が1本しかない異常です。症状はないので気がつくことはほぼありません。

成因には、臍帯の血管が最初から2本しか作られなかった場合と、成長の途中で1本が退化してしまう場合の2種類があります。

しかし、単一臍帯動脈は胎児の心臓奇形などを合併する頻度が高いといわれています。

臍帯位置の異常

臍帯は、通常は、胎盤の中央もしくは中央から少しずれた位置に生えます。

しかし稀に、胎盤の端の方に生えてしまうこともあり、これを辺縁付着といいます。

さらに胎盤から完全にはずれてしまい、胎盤以外の部分(卵膜)から生えてしまうことを卵膜付着といいます。このような異常を、臍帯付着異常とよびます。

臍帯付着異常が起こると、血流が悪くなるため、胎児の成長に影響が出ます。

また、分娩時に臍帯が圧迫を受けやすく胎児仮死になる可能性が高くなります。

臍帯の付着部位は妊娠初期に行う経膣超音波検査で確認できるので、検査によって臍帯の付着異常を指摘された場合は、経過観察をしながら、分娩を帝王切開などに切り替える場合もあります。

臍帯のねじれの異常

通常の臍帯の約80%は、反時計回りに平均11回捻転しています。

しかし、ねじれが強すぎる場合は、過捻転とよびます。逆に、ねじれがほとんどない場合を過少捻転とよびます。

臍帯は、厚い膠質に覆われ適度に捻転することで機械的圧迫による血流障害を防止していますので、捻転が少なくても多くても、血流が低下しやすく、胎児仮死の原因になることがあります。

臍帯下垂、臍帯脱出

出産の際、臍帯は、胎児が出てから出てくるものです。しかし、臍帯の位置が、胎児の頭の下などに入り込んでしまって、胎児より先に出てきてしまうことがあります。

破水前に、臍帯が胎児より先に出てきてしまうものを臍帯下垂、破水後に先進するものを臍帯脱出といいます。

臍帯下垂は、全分娩の0.2~0.5%、臍帯脱出は0.1~0.4%程度にみられます。

骨盤位が悪い場合や骨盤が狭い場合、羊水過多などの症状がある場合に起こりやすいといわれています。また臍帯自体が長い(過長臍帯)場合も要因としてあげられます。

いずれも、胎児の生命にかかわるため、緊急の帝王切開が必要になります。

特に、臍帯脱出の場合は、陣痛が起こることで臍帯圧迫が起きて血流が遮断されることも考えられるので緊急を要します。

臍帯血バンクについて

テレビやCMなどで臍帯血バンクという言葉を聞いたことはありませんか?

最後に赤ちゃんとママが初めて行えるボランティア、臍帯血バンクについてご紹介します。

まず臍帯血とは、臍帯の中に含まれる血液のことを言います。

臍帯血には、造血幹細胞とよばれる、赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる細胞が、骨髄と同じくらいたくさん含まれています。

臍帯血バンクは、出産後の臍帯から臍帯血を採血し、骨髄移植が必要な第三者のために、臍帯血を利用してもらうという取り組みなのです。

骨髄移植は、骨髄を提供する側も全身麻酔と入院をともない負担が大きいため、必要な時にドナーが見つからず、患者さんの治療に間に合わないこともあります。

しかし、臍帯血はすでに採血をされ冷凍保存をされたものです。

この臍帯血を利用することで、治療が必要な時にすぐにドナーを見つけられる確率が増え、骨髄移植と同様の治療を行うことができます。

すべての病院で対応しているとは限りませんが、ご興味がある方は、かかりつけの産科医院で聞いてみてください。

まとめ

以上、臍帯についてみてきましたがいかがでしたか?

赤ちゃんにとって、生命を繋ぐ大切な役割をもつ臍帯。

ほんの少しの異常が、大きな危険に繋がる恐れがあります。

妊娠初期の段階で、臍帯の付着異常や長さが短い・長いなどの指摘をされた場合には、胎児の成長が順調に進んでいるかとともに、臍帯が絡んでいないかなど、しっかり定期検診で確認してもらいましょう。

いずれも、超音波検査で分かるものですが、出産時のリスクを減らすためにも、緊急の場合はすぐに手術に変更できるような施設がある病院での出産が安心ですね。

さらに、出産後も臍帯血バンクといったボランティアを行うことも出来ます。

出産をすることで誰かの命を救うことができるかもしれない。そんな可能性が臍帯には詰まっています。

気になる方は、ぜひ臍帯血バンクを検討してみてください。

参考文献:たまひよnet みんなの妊娠用語辞典 へその緒

参考文献:日本産科婦人科学会 D.産科疾患の診断・治療・管理 10.異常分娩の管理と処置

参考文献:SAVE CORD BLOOD さい帯血って何?

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。