マタニティ

妊娠初期の異常妊娠の原因とは?腹痛や出血はみられる?

「子宮外妊娠」とは、放置すると深刻なトラブルを引き起こす可能性がある“異常妊娠”!

しかし、そういわれても通常の妊娠と何が違うのか、どのようなトラブルを引き起こすのかピンとこない人も多いでしょう。

では、どういった原因で起こり、どのような症状をもたらすのか詳しく見てみましょう。

子宮外妊娠とは?

子宮外妊娠とは、名前の通り子宮内膜以外の場所で妊娠する状態を指し、妊娠初期の異常妊娠の代表的な症状です。

受精卵は通常、子宮内膜の粘膜に着床しますが、まれに卵管や子宮頚管などに着床してしまうことがあります。

これを子宮外妊娠と呼び、正式には「異所性妊娠」といわれます。

着床する場所は卵管以外にも卵管の付け根や卵巣、腹膜の表面などがあり、全妊娠の約1%の割合で発生します。

「妊娠」とはつくものの、受精卵がきちんと成長できる場所は子宮だけですので、ほかの場所に着床してしまった場合、残念ながら妊娠を継続することはできません。

しかし、妊娠時と同様に体内ではホルモンバランスが変化するため、妊娠検査薬を使用すると陽性反応が出ます。

そのため、正常な妊娠とも見分けがつけにくく、病院へ行くのを後回しにしているうちに症状が悪化してしまうこともあるのです。

子宮外妊娠の原因は?

なぜ子宮外妊娠が起こるかはわかっていませんが、感染症により卵管の癒着が引き起こされてしまったケースや、受精卵が運ばれるときにトラブルが起こってしまったケースなどが考えられます。

特に卵管炎や子宮内膜症などが原因で卵管が癒着していると、受精卵が子宮へうまく運ばれず、子宮外妊娠となってしまうことがあるのです。

卵管炎の場合は、クラミジアや淋菌といった性感染症が代表的です。

また、下腹部の炎症や手術を経験したことがある人が起こりやすく、骨盤腹膜炎や腹部手術などをしたことがある人も注意が必要です。

あわせて、「以前、子宮外妊娠になったことがある」という人も、再び子宮外妊娠になる可能性があります。

しかし、こういった状態を自覚している人は少ないため、機能障害に気づけず、原因がはっきりしないこともあります。

子宮外妊娠の症状は?兆候はある?

前述した通り、子宮外“妊娠”とはいっても、妊娠同様の兆候が表れるため、自覚症状はほとんどないといってもよいでしょう。

胸が張ったり生理が遅れたりといった妊娠初期症状があるため、通常妊娠と思い検査薬を使用する人もいます。

検査薬でも陽性反応が出ますので子宮外妊娠に気づくことはできません。

子宮外妊娠を早期発見するためにも、陽性反応が出た場合は、できるだけ早く産婦人科に行きましょう。

子宮以外の場所で着床してしまうと、赤ちゃんの成長に適応できないため、いずれは限界に達してしまいます。

週数が進むと不正出血や下腹部痛などの症状が現れ、痛みの程度は軽いものからキツイものまでさまざま。

人によっては、不正出血を生理と勘違いすることもあるため、発見までに時間がかかってしまうケースもあります。

しかし、進行するにつれて出血量が増え、痛みが強くなりますが、放っておくと卵管が破裂してしまう危険もあります。

破裂をしてしまうと大量出血が起こり、危ない状態になりますので、自己判断せずきちんと病院で診断を受けることが大切です。

子宮外妊娠はいつわかる?

子宮外妊娠かどうかわかるのは、エコー検査で子宮内に赤ちゃんの元となる「胎嚢(たいのう)」が確認できる、妊娠6週ごろ。

このころまでに、子宮内で「胎嚢(たいのう)」が確認されない場合、子宮外妊娠が疑われます。

ただし、妊娠初期は想定している週数が正しい週数とずれていることもあるので、正常な妊娠でも子宮外妊娠と診断されることもあります。

子宮外妊娠の治療方法

子宮外妊娠の治療法は、基本的には手術をすることが選ばれます。

手術の場合は、開腹手術または腹腔鏡手術で妊娠部位を見つけて卵管ごと切除するか、妊娠組織だけを除去するかいずれかの手法が取られます。

最近では腹腔鏡(ふくくうきょう)を使用した手術も多く、痛みが少なく、傷が目立ちにくい手術を受けられるケースもあります。

傷が小さいため術後の癒着が少なく、不妊症になりにくいこともメリットといえるでしょう。

開腹手術と比べると手術にかかる時間は長くなりますが、治療期間が短いため入院も短期間で済みます。

ただし、癒着がひどい場合や手術中に予想外の出血があった場合などには、安全面を考えて開腹手術となることもあります。

どういった手法が取られるかはママの状態によっても変わりますが、手術が難しい場合や症状が軽い場合は薬物療法になる場合もあります。

いずれにしても、医師との相談が必要不可欠ですので、きちんと受診して治療方法を話し合いましょう。

まとめ

妊娠だと思っていたのに、実は子宮外妊娠で妊娠が継続できないと言われたときのショックは計り知れません。小さな赤ちゃんを死なせてしまったと自分を責めてしまうこともあるでしょう。

しかし、子宮外妊娠は、原因不明なことが多く予防方法もないトラブルです。

誰にでもなる可能性はありますので、あまり自分自身を責めないようにしましょう。

もちろん早期発見をすることで安全な治療を受け、次の妊娠につなげることができます。

そのために、妊娠検査薬で陽性が出たときや腹痛や不正出血があるときは、早めに産婦人科に受診をすることを心がけましょう。

参考文献:日本産科婦人科学会 日産婦誌59巻11号 5)子宮外妊娠・頸管妊娠

参考文献:メルクマニュアル医学百科 家庭版 子宮外妊娠

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。