マタニティ

妊娠中に注意したい食べ物とは?妊婦さんのNG食材一覧表!

妊娠中は、栄養バランスのとれた食事をしっかり摂ることが大切です。

それに加えて、食べ過ぎると赤ちゃんに影響を与えるもの、食べてはいけないものがあることも忘れてはいけません。

妊娠前と同じ調子でつい食べてしまった・・となってしまう前に、注意したい食品や避けたい食品を見て行きましょう!

妊娠中に気を付けたい食事のポイント

食中毒に気を付ける

妊娠中は食中毒に気をつけなければいけません。妊娠中に食中毒にかかると飲める薬が限られてくる上、下痢と嘔吐で脱水症状や栄養不足に陥り、母子ともにリスクが生じます。

妊娠中は特にリステリア菌にかかりやすくなります。リステリア菌は高い塩分中や冷蔵庫でも増殖する手ごわい細菌です。

普通の成人では重症になるケースはまれですが、免疫力が落ちている妊娠中にかかると菌が胎盤や胎児へ感染し、流産や生れてからの赤ちゃんに影響が及ぶことがあります。感染しても

風邪のような症状でわかりにくいため、普段からの注意が大切になります。

動物性の食品は必ず加熱して、生ハムやスモークサーモン、ナチュラルチーズは控えめにしましょう。果物やサラダの野菜等生で食べるものはよく洗ってから使いましょう。

水銀の摂り過ぎはNG!

魚には食物連鎖を通じて微量の水銀が含まれています。普通の大人には大きな影響はありませんが、胎児の発達には影響を与えることが指摘されています。

赤ちゃんの生命に関わるような問題ではないものの、聴覚にごくわずかな障害が生じるなど先天的な問題を与える可能性があります。

ある特定の魚には水銀の濃度が高いので、妊娠中の魚の摂取には気をつけてください。

ビタミンAの取り過ぎに注意!

ビタミンAは妊娠前でも妊娠中でも摂りたい栄養素ですが、妊娠初期のビタミンAの摂りすぎは、赤ちゃんの形態異常の引き起こす可能性があると言われています。

ビタミンAはうなぎやレバーに多く含まれています。栄養価が高いからと毎日食べたり長期的に食べることは控えるようにしましょう。

妊娠中に注意したい食べ物一覧表

妊婦は食べないほうがいい食品

生肉

生肉は食中毒にかかる恐れがある他、トキソプラズマ症にかかる可能性があります。トキソプラズマ症は、健康な人はほとんど影響がありませんが、免疫が落ちている妊娠中は注意が必要です。

妊娠中にトキソプラズマに初感染すると胎盤を通して赤ちゃんに感染する恐れがあります。

妊娠初期で感染するケースは少ないものの、流産や生れてから脳や眼に障害が起きる可能性があります。

特に、豚肉は人へのリスクが高いため、しっかりと火を通したものを食べましょう。

生魚

お刺身やお寿司などの生魚についても食中毒の恐れがあるので、控えたほうが良いでしょう。

生の魚卵も同様ですので、必ず調理したものを食べるようにしましょう。

生卵

生卵も食中毒の恐れがあるので、妊娠中は控えたい食品です。

特に生卵はサルモネラ菌に汚染されやすい食品です。サルモネラ菌は75度以上、1分間の加熱で死滅します。

生卵の代わりに、半熟卵や温泉卵などにして食べるようにしましょう。

ナチュラルチーズ

加熱処理していないナチュラルチーズはリステリア菌が含まれている可能性があります。

リステリア菌は冷蔵保存や塩分が高い食品でも増殖する細菌です。

妊娠中は特に影響を受けやすいため、要注意です。ピザやグラタンなど熱を通してから食べるようにしましょう。

妊婦が食べ過ぎるといけない食品

一部の魚

魚には良質なタンパク質や、赤ちゃんの脳の発達に欠かせないDHA/EPA、骨を作るカルシウムが含まれる優秀食材です。

でも、一部の魚は高濃度の水銀が含まれているので、摂取に気をつけましょう。

食べる量に気をつけたい魚の種類(一部):

  • キンメダイ・クロマグロ・メカジキ・メバチなど:1回80gまで、週に1回まで(週に80gまで)
  • キダイ・マカジキ・ミナミマグロ・ユメカサゴなど:1回80gまで、週に2回まで(週に160gまで)

※80gは魚の切り身1枚分ぐらいです。

うなぎ、レバー

妊娠中は貧血予防のために鉄分の補給が進められます。かといって、毎日レバーを食べてしまうと、ビタミンAの過剰摂取になってしまうので要注意です。

レバーやうなぎに含まれるビタミンAは他のビタミン同様大切な栄養素の一つです。視覚・聴覚・生殖機能の維持や、成長を促進させたり、皮膚や粘膜、タンパク質を作るのに必要です。

しかしビタミンAは毎日の食事で十分足りています。むしろ過剰摂取に気をつけたい栄養素です。妊娠初期に摂りすぎると赤ちゃんに奇形が生じる可能性があります。

ビタミンAは体内に蓄積されるため、特に長期的な摂取には注意しましょう。

厚労省が定めた妊婦の規定量は1日670μgREで、これはレバー50gに相当します。

焼き鳥のレバーなら週に1本、うなぎのかば焼きなら週に1度で十分です。

昆布、ひじき

昆布に含まれるヨウ素は、摂りすぎると赤ちゃんの甲状腺機能に影響を与える恐れがあります。

ヨウ素は普段の食事で十分足りているものなので、偏らないように摂取するように心がけましょう。

だしは昆布だけでなくいりこやかつお節を使うなど、色々な食品を取り入れるようにするのがコツです。

また、ひじきにはヒ素が含まれるため、過剰摂取に気をつけたい食品です。ヒ素は水戻しの段階で半分ほど流れるため、使用する際はしっかり水戻しして使った水は捨てるようにしましょう。

ひじき摂取量の目安は、乾燥ひじきの場合は1回で5gまで、週2回ぐらいまでです。鉄やカルシウムの宝庫なので、全く食べないのはもったい限りです。指定量を守って食べるようにしましょう。

貝・甲殻類

貝・甲殻類も食中毒の恐れがあるので、お寿司やお刺身など生で食べることは控えましょう。

火を通して食べる分には問題ありません。

辛いもの

よく辛いものを食べるとお腹の赤ちゃんがビックリする、と言いますよね。赤ちゃんは20週ぐらいになると舌の感覚ができて来ると言われています。

赤ちゃんは羊水を飲むので、ママが食べたものの味もわかるといいますが、辛いものを食べたからと言って羊水が辛くなるわけではありません。

でも、塩分や糖分の摂りすぎは羊水に影響するので気をつけましょう。辛いものは血行を促進させ代謝を高める役割があります。

でも食べ過ぎると胃腸に負担をかけたり、むくみの原因になるので注意しましょう。

塩分の多いもの

妊娠中は塩分の多いものはむくみの原因になったり、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の心配があるため控えるようにしましょう。

妊娠高血圧症候群が悪化すると母子ともに危険な状態になってしまいます。妊娠高血圧症候群になると、出産まで予断を許さない状況に陥ってしまいます。

インスタント食品やコンビニ食、レトルトはなるべく食べないようにして、自分で料理する時も薄味を心掛けましょう。

まとめ

今回紹介した食べないほうがいい食品も、食べてしまったからと言って赤ちゃんに大きな影響があるわけではありません。

「体に必要だから」と一つの食材に偏ってしまうのではなく、たくさんの食材からまんべんなく取り入れることが過剰摂取を防ぎ、バランスよい食事がとれるポイントになります。

あまり神経質にならず、普段から色々な食品を食べるようにしましょう。

参考文献:厚生労働省 これからママになるあなたへ 食べ物について知っておいてほしいこと

参考文献:厚生労働省 妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。