マタニティ

安定期はいつからいつまで?何週目?妊娠中期の過ごし方と注意点とは?

妊娠初期の流産のリスクを乗り越えて、とうとうやってきた安定期。

この時期に入ると体調も良くなり、マタニティライフを楽しむことができます。

でも、そんなときでも油断は禁物。

今回は安定期の時期と過ごし方についてご紹介します。

安定期とは?妊娠何週目?

安定期とは妊娠5~7か月、週数でいうと16週~27週の妊娠中期を指します。

妊娠がわかってもしばらくの間は流産の危険性がありますが、安定期に入れば一安心。

流産は妊娠12週未満に起こることが多く、それ以降は珍しいため不安感も払拭できるでしょう。

また、安定期にはつわりが収まる人も多く、長い間悩まされてきた妊娠初期症状も落ち着いてきます。

安定期とはどんな時期?

安定期に一番うれしいのは、つわりが終わりを迎えること。

妊娠初期はダメだったニオイを嗅いでも吐き気が起こらなくなり、食欲も戻ってきます。

また、倦怠感や眠気、頭痛といったマイナートラブルも減り始め、体調も安定してくる時期です。

なかには「出産直前までつわりに悩まされた!」という人もいますが、ほとんどの場合はこの時期になると心身ともに穏やかに過ごせるようになってきます。

こういったマイナートラブルが減る理由は、胎盤が完成することに関係があるといわれています。

胎盤が完成すると赤ちゃんの成長に必要な栄養素や酸素の供給がしっかりとできるようになるため、母子ともに安定するのです。

また、これによって流産のリスクも低くなります。

そのため、安定期はマタニティライフを一番楽しめる時期といえ、胎動や赤ちゃんの性別などうれしい発見もたくさんあります。

胎動を感じられるようになれば、ママと赤ちゃんでおなかを叩きあう「キックゲーム」もできるので、楽しみ方も増えますよ。

性別がわかるとなおさら!ベビー服を用意したり名前を考えたりしているうちに、わが子の愛しさもさらに増してきます。

安定期の過ごし方とは?

体も心も落ち着いてきた安定期はどういった過ごし方をすればいいのでしょうか?

安定期にできることについてみていきましょう。

運動やマタニティスポーツ

妊娠初期症状で体を動かせなかった人も、安定期には体調が改善するため運動しやすくなります。

そこで、出産に必要な筋力や体力をつけるため、そして体重をコントロールするためにも、日ごろから運動を取り入れるママも増えます。

一番、気軽に行えるのはウォーキングで、買い物がてら散歩を楽しむのもおすすめです。

ほかにも、マタニティヨガやマタニティスイミングなど、妊婦さん向けのスポーツを楽しむのもよいでしょう。

ヨガは激しい動きがないので、運動が苦手なママにも最適。

出産時に必要な呼吸法も身に着けられるので、一石二鳥です。

ただし、必ず体に負担のかからない範囲で行うことが重要。

おなかに力を入れないよう気をつける、おなかの張りや痛みを感じたときにはきちんと休むなど、無理のないようにしましょう。

妊娠初期から医師に運動を禁止されている場合は、安定期から運動してもよいか必ず確認してください。

運動許可が下りたら、どのレベルの運動までならできるのか相談してみましょう。

出産や育児の勉強

体調が落ち着く安定期は、出産前の勉強のチャンス!

産婦人科や各自治体では「母親学級」「両親学級」といった教室を開いており、お産時の呼吸法やリラックス方法、赤ちゃんの沐浴指導などを行っています。

なかには、安定期に適したエクササイズを教えてくれたり食生活のアドバイスをくれたりするところもあるので、習いたい内容があるかどうか事前に確認しておくとよいでしょう。

また、母親学級へ参加するメリットは情報収集だけでなく、ほかのママとも仲良くなれることも含まれます。

経産婦から出産時のアドバイスをもらえることもありますし、同じママだからこそ共感できる悩みもあるので、ぜひ参加してみてください。

体調次第でショッピングや旅行も!

流産のリスクが低くなる安定期には、夫婦最後のデートとしてショッピングを楽しんだり、少し遠出をしてみたり、国内旅行を計画する人も増えます。

子どもが生まれるとバタバタしてゆっくり夫婦で過ごすこともできなくなるので、体調が落ち着いてくる安定期はまさに絶好のチャンスですよね。

しかし、混雑するようなイベントや歩き回らなければならないところは避けるように気をつけましょう。

おなかをぶつけてしまったり、疲れて転倒してしまったりといったハプニングも考えられます。

温泉宿のようなゆっくり休養できる場所が、一番理想的ですね。

交通混雑や旅行先での発熱などの可能性もあるため、万が一に備えて滞在先でどこに病院があるのかもきちんと確認をし、母子手帳も忘れずに携帯しましょう。

もちろん、旅行前には医師に相談することも大切です。

また、海外では日本の健康保険が適用されないため、急なケガや発熱時には思わぬ出費となることも。

訪問先の医療水準によっては適切な治療を受けられない可能性もあるので、海外旅行はできる限り避けましょう。

安定期の注意点とは?

食べ過ぎや急激な体重増加に注意!

安定期は、辛いつわりから解放されるあまり、つい食べ過ぎてしまう時期。

体重管理も難しくなるため、食事や間食にも気を配る必要があります。

でも、「食べる量を減らそう!」と考えるのはつらいので、まずは食事内容を見直してみましょう。

パスタや丼ものといった炭水化物が主流の食事になっていないか、間食で甘い物ばかり食べていないかなど、一日食べたものを記録して確認するのもおすすめです。

自分が食べたものを把握できたら、「間食が増えているから、食事量を減らして回数を5回に分けよう」「お菓子をやめてナッツを食べよう」など、変更できるポイントを探してみてください。

ちなみに、妊娠中期の体重増加目安は5kg程度。

妊娠中は胎盤から脂肪を蓄えるホルモンが分泌されるため、通常よりも太りやすい状態です。

なかには、妊娠前と同じ食生活をただ続けているだけでも太ってしまう人もいます。

食事内容によっては、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気になる可能性もあるので、安定期こそ食生活に気をつけましょう。

風邪やインフルエンザ予防をしっかり

安定期に入ると体調がよくなるため、外出や旅行をする機会も増えます。

しかし、妊娠中は免疫が落ちるため、感染症には要注意。

帰宅後は手洗いうがいを徹底し、感染症予防に努めましょう。

睡眠不足や不規則な食生活なども風邪を引きやすくなる原因なので、生活習慣全体を見直ししてみて。

ウイルスが蔓延しないように、加湿器や空気清浄機を検討してみるのもおすすめです。

油断は禁物!あくまでも妊娠中という意識を持って!

いくら安定期だからといっても、流産や早産の可能性が全くないというわけではありません。

妊娠中において、絶対に安心な時期はありませんので、疲れた時にはしっかり休養することも大切です。

体調が悪いときには、きちんと病院を受診しましょう。

外出時には母子手帳を持参する、遠出するときには最寄りの病院を調べておくなど、妊婦であるという意識をもって過ごしましょう。

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。