マタニティ

切迫流産とは?原因や症状は?安静が一番の治療法って本当?

切迫流産と聞くと、流産と同じようなイメージを持たれる方が多いと思いますが、実は全く別もの。

流産になり得るリスクがある人をまとめて「切迫流産」と呼んでいます。

妊婦さんによって症状が異なれば、必ず流産しそうな人というわけではありません。

妊婦さんなら、誰しもなる可能性があるものです。

今回は、そんな切迫流産についてみていきましょう。

切迫流産とは?

切迫流産とは流産したことを表す言葉ではなく、「妊娠22週未満に流産をしかけている状態」のことを指します。

そもそも流産とは22週より前に赤ちゃんが亡くなってしまうことを指しており、「切迫流産」の場合は状況によっては妊娠を継続できる可能性もあるのです。

また、妊娠22週未満の時期に子宮出血があるときも「切迫流産」と呼ばれるため、実際には流産が起こる可能性が低いケースも含まれています。

切迫流産の原因とは?

切迫流産の原因には、胎児の染色体異常によるケースや受精時の異常、多胎妊娠、血液や免疫、子宮の病気などが挙げられます。

妊娠初期における流産のほとんどは最初に挙げた胎児の染色体異常が原因といわれており、起こる確率は約15%。

染色体異常による流産は防げないものがほとんどで、経験したことのある妊婦さんも多い症状のため、切迫流産や流産を経験しても自分のせいと思い詰めないようにしましょう。

切迫流産の症状とは?

切迫流産の症状は、主に出血と下腹部痛です。

妊娠初期はつわりや風邪に似た症状がみられるためこれらを見落としがちですが、出血がある場合は自己判断せず医師に相談を。

出血といっても真っ赤な血が出ることもあれば、茶色やピンク色のおりものが出るという人もいるので、少しでも気になることがあれば病院で話しておくとよいでしょう。

月経と同じくらいの出血がある場合には、切迫流産の可能性が高いのですぐに受診を!腹痛や出血が続く場合には、入院や投薬治療も考えられます。

治療法は安静にすること!

現状、切迫流産を治療する方法はなく、安静が第一とされています。

子宮収縮が強く痛みが見られる場合は子宮収縮抑制剤を使用することもありますが、投薬はあくまでも対症療法であり、基本的には安静にすることが一番です。

血種や赤ちゃんの心音に異常がある場合は入院の可能性もありますが、そうでない場合は自宅療養が可能なケースも。

体に負担をかけない程度の家事を行い、あとはゆっくり安静にしておきましょう。

また、重い荷物を持つことや腹筋を使う動作、長時間のウォーキングなどはNG!

お米や飲み物など重い物を購入するときには、ネットスーパーを利用し自宅まで宅配してもらうと便利です。

そして、仕事によるストレスも切迫流産の原因になることもあります。

長時間同じ姿勢をとるデスクワークや立ち仕事による肉体疲労はもちろんのこと、仕事からくる精神的負担も切迫流産を引き起こしますので、医師から切迫流産といわれたときにはできる限り休んでください。

安定期(妊娠5か月)に入れば切迫流産のリスクは低くなりますので、それまでは安静を保ちましょう。

切迫流産の予防法

切迫流産の場合、さまざまな原因が考えられるため「これをすれば必ず防げる」といった絶対的な予防策はありません。

しかし、切迫流産にならないために取り組んでおくとよいものには、以下のようなことが挙げられます。是非、参考にしてみてください。

ストレス対策

きつい仕事や家事などが切迫流産の確率を上げている可能性もあるので、妊娠中はできるだけストレスのない環境で過ごしましょう。

とはいえ、上の子がいたり仕事をしていたりしてストレスフリーな環境なんて作れないという人もいるでしょう。

そんなときは、土日にはパパに家事を代わってもらって一人の時間を作る、夜に好きな音楽を聴く時間を作るなど、リラックスできる時間を少しでも作ってみてください。

長時間同じ姿勢にならないようにする

仕事によっては、立ち仕事やデスクワークなど長時間同じ姿勢でいなければならない人もいるでしょう。

ですが、同じ姿勢を長時間続けると体が冷えてしまい、血流を悪化させてしまいます。

血流が悪くなると赤ちゃんに十分な栄養を送れなくなってしまうこともあるので、長時間仕事をする場合にはきちんと休憩を挟めるよう、上司に相談するようにしましょう。

状態によっては仕事を休まなければならないこともありますので、医師の指示に従いましょう。

栄養バランスのとれた食事

バランスのよい食事を心がけているつもりでも、毎日続けるのは難しいもの。

厚生労働省は妊活中や妊娠中の女性に対し、葉酸の接種を推奨していますが、これには理由があります。

まず、葉酸が子宮内膜を強化してくれること。そして、流産のリスクを軽減してくれることが挙げられます。

ですが、流産を防ぐには葉酸だけの力では成り立ちませんので、日ごろから栄養バランスのとれた献立を考えるよう気をつけましょう。

妊娠初期症状で体調がすぐれない日が続くようであれば、夕食だけ夕食食材宅配サービスに頼ってみるのも◎。

あらかじめレシピが決められているうえ、栄養士監修のものも選べるので栄養面でも安心ですよ。

妊娠初期は無理をしないことが一番!

現状、予防策も乏しい切迫流産ですが、安静にしていれば妊娠を継続できる人も多いので、医師から「切迫流産」と伝えられたときにも焦らずゆっくりと過ごすことを意識しましょう。

妊娠初期は体が軽い分、「まだ大丈夫」と無理をしがちな時期。

激しい運動や重たい荷物もつことは出来るだけ避けてくださいね。

おなかの中に一人の命が宿っていることを考えて、疲れたらこまめに休むなど、あまり無理をせずに体を休めましょう。

参考文献:日本産科婦人科学会 一般のみなさまへ  病気を知ろう 流産・切迫流産

参考文献:国立成育医療研究センター 出産に際して知っておきたいこと 妊娠初期の出血について

参考文献:葛飾赤十字産院 切迫流産・切迫早産とウテメリン(塩酸リトドリン)

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。