マタニティ

お腹の張りや出血は切迫早産の兆候!?ストレスが原因でなることも?

少量の出血や腹痛があって病院に駆け込んだら「切迫早産」と診断されることがあります。

こんなシチュエーションに陥ったらすごく不安になってしまうと思いますが、「切迫早産」は、早産になりかけている状態というだけで絶対に早産してしまうわけではありません。

妊娠中、急に訪れる切迫早産。その兆候はあるのでしょうか?

今回は、切迫早産の原因や症状、治療法、予防法をまとめました。落ち着いて対処できるように、切迫早産について知っておきましょう。

切迫早産とは?

切迫早産とは、早産になる一歩手前の状態のことをいいます。このまま放置しておくと早産になる可能性が高いため、切迫早産がわかったら、すぐに処置が必要になります。

切迫早産は、子宮口が開き破水してしまっていたり、子宮収縮が頻繁に起こり、赤ちゃんが出てきそうな状態になったりすることです。

赤ちゃんは、正期産と呼ばれる妊娠37週~42週未満まではなるべく母体の中で成長するのが望ましいため、切迫早産と診断されたら、早産にならないよう治療をする必要があります。

一方の「早産」は、赤ちゃんが正期産より前の妊娠22週~37週未満の間に生まれてしまうことです。

一昔前までは、24週以降〜37週未満の分娩を「早産」と定義していました。新生児医療の進歩によって、22週の胎児でも救命できるようになったことは、とても素晴らしい進歩です。

しかし、何度も言いますが、なるべく母体内に長くとどまることが大切なので、切迫早産と診断されたら、早産にならないように気をつけなければいけません。

切迫早産はどうしてなるの?

切迫早産を引き起こす原因はいろいろあります。赤ちゃんとお母さんの問題に分けて、それぞれ詳しくみていきましょう。

赤ちゃん側の問題

多胎妊娠(双子や三つ子など)や逆子(骨盤位/こつばんい)、羊水過多(羊水が一定の基準を超えて多くなること)が挙げられます。

このような症状の場合は、子宮収縮が起こりやすくなるため、切迫早産の原因となることがあります。

母体側の問題

切迫早産の原因で最も多いと考えられているのが「絨毛膜羊膜炎」などの感染症によるものです。

絨毛膜羊膜炎は膣や子宮へクラミジアなどの細菌感染によって、赤ちゃんを包んでいる絨毛膜や羊膜に炎症が生じる疾患です。

また、子宮頸管無力症や子宮筋腫、子宮奇形など子宮の異常がある場合、切迫早産になりやすいです。

子宮頸癌の治療目的に行う「子宮頚部円錐切除術」という手術を行ったことがある妊婦さんも注意が必要です。

これらの場合は事前の検診で分かるので、妊娠のかなり早い時期から、入院して数ヶ月絶対安静で過ごす人もいます。

そのほか、疲労やストレスも原因の一つといわれています。

見逃さないで!切迫早産の症状とは?

切迫早産の兆候は、お腹の張りや腹痛、不正出血などです。それぞれ、どのように症状が出てくるのか、詳しくみていきましょう。

初期症状はお腹の張りや腹痛

切迫早産の一番初めの兆候はお腹の張りです。いつもと違うお腹の張りが続き、それが徐々に拡大し、痛みを伴うようになったら注意が必要です。

切迫早産でも、下腹部痛が急激に強くなり、陣痛のように規則的な周期がみられるようになりますが、その前に、破水が起こることもあります。

少量の出血

正常な出産でも、出産の前には出血が見られます。これは「おしるし」と呼ばれる、血が混じったおりもの状のものです。まだ出産予定日よりだいぶ前なのに出血があると切迫早産の可能性が高いです。

破水すると早産の可能性が高まる!

通常の出産では、陣痛がきてから破水が起こります。

しかし、切迫早産では「前期破水」といって、破水が陣痛より先に起こります。周期的な痛みや出血がないのに、いきなり破水することもあります。

破水が起きてしまうと、これ以上、子宮の中に赤ちゃんをお腹の中に入れておくことができず、早産になってしまう可能性が高まります。

もし破水してしまったら、羊水に雑菌が侵入しやすく、赤ちゃんが危険な状態になりますので、早急に産婦人科で受診をしましょう。

切迫早産と診断されたら?治療法は?

切迫早産かどうかは、子宮口の開き具合、子宮収縮の状況、破水や出血があるかどうかで調べます。

また、経膣超音波断層法で、子宮頸管の長さをはかる方法もあります。腹痛などの症状がなくても、子宮口が開いていることもあります。

切迫早産と診断されたら、基本的には薬を飲んで安静にします。赤ちゃんは、一日でも長くお腹の中にいるほうが良いので、安静にしてなるべく妊娠週数をのばすようにします。

子宮筋弛緩剤を投与して安静にしますが、入院して点滴治療を行うこともあります。

場合によっては、子宮口の広がりを防ぐ、子宮頸管縫縮術という手術を行うこともあり、2~3ヶ月間入院生活を余儀なくされることもあります。

入院が必要ないと判断された場合は、自宅で日常生活が可能です。

ただ、重いものを持ったり、お風呂に長い時間入ったりするのは避け、お腹に圧力がかからないように気をつける必要があります。

切迫早産になる確率は、妊娠している女性の約15%といわれており、決して珍しいものではありません。

実際に早産に至るのは全体の妊娠のうち約5%といわれていますので、切迫早産と診断されても、焦らず医師の指示に従いましょう。

入院する場合の入院期間や入院費用は?

切迫流産の入院期間は人によってさまざまです。数日で退院できることもあれば、3ヶ月近く入院を続ける場合もあります。

胎児の肺が成熟する妊娠34週、可能であれば「正期産」となる妊娠37週まで妊娠を維持させることが理想です。

そのため、切迫早産の恐れが早産と判断される妊娠22週目すぐに起きた場合は、長期の入院が必要になります。

入院費用は病院によっても、使用する薬剤によっても異なりますが、入院1日あたり5,000円〜15,000円ほどかかると考えておくとよいでしょう。

切迫早産と診断されると、医療保険が適用されます。また、医療費が高額になった場合は、医療費の一部を払い戻ししてもらえる「高額療養費制度」というものもあります。

しかし、入院中の診察や治療などの医療費は保険適用となりますが、それ以外の費用が結構掛かってしまうのが入院です。

例えば、差額のベッド代やテレビカードの費用、食事代です。トータルでどのくらいかかるのか、病院にしっかり確認して不安を解消しましょう。

切迫早産の予防とは?

子宮筋腫など、事前に対応できる疾患の場合は、妊娠前に手術をしておくほうが良いでしょう。頸管無力症や子宮頚部円錐切除術については、医師と相談の上、慎重に妊娠期間を過ごすことで乗り切れます。

ストレスや喫煙など、生活習慣を改善することで、切迫早産のリスクを軽減しましょう。

仕事面や生活面で無理をし過ぎると、疲労から切迫早産につながることもあります。

また、妊娠中全般に言えることですが、母体の状態がそのままお腹の赤ちゃんに影響します。

バランスのとれた食事、適度な運動、十分な睡眠など、規則正しく健康的な生活を送ることが大切です。

無理は禁物!少しでも兆候があれば病院へ!

切迫早産と診断されると焦ってしまいますよね。また、自覚がないうちに出血があったり、破水してしまったりしたらパニックになってしまうかもしれません。

早産になりかけている切迫早産ではありますが、適切な処置を行い、安静にしておくことで、妊娠状態を維持することができます。

切迫早産にならないためにも、普段からストレスや疲労が溜まるくらいに無理をしすぎないことも大切です。

もし、お腹の張りや出血などの兆候に気づいたら早めに病院に行きましょう。

参考文献:日本産科婦人科学会 一般のみなさまへ 病気を知ろう 早産・切迫早産

参考文献:日本産科婦人科学会 産婦人科診療ガイドライン―産科編2014

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。