マタニティ

産後の抜け毛ってこんなにひどいの?葉酸サプリは抜け毛にも効果あり?

こんにちは。nanairo編集部のannaです。

産後の抜け毛って思ってる以上に抜けてびっくりしていませんか?

私も産後の抜け毛には驚かされました。特にシャンプーするとごっそり抜ける毎日でした。

そして、実は産後の抜け毛が落ち着いた後にやってくるアホ毛問題も意外と深刻です。

産後の抜け毛が多ければ多いほど、また元気に生えてくる髪の毛がピョンピョンはねまくってしまうんです。

ということで、産後の抜け毛はなるべく少なくすむように防ぎたいですよね。

産後の抜け毛を防ぐためにどんなことが効果的か紹介していきます。

産後の抜け毛とは

女性の身体は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが交互に働いています。

妊娠すると赤ちゃんを守ろうと、この女性ホルモンが一気に増加します。

しかし、出産すると今度は女性ホルモンが急激に低下し、もともとの分泌量に戻ろうとします。

このように女性の身体の中では様々な変化が起こり、その影響の一つとして産後の抜け毛があります。

私も2回出産していますが、2回とも産後の抜け毛はすごかったです。

家中に私の髪の毛が落ちていて、掃除をしてもしても落ちている状態でした。

シャンプーした時は手にごっそり抜けた髪がついてきます。

お風呂掃除をしてくれる主人も毎日排水溝にたまる髪の量がすごいので、「髪の毛大丈夫?」と心配するほどでした。

多くの女性が経験することなので、特に心配しすぎなくて大丈夫ですよ。

でもなるべく減らしたい抜け毛、まずは抜け毛が起こる原因をみてみましょう。

産後の抜け毛の原因

ホルモンバランスの影響

妊娠すると増える「エストロゲン」と「プロゲステロン」には、赤ちゃんを守るために毛を抜けにくくする働きがあります。

妊娠して毛が濃くなったと思った方はいませんか?

私は毛が薄いタイプなので、腕や足も生えていてもあまり見えないので剃ったり、脱毛したり特にケアはしていません。

それが、妊娠すると毛が見えやすくなるぐらい濃くなってました。

あと、少し恥ずかしいですが、なぜか両足のスネに1本ずつ太く長い毛が生えるんです。笑

出産すると女性ホルモンが急降下し、元の分泌量に戻ろうとします。

すると、抜けにくくなっていた毛が一気に抜け出してしまうんです。

これがいわゆる産後の抜け毛ですね。産後脱毛症や分娩後脱毛症とも呼ばれます。

育児によるストレス

出産すると休みなく始まるのが育児ですよね。

どんなに可愛い我が子でも2,3時間おきの授乳したり、夜になると寝てくれず睡眠不足になったり、育児は本当に大変です。

出産して身体もボロボロなのに睡眠不足の日々が続き、赤ちゃんは可愛いけど、はかどらない家事やゆっくりまともに食べられない食事にもストレスは溜まりますよね。

ストレスが溜まると、自律神経が乱れ血行不良に繋がります。

髪の毛まで十分な栄養がまわらなくなり、毛が細くなったり、抜けたりしてしまいます。

授乳や食事がまともに摂れないことによる栄養不足

母乳で育てている方は、赤ちゃんにたくさん栄養をあげているので、お母さんが栄養不足になってしまうこともあります。

赤ちゃんのお世話が大変で自分の食事がおろそかになってしまうことでも栄養不足になりかねません。

栄養不足によっても、毛が細くなったり、抜けたりしてしまいます。

授乳中は赤ちゃんのためにもお母さんのためにもしっかりと栄養を摂ることが大切です。

産後の抜け毛はいつからいつまで続く?

産後の抜け毛はホルモンバランスの影響がメインなので、どうしても個人差があります。

一般的には産後3ヶ月頃から抜け毛が始まり、産後6ヶ月頃からピークが始まり、1年経つころには落ち着いてくるという感じです。

私は2回とも産後3,4ヶ月頃から少しずつ抜け始め、産後5,6ヶ月頃からピークが来て、産後10ヶ月頃には落ち着く感じだったと思います。

だんだん抜け毛のピークが終わり、産後8ヶ月頃から次に気になるのが、アホ毛です。

新しく毛が生えてきて嬉しいんですが、短いのでツンツン立っている毛がすごく気になるんです。

ヘアバンドでアホ毛を隠したり、前髪を短めに切ったりとアホ毛対策をとられる方も多いと思います。

そして、アホ毛も落ち着いて、新しく生えた毛が伸び揃ってくると、妊娠前よりも髪の量がしっかり増えていて驚いたのを覚えています。

抜けている間もアホ毛の間も気になるし嫌なんですが、見事に生えて伸び揃うととても健康的な生き生きした髪になるので、それはそれで嬉しいなとも思う複雑な乙女(?)心です。

産後の抜け毛への対策

産後の抜け毛は多くの女性に起こる生理的現象なので、特に心配する必要はありません。

でもおしゃれにヘアスタイルってとても大事ですよね。気になってストレスに感じてしまう人もいると思います。

なるべく抜け毛を減らしたり、早く回復させたりできる対策はあるのでしょうか?

生活リズムを整えて睡眠を大切に

いやいや、赤ちゃんがいて慣れない育児で無理です。という声が聞こえてきます。

そうですよね、赤ちゃん中心で赤ちゃんに翻弄される生活なのに、どうやってリズムを整えるんだっていう話ですよね。

でも赤ちゃんも寝返りやお座りなど少しずつ自分で動けるようになるのと共に、お昼寝の時間帯や回数など段々とリズムが整ってきます。

お母さんも赤ちゃんのリズムに合わせて、家事をするときはする、食べるときはしっかり食べる、赤ちゃんが寝たら一緒に寝るというようにメリハリのある生活を目指しましょう。

3時間程のまとまった睡眠がとれるようになれば、成長ホルモンも分泌され発毛が促されます。

夜まとめて寝れない日々だと思いますが、赤ちゃんの生活リズムを日中から整えていけば夜も割と寝てくれるようになりますよ。

頭髪環境を整える

お風呂もなかなかゆっくり入ったり、丁寧にシャンプーをしたりできなくなりますよね。

そうしたことも産後の抜け毛を助長してしまうので、赤ちゃんの隙を見て頭髪環境を整えることを心がけましょう。

産後の抜け毛に対策になる専用のシャンプーや育毛剤もあるので、そちらを活用してもいいですね。

葉酸サプリで有名なベルタにも「ベルタ育毛剤」という商品が実はあるんですよ。

  ベルタ育毛剤

食生活に気を付けよう

母乳育児のお母さんは特に、赤ちゃんのためにも栄養バランスを考えた食事が理想的です。

しかし、調理に時間を割けなかったり、いざ食べようという時にぐずられたり、なかなかまともに食事もできないのが母親ですよね。

抜け毛対策のために以下の栄養素は積極的に摂ってもらいたいです。

たんぱく質

髪はたんぱく質がメインです。魚や肉、大豆などに多く含まれています。

特に大豆に含まれる「イソフラボン」は女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きを持っています。

納豆やお豆腐などは、調理に時間のかからない食材で簡単に摂れるのでとてもおすすめです。

葉酸を含むビタミンB群

ビタミンB群はたんぱく質を作り出すときに欠かせない栄養素です。

髪の主成分になるケラチンを作るのにビタミンB6は欠かせないし、葉酸も髪を作る細胞を増やしたり栄養を届けたりと大切な働きをします。

亜鉛や鉄などのミネラル

海藻類に多く含まれるミネラルです。昔からワカメやひじきは髪にいいと言われますよね。

特に、亜鉛や鉄は発毛効果が期待できるので積極的に摂りたいですね。

産後の抜け毛にも葉酸サプリが効く?

葉酸サプリには髪の毛にも大切なビタミンやミネラルが豊富に含まれているものが多くあります。

授乳中も一般女性の葉酸推奨量240㎍+100㎍の葉酸摂取が推奨されています。

これは「ポリグルタミン酸型」の天然葉酸で設定されているので、食事から補えればそれに越したことはありません。

しかし、授乳中は他の栄養素も普段より多めに摂るように推奨されています。

育児をしながら栄養満点の健康的な食事を作って食べるのは、とても難しいことですよね。

妊娠初期でなくなったり、出産したりで葉酸サプリの服用を止めてしまう方も多いかと思います。

産後のボロボロの身体にも必要な栄養素がたくさん入っていますので、葉酸サプリを継続して飲むことをおすすめします。

ただ妊娠初期や中期のようにたくさん飲む必要はないので、粒数を減らして産後も葉酸サプリを継続されてみてはいかがでしょうか?

葉酸サプリを飲むことで、栄養不足による産後の抜け毛の助長は十分に防げるかと思います。

まとめ

産後の抜け毛は、妊娠中に多く分泌されていたホルモンの急な現象によるものです。

出産を経験した約7割の女性が抜け毛を経験しています。

あまり心配しすぎずに、赤ちゃんとの生活リズムを整えながら、葉酸サプリなども活用して栄養バランスに気を付けましょう。

抜けたまま生えてこない訳ではないですしね。

健康的な髪が生えてくるのもとても嬉しいことですから、抜けることばかりを気にせず、健康的な髪が早く生えるように食生活や睡眠をとる、普段の生活を大切にしていきましょう。

ABOUT ME
anna
おしゃべり大好き4歳女の子と、わんぱくすぎる2歳男の子の子育て奮闘中。nanairoでは主に妊娠や育児に関する記事を担当しています。