マタニティ

ピニトール配合の新ママ活サプリ「ベジママ」の成分や口コミを紹介

こんにちは☆nanairo編集部のannaです。

妊活中の女性が気になるサプリメント「ベジママ」。

今までいくつかの葉酸サプリメントをご紹介してきましたが、「ベジママ」には初めて「ピニトール」という栄養成分が配合されています。

「ピニトールとは何?」というところから調べてみました。

「ベジママ」の成分や特徴から実際に飲んでみたレビューなど紹介しますので、是非ご参考にしてみて下さい。

葉酸は妊活・妊娠中に必要な栄養素

葉酸とは?

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種です。

1941年にホウレン草の葉から発見されました。
ブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれ、イチゴ・バナナ、キウイ、その他に焼きのり、枝豆、納豆などの食品に含まれています。

葉酸の作用はDNAの成分である核酸が作られる時に働き、細胞の再生を助けることです。胎児の成長過程において、細胞分裂が活発に行われるため葉酸の働きが非常に重要です。

葉酸は妊活・妊娠中に必要な栄養素

葉酸が不足すると「二分脊椎症」などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなると言われています。
妊娠一ヶ月前~妊娠三ヶ月までに葉酸を十分に摂取することで、神経管閉鎖障害の発症リスクを約70%まで軽減できます。

神経管閉鎖障害とは、妊娠初期に起こる先天性異常のひとつです。
神経管とは中枢神経系のもととなる細胞の集合体のことで、これらが細胞分裂することで脳や脊髄など胎児の様々な神経細胞が作られます。

神経管の下部に閉鎖障害が起きた場合は二分脊椎と呼ばれ、下肢の運動障害や排泄機能に障害がおこることがあります。
神経管の上部に閉鎖障害が起きた場合、脳が形成不全となり無脳症と呼ばれ、流産や死産の確率が高くなります。

もちろん神経管閉鎖障害の原因は葉酸不足だけではありませんが、少しでもリスクを下げられるなら積極的に摂取したいですね。

他に葉酸は、粘膜の健康を保つためにも重要な働きをしています。
子宮内膜も粘膜の一種で、葉酸を適切に摂取することで子宮内膜の健康が保たれます。着床力アップにつながると言われています。

妊活・妊娠中にとっても大切な栄養素なのです。

厚生労働省が葉酸の摂取を推奨

妊娠を計画する女性・妊娠の可能性のある女性に対して、厚生労働省が栄養補助食品等を利用して400㎍摂取するよう推奨しています。

食品に含まれているので栄養補助食品は必要ないと思いがちですが食品から摂取できる天然葉酸は水に溶けやすく、加熱に弱く、胃酸によって分解されます。
天然葉酸の体内における使用率は50%なので、食品に含まれる葉酸の半分しか体に吸収されません。

その為、食事以外の方法でサプリメントから葉酸を摂取するように推奨しているのです。
今のところ神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減させると科学的根拠を示せているのは「モノグルタミン酸型」の合成葉酸だけです。

「ベジママ」とは

妊活にオススメな栄養素ピニトールを配合

海外では広く妊活サプリメントとして活用されている「ピニトール」を配合しています。

前述の葉酸400㎍はもちろんのこと、妊活サプリメントとして有効とされているルイボスも配合されています。
ルイボスは活性酸素の増加を防ぐとされているルイボスティーの原料で亜鉛・カリウム・マンガンなど豊富なミネラルを含んでおり、抗酸化作用が高いです。

ホルモンバランスを整え老化を防ぐ抗酸化作用があるビタミンEや
葉酸と共に赤血球をつくる為に働き、貧血予防にも良いとされているB12、
その他ビタミンC・B1・B6を含んでいます。

関西鉄工株式会社について

関西鉄工株式会社が「ベジママ」を取り扱っています。
大正12年創業の長い歴史を持つ鉄工会社です。
異業種からの参入ですが自社で植物工場を作り、アイスプラントという食物を栽培して、栽培試験を何度も繰り返して機能性食品の開発を行っています。

他社に依頼して製造してるサプリメントが多いなか、原材料の栽培から商品の製造、販売まで一貫して行っているのは信頼がおけますね。

  ベジママ

VEGESTORY

関西鉄工株式会社は「皆様の街で農と食を通じ人々の健康と幸せに貢献します」という理念のもと、素材にこだわり安心・安全なお野菜を供給している植物工場が進める健康推進活動を行っています。
ベジストーリーのサイトでは「ベジママ」だけではなく、以下の商品も販売しています。

「葉酸サプリ 鉄・カルシウム+」
葉酸サプリ 鉄カルシウム 画像

ベジストーリー

葉酸400㎍、鉄15㎎、カルシウム230㎎を配合し、1日あたり約60円の妊娠中・授乳中にオススメのサプリメントです。

「グリーンルイボスティー」
グリーンルイボス

ベジストーリー

フラボノイド、ミネラル群、フルーツ酸を配合したルイボスティーです。
ノンカフェインでタンニンが少量なので、ママにとっても優しいお茶となっています。

「ベジママ」には妊娠中に必要な鉄分が配合されていないので、妊活中は「ベジママ」を飲み、妊娠が分かったら「葉酸サプリ 鉄・カルシウム+」に変えることをオススメします。

安心・安全な製法

関西鉄工株式会社は、太陽光を利用せず室内で食物を作っています。
植物工場は「公益財団法人 日本健康・栄養食品協会」によって審査されたGMP認定工場です。
GMP認定工場では原材量や配合量の間違い、異物混入のトラブルが起きないように徹底した品質管理が行われています。
厳しい基準を満たした上で製造されているので、安心・安全です。

また、第3者機関によって放射性検査、残留農薬検査を実施して「検出なし」の結果を得ています。

「ベジママ」の商品情報

名称ピニトール加工食品
内容量24g(200㎎×120粒)
摂取量1日4粒を目安に
価格5,940円(税込)
一日当たり約198円

「ベジママ」の原材料・成分

原材料

  ベジママ

多嚢胞に効くとされるピニトール

ピニトールはビタミンBの一種で、大豆などマメ科の植物に存在する天然の物質です。
その他ルイボスやアイスプラントから検出されます。

関西鉄工株式会社は、温度・湿度など栽培環境を最適化した水耕システム工場で「アイスプラント」(※1)という食物を栽培し、「ピニトール」を抽出しました。

日本では聞き馴染みのない成分ですが、アメリカなど海外では不妊の初期段階の治療に広く利用されています。
不妊の中でも多嚢胞性症候群(PCOS)効果があると実証されています。

多嚢胞性症候群(PCOS)とは卵巣の中に10㎜程度の卵胞が多数出来、それ以上に大きくならず排卵が起こりにくくなる病状です。
多嚢胞性症候群(PCOS)の原因としてインスリン(※2)の作用の鈍化が深く関わっています。
インスリンの働きが低下することで、さらにインスリンの分泌が促され男性ホルモンが増加し、排卵に異常を起こすと考えられています。
また、血糖値の上昇による血行不良も、体内の老廃物の排出を阻害し、卵巣に悪影響を及ぼすと言われています。

ピニトールは男性ホルモンを抑止し卵巣の状態を正常に保ち排卵を行えるようにする効果があります。
別名「植物性インスリン様物質」と呼ばれ、血糖値の上昇を緩やかにするので、インスリンを抑制してくれる効果もあります。
その為、多嚢胞性症候群(PCOS)の改善が期待できるのです。

(※1)アイスプラント ハマミズナ科の食物で、ツブリナやソルトリーフと呼ばれることもある。ピニトールはアイスプラントに多く含まれている。
(※2)インスリン すい臓から分泌される血糖値をコントロールするホルモンで、体内のグルコースをエネルギーに変換する働きをする。

「ベジママ」の効果的な飲み方

公式サイトでは水やお湯での服用を勧めております。
コップいっぱいの水で飲むことでしっかり腸まで届けましょう。

摂取の量・時間に関しても特別な記載はありませんでした。

葉酸サプリメントを飲むタイミングとして、空腹である食間や就寝前がオススメです。
胃腸の弱い方は食後30分以内に飲み、食べ物と一緒に栄養分を吸収するようにしましょう。

ピニトールは長期的な働きを期待するサプリメントなので体調をみながら継続して摂ることがオススメです。
食生活・生活環境にも個人差がありますので3ヶ月~6ヶ月くらいを目安に続けることが良さそうです。

「ベジママ」の副作用や注意点

公式サイトでは注意点などについて言及されていませんでしたが、まずは1日4粒という容量をしっかりと守ることが大切です。

厚生労働省は葉酸の1日当たりの上限摂取量を1,000㎍としています。

葉酸を過剰に摂取すると下記のような症状が起こる可能性があります。

  • 発熱
  • 食欲不振・吐き気
  • じんましん・かゆみ
  • 紅斑
  • 不眠症
  • 呼吸障害

ピニトールについては食物由来なので安全と言われており、現在のところ健康な人の摂取による副作用の報告がありません。

インスリンに働きかけることによって血液中の糖を除去する作用があり、過剰摂取によってインスリン機能に異常を来すことがあるかもしれません。

水溶性物質なので腎臓でろ過されて排出されるため問題がないという意見もあります。

低血糖にする作用があるので、妊娠糖尿病で病院から薬を処方されている方は使用を控える方が良いと考えれます。

「ベジママ」の口コミを紹介

良い口コミ

  • 基礎体温があがった
  • 肌の調子が良くなった
  • 小さい粒なので飲みやすい
  • 初回特典と返金保障があるので安心して購入できる

基礎体温が上がったという声が多くありました。妊活目的で飲まれている方が多いようです。

悪い口コミ

  • 匂いが結構きつい
  • 味が良くない
  • ビタミンの種類が少ない

匂いと味に関するものが多かったです。匂いと味に関しては下記に示していますので参考にしてみてください。

実際に「ベジママ」を試してみました

白い無地のダンボールで届きました。

品名の部分は「食品」と記載され、依頼主は「関西鉄工株式会社 VEGESTORY植物工場物語」となっていました。

外見から妊活サプリが入っているとは分かりにくいと思います。

高さは約8.5㎝で手のひらサイズのボトルで、小さめの鞄にも入れやすいです。

薄い緑色のラベルで爽やかなイメージです。

ボトルを開封して鼻を近づけると、強めの匂いが香りました。動物園などでエサとして販売されているものに似ています。
少し面倒ですが、水を先に口に含み鼻をつまんで服用すれば匂いに関しては感じることがありませんでした。
匂いに敏感な方やつわりの強い時期などには鼻をつまみながら飲むのが良いかもしれません。

手にとって飲むと手に香りがしばらく残ってしまったので、しっかりと洗うことをオススメします。

味に関しては酸っぱさと青臭さみたいなものが混ざっており、軽く大葉のような味がしました。
私個人としては味については苦手ではありませんでした。

ベジママ 大きさ

ベジママ 幅

粒の大きさは7㎝で、幅は3㎜程度です。

見た目もすごく小さくて、とても飲みやすい大きさです。
錠剤を飲むことをあまり苦痛に感じない他のスタッフに試してもらうと、いとも簡単に4粒同時に飲んでいました。

「ベジママ」の購入方法や価格

店舗での販売

ドラッグストアや薬局などの店舗での販売はされていません。

公式サイトでの通販購入

通常購入

5,940円(税込)で、送料が別途540円(税込)かかります。
ただし沖縄・離島は送料1,620円(税込)となります。

定期購入

初回が2,970円(税込)、2回目以降は5,054円(税込)で、送料は無料です。
通常は1ヶ月に1個の配送ですが、2ヶ月に1個や2ヶ月に2個などの希望の送付方法に応じてもらえます。
初回半額キャンペーンは1商品につき1家族1回1個限りです。
初回より2個以上購入される方は、その内1個のみが半額となります。
1回につき4個以上の購入される方は窓口への相談が必要です。

定期購入の回数に関する縛りはないので、2回目以降から解約が可能です。
休止、解約や内容の変更は次回営業日の2営業日前までのオンラインショップか電話での連絡が必要です。

解約・休止・変更、相談窓口
フリーダイヤル:0120-149-035

葉酸サプリメントの購入において定期購入で回数制限があるものが多いので、2回目以降も15%オフというお得な価格で購入できるのはありがたいですね。

初回のみ全額返金保障つき

初回全額返金保障の対象はベジママ定期コースの初回1個目のみで、1家族1個1回限りです。2回目以降は返金保障の対象外です。

同じ関西鉄工株式会社によるベジママの公式サイトでは初回半額、全額返金保障について先着500名のみとされています。
購入に関する記載がややこしくなっているので、以下のベジストーリーご利用ガイドを参考にされるのがわかりやすいと思います。

ベジストーリーご利用ガイド

楽天やamazonでも購入できる?

公式サイト以外でもamazonにて購入できます。価格は3,879円。(税込)
楽天では取り扱いがありませんでした。

公式サイトの定期購入初回半額価格が1番お買い得となっています。
公式サイトに1か月のみの定期購入OKと記載されていますので、まずは公式サイトでの定期購入の初回分でお試しになってみるのをお勧めします。

「ベジママ」はこんな人にオススメ

  • 子供が欲しいなと妊娠計画をされている方
  • 妊娠したかも・妊娠初期の方
  • 喉が狭いなどの理由で大きな錠剤が飲みにくい方

まとめ

安心・安全のGMP認定工場で作られ、企業として長い歴史を持つので信頼性の高いサプリメントであると感じました。

「ベジママ」について調べてみると葉酸不足を補うサプリメントではありますが、ピニトールを配合していることがとても注目されていると良くわかりました。

ピニトールを目当てに購入される方が多いようです。
ピニトールは多嚢胞性症候群(PCOS)に効くとされていて、妊娠中にというよりも妊娠したい女性にとって重要な成分です。

「ベジママ」は妊娠中よりも妊活に有用なサプリメントかもしれません。

ABOUT ME
anna
おしゃべり大好き4歳女の子と、わんぱくすぎる2歳男の子の子育て奮闘中。nanairoでは主に妊娠や育児に関する記事を担当しています。