指毛が濃い人の手入れの方法は?抜く・剃る・脱毛のどれがいいの?

指毛に悩む男性は意外と多いといわれています。洋服を着ても常に見えてしまうため、処理したいと考えている方がいるかもしれませんね。

指毛の処理はどのように行えばよいのでしょうか。

ここでは、指毛の3大処理方法「抜く・剃る・脱毛」のメリットとデメリットを紹介しています。指毛にお困りの方は確認しておきましょう。

指毛はどうやって処理すればいい?

地味ながら、ちょっとしたときに目立ってしまう指毛。指毛が濃いと毛深い人のように見えるので困ってしまいますよね。

気になる方は処理するとよいかもしれませんよ。

指毛の処理方法として挙げられるのが「抜く・剃る・脱毛」です。それぞれのメリットとデメリットを確認しましょう。

抜く

セルフケアで人気を集めている処理方法が抜くことです。ピンセットや毛抜きのほか、脱毛テープや脱毛ワックスなどを使用して指毛を抜くことができます。

抜くことのメリットは、指毛の再生速度を遅くできること。

毛根から指毛を抜き去るので、処理すると数週間は新しい毛が生えてきません

同様の理由で、指がツルツルになるのもうれしいポイント。

毛抜き代や脱毛テープ代、脱毛ワックス代などの費用は掛かりますが、クリニックやサロンを利用するより安価に指毛を処理できることもメリットといえるでしょう

セルフケアで指毛をしっかり処理したい方にオススメです。

ただし、デメリットが大きい点には注意が必要です。

指は敏感な部位なので、毛を抜くとかなりの痛みを生じます。

指毛が濃い人になると、痛みが強すぎて全てのムダ毛を処理しきれないかもしれません。

また、肌トラブルを起こしやすい点にも注意が必要です。

無理やり指毛を引き抜くので、毛穴が開いて鳥肌のようにブツブツになることや毛穴が炎症を起こして赤くなること、化膿することなどがあります。

あるいは、毛が途中で切れるなどして埋没毛になって、かえって指毛が目立つようになることもあります(埋没毛とは皮膚内で成長した毛のことです)。

指毛を確実に処理できる点はメリットですが、肌トラブルを起こしやすいので指毛を抜くときは十分な注意が必要です。

トラブルを避けたい方は出来るだけ控えたほうが良いでしょう。

剃る

抜くことと同じく、セルフケアで人気を集めている処理方法が剃ることです。

カミソリや電気シェーバーを使えば誰でも簡単に指毛を処理することができます。

最大のメリットは、広い範囲の指毛を短時間で処理できること。費用もそれほど掛からないので、手軽な指毛の処理方法といえるでしょう。

気軽に行ってしまいがちな剃る処理ですが、実はデメリットが大きいといわれています。

最も注意したいデメリットが肌への負担です。

鋭い刃物を肌にあてるので、少なからずダメージが加わります。肌が弱いと、簡単に炎症などを起こしてしまいます。

また、処理を誤ると怪我してしまうこともあります

肌トラブルを避けたい方は、清潔なカミソリや電気シェーバーを使うこと、刃こぼれしていないカミソリを使うこと、処理前に肌を温めること、シェービングクリームなどを使うことなどを意識するとよいでしょう。

もちろん、処理した後に肌を冷やして保湿することも重要です。

以上のほかでは、毛の見えている部分を処理するだけなので、すぐに毛が生えてくることもデメリットです。

抜くことなどに比べてこまめなケアが必要になります。ケアの回数が多くなると肌トラブルを起こす確率も高くなります。

身近なセルフケアですが、意外とトラブルが多いので慎重に行ったほうが良いでしょう。

脱毛

指毛を確実に処理したい方から支持されているのが指毛の脱毛です。指毛の脱毛は、一部のクリニックやサロンで受けることができます。

脱毛は、メリット・デメリットがはっきりした処理方法です。

最初に理解しておきたいのがデメリットです。

毛抜きや脱毛ワックスなどを使った処理、カミソリや電気シェーバーを使った処理などに比べお金がかかります。

かなり高額になることがあるので、脱毛を検討する方はトータルでかかる費用を調べてから利用したほうが良いでしょう。

費用と同じく理解しておきたいのが施術の痛みです。痛みの強さは脱毛方法などにより異なりますが、どのような方法でも多少は痛いと考えておきましょう。

費用に納得できる方には、満足できることが多い指毛の処理方法です。

脱毛方法はクリニックやエステにより異なりますが、基本的に毛根にダメージを与えて毛の再生を阻害するので、施術を継続して受けることで指毛が生えてきにくくなります。

処理方法によっては、ツルツルにすることも指毛の量を減らすことも可能です

必要な施術を受けた後は、処理の必要がなくなる、あるいは処理する頻度が大幅に減るなどの状態になるので、最も効果的な指毛の処理方法といえるでしょう。

また、専門家が施術を行うので、セルフケアより肌トラブルを起こしにくい点も魅力です。

クリニックやエステで行う脱毛は、費用面さえ納得できればメリットの大きな脱毛法といえるでしょう。

指毛の処理ができるクリニック・サロン

指毛を脱毛したい方は、指毛の処理をしているクリニック・サロンを利用するとよいでしょう。

指毛の処理ができるクリニック

脱毛クリニックでは、主に医療レーザー脱毛と呼ばれる施術を行っています。

医療レーザー脱毛の特徴は、脱毛効果が高く永久脱毛を行える点です。

指毛脱毛を行っているクリニックは以下の通りです。

ゴリラクリニック

ゴリラクリニックは、身体の脱毛のメニューとして手の甲+手指を設けています

料金は、110,000円、5回コース40,000円(キャンペーン36,000円)、コース終了後16,400円です。初診料・再診料は料金に含まれています。

メンズリゼクリニック

メンズリゼクリニックでは、手背・手指脱毛を行っています。

料金は110,000円、5回料金29,800円、コース終了後14,768円です。

再診料・処置料・剃毛料・打ち漏れ再照射・肌トラブル治療代・薬代は無料です。

ドクターコバ

ドクターコバでは、両手の甲・指の脱毛を行っています

料金は110,000円で、6回目以降は1100円(予約料のみで受診可能)です

料金には、初診料・再診料が含まれています。

メディエススキンクリニック

メディエススキンクリニックでは手の指の脱毛を行っています。

料金は13,500円、39,975円、618,900円です。

ここに初診料3,000円、再診料1,000円などが別途必要です。

指毛の処理ができるサロン

一部のサロンでも指毛の脱毛が行えます。

ダンディハウス以外は、光脱毛を行っています。

指毛脱毛を行っているサロンは次の通りです。

ダンディハウス

ダンディハウスでは、毛穴に針を挿入して電気を流して毛根にダメージを与えるニードル脱毛を行っています。

腕脱毛コースで指毛の脱毛が可能です。

料金は、毛の量などにより異なるのでカウンセリングで見積りを摂るとよいでしょう。

脱毛ラボ・メンズ

脱毛ラボ・メンズでは両手の甲と指の脱毛を受けることができます。

料金は、月払いコース、単発脱毛プランなどがあります。

月額制選べる部分脱毛14か所プランを利用した場合、月々3980円の支払いとなります(両手の甲と指を含む14か所の脱毛が受けられます)。

メンズラクシア

メンズラクシアでは部位脱毛として両手の指の施術を行っています。

料金は初回1,950円です

初回のみ5065%オフの料金で施術を受けられます。

メンズ脱毛 MAX

メンズ脱毛MAXでは手甲指の脱毛を行っています。料金は18,000円です。

メンズ脱毛MAXで脱毛を始めた方は50%オフの4,000円でずっと利用することができます

毛の量が少ない方などはさらに割引が受けられます。

メンズ脱毛 リンクス

メンズ脱毛リンクスでは、両手の指脱毛を行っています。

料金は初回1,900円で、以降は1回都度払い3,800円、4回保証パス10,500円、8回保証パス21,000円となります。

9回目以降は無期限80%オフの760円で何回でも利用できます

まとめ

指毛の脱毛は、抜く・剃る・脱毛で行えます。

抜く・剃るはお手軽ですが、肌トラブルなどのデメリットに気を付けなくてはなりません。また、こまめな処理が必要になります。

指毛を確実に処理したい方、処理する手間を省きたい方にはクリニックやサロンで行う脱毛がオススメです。

セルフケアより料金はかかりますが、メリットの大きい脱毛方法といえるでしょう。