男の腹毛(ギャランドゥ)の処理は永久脱毛がベスト?他の方法はある?

夏になるとプールや海に出かけたくなりますよね。水着になると気になるのが腹毛です。

男性の腹毛は、自己処理(剃毛)・脱毛クリーム・脱毛ワックス・脱毛石鹸・永久脱毛などで処理できます。

それぞれのメリット・デメリットを解説するので、お困りの方は参考にしてください。

腹毛(ギャランドゥ)の処理方法一覧

腹毛(ギャランドゥ)の処理方法には以下のような種類があります。

  1. カミソリなどで自己処理(剃毛)
  2. 脱毛クリーム
  3. 脱毛ワックス
  4. 脱毛石鹸
  5. 永久脱毛(クリニック)

それでは、それぞれの処理方法のメリット・デメリットなどを見ていきましょう。

1.カミソリなどで自己処理(剃毛)

水着や下着から腹毛(ギャランドゥ)が見えると恥ずかしいですよね。見た方に不衛生な印象を与える点も気になってしまいます。

腹毛(ギャランドゥ)を気にする方の多くが行っている処理がカミソリで剃る自己処理です

どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

自己処理(剃毛)のメリット

自己処理(剃毛)のメリットは、スピーディーに腹毛を処理できることです

カミソリさえあれば処理できるので、自宅の浴槽などで簡単に腹毛(ギャランドゥ)を剃ることができます。

また、剃った直後はツルツルになるので腹毛が目立ちません。

お手軽にツルツルの状態を作れるので、腹毛に悩む多くの方から支持されているのです。

自己処理(剃毛)のデメリット

便利な自己処理(剃毛)ですが、デメリットが多い点には気を付けなくてはなりません。

鋭い刃物を肌にあてるので、どれだけ丁寧に剃っても肌に負担がかかるといわれています。

また、毛の流れに逆らって剃る逆剃りなど、剃り方によっては毛穴に負担をかけてしまうこともあります。

肌や毛穴に負担がかかると、炎症などの肌トラブルが起こりやすくなります。

場合によっては、色素沈着などの原因になることもあります。操作を誤ると怪我の恐れもあるので、肌にとっては良い処理方法といえないでしょう。

腹毛がすぐに再生する点にも注意が必要です。

肌から見えている毛を剃るだけなので、あっという間に元の状態に戻ってしまいます

小まめに処理すればよいだけですが、処理を重ねるほど肌に負担がかかってしまいます。

剃るときのポイント

肌に負担をかけず腹毛(ギャランドゥ)を剃りたい方は、次のポイントに気を付けるとよいでしょう。

  • 清潔で切れ味の良い清潔なカミソリを用意する。
  • 湯船につかって腹毛を柔らかい状態にする。
  • 剃る前にシェービングクリームを塗る。
  • 毛の流れに従って剃る。
  • 剃った後は冷たいタオルで肌を冷やし、ボディクリームなどで保湿する。

これらに気を付けるだけで、肌トラブルが起こりにくくなるはずです。

2.脱毛クリーム

脱毛クリームも腹毛(ギャランドゥ)の処理に用いられています。

脱毛クリームとは、ムダ毛に塗ることで除毛できるクリームのことです

クリームを塗るだけで除毛できる理由は、毛のタンパク質を溶かすアルカリ性の薬剤を配合しているからです

脱毛クリームにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

脱毛クリームのメリット

脱毛クリームのメリットは、処理が難しい腹毛(ギャランドゥ)を簡単に除毛できる点です

クリームを塗布して洗い流すだけでよいので誰でも腹毛を処理できます。

毛を溶かすので、処理後のお腹はツルツルになります。

チクチクせず仕上がりがきれいな点も脱毛クリームのメリットといえるでしょう

脱毛クリームのデメリット

デメリットは、肌に少なくない負担がかかることです

ムダ毛のタンパク質を溶かすアルカリ性の薬剤は、肌のタンパク質にも作用します。

肌が弱い方などが使用するとかぶれや炎症などの肌トラブルを起こす恐れがあります。

脱毛クリームを使用する際のポイント

使用前に必ずパッチでテストを行いましょう。

脱毛クリームは、腹毛(ギャランドゥ)に適した処理方法と考えられています

ただし、永久脱毛ではないので処理した毛は再生します

剃毛に比べると再生スピードは緩やかですが、肌から見えている毛を溶かして処理するだけなので短期間で元の状態に戻ります。

脱毛クリームを利用する方は、これらの点を理解しておきましょう。

3.脱毛ワックス

徐々に人気を高めつつある腹毛(ギャランドゥ)の処理方法が脱毛ワックスです。

脱毛ワックスとは、ムダ毛に密着させてムダ毛ごと剥がしとるワックスのことです

アンダーヘアを処理する脱毛ワックス・ブラジリアンワックスをご存知の方が多いはずです。

他の部位に使用するものを脱毛ワックスと呼んでいます。

脱毛ワックスのメリット

脱毛ワックスのメリットは、毛根から引き抜くのでムダ毛が再生するまで時間がかかることです(脱毛効果は24週間ほど続くといわれています)

同様の理由で、剃毛などの自己処理よりきれいに仕上がります。

また、ワックスを広げれば広い面積を一度に処理することもできます

これらのメリットがあるので、腹毛(ギャランドゥ)の処理に脱毛ワックスを利用する方が増えているのです。

脱毛ワックスのデメリット

脱毛ワックスには、注意したいデメリットもあります。

最も大きなデメリットといえるのが痛みの強さです。

生えそろっている腹毛(ギャランドゥ)を無理やり引き抜くので人によってはかなりの痛みになります。

と同時に、肌や毛穴に負担がかかります。

粘着力が強いので、脱毛ワックスを勢いよく剥がすと肌の表面も一緒にはがれます。

毛の流れを無視してムダ毛を引き抜くので毛穴に負担がかかります。

これらの影響で、肌がかぶれや炎症を起こすことがあります

また、ムダ毛が抜けず途中で切れることもあります。

埋没毛の原因になる、再処理が必要になるなどのリスクもあるのです。

脱毛ワックスを使用する際のポイント

脱毛ワックスは、お腹にも使用できる処理方法ですが、肌が弱い人には向きません。

肌質などに注意して利用しましょう。

4.脱毛石鹸

以上のほかでは、脱毛石鹸も一部で利用されています。

脱毛石鹸とは、通常の石鹸と同じように体を洗うことで抑毛や除毛ができる石鹸です

身体を洗うだけで抑毛や除毛ができる理由は、抑毛効果を期待できるイソフラボンなどが配合されているからです。

脱毛石鹸のメリット

脱毛石鹸のメリットは、特別な手間をかけずに腹毛(ギャランドゥ)を処理できることです

いつもと同じように体を洗うだけで、いつの間にか腹毛(ギャランドゥ)が少なくなるといわれています。

脱毛石鹸のデメリット

対するデメリットは、効果が現れるまで時間がかかることです。

毛の成長を抑えることなどでムダ毛を目立ちにくくするので、効果を実感するまで1カ月以上かかるといわれています。

また、成分との相性で効果が現れないこともあります

以上のほかでは、毛のタンパク質を溶かす成分を配合している場合、肌トラブルを起こす恐れがあります。

脱毛石鹸を使用する際のポイント

必要に応じてパッチテストを行いましょう。

手間をかけず腹毛を処理したい方は、脱毛石鹸を利用するとよいかもしれません。

成分により効果が異なるので、脱毛石鹸を選ぶときは配合されている成分と期待できる効果を確かめましょう

5.永久脱毛(医療脱毛)

最も確実な腹毛の処理方法といわれているのが永久脱毛です

永久脱毛とは、毛の少ない状態を維持できる脱毛方法のことです。

医療機関で行う脱毛が永久脱毛に該当します

医療機関では、ムダ毛にレーザーを照射して毛根を破壊することでムダ毛を処理する医療レーザー脱毛を主に行っています。

サロンで行われている光脱毛とよく似ていますが、照射パワーと脱毛効果が異なります。

サロンで行われている脱毛は永久脱毛ではありません。(抑毛・減毛です)

永久脱毛のメリット

大のメリットは、脱毛した部位のムダ毛がほとんど生えてこなくなること。

永久脱毛を受ければ、腹毛の処理から解放されます

また、お好みに応じて毛量を調整できる点も魅力です。

永久脱毛のデメリット

優れた腹毛の処理方法ですが、他の腹毛の処理方法に比べると大きなお金がかかります

費用は利用する医療機関により異なりますが、トータルで100,000円を超えることも少なくありません。

それなりの予算が必要な脱毛方法といえるでしょう。

永久脱毛を受ける際のポイント

また、痛みが強い点にも注意が必要です。麻酔を使用できますが、人によってはそれでも痛いと感じることがあるようです。

永久脱毛には以上のメリットとデメリットがあります。気になる方は、クリニックなどで相談するとよいでしょう。

腹毛の処理方法を比較

処理方法別に金額・効果・痛みを比較してみました。

金額 痛み 効果
自己処理(剃毛)
脱毛クリーム
脱毛ワックス
脱毛石鹸
永久脱毛

金額で比較

自宅で処理できる剃毛、クリーム、ワックス、石鹸などはお金がかかりません。しかし、その分効果は一時的なものです。

痛みで比較

自宅処理の場合、基本痛みは伴いませんが、脱毛ワックスだけは正直痛いです。ただ、腹毛の場合、そんなに処理範囲は広くないので、少し我慢すれば大丈夫です。永久脱毛になるとやはり痛みは伴います。

ただ、最近ではクリニックでも最先端の痛みの少ない脱毛器を使っていますし、医療機関なので、痛みに弱い方は麻酔を使えば痛みは感じなくなります。

効果で比較

効果でみると、やはり圧倒的に高いのが医療機関での永久脱毛です。

自宅での処理の場合、効果は一時的なものです。サロンになると効果は高まり、毛が薄くはなりますが、また生えてくる可能性はあります。

比較した結果

それぞれの処理方法で、メリット・デメリットはあります。

できるだけ費用をかけず痛みも伴いたくない場合、脱毛クリームや脱毛石鹸がいいでしょう。ただ効果は剃るのと大して変わりません。

脱毛ワックスは痛みは伴いますが、脱毛クリームなどと比べると効果もあり、ツルツルになります。ただし、1ヶ月に1度くらいは処理しなければなりません。

処理の手間やまた毛が生えてくるストレスなど長期的に考えると、効果の高い永久脱毛で処理するのがベストだと思います。

こんなツルツルすべすべな理想のカラダに憧れますね!

腹毛の永久脱毛ができる人気クリニックの料金・特徴を比較

腹毛の脱毛処理ができる人気クリニックを比較していますので、参考にしてみてください。

ポイントとしては、クリニックの脱毛の場合、だいたい5回は通わないと永久脱毛はできません。

そのため、あまり1回の価格で比べるより、5回程度の価格で比較したほうが良いです。

脱毛クリニック 腹毛脱毛の料金 特徴 評価
ゴリラクリニック 1回38,000円
5回135,000円
7店舗
男性看護師が施術
✕料金が高い
湘南美容外科 1回17,410円
6回81,000円
全国に約50店舗 ◯店舗が多くて比較的安い
メンズリゼクリニック 1回19,900円
5回59,800円
コース修了後は1回9,668円
全国に12店舗・提携院6店舗
男性スタッフ指名可能
◎安くて店舗も多く、男性スタッフ指名OK
ドクターコバ 1回20,000円
5回100,000円
6回目以降、予約料金100円のみで回数無制限
銀座・名古屋の2店舗のみ
✕店舗が少ない
メディエススキンクリニック 1回20,000円
6回60,000円
初診料3,000円・再診料1,000円が別途必要
新宿・銀座の2店舗のみ
✕店舗が少ない

腹毛の永久脱毛で一番おすすめなクリニック

メンズリゼクリニック

メンズリゼクリニック

人気脱毛クリニックの腹毛脱毛にかかる料金や特徴を比較ましたが、一番のおすすめは「メンズリゼクリニック」です。

腹毛の永久脱毛をするなら、基本的に5回は施術する必要があるので、1回の料金より5回くらいの料金で比較したほうがよいいです。

そのなかで、メンズリゼクリニックの料金は559,800クリニックの中でもかなり安く、サロンと比較しても遜色ない料金設定です。

また、男性スタッフを指名できるので、ギャランドゥの施術で恥ずかしい思いをしなくて済みます。

全国に店舗もあって、痛み軽減にも力を入れているメンズリゼクリニックなら、安心して施術を受けることができます。