男性の悩みには「保湿」で対策!化粧品の正しい使い方まで徹底解説!

お肌の悩みを抱えているのは、何も女性だけではありません。男性もお肌の悩みを抱えていることがあります。そんな悩みの多くは保湿を徹底することで改善されることが多いとも言われています。男性が抱える肌の悩みや保湿を中心にスキンケアの話をしていきます。

男性の肌の悩みにはどんなものがある?

乾燥・かさつき

男性は女性よりもオイリー肌の人が多く乾燥とは無縁のように思われていますが、決してそんなことはありません。乾燥やかさつきを感じている男性もいます。

 

男性のお肌は保水力が弱く水分量が少ないです。そのため、乾燥やかさつきとなって感じやすくなっています。

テカりべたつき

乾燥で悩む男性も多いですが、皮脂でテカリやべたつきが気になる人もいるでしょう。

実際に男性の方が女性よりもお肌の皮脂は多くなっています。

これは男性ホルモンが関係しており、皮脂の分泌が活発だからです。

肌のハリ・たるみ

男性も年齢を重ねていく中で、お肌のハリやたるみに関する悩みを持つようになります。

お肌の乾燥や表情筋の衰え、スキンケア不足、悪い生活習慣などによってお肌にはハリがなくなりたるみとなってあらわれます。

 

年齢とともにお肌が乾燥しがちになるので、ますますたるみが目立つようにもなります。

シミ・シワ・くすみ

男性のお肌にもシミやシワ、くすみはできます。女性のようにUVケアをしっかり行わないことで紫外線のダメージを受けていることも多いです。

 

特に、シミやシワ、くすみは目元を中心に頬のあたりで目立つようになります。

間違ったスキンケアや不規則な生活によってお肌ターンオーバーがきちんと行われないこともシミなどの原因になります。

ヒゲが濃い・青髭

髭が濃い、青髭になってしまうといった悩みは男性特有のものでしょう。

ホルモンバランスが男性ホルモンの方が優位になると、髭は濃くなる傾向にあります。

 

また、間違ったシェービングの方法などで青髭になっていることもあります。

ひげは毎日生えてくるものなのでケアが欠かせませんが、間違ったケアを繰り返していると青髭で悩むようになります。

洗顔だけでのスキンケアでは足りない?

男性の抱えるお肌の悩みには女性に共通するものや男性特有のものがありました。

そして、男性の多くがスキンケアは洗顔のみという人が多いでしょう。

この洗顔だけのスキンケアがお肌の悩みを招くことになるので、スキンケアを見直すことが大切です。

 

洗顔をすると汚れは除去できますが、その後の保湿ケアができません。

乾燥やシミ、たるみ、シワなどは保湿をしないと改善されないので洗顔だけのスキンケアでは不十分なのです。

洗顔後のスキンケア方法は?

洗顔だけのスキンケアはNGで、洗顔後に保湿をすることが大切です。

化粧水と乳液で保湿ケア

洗顔後のお肌を保湿しようと思ったら、化粧水と乳液を使うのがおすすめです。

それぞれの特徴を以下にまとめました。

①化粧水

化粧水の定義を見てみると、皮膚の保湿を行いなめらかにする透明の液と紹介されています。

確かに化粧水は透明で、成分にはお肌を保湿してくれるものが多く配合されています。

 

そして、洗顔後のお肌の状態を整えるためのものでもあります。

ほとんどが水でできている化粧水ですが、洗顔後には欠かせません。

②乳液

化粧水の後に使用される乳液は水分の発散を防ぐのが役割と言えます。

つまり、化粧水で補給した水分や有効成分を乳液をつけることでカバーができて、外に逃げないようにできるのです。

保湿ケアにおいてはこの乳液も化粧水の後に欠かせない存在となっています。

③美容液

化粧水と乳液はセットで使用すべきですが、美容液というものもあります。

美容液は贅沢な液とも言われており、自分の肌悩みを解決するために特別な成分を含んでいるものを乳液の後につけるといった感じになります。

 

つまり、基本は化粧水と乳液の流れなので、美容液は必ずしも必要ではありません。余裕のある時に使用するものです。

スキンケアの流れをみてみよう

男性として毎日行いたいスキンケアの流れを紹介します。

①朝にヒゲを剃る

朝起きるとひげが伸びているでしょう。そこで、洗顔の前にひげ剃りをしてすっきりしましょう。

 

毛のサイクルやお肌を健康に保つには、ひげ剃りは朝に行うべきです。

そして、タイミングは一番最初がよいでしょう。

②優しく洗顔

ひげ剃りが完了したら、次は洗顔に移ります。

洗顔の際に洗顔料をしっかり泡立てて行うというイメージがありますが、朝は水かぬるま湯だけで洗顔しましょう。

 

朝から洗顔料を使うのはひげ剃り後のお肌にも負担がかかるのでおすすめできません。

③化粧水で潤す

洗顔後の化粧水は朝も夜も欠かせません。お肌の乾燥を防ぐためにも、洗顔後できるだけ早くお肌に化粧水をなじませましょう。

 

その後美容液についてはつけるのはどちらでも構いませんが、使用する場合は化粧水の後につけると有効成分をよりお肌に浸透させることができます。

基本は化粧水だけで大丈夫でしょう。

④乳液で守る

化粧水の後に美容液の有無は個人に任せることになりますが、乳液はつけておくと保湿力をキープしてくれます。

 

男性用の乳液も多く出ているので、そちらを化粧水の後に利用すると男性が抱えやすいお肌の悩みの対策にもつながります。

男性化粧水の正しい使い方ってあるの?

基本のスキンケアの流れを抑えたら、洗顔後のお肌に一番最初につける化粧水も正しいつけ方で行うようにしましょう。

化粧水の使い方

化粧水といえばコットンに適量をとってお肌になじませるという風景が思い浮かびますが、男性についてはスピーディーにできる方が良いと思うので、スプレータイプを直接肌に噴射できるのがよいでしょう。

 

手になじませてつけるのもOKですが、その際には乾燥しやすい頬や顎からつけるようにしましょう。その後Tゾーンに移っていくと良いです。

 

簡単にできる方法の方が続けやすいので、ミストが出るタイプの化粧水にしておくと便利です。

化粧水をつけるタイミングも重要

化粧水はつけるタイミングによっても効果が異なってくると言われています。

そこで、洗顔後のきれいなお肌につけるようにしましょう。

このタイミングがベストです。

 

お肌がきれいな状態でつけると化粧水の有効成分をしっかりお肌が吸収してくれるからです。

 

さらに、お風呂上がりや洗顔後のお肌はいつもより皮脂が落ちているので乾燥しがちです。

それを少しでも早く化粧水で保湿してあげることで、お肌の状態を維持できます。

乳液の正しい使い方はあるの?

続いて、乳液の正しい使い方もお伝えします。

乳液の使い方

1.まず、清潔な手に乳液を適量とって手のひらでしばらく温めます。

温めてから顔につけた方が有効成分が浸透していってくれるからです。

 

2.お肌にまんべんなくつけていきます。

頬やおでこ、あごに乳液を乗せて顔全体になじませていきましょう。

 

3.最後に手のひら全体で顔を包み、乳液をお肌の奥にまで届けるような感じで軽く押します。

乳液をつけるベストなタイミングは?

乳液は化粧水の後につけるのが基本です。特に化粧水をつけてから2分後に乳液をつけるのがベストなタイミングと言われています。

 

また、乳液を選ぶ際には男性用と書かれているものを選びましょう。そのほうが男性が悩みがちなお肌のトラブルをケアしてくれます。

まとめ

化粧水や乳液を正しくつけることで、男性のお肌も若々しさを維持できるようになります。

化粧水や乳液などの役割やつけるタイミングを意識するだけでも、今までとは違うお肌になれるでしょう。

今行っているスキンケアを見直して、男性も美肌を目指しましょう。

この記事を書いたユーザー

toshi
趣味は自然観賞や映画を見ること。 週末に飲むビールが大好きです! nanairoでは主にMen'sの記事を担当しています。 toshiの記事一覧

関連する記事はこちら

トップへ