ポルシェのボクスターを売りたい!特徴や買取相場を徹底解説

ポルシェのボクスターを売りたい!特徴や買取相場を徹底解説

718の伝説を継承し、水平対向4気筒ターボエンジンを搭載したダイナミックで刺激的なドライビングを愉しめるポルシェのボクスター。今回はこの車の特徴や買取相場を調べたのでご報告します。

ポルシェ ボクスターの基本情報

新車価格

7,310,000円〜7,880,000円

型式

ABA-981MA122

排気量

2706cc

グレード

ボクスターブラックエディション

駆動方式

ミッドシップ

燃費

10~12km/L

ハイブリッド仕様

特になし

エコカー減税

特になし

乗車定員

2名

ボディカラー
  • ブラック
  • ジェットブラックメタリック
最高出力

265ps(195kW)/—-rpm

最大トルク

28.6kg・m(280N・m)/4500~6500rpm

歴史

ボクスターは1993年のデトロイトオートショーで発表されたコンセプトカーです。

直列4気筒エンジンを搭載しており、1996年から販売を開始しました。

 

最高速度は240km/h、エンジンの潤滑方式は“ドライサンプ”を採用していました。

2001年から販売された986型はシフトレバーとドアオープナーがアルミタイプに、インテリア照明のLED化、メーター内ディスプレイの大型化など様々な変更が加えられました。

 

2009年にマイナーチェンジされた987型はエンジンが新型に変更、ヘッドランプのロービームがHID化されました。

 

2016年、718ボクスターはエンジン出力による差別化がなくなり、ボクスターがケイマンの上位機種になりました。

特徴

おすすめできるポイント

①レスポインスの早いキビキビした走り

ストレスを感じさせないレスポンス、他社の車ではなかなか感じられない走りを実感できるでしょう。

②充実の快適装備

アダプティブクルーズコントロールといった渋滞のイライラを軽減できる装備など、快適な走りを実現する装備があります。

③ポルシェというステータス

跳ね馬のエンブレムを付けて街中を滑走する喜びはポルシェだからこそといえるでしょう。

おすすめできないポイント

①スピートを出したくても出せない

日本の道路ではスピードを出したくても出せません。そのためポルシェの性能をフルに実感はできないでしょう。

②燃費が悪い

燃費は日常使いに向いているとは言えません。燃費を気にする人が乗る車ではないのでしょう。

③価格が高い

新車購入価格はもちろん、中古車も安価なものはありません。逆に安すぎるものには理由があります。故障のリスクも高いと考えましょう。

ポルシェ ボクスターの中古車オークション相場

※オークション相場についての注意点とお願い

以下の相場価格は買取業者が実際のオークションで落札した過去の買取落札額です。
2017年1月にオークションサイトで調べて算出したものであり、現在の査定価格と完全一致するものではございません。
車を売ろうと考えている方、購入しようとしている方は、あくまで相場価格の目安としてご参照ください。

  • 年式:約3年前(平成26年)走行距離:約3万kmの場合

529 ~ 535万円

  • 年式:約5年前(平成24年)走行距離:約5万kmの場合

320~490万円

  • 年式:約7年前(平成22年)走行距離:約7万kmの場合

230~273万円

  • 年式:約10年前(平成19年)走行距離:約10万kmの場合

データなし

まとめ

車好きなら一生に一度は乗ってみたい車ではないでしょうか?購入、維持にはそれなりのお金がかかりますがその恩恵を十二分に感じられる車です。

思い切って購入してみてはいかが?

この記事を書いたユーザー

toshi
趣味は自然観賞や映画を見ること。 週末に飲むビールが大好きです! nanairoでは主にMen'sの記事を担当しています。 toshiの記事一覧

関連する記事はこちら

トップへ