トヨタのアルファードを売りたい!特徴や買取相場を徹底解説

目次 ※クリックで開閉します

大型ミニバンの王様と評されることのあるトヨタのアルファードは、2002年に登場しました。それまで日産のエルグランドにまったく歯が立たなかったトヨタの大型ミニバンのラインナップを廃し、新たなコンセプトで一気に攻勢に出た、人気車種です。

 

その高級感や使い勝手の良さに定評があり、新車のみならず中古車市場でも大変人気があります。

そんなトヨタの大型ミニバン「アルファード」について、詳しく解説していきます。

トヨタアルファードの基本情報

アルファードと言えば、高級車の代名詞とも言えるくらい、一般の人にも浸透している有名な車種で、経営者が社用車として利用することもあるそうです。

 

そんなアルファードの、カタログスペックを含めた基本情報を確認していきましょう。

新車価格

大人気の高級車の代名詞となった理由の1つが、価格です。現在の最新モデルの価格は、以下のようになっています。

 

  •  3.5L FF ………… 414.6万円~652.3万円程度
  •  3.5L 4WD ………… 434.0万円~671.7万円程度
  •  2.5L FF ………… 319.8万円~417.3万円程度
  •  2.5L 4WD ………… 344.9万円~442.4万円程度
  •  ハイブリッド …… 411.4万円~703.7万円程度

 

300万円台から700万円台と、とても幅広い価格帯になっています。このあたりも、「高級車を持ちたい」層に受ける理由かもしれません。

型式

アルファードの型式は、以下の5つに分かれています。これは排気量と駆動方式の違いを表しています。

 

  •  DAA-AYH30 …… ハイブリッド
  •  DBA-GGH30 …… 3.5L FF
  •  DBA-GGH35 …… 3.5L 4WD
  •  DBA-AGH30 …… 2.5L FF
  •  DBA-AGH35 …… 2.5L 4WD
排気量

アルファードの人気の秘密は、この排気量にあります。

 

アルファードが登場した当時Lサイズミニバンの覇者だったエルグランドの排気量は、3.0L以上でした。当時、大きな車体をスムーズに動かすために、それくらいのエンジンを積むのが常識だったわけです。しかし、それゆえに価格帯を下げることが難しくなっていたのも事実です。

 

しかし、アルファードはそこに、2.4Lモデルを投入しました。

 

もちろん、3.0Lの高級モデルもありますので、そのモデルのラグジュアリー感は格別です。しかし、インテリアの質を大きく落とすことなく、排気量を抑えて、低燃費と手頃な価格帯を作ることに成功したアルファードは、一気にLサイズミニバンの王者になったのです。

 

2017年2月現在のアルファードの排気量は、3.5Lと2.5Lの2種類になっていますが、現在はそれに2.5L+モーターのハイブリッドモデルも加わっています。

グレード
グレード エンジン 駆動方式
HYBRID

Executive Lounge

ハイブリッド 4WD
HYBRID

Executive Lounge

HYBRID G
HYBRID X
HYBRID SR
G 2.5L FF
4WD
X FF
4WD
S FF
4WD
GF 3.5L FF
4WD
SA FF
4WD

なお、SグレードとHYBRID Gには装備を強化したAパッケージとFパッケージ、HYBRID SRとSA、Sにはエアロ仕様にしたCパッケージが追加されています。

 

駆動方式

アルファードの駆動方式は、以下の3種類になっています。

 

  •  FF(前輪駆動方式) ……………… 3.5Lモデル、2.5Lモデル
  •  4WD …………………………………… 3.5Lモデル、2.5Lモデル
  •  E-Four(電子式4輪駆動方式)…… ハイブリッドモデル
燃費

車体の総重量は2.5tを超えますので、燃費の良い2.5Lエンジンとはいっても、過度な期待はできないかもしれません。反面、ハイブリッドモデルについては、期待が持てるでしょう。

 

  •  3.5L FF ………… 9.5km/L
  •  3.5L 4WD ………… 9.1km/Lから9.3km/L
  •  2.5L FF ………… 11.4km/Lから12.8km/L
  •  2.5L 4WD ………… 12.0km/Lから12.4km/L
  •  ハイブリッド …… 18.4km/Lから19.4km/L

 

2.5L車の燃費は、このクラスのガソリン車ではトップレベルと言えるのではないでしょうか? 合わせてハイブリッドモデルの燃費は、驚異的な低燃費です。

ハイブリッド仕様

アルファードの最新のハイブリッドモデルは、ハイブリッドシステムにアイドリングストップ機能も搭載しており、上述のような低燃費を実現しています。

 

また、それに加えて、ハイブリッドで実現している静粛性の高さは、アルファードの高級感をいっそう高めてくれています。

エコカー減税

アルファードの3.5L車以外のグレードは、すべてエコカー減税対象車です。(3.5L車でも、オプションなどによって車体重量が2,110kg以上になった場合は、対象になる可能性があります)

購入時に大きく減税されますので、その減税額を確認しておきましょう。

なお、グレードによって減税率が変わっています。

エコカー減税(ハイブリッド4WD)
  • HYBRID Executive Lounge 4WD

重量税………37,500円

自動車税……33,500円

取得税………175,800円

減税合計……246,800円程度

 

  • HYBRID G 4WD

重量税………37,500円

自動車税……33,500円

取得税………119,300~133,900円程度

減税合計……19,300円~204,900円程度

 

  • HYBRID X 4WD

重量税………37,500円

自動車税……33,500円

取得税………102,800円~113,000円程度

減税合計……173,800円~184,000円程度

 

  • HYBRID SR 4WD

重量税………37,500円

自動車税……33,500円

取得税………122,900円~137,500円程度

減税合計……193,900円~208,500円程度

 

エコカー減税(G・X・S・C Package)

(自動車重量税25% + 自動車取得税40%)+自動車グリーン税制(約50%減税)

自動車税は全グレード22,500円統一で考えています。

グレード 駆動    減税額 減税合計
重量税 取得税
G 2WD 9,400円程度 42,900円程度 74,800円程度
G (※1) 2WD 7,500円から9,400円程度 40,100円から43,400円程度 70,500円から75,300円程度
G 4WD 9,400円程度 42,000円から45,400円程度 73,900円から77,300円程度
X (※1) 2WD 7,500円程度 32,600円から36,300円程度 62,600円から66,300円程度
X 4WD 7,500円から9,400円程度 34,400円から38,200円程度 64,400円から70,100円程度
S 2WD 7,500円から9,400円程度 38,600円から41,700円程度 68,600円から73,600円程度
C Package
S (※1) 2WD 7,500円から9,400円程度 36,000円から42,300円程度 66,000円から74,200円程度
S 4WD 7,500円から9,400円程度 37,800円から44,200円程度 67,800円から76,100円程度

(※1 アイドリングストップ機能装着車)

 

エコカー減税(2WD)

(自動車重量税25% + 自動車取得税40%)

 

グレード   減税額 減税合計
重量税 取得税
G 7,500円程度 39,600円程度 47,100円から47,400円程度
X 32,000円から35,600円程度 39,500円程度
S 35,400円から37,500円程度 42,900円から45,000円程度
特別仕様車 S 39,300円程度 46,800円程度
乗車定員

アルファードには、シート構成によって定員7名と8名の2種類があります。

なお、室内空間の広さはアルファードの重要な人気の秘密ですので、定員8名グレードでも充分な広さがあります。

ボディカラー

アルファードには、特別仕様車がありますので、以下のカラー以外にも提供されていますが、ベースのカラー展開は以下の7色になっています。(グレードによって選択可能色が違う場合があります)

 

  •  ホワイト系:ホワイトパールクリスタルシャイン、ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク
  •  ブラック系:ブラック、スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
  •  シルバー系:シルバーメタリック
  •  グレー系 :グレーメタリック
  •  その他  :グレイッシュブルーマイカメタリック

 

ホワイト系、ブラック系、グレー系と人気のある定番カラーが主になっています。

最高出力

Lサイズミニバンで2.5Lエンジンを搭載しているアルファードは、燃費や価格についてその恩恵を被っています。しかし、その分パワー不足になっている可能性も否定できません。

 

まずは、最高出力を確認してみましょう。

 

  • 3.5L ……………… 206kw(280ps)/6,200rpm
  • 2.5L ……………… 134kw(182ps)/6,000rpm
  • ハイブリッド …… エンジン:112kw(152ps)/5,700rpm + フロントモーター:105kw(143ps)+リアモーター:50kw(68ps)

 

3.5L車は280馬力ありますし、ハイブリッドモデルは2.5Lエンジンとモーターの組み合わせですので、充分なパワーを得られるでしょう。

しかし、2.5L車は、このクラスの車に180馬力というのは、少しパワー不足を感じます。

最大トルク

アルファードの最大トルクも見ておきます。最高出力と同じような結果と言えるでしょう。

 

  • 3.5L ……………… 35.1kgm(344Nm)/4,700rpm
  • 2.5L ……………… 24.0kgm(235Nm)/4,100rpm
  • ハイブリッド …… エンジン:21.0kgm(206Nm)/4,100rpm〜4,400rpm+ フロントモーター:27.5kgm(270Nm)+リアモーター:14.2kgm(139Nm)

歴史

アルファードは、エルグランドに惨敗していたハイエース連合(ハイエース、レジアスエース、グランドハイエース、グランビア、ツーリングハイエース)の後継として登場しました。

その高い質感と精悍なマスクとが相まって市場を席巻した、アルファードの歴史を振り返ってみましょう。

1.初代(2002年~)

アルファードは、エルグランドに対抗し、日本専用の日本人好みのLサイズワゴンとして登場しました。

日本人が好む木目調の豪華なパネルなどを採用し、パワーウインドウ付きの両側スライドドアはリモコンで操作でき、日本車としては初めてパワーバックドアも搭載されました。

その上、初登場から1年後の2003年には、早々にハイブリッドモデルが登場するなど、日本人の「新しいもの好き」という琴線に触れるシリーズ展開がされたのです。

2.2代目(2008年~)

2008年、アルファードは2.5L、3.5L、ハイブリッドと、エンジンが大きくフルモデルチェンジされました。

また、一部のモデルがヴェルファイアとしてターゲットを分けて展開されることになりました。

そのおかげで、アルファードはファミリー層など特定のターゲット向けに特化した展開を行うことができるようになったとも言えます。

3.3代目(2015年~)

「大空間高級サルーン」というコンセプトのもと、本格的に「高級車」としてミニバンを率いる道を開拓したのが、3代目アルファードです。

存在感のある大型のフロントグリルに、U字型構成のリアランプが特徴的なリアデザインは、一目で「アルファード」であることを気づかせ、羨望を集めることに成功していると言えるでしょう。

特徴

高級セダンから乗り換える人もいるほど、高級車として定着しているアルファードですが、実際の質感や乗り心地などはどうなっているのでしょうか?、

 

人気の高いアルファードについては、多くのオーナーがネット上で情報を展開していますので、それら生の声を紹介しましょう。

おすすめできるポイント

①高級車路線による豪華なデザイン

アルファードの基本コンセプトは「大空間高級サルーン」です。そのコンセプト通り、広い居住空間と豪華な内装は、高級ホテルの一室にいるような気にさせてくれます。

②中古車市場で人気

アルファードには「高級車」というイメージがあります。そして、実際に400万円から500万円の価格帯が売れ筋です。

 

しかし、アルファードに乗りたい人たちの多くが、そこまでお金を出すことができないのが本当のところでしょう。そして、そういった人たちは、安価な300万円台のモデルではなく、中古車を選ぶことが多いと思います。

 

そのため、アルファードの中古車市場でのニーズは高く、もともとが高級なこともあって、価格が大きく下がることがなく、むしろ高値で売ることができます。

つまり、中古車を売る立場からすれば、美味しい車種と言えます。

③標準装備としてのハイブリッド

アルファードには、初代からハイブリッドモデルが用意されており、燃費性能はピカイチです。なにより、ハイブリッドモデルの静粛性のおかげで、広くて豪華な空間に静けさが加わって最高に快適な空間になっているのです。

おすすめできないポイント

①2.5L車は音が大きく、パワー不足

安価な価格と低燃費につられて2.5L車を購入しました。確かに内装は他の車に比べて豪華で良いです。

でも、7人乗ってドライブしていると、エンジン音がうるさくて、1列目と3列目の人が会話することもできません。

 

また、エンジンのパワーが足らないのか、高速道路での追い越しなどは本当にしんどい感じで、運転がつらくなります。

②価格が高い

「高級サルーン」なので仕方ないですが、もっとも安いモデルでも300万円、ハイブリッドモデルなら400万円を越えてしまうという金額は、高価すぎます。

ヴェルファイアとアルファードってどちらが人気なの?

兄弟車として比較検討されることも少なくない、ヴェルファイアとアルファードは、実際のところどんな違いがあって、どちらの方が人気があるのでしょうか?

1. アルファードとヴェルファイアは同じ!?

価格帯、サイズ、排気量などは同じ

実は、この2台は同じ車です。サイズや排気量、価格帯までほぼ同じになっています。つまり、車の機能面や経済面としては、同じ車なのです。

コンセプトが違う!

しかし、実際には、次のような明確な違いがあります。

 

車種 アルファード ヴェルファイア
販売店の系列 トヨペット系列 ネッツ系列
主なターゲット 家族 若者
カスタマイズ ノーマルのまま 改造する

 

そもそも、比較的高所得なファミリーを対象としたアルファードに比べて、ヴェルファイアは「車好き」でカスタマイズも楽しめる若者を対象としている、といったターゲットの違いがあります。

 

具体的には、ヴェルファイアはカスタムパーツを用意して、カスタム車のベースとして活用していくことに重点が置かれています。

 

また、フロントフェイスが明らかに違っており、無難なアルファードに対して、ヴェルファイアは挑戦的でとんがった印象を与えてくれます。

 

もちろん、内装についてもターゲットによって変わっており、アルファードが落ち着いて無難なインテリアであるのに対して、ヴェルファイアは若者向けのおしゃれ感が前面に出ているものです。

2. カスタマイズに向いているのはヴェルファイア?

上述のように、カスタマイズという点を優先すれば、ヴェルファイアの勝利になるでしょう。実際、ヴェルファイアの場合、エクステリアを自分好みに替えられるカスタマイズ性がありますが、アルファードにはありません。

 

アルファードとヴェルファイアで、内装に大きな違いがあるわけではありませんが、ファミリー向けであるがゆえに、アルファードは「購入したままで乗る」という前提になっているのでしょう。

3. 実際の人気はどっち?

「最終的にどっちの方が人気があるか」という質問であれば、「以前はヴェルファイアの圧勝。いまでもヴェルファイアの人気は高いが、徐々にアルファードの販売台数が増えている」という回答になります。

つまり、「人気車」という意味では、拮抗していて選びにくくなってしまいます。

 

無難な安心感と挑戦的なもののどちらを選ぶのか、安心感のある落ち着いた内装か、おしゃれで先進的な内装か、好みのものを選ぶのが正解でしょう。

アルファードの中古車買取相場

※オークション相場についての注意点とお願い

以下の相場価格は買取業者が実際のオークションで落札した過去の買取落札額です。
2017年1月にオークションサイトで調べて算出したものであり、現在の査定価格と完全一致するものではございません。
車を売ろうと考えている方、購入しようとしている方は、あくまで相場価格の目安としてご参照ください。

  • 年式:約3年前(平成26年)走行距離:約3万kmの場合

157~391万円

  • 年式:約5年前(平成24年)走行距離:約5万kmの場合

155~330万円

  • 年式:約7年前(平成22年)走行距離:約7万kmの場合

119~233万円

  • 年式:約10年前(平成19年)走行距離:約10万kmの場合

23~109万円

まとめ

「打倒エルグランド」でLサイズミニバンの新しい方向性を見いだしたアルファードは、「大空間高級サルーン」というコンセプトのもと、より高級感を増した車種として展開されています。

 

それに加えて、アルファードは、ハイブリッドモデルなどの低燃費性能や環境性能、安全技術なども併せて、ミニバンとは一線を画した新たな高級車として生まれ変わっているのです。

 

しかし、「高級感」というのは価格が一定の水準である事実が必要ですので、新車を欲しくても手を出せない人が一定数いることでしょう。

そうなると、中古車へのニーズが高まるのは当然ですし、ニーズかあればある程度の価格で売れます。

 

ニーズかあるときに売ってしまうのは、高価格で売却する鉄則です。

PICKUP CONTENTS

トップへ