「とんでん」の通販おせち料理の口コミや料金は?割引はあるの?

「とんでん」の通販おせち料理の口コミや料金は?割引はあるの?

目次 ※クリックで開閉します

お正月のおめでたい食卓を飾るのは、古くから「おせち料理」で決まっています。縁起物や華やかな見た目の料理で食卓を飾り、さかのぼれば古くからの信仰心にも行き着くものですが、何はともあれ豪華なおせち料理はお正月の醍醐味です。

 

昔は自宅で作っていたものですが、昨今は忙しくてなかなかおせち料理を自作できないものです。忙しくてもおせち料理は食べたい、そんな需要が昨今の通販おせちのトレンドをもたらしています。ですが、通販となると手元に届くまで実態がわからないわけで、失敗しないためにも口コミをチェックすることは重要です。

そこで、人気のおせち通販サイト「とんでん」の特徴や口コミについて解説します。

また、実際にとんでんのおせちを取り寄せたレビューも記載しているので、ぜひ参考にしてください。

とんでんの特徴

  • 北海道の和食レストランが手がけるおせち料理
  • 北海道の海の幸が魅力
  • 本部を北海道に、関東にも多数の店舗を展開

とんでんおせちの口コミ

良い口コミ

「豪華な海の幸に大満足!」

 

やはり、北海道や各地の海の幸をふんだんに使っているという部分が大きなポイントになっているようです。カニやエビ、あわびやいくらなどの豪華な海産物は、お正月の食卓を彩るのにふさわしいおかずです。

 

海産物のみがおせち料理の醍醐味ではないとは言え、やはり一定のレベルの海産物には豪華なブランドイメージを感じるものです。ご自宅で食べる分にはもちろん、実家や親戚などに贈るおせち料理としても高いポテンシャルを発揮してくれることでしょう。

 

「小さな子供でも楽しめる、家族で囲むのにふさわしいおせち料理」

 

とんでんのおせち料理は小さなお子さんを意識したものも多く、特に「北海道産 南京の焼きプリン」は喜ばれるようです。他にも、鶏肉や豚肉の洋食もあり、和食が苦手なお子さんでも楽しめる逸品として仕上がっています。

 

また、口コミの中には「おせちの和食が苦手だったのに、とんでんのおせち料理はよろこんで食べた」という意見もあります。おせち料理を囲むのは大人だけとは限りません。小さなお子さんの多い親戚で集まってのお正月にふさわしいおせち料理だと言えるでしょう。

 

「アレンジの方法も記載されている、最後まで楽しめるおせちだった」

 

とんでんの通販おせちには、入っているおかずを使った「アレンジ料理」の作り方が記載されているようです。例えば「鯛」であれば「鯛めし」にすると言った感じです。おせち料理はおいしいですが、残ると困るものなのです。

 

それぞれのおせち料理に記載されている対象人数で食べても、どうしても残ってしまうこともあります。そんな場合、翌日以降にそれだけ食卓に出しても、なんとなく手がつけにくいのではないかと思います。ですが、アレンジした料理であれば、おせち続きを回避でき、無駄なく食べきることができます。

 

「お互いの実家にも喜ばれるおせち料理」

 

おせち料理は自宅で食べるだけでなく、誰かに贈るという方法もあります。とくに、通販おせちの場合だと「実家・義実家」に贈るということが多いです。とんでんの口コミには、実家や義実家の両親に喜ばれたという意見が多く見られます。

 

もし、お正月から粗末なおせち料理を贈られてしまえば、がっかりさせるだけでなく、実家・義実家との関係にも悪影響を及ぼす可能性もあります。通販という、届くまで現物がわからないという特性上、しっかりとした品質のおせち料理を届けてくれるところでないと年末年始安心できないものです。

悪い口コミ

「重箱が余る」

 

とんでんの通販おせちは重詰で届きます。つまり、当たり前ですがおせち料理だけでなく「重箱」も届くのです。とんでんの通販おせちはしっかりとした重箱で届くというところが口コミでも評価されている反面、「重箱が余る」という意見もあるのです。

 

もし、毎年とんでんの通販おせちを注文する場合、1年で最低1個の重箱が手に入ることになります。つまり、3年で3個、5年で5個の重箱が、最低でも手に入ることになります。ご家庭に、重箱を何個も持っていても、どうなのでしょうか?

 

まず考えることとしては「使わない」ということ、もう一つは「保管スペースが問題」ということです。この点は、一つは運動会用などに持っておくとして、余った重箱は誰かに譲ってしまうという方法があります。捨てるのはもったいないでしょうから、なんとか有効活用してください。

 

「冷蔵、重詰だとは気が付かずに購入してしまった」

 

この口コミは、今までは冷凍や個包装の通販おせちを購入していた人が、それが通販おせちでは当たり前だと思って、とんでんの通販おせちを購入したという場合ですね。とんでんの通販おせちは冷蔵で重詰めですから、これらの考えとは正反対です。

 

何が問題なのかと言えば、食べるタイミングが限定されることと、保存に関する用意ができていなかったということです。特に保存に関しては冷蔵庫内に重箱分のスペースを確保しなければならず、届いてから急いで冷蔵庫内を片付けてもなかなか大変です。下手をすれば、温度が高くなっておせち料理の鮮度が落ちてしまう可能性もあります。

 

とんでんの通販おせちを購入する際には、配送予定日までに冷蔵庫内のスペースを確保しておきましょう。

 

「ちょっと高いかな?安いおせち商品も用意して欲しい」

 

とんでんの通販おせちは「種類が少ない」という特徴に加えて「お手頃価格の通販おせちが無い」という点もデメリットとして挙げられます。現在の最新のラインナップでは、27,000円と37,800円のラインナップのみであり、つまり最低でも27,000円+送料がかかるということになります。

 

おせち通販サイトの中には、送料込み1万円前後で購入できるおせち料理も販売されています。少人数で、高級料亭監修のおいしいおせち料理を満喫できるということもあって、人気を集めています。予算が少ないご家庭でも手軽に購入できるというのは嬉しい特徴です。

 

ですが、とんでんの場合は最低でも27,000円+送料のコストがかかります。数を揃えるとなれば、10万円に近いコストを支払う事になりかねません。いくらお正月とは言え、なかなか手軽には支払えないコストではないかと思います。

とんでんのおせち料理「とんでん」を実際に取り寄せ!口コミも検証!

とんでんのおせち料理「とんでん」を実際に取り寄せ!口コミを検証

ここからは、とんでんのおせち料理「とんでん」を実際に取り寄せてみたレビューと、上記で紹介した悪い口コミは本当なのか?実食してみた感想を踏まえ検証していきたいと思います。

 

今回注文したのは、とんでんのおせち料理「とんでん」です。

IMG_4722

IMG_4725

しっかりと梱包されており、保冷パックで届きました。中には、保冷剤も入ってました。

とんでんのおせちは解凍いらず!すぐに実食♪

とんでんのおせちは解凍いらず!すぐに実食できる

とんでんのおせちは、冷凍おせちではないため、すぐに食べれるというのが魅力です。

今回nanairoスタッフの女子社員メインで早速、実食してもらうことにしました。

一つ一つきれいに飾り付けられいます。

一つ一つきれいに飾り付けられいます。

かに真空パック

カニなどは、しっかりと真空状態で、ハサミで開けていきました。また容器が分かれており、容器に蓋を開けるだけで盛り付け完了という手軽さが、いいとの声がありました。

いただきます。

手を合わせて、「いただきまーす!」

実食

「さすが!北海道のおせち」とみなさん頷いています。その理由は、魚介類の多さにあります。あわび、えび、カニ、カニ味噌までしっかりと入ってました。しかもすべて身がぎっしり入っており、みんな大満足の様子。

また一つ一つのおせち料理の量が多いので、みんなで食べる時に取り合いになりません。

かにの身

見てください、このカニの身!ぎっしり入ってます!カニ味噌もしっかりついています。

言うことなしですね♪

いくら

いくらもぎっしり入っております。小分けの容器持った時に「お、重い」と感じました。

つまみ食いシーン

タイ食べる

いい匂いに誘われて他のスタッフも集まり、つまみ食いをされてしまいました。笑

鯛もまるまる一匹入っていて、本当に嬉しそうに食べています。

まんじゅう

僕はおせちが苦手なのですが、豚肩ロースハムがすごくおいしいです。もう一度食べようとすると、すぐになくなってしまい写真も取れませんでした。笑

代わりにおまんじゅうをいただきます……..。おまんじゅうもおいしい。笑

ホタテ真空パック

ホタテが真空パックに入っておりぷりぷりで、すごく美味しいです。

あわびいただき

カニ、アワビ、えびがおいしいとみんな笑顔で食べています。

完食

見事、あっという間に完食!大満足のおせちでした。

実食の感想

感想

  • 1個1個の量が多くてすごくいい
  • 色鮮やか、縁起物、煮物が多くいい
  • 海鮮が多いが生臭さがなくよかった
  • 北海道のおせちというイメージがピッタリ
  • 3万円超えないのに豪華なおせち料理
  • カニの身がぎっしりでおいしかった
  • どれこれもおいしくて飽きない

1個1個のおせち料理がおいしく、量も多いのですごくいいとの声が多かったです。

北海道産の食材、料理が入っておりこのボリュームで三万円超えないの?と驚きの声もありました。

おせちに魚介料理が多く入ってましたが、生臭さがなく、他の料理にも生臭さはありませんでした。

悪い口コミの検証結果

  • 「重箱が余る」
  • 「冷蔵、重詰だとは気が付かずに購入してしまった」
  • 「ちょっと高いかな?安いおせち商品も用意して欲しい」

反対に、 上記の3つが悪い口コミとして上がっていました。

実際に検証してみて、値段が高いという口コミは買う前に値段だけを見て判断している人の口コミだと僕は思います。

実際にとんでんのおせちを食べてみたら味も量も納得の金額でした。値段を伏せておせちを食べてもらったので、三万円は超えると実食したnanairoスタッフのみんなは思っていましたが、27,000円だと伝えたら「お買い得!」という声が真っ先に上がってきました。

再利用

また、重箱が余るという口コミは、考えようだと思います。豪華な重箱と保冷パックがあるので、子供運動会、ピクニックなどにも使用できると僕は思います。

nanairoスタッフが改善してほしいと感じた点

あわびとりにくい

  • アワビがとりにくい

細かいことかもしれませんが、貝殻にアワビ本体がくっつき過ぎていて、とりにくいとの声がありました。確かに僕も取ろうと頑張りましたが、取りづらかったです。

この点さえ、改善してもらえればさらに満足なおせち料理だと思いました。

とんでんのおせち料理「とんでん」のまとめ

とんでんおせち

今回実際にとんでんのおせち料理「とんでん」を注文して実食してみた結果「大満足です」

種類の多さ・量・味付け・価格すべて納得の内容でした。

最後に実食したnanairoスタッフみんなにアンケートを取りました。

味(味付け) 種類 価格
A
B
C
D
E
F

【大満足◎】【満足○】【残念△】【注文しない✕】

以上のような結果になりました。もっとも多く◎(大満足)を獲得したのは味付けでした。北海道の材料、料理が入っており、カニなどの身もぎっしりでnanairoスタッフみんな大満足でした。

とんでんのおすすめポイント

とんでんのおすすめポイント

一目瞭然、北海道の海の幸がふんだんに使用されている

まず、とんでんの通販おせちの最大の魅力は、ふんだんに使用されている北海道の海の幸です。写真を見れば一目瞭然、あわびやホタテなど、北海道産の高級海産物がふんだんに使用されているのがわかります。

 

また、北海道産ではないものの、鮭やカニ、サザエなどの海産物もふんだんに使われています。特にカニやエビなどはおめでたい色合いもさることながら、その存在感たるやまさに高級おせち料理の定番と言えるでしょう。

 

もちろん、海産物オンリーのおせち料理というわけではありません。古くからのおせち料理の定番たる黒豆や田作り、伊達巻などに加えて、お子さんにも喜ばれる合鴨スモークや栗きんとん、北海道産の南京を使った焼きプリンなども入っています。

 

古くからのおせち料理のイメージを崩すこと無く、その枠組にとらわれない豪華さが際立つおせち料理を届けてくれます。

配送日を指定可能、受け取りの都合をつけやすい

次に、これは珍しい特徴なのですが、とんでんの通販おせちは「配送日を指定できる」という特徴があります。いつでも、というわけではありませんが、希望した日に配送してくれるというのは年末というタイミングでは非常にありがたい特徴だと言えます。

 

通販おせちを取り扱うサイトの多くは、配送日を固定しています。もちろん、「何日に配送する」というのは前もってアナウンスされていますが、その日以外を購入者が指定することはできないのです。配送トラブルや混雑等で配送が遅れる事はあると思いますが、指定されている日に自宅にいられない場合、その通販おせちを購入できないという点が大きなネックとなります。

 

とんでんの場合、2017年の通販おせちの配送日は201年12月29日~31日の3日間から、購入者が都合の良い日を指定できるというシステムになっています。年末は忙しく、スケジュールもみっちり詰まっていると思います。この3日間のどこかで自宅にいれば通販おせちを届けてくれますので、他社と比較して利便性が高いと言えます。

冷凍ではなく生おせち、鮮度を劣化させること無く食べられる

次に、とんでんの通販おせちは「冷蔵おせち(生おせち)」です。よくあるような「冷凍おせち」ではなく生おせちであるため、鮮度がよく、おいしい海産物を品質を落とすこと無く満喫することができるという点が魅力です。

 

通販おせちの中には、冷凍した状態で届けられるものがあります。生おせちなのか冷凍おせちなのかはサイトによって異なり、全て冷凍おせちしか取り扱っていない、もしくは大半が冷凍おせちという通販サイトもあります。

 

冷凍おせちは、賞味期限がある程度長いというメリットはありますが、解凍というデメリットがあります。解凍によるデメリットは、まず「解凍しないと食べられない」ということと、もう一つ厄介なのが「解凍の仕方によっては品質が大幅に劣化する」ということです。

 

冷凍した食品は、どうしても細胞や水分の影響で品質が変化し、水分が出てきて旨みや栄養が流れ出てしまうことになります。特に、通販サイトが指定したとおりに解凍できないと、大幅な鮮度劣化を招きます。

 

とんでんの通販おせちは全て冷蔵の生おせち、賞味期限の問題はありますが鮮度を落とすこと無く食べることができるという点が大きなメリットです。

和食が苦手なお子さんにも満足の味付け

おせち料理といえば和食メインの料理です。というよりも元々は和食オンリーだったわけで、昨今の食文化の変化によって洋食や中華が取り入れられる様になったとは言え、やはりメインは純和食です。黒豆や田作り、昆布巻などは和食おせちの定番ですが、小さなお子さんはそうした古くからの和食をあまり喜びません。

 

しかし、とんでんのおせち料理は、和食でもお子さんが喜ぶ味に仕上がっているようです。とんでんは関東地方に和食レストランを展開しており、小さなお子さんにも和食を楽しんでもらうために作ったメニューもあるほどです。それが通販おせちにも反映しているのか、口コミではお子さんの口にあった和食という評価がいくつか見られています。

重詰のおせちは、盛り付けの手間がかからない

とんでんの通販おせちは、全て重箱に入った状態で配送されます。通販おせちの形式にはいくつかありますが、大きく分けると「重詰」と「個包装」と「単品」です。この中で最も手間がかからないのは、重詰でしかも冷蔵の生おせち、その特徴を兼ね備えているのがとんでんの通販おせちなのです。

 

個包装は、1品単位で包装されているタイプの通販おせちです。単品は、セットではなくかまぼこや伊達巻1本単位などで購入できるタイプのおせちです。どちらも包装を開けて、必要に応じてカットなどの手間をかけることで食べることができます。

 

重詰の場合、重箱に詰められた状態で自宅に届けてくれます。これを冷蔵庫に収めておき、食べるタイミングになったら取り出し、そのまま食卓に運ぶことができます。個包装や単品単位は、食べるために手間をかける必要があるのに比べて、少ない手間で食卓に運び、食べることができます。

配送について

とんでんの通販おせちは、前述の通り配送日を指定できるという点が魅力です。2017年分は、12月29日・30日・31日の3日間から配送日を指定できました。ただし、配送時間までは指定できませんので注意しましょう。

送料は無料?

とんでんの通販おせちは送料がかかります。

北海道地区

  • 1セット・・・918円
  • 2セット・・・972円

本州・四国・沖縄本島地区

  • 1セット・・・1,296円
  • 2セット・・・1,350円

※お届け先が同一の場合、2セットまで1梱包でお届けいたします。同梱も可能です。

とんでんの注意点

とんでんの注意点

生おせちなので賞味期限が短い

まず、生おせちなので賞味期限が短いです。商品と配送日によって異なりますが、おおよそ正月三が日で食べ切らないとおいしくありません。それ以降に食べる予定がある場合だと、冷凍おせちを取り扱っている別のサイトにしなければならなくなります。

 

元々、おせち料理は元日か三が日の間に食べるのが一般的です。作る側もそれを見越して通販おせちを作っていますが、食べる側の事情についてはそこまで考慮できません。1月4日以降に食べたい、と思っても、既に賞味期限切れでおいしくありませんし、お腹を壊してしまうことになるでしょう。

 

冷凍おせちの場合、ものによって1月7日頃~1月末まで賞味期限が設定されている物が多いです。いくらなんでも正月から1週間の間しかおせちは不要でしょうし、そうでなくても月末まで保存できる冷凍おせちであれば利便性は高いです。

送料がかかる

また、多くの通販おせちサイトと異なるポイントとして「必ず送料がかかる」という点が挙げられます。多くの通販おせちは「送料無料」と掲げて販売している物が多い中、とんでんの通販のおせちは、必ず送料がかかるのです。

 

かかる送料は、本部のある北海道とそれ以外の地域で料金が異なります。1セット単位で料金設定がなされ、最低でも702円、北海道以外の場合は最低でも1,080円の送料がかかります。2セット単位でおおよその価格設定となっているので、3セット以降はそれなりの送料になります。

配送時間の指定はできない

また、その特徴である「配送日の指定が可能」であるという反面、具体的な配送時間までは設定できないという点がデメリットになります。つまり、「◯日に届くだろう」という予定は決まっても、具体的に何時頃に届けられるのかということまでは指定できないのです。

 

例えば、30日の午前中に配送ということが決まっていれば、30日午後のスケジュールは自由に決められます。もしくは、30日の13時~~6時と決まっていれば、午前中および夕方以降のスケジュールが決められます。

 

時間の指定ができないため、配送予定日は丸一日の予定を開けておき、自宅にいなければならないのです。配送されたらそれ以降は外出したり寝てもかまわないのですが、届くまでは自宅に居続けなければなりません。年末は配送業者も忙しい時期ですから、きちんと受取できなければ次はいつ届けてもらえるかわかりません。

種類が少ない(以前は2種類だけだった)

とんでんの通販おせちはどれも豪華ですが、あまり種類がないという点がデメリットになります。おかずの種類ではなく、おせち単位での種類が少ないことが問題です。以前は2種類しかなく、去年は記念で1種類追加されていますが、合計でも3種類のおせちしか選べないのです。

 

おせち通販サイトによっては、10種類以上、20種類以上という豊富なラインナップのおせち料理を注文できるところもあります。種類が豊富なのは、例えば「和食オンリー・和洋折衷」「2人向け少人数用・4~5人向け家族用」「キャラクターもの」など、購入者にとって都合の良い特徴を持ったおせち料理を選べるという点が魅力です。また、毎年同じ通販サイトを利用するにあたって、毎年異なるおせち料理を注文できる、あるいは親戚で集まる時などに複数個注文したいときにもバリエーションをもたせられます。

冷蔵庫内に保存スペースを確保しておく必要がある

さらに、冷蔵の重詰おせちであるという特徴は、食べる際の手間の少なさというメリットの反面で「冷蔵庫内のスペースの確保」という点がデメリットになります。重箱のサイズを収められるスペースを年末から年始にかけて確保しなければならないのです。

 

正月三が日には閉まっているお店も少なくありません。飢え死にしたくありませんから、少なくとも1月4日~5日までは食べていけるだけの食料を確保しておく必要があります。そうなると、年末に買い込んでおく必要があるので、冷蔵庫内もそれなりにぎゅうぎゅうになっているでしょう。

 

仮に、個包装もしくは単品おせちの場合だと、1品単位で収納できます。ちょっと開いているスペースにねじ込むことができるので、ただでさえいっぱいの冷蔵庫内のスペースを活かして収納できる可能性が高いです。しかし重詰の場合だと最低でも重箱1段単位で保存しなければならず、なかなかスペースの確保に苦労することになります。もし、タッパーなどに分けて保存する場合、重詰としてのメリットが活かされないことになります。

とんでんのQ&A

支払方法は?

とんでんの通販おせちは、クレジットカード、銀行振込、代金引換、コンビニ決済、ニッセン後払い、ゆうちょ銀行を利用できます。

予約のキャンセルはいつまでなら可能?

2017年のおせちは、2017年12月22日までキャンセルを受付していました。

割引やキャンペーンはあるの?

現在は実施していません。

とんでんの通販おせち料理の2017年売れ筋ラインナップ

おせち料理「とんでん」

おせち料理「とんでん」

  • 値段 27,000円税込み
  • 商品のお届け日 12月29日~31日指定可能
  • 3~5人前
  • 送料 北海道(918円)本州・四国・九州・沖縄(1296円)
  • 品目数 29品目
  • 消費期限 お届け日により異なります。例)12月29日(金)の場合1月1日(月)が消費期限

とんでんのこだわり一品は、ズワイガニ甲羅詰め・爪肉、あわび、天然紅鮭、ホタテ貝です。中でもズワイガニは、厳選したズワイガニのミソと身を分けて甲羅に詰めた人気のある商品です。

冷蔵・航空便ですぐにお届くために、送料がかかりますが、冷凍おせちに抵抗がある人におすすめです。

おせち料理「雅」みやび

  • 値段 37,800円税込み
  • 商品のお届け日 12月29日~31日指定可能
  • 3~5人前
  • 送料 北海道(918円)本州・四国・九州・沖縄(1296円)
  • 品目数 31品目
  • 消費期限 お届け日により異なります。例)12月29日(金)の場合1月1日(月)が消費期限

冷蔵・航空便ですぐにお届くために、送料がかかりますが、冷凍おせちに抵抗がある人におすすめです。素材もとんでんならではの海の幸をふんだんに使用しています。

おせち料理「北の恵み」きたのめぐみ

  • 値段 27,000円税込み
  • 商品のお届け日 12月29日~31日指定可能
  • 2~3人前
  • 送料 北海道(918円)本州・四国・九州・沖縄(1296円)
  • 品目数 22品目
  • 消費期限 お届け日により異なります。例)12月29日(金)の場合1月1日(月)が消費期限

北の恵みのこだわりは、北海道産のキンキ(きちじ)ボタンエビです。キンキはとんでんで味付け焼きされた自慢の一品となっています。

とんでんはこんな人におすすめ

海鮮が好きな人

まず、とんでんのおせち料理は海鮮が好きな人にとって魅力的です。北海道の海で採れた海産物だけでなく、各地の海産物をふんだんに使用し、豪華なおせち料理が完成しています。海の幸が大好きだという人にお勧めの通販おせちです。

お子さんにもおせち料理を楽しんでほしい人

また、小さなお子さんがいるご家庭、もしくは小さなお子さんが親戚にいて正月に集まる予定がある場合にお勧めです。お子さんに喜ばれるメニューもさることながら、和食もお子さんに喜ばれる味に仕上がっています。

配送日を指定したい人

とんでんの通販おせちは、ある程度の範囲内であれば配送日を指定できます。2018年分もそうとは限りませんが、おそらく例年と同じように年末3日間で指定できるのではないかと思います。年末はスケジュールがシビアで、留守にしている日が多いという場合、配送日を指定できるとんでんの通販おせちは非常に役立つでしょう。

まとめ

他の通販サイトとは異なる、さまざまな特徴を持った通販サイトです。ですが、豊富な海産物と配送日指定可能という点は、通販おせちの中でも特に魅力的な特徴であると言えます。クオリティに関しては、ネットで悪い口コミを見つけるのに苦労したくらいですから、かなり高い水準を期待できます。

 

惜しむらくは、その種類の少なさです。ラインナップの少なさは、購入者が希望する特徴を揃えたおせちを購入できないという点がネックです。加えて、リーズナブルな価格帯のおせちを取り扱っていないという点も気になります。

 

ですが、その価格を納得させるだけのクオリティを持ったおせちであることは間違いありません。お正月を飾る豪華なおせち料理、今年は海鮮が豊富なとんでんを選んでみてはいかがでしょうか?

PICKUP CONTENTS

トップへ