とろっとろの新鮮な刺身が食べれるおすすめの人気カニ通販サイトは?

目次 ※クリックで開閉します

蟹を生・刺身で食べるならやっぱり活蟹がおすすめ?

活きたまま発送ってどんな感じで届くの?

国内で水揚げされたカニに関しては、活きたまま届く可能性があります。発泡スチロール素材の容器に生きたままカニが入れられており、状態を保つために氷などを敷き詰めてあります。

 

カニの生命力は陸上では1日から2日程度しかありません。注文した翌日に届くような業者であったとしても、配送に少しでも遅れが出るようなことがあれば到着したときまでにすでにカニが死んでいる、ということもあります。

不在で受取が遅れてしまった場合でも、同様にカニの状態が悪化しているおそれもあるので、そのようなリスクを把握した上で活きガニを注文しましょう。

 

元気なカニであったとしても到着時に死んでいることはあるので、もともとの品質が悪かったり弱っていたりしたから死んだ、ということはありません。

冷凍のカニポーションは刺身で食べられるの?

冷凍のカニポーションはお刺身として食べられます。

基本的に生の状態で冷凍されているので、解答をすれば生の状態に戻るのです。後はお刺身として食べるだけです。

またカニポーションに関してはカニしゃぶとして食べる人も少なくありません。カニポーションとは蟹の足のむき身のことを表しているので、カニしゃぶとして非常に食べやすい、といった特徴を持っているわけです。自分で殻をむいて食べる、というのは面倒でしょう。

 

ちなみにカニ通販ショップで「ボイル」と表示されているものはすでに茹でてあります。ですからお刺身として食べるのには適していません。かに通販ショップで「生」と表示されているものは、茹でていないのでお刺身として食べるのに適しています。

刺身で食べるタラバガニ・ズワイガニ・毛蟹の味の特徴は?

タラバガニの特徴

タラバガニのお刺身は美味しいと評判になっています。カニのプリプリの触感が楽しめます。さらにとろけるような甘みも堪能できるのです。お刺身として食べるのに適しており、エビに似たような味わいがあります。

 

タラバガニには棘があります。お刺身で食べたい場合にはなるべくむき身を選択しましょう。自分で殻を処理する、というのは大変であり、調理にも時間がかかってしまうのです。

ズワイガニの特徴

ズワイガニのお刺身は、繊細な甘みが堪能できます。カニ本来の持っている旨味を堪能できる、といったメリットもあるのです。口の中に広がるとろける旨味を堪能したい方はズワイガニを選択しましょう。

活きガニであった場合には、味噌もそのまま食べる事が可能です。ズワイガニの味噌は濃厚でクリーミーな味わいがあるので人気となっているものが多いのです。

 

ズワイガニは調理が比較的しやすいカニとしても有名です。棘がないので怪我をしにくいのです。カニ料理の初心者の方はまずはズワイガニから始めてみましょう。

毛蟹の特徴

毛蟹については身の量が少ないのでお刺身としてはあまり適していません。お腹いっぱいカニを堪能したい、といった希望はなかなか叶えられないのです。

 

毛ガニといえば、とにかく味噌に大きな特徴があります。濃厚な味わいがあるので、蟹の中で味噌が最も美味しいと話題になっているわけです。

深みのある独特の甘みもありますし、ツンと効いた酸味にノックアウトされてしまう蟹味噌マニアも多いのです。

 

毛蟹については殻はあまり硬くないので調理がしやすい、といった特徴があります。

カニ通販で取り寄せた刺身用のカニの正しい食べ方

活蟹

届いたらすぐに調理を開始してください。活きガニは状態が劣化しやすいのです。

最初にするべきことは活きガニを真水に入れる、ということです。カニは真水に入れると弱るのです。もちろん弱らせたままではダメです。すぐに次の段階に入ります。

 

包丁で腹を割ります。足を持って上に引き上げて甲羅を外し、甲羅を処理します。そのときに味噌に水を晒してください。

 

足を外し、株を包丁で二つに割ります。

の付け根に包丁を入れてからを薄く削ぎます。削ぐのが難しい場合にはカニピューラーのようなグッズも販売されているので利用する方法もあります。

 

残っている殻を身から外せばカニのむき身の完成です。身についている薄皮も外しましょう。最後に氷水に実をつけると華が咲きます。それで準備は完了です。

 

後は醤油やポン酢などお好みの調味料を付けて味わってください。

 

活きガニについては多少の手間もかかるので、前もって準備方法を知っておくことが大事です。あれこれ調べていると活きガニの状態が悪くなってしまうのです。活きガニは保存できるものでもないので、すぐにさばかなければなりません。

冷凍のカニポーション

保存方法

冷凍のカニポーションが届いたら、すぐに冷凍庫に保管してください。解凍されてしまうと劣化が始まってしまうのです。解凍するのは食べる前だけです。

ちなみに冷凍保存に関しては、1ヶ月程度の賞味期限があることがほとんどです。冷凍状態であれば比較的長く保存できる、といった特徴があります。

解凍方法

2つの方法があります。

一つ目は冷蔵庫で半日から1日程度保管する、という方法です。ゆっくりと解凍していく方法になります。しかし生のカニなので長い時間をかけて解凍してしまうと、黒変が起こってしまう可能性があります。黒変に関しては味にはそれほど影響を与えませんが、見た目的にも悪いので、生の冷凍カニポーションの冷蔵庫での解凍はおすすめしません。

 

二つ目は水道水で10分から20分解凍する、という方法です

たらいやボウルに水を張ってください。そこにカニポーションを袋ごと入れるのです。さらに上から水道水を流してくだい。

10分程度経ったら状態をチェックしましょう。カニポーションについているグレース(氷の膜)を確認するのです。ある程度溶けていたら、むき身を触ってみてください。まだガチガチであった場合には、解凍を続けます。ある程度柔らかくなっていたら解凍は完了です。

完全に解凍する必要はありません。半解凍の状態で終了です。

解凍が終わったらグレースから出た水を切り、すぐに調理を開始します。後はお好みの調味料などを付けて食べるだけです。

解凍してたらカニが黒く変色してきたけど大丈夫なの!?

黒く変色することを「黒変」と読んでいます。自然現象なので特に大きな問題はありません。味にも影響は与えません。

 

黒変には、蟹肉に含まれているアミノ酸のチロシンが関わっています。アミノ酸のチロシンですが、酸化酵素チロシナーゼによって参加されメラニン色素が生成されるのです。その結果、身が黒く変色してしまいます。

 

解凍に時間をかけてしまうと、黒変化しやすいです。黒変を避けたいのであれば、解凍時間を短縮しましょう。

 

新鮮でとろとろのお刺身を食べられるおすすめのカニ通販はどこ?

活蟹のお刺身で探すならここ!

北釧水産がおすすめです。最高品質の毛蟹の活きガニを取り扱っているのです。1杯あたり1キログラム前後の巨大なものまで取り扱っています。

濃厚な味噌を楽しめるとして、大きな話題となっているのです。

 

北釧水産はカニ以外にも北海道の海産物を多く取り扱っています。海の幸を購入したい場合には非常に役立ってくれるわけです。

間に業者を入れずに直接届けてくれるので鮮度も抜群です。だからこそ活きガニを取り扱えるわけです。訳なしの最高品質の商品も数多く用意しており、しかも他店と比べると30%オフから50%オフの価格で取り扱っているわけです。

 

ただし活きガニについてはいつでも注文できるわけではありません。時期によっては難しい場合もあるので、前もってチェックした上で注文してください。

冷凍カニのカニポーションのお刺身で探すならここ!

かに本舗がおすすめです。お刺身用もしゃぶしゃぶ用も用意しているのです。殻がむいてあるものもあれば殻付きの鍋用の商品も取り扱っているなどバリエーションが豊富です。

ズワイガニのむき身セットに関しては、超特大の9Lセットまで販売しています。あまりの大きさに実際に購入した人もびっくりしてしまっているほどです。

 

かに本舗では年末年始もギリギリまで注文を受け付けています。冬にカニを堪能したい、といった希望を叶えてくれるショップなのです。お客様満足度も高く、リピーターもものすごく多いわけです。

特にズワイガニ系の商品を多く取り扱っているので、ズワイガニを探しているならかに本舗がおすすめです。

 

かに本舗では自宅用の訳ありガニも多数取り扱っています。品質は良いのに、びっくりするような価格で販売しているのです。

 

カニ通販で最大の流通量を誇っており、冷凍のカニポーションをどこで買うか悩んでしまったらとりあえずかに本舗を覗いてみましょう。商品数の多さに驚くはずです。

まとめ

カニを生で食べる場合は活きガニか生で冷凍されたものを購入する必要があります。

活きガニと生のカニは劣化しやすい、といった特徴もあるので準備や調理には気をつけなければなりません。

活きガニの場合は、早急にさばいて食べましょう。生の冷凍カニポーションの場合は、届いたら冷凍保存をします。食べる段階になったら解凍したらすぐに料理をして食べなければなりません。

 

活きガニや生の冷凍カニポーションは購入するショップも極めて重要です。味に鮮度が大きく関わっているからです。信頼できる業者から取り寄せましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ