読む、書く、聞く、話すの技能をバランスよく学べるオンライン英会話【Best Teacher】

英語力を伸ばすには、「読む、書く、聞く、話す」の4つの技能が必要だと言われています。今回ご紹介するのは、これらの4つの技能をバランスよく学ぶことをコンセプトにしているオンライン英会話のベストティーチャーです。私はこれまで長きにわたって英語学習を続けてきましたが、ベストティーチャーは数あるオンライン英会話の中でもコンセプトがかなりしっかりしていると思います。ここでは、ベストティーチャーの特徴についてお伝えしたいと思います。

オンライン英会話【ベストティーチャー】とは

  出典:ベストティーチャー

24時間いつでもどこでもレッスンに参加!受講料は月額9,800円

講師は160名以上在籍しており、フィリピンや東ヨーロッパの講師が多いですが、ネイティブの講師も在籍しています。ベストティーチャーで英会話を学ぶ場合は「通常コース」を選択することになります。受講料は月額9,800円で、教材費や入会金など別途かかる費用も不要となっており、レッスン回数に上限はありません。つまり月額9,800円を支払えば毎日でも何時間でも好きなだけレッスンを受けることができます。英会話以外ではTOEFL やIELTS、英検など各種英語試験専用のコースが設けられており、TOEFL対策コースの場合、受講料は月額16,200円となっています。

ライティング⇒スピーキングがレッスンの流れ

ベストティーチャーのレッスンは、「自分の会社を紹介する」など各トピックに応じてまずは自分の伝えたいことをライティングし、それを講師が正しいものに添削して音読を行います。生徒は音声ファイルを聞いて表現を覚え、その後会話形式のレッスンに移り実際に使ってみる、というのが基本的な流れになります。ベストティーチャーは英語力を伸ばすのに必要な4つの技能を習得することに力を入れていますが、このような流れに沿ってレッスンを受けることで、それらの技能をまんべんなく伸ばすことができます。

特にライティングに関する講師のフィードバックが得られるのは、他のオンライン英会話にはなかなかない、ベストティーチャーならではの強みと言えるでしょう。

実際のレッスンの流れ

それでは実際にどんなレッスンになるのか、具体的にチェックしてみましょう。まずは公式サイトで会員登録を済ませスカイプも登録しておきます。ベストティーチャーでは無料体験レッスンも行っているので、実際にお金を払う前にレッスンの雰囲気を確かめることができます。

会員登録を済ませたら1,000以上の項目の中から勉強したい項目を選びます。各項目は、例えば「電話でアポイントを取ってみよう」「かかってきた電話のメッセージを預かろう」「自分の部署がどんな仕事をしているか説明してみよう」など、ビジネスの場面をイメージしたかなり具体的なトピックとなっています。自分がどんな英語を言いたいのか、どんな場面で英語を使うことになるのかをイメージして、トピックを選択するようにしましょう。

ベストティーチャーでは、ビジネス英語フレーズ集に掲載されているお決まりの会話ではなく、自分の仕事の説明などその生徒ならではの英語表現を講師にトレーニングしてもらうことができるので、実際の場面ですぐに使える英語表現を身に付けることができます

言いたいことを英語で書いてみよう

トピックの選択は会員ページで行います例えば「自分の部署の仕事を説明してみよう」と言う項目を選んだ場合、「外国人の友達に自分の部署の仕事を説明しよう」とシチュエーションが示されます。

ここでは、

“What department do you work in? What do you do there?(どんな部署で働いているの?そこで何をしているの?)”

と聞かれたと想定します。

自分が実際に聞かれたことをイメージして、答えたいことを英文で書いてみましょう。テキストには続けて「臨床試験」「在庫管理」などの単語や、「私は何々を担当しています」というフレーズなど、自分の部署の仕事を説明したいときによく使うであろう単語や表現がまとめられているので、英文を作るときに参考にすると良いでしょう。

また「その部署ではどんな人たちが働いているか、雰囲気はどうなのか説明するとより会話が弾むことでしょう」などのアドバイスも書かれていますので、会話形式のレッスンに移ったときに、会話の広げ方の参考にしてみるとよいでしょう。

ライティングが終わったら、作った英文を講師に送信し添削してもらいます。講師からの返信は、送信してから30分~6時間で届きます。やりとりは最大5回まで行うことができ、講師とやりとりをしながら自分の伝えたいことをライティングしてアウトプットし、同時に添削してもらうことで、表現の精度をより高めることができます。

音声ファイルで正しい英語を聞いて、口に出して言ってみよう

講師とのライティングに関するやりとりが終了すると、訂正された文章のpdfと、講師により英文が読み上げられた音声ファイルが届きます。ライティングレッスンでどこを間違えていたのか確認し、正しい表現について、口になじんですらすらと出てくるまで音読を行いましょう。

ライティングの復習と音読が終わったら、次にスカイプでの会話形式のレッスン予約を行います。ベストティーチャーでは、24時間いつでも好きなときにレッスンを受けることができます。ライティングレッスンで作成した英文を覚え、実際の会話の中で使ってみることで表現の定着をめざします。

「自分の部署の仕事を友人に紹介する」というこちらの項目では、講師を自分の友人だとイメージし、気持ちを込めて英文を口に出すことが定着率を高めるポイントです。自分が作成した英語表現を習得するほか、アドバイスに記載されていた通り「部署の会議の様子」や同僚についてなど、会話を広げてみましょう。しっかりした英文を作らないまでも、どんなことを伝えたいか考えて、使えそうな単語をピックアップするなどの準備をあらかじめしておくのもオススメです。せっかく準備したのからレッスンで使用してそれで終わりではなく、英語表現が自分の脳にインプットされるイメージで気持ちを込めて、スカイプレッスンが終わった後も、シミュレーションをしながら頭の中で復習のため話してみると良いでしょう。

ベストティーチャーのメリット

コストパフォーマンスが良い

ベストティーチャーは月額9,800円で好きなだけレッスンを受けることができます。つまり、やる気があれば一日何時間でも英語でお話しすることができます。また、会話形式のレッスンは25分間ですが、それに加えてライティングのレッスンも付属しており、講師とのやりとりは最大5回までとなっていますが、全て英語で行うので英語に触れる時間を伸ばすことができます。

スキマ時間で勉強できる

英語力は「読む、聞く、話す、書く」という4つの技能がそれぞれお互いに影響しあって伸びていくので、ライティングスキルを高めることにより、間接的にスピーキング能力を高めることにもつながります。また講師からのライティングに関する返信は実際には10分~1時間で帰ってくる場合が多いので、忙しいビジネスマンの方でも空き時間や通勤時間などを使って細切れ時間に勉強を進めることができます。

定着率が良い

自分で考えた文章なので定着率が高く使いやすいですし、与えられた誰にでも当てはまる表現をただ暗記するのではなく、自分で考えたオリジナルの表現を学ぶことができるので、覚えやすく実践の場にもすぐに役立てることができます。