留学中でも安心!海外ATMで現金引出しOK!!おすすめVisaデビットカード比較

目次 ※クリックで開閉します

海外で現金を持ち歩くのは不安なもの。そこで、海外に留学するなら、Visaデビットカードの利用を検討してみましょう。ここでは、Visaデビットカードとはどんなカードかについて説明します。Visaデビットカードのお得な使い方についても知っておきましょう。

Visaデビットカードとは

現金感覚で使えるデビットカード

デビットカードとは、クレジットカードと同様に、買い物の際にお店で提示することで、現金を使わずに決済できるカードになります。クレジットカードとの違いは、デビットカードでは買い物代金が自分の口座から即時引き落としされるという点です。

 

クレジットカードの場合には、カードをお店で提示すると、カード会社がお店に買い物代金を立て替えて支払ってくれるしくみになっています。そして、カード会社に立て替えてもらった買い物代金は、後日自分の口座から引き落としされ、カード会社に支払われることになります。

 

現金がなくても買い物ができてしまうクレジットカードと違い、デビットカードでは口座残高が足りなければ買い物ができません。つまり、デビットカードはカードと言っても現金と同じような感覚で使うことになりますから、使い過ぎてしまうことがないという安心感があります。

J-Debitとブランドデビット

デビットカードのサービスが日本で開始したのは、2000年のことになります。このとき登場したデビットカードは、J-Debitと呼ばれるもので、お店のレジで銀行のキャッシュカードを使って決済するというものでした。

 

J-Debitでは、レジに設置された端末でキャッシュカードの暗証番号を入力しなければならないため、利用者にとっては暗証番号を読み取られる不安がありました。また、国内のJ-Debit加盟店でしか利用できない、すべての銀行のキャッシュカードが利用できるわけではない、24時間いつでも利用できるわけではない…などの点などから、あまり普及が進みませんでした。

 

デビットカードが見直されるようになってきたのは、2006年にスルガ銀行が国際ブランド「Visa」の付いたデビットカードを発行してからになります。その後、楽天銀行、ジャパンネット銀行、りそな銀行などが次々とVisaデビットカードの発行を開始し、大手都市銀行の三菱東京UFJ銀行も2013年に、三井住友銀行も2016年にVisaデビットカードのサービスを始めました。また、楽天銀行など、国際ブランド「JCB」の付いたデビットカードを発行する銀行も増えてきました。

 

「Visa」や「JCB」などの付いたデビットカードは、ブランドデビットと呼ばれます。国際カードブランドと提携しているブランドデビットは、J-Debitと違い、世界中の加盟店で利用することができます。ブランドデビットは、クレジットカードと同じように使えるという利便性の高さと、使い過ぎを防げるという安心感から、近年急速に人気が高まっています。

プリペイドカードとの違いは?

デビットカードと似たカードに、プリペイドカードがあります。プリペイドカードはあらかじめお金を払ってカードを購入するか、カードに事前入金することにより、現金と同じように使うことができるカードのことです。テレホンカードや図書カードなどもプリペイドカードです。

 

このプリペイドカードにも、国際ブランドが付いたものが登場しています。たとえば、au WALLETはMasterCardの付いたプリペイドカードで、国内外のMasterCard加盟店で使うことができます。このほかにも、VisaプリペイドカードやJCBプリペイドカードが、様々な会社から発行されています。

 

プリペイドカードは、買い物に使っても代金が口座から引き落としされるわけではなく、利用する金額は事前にカード自体に入金(チャージ)しておかなければならない点が、デビットカードとの違いになります。デビットカードは口座残高の範囲内でのみ使えるカードで、プリペイドカードはチャージされた金額の範囲内でのみ使えるカードということになります。

 

なお、プリペイドカードでは口座引き落としする必要がありませんので、銀行口座を持っていなくても持つことができ、匿名性が高くなっています。一方、デビットカードの発行元は銀行などの金融機関となっており、少なくとも銀行口座を持っている人でないと発行してもらえません。

海外へ持って行くならVisaデビットがおすすめ

銀行の口座と結びついており、現金感覚で使えるデビットカードがあれば、手元に現金を持っていなくても買い物ができます。特に、海外では現金を持ち歩くのは不安ですから、デビットカードが大いに役立ちます。

 

現在、日本で発行されているブランドデビットの多くは、Visaデビットカードになります。Visaは世界200以上の国と地域に加盟店がありますから、海外での買い物に大変便利です。また、Visaデビットカードを持っていれば、海外のVisaマークの付いたATMから、自分の口座にある現金を現地通貨で引き出すこともできます。これから留学などで海外へ行くなら、Visaデビットカードを持つことを検討してみましょう。

Visaデビットカードの使い方

Visaデビットカードの使い方は、基本的にクレジットカードと同様ですが、支払方法は1回払いのみになります。お店では「1回払い」と伝えた上で、必要に応じてサインしたり暗証番号を入力したりします。ネットショッピングの場合には、クレジットカード払いで「Visa」を選択し、カード番号及び有効期限を入力すればOKです。

Visaデビットカードのメリット

使い過ぎを防ぐことができる

Visaデビットカードは、クレジットカードと違い、口座残高の範囲内でしか使うことができません。うっかり買い物し過ぎてあとで支払いができなくなるという心配もせずにすみます。

時間や手数料の無駄をなくせる

Visaデビットカードを使えば、手元に現金がなくても、ATMから現金を引き出すことなしに買い物ができます。ATMを探したり並んだりする必要もなく、時間を無駄にせずにすみます。

また、ATMから現金を引き出すときには手数料がかかることがありますが、Visaデビットカードを使って国内で買い物するときに手数料がかかることはありません。ATMから現金を引き出すよりも、カードで買い物した方が、無駄な手数料が発生しない分お得になることがあります。

ポイント付与やキャッシュバックがある

Visaデビットカードを利用すれば、利用金額に応じてポイントが付与されたり、キャッシュバックされたりする特典があります。還元率はクレジットカードほどではありませんが、現金で買い物するよりは間違いなくお得になります。

審査不要で高校生でも持つことができる

Visaデビットカードの申し込み時には、ほとんどの場合、審査がありません。発行元の銀行の口座を保有していれば持つことができますので、高校生(15歳以上)から持つことができます。

海外ATMから現地通貨の引き出しができる

Visaデビットカードを持っていれば、海外に行ったときに現地のVisaマークの付いたATMから、現地通貨を引き出すことができます。わざわざ両替をする必要がなく、海外でも必要なときに必要な金額の現金を素早く調達できます。

不正利用に対する補償がある

Visaデビットカードには、カードが偽造や盗難により第三者に不正利用された場合に一定金額を補償してもらえる制度があります。カードの利用に不安を感じてしまう人でも、万一のときの補償がある点で、利用しやすくなっています。

海外で使えるおすすめVisaデビットカード比較

三菱東京UFJ-VISAデビット

三菱東京UFJ-VISAデビットは、利用金額の0.2%が自動でキャッシュバックされるシステムになっています。さらに、誕生月にはキャッシュバック率が0.1%アップ。前年の利用金額に応じてキャッシュバック率がアップするシステムもありますから、使えば使うほどお得になります。

 

年会費 1080円(税込)

15~23歳は無料。年間10万円以上の利用で翌年度無料

海外ATM・事務手数料 108円(税込)+3.0%
ポイント/キャッシュバック還元率 0.2%(自動キャッシュバック)
保険・補償 ショッピング保険(年間100万円まで)

不正利用補償(年間100万円まで)

住信SBIネット銀行-Visaデビット

住信SBIネット銀行-Visaデビットカードは、キャッシュカード一体型のデビットカード。月間の利用金額の0.6%のポイントが付与され、貯まったポイントは1ポイント1円に交換できます。

 

年会費 無料
海外ATM・事務手数料 米ドル決済の場合2.5%

円決済の場合Visaの定める為替レート+2.5%

ポイント/キャッシュバック還元率 0.6%(月間利用金額に対してポイント付与)
保険・補償 不正利用補償(年間100万円まで)

JNB Visaデビットカード

JNB Visaデビットカードでは、ネットショッピングがお得になります。ジャパンネット銀行の「キャッシュバックモール」を経由して買い物した場合、支払い金額の1%が自動でキャッシュバックされます。

 

年会費 無料
海外ATM・事務手数料 3.02%(税込)
ポイント/キャッシュバック還元率 0.2%(500円につき1JNBスター付与)

キャッシュバックモール利用で1%(自動キャッシュバック)

保険・補償 不正利用補償(年間500万円まで)

SURUGA Visaデビットカード

SURUGA Visaデビットカードは、キャッシュカード一体型のデビットカード。年間利用金額の0.2%が自動でキャッシュバックされる特典があります。コンビニATMからいつでも手数料無料で口座に入金できるので、残高不足にも備えやすくなっています。

 

年会費 無料
海外ATM・事務手数料 216円(税込)+3.0%
ポイント/キャッシュバック還元率 0.2%(自動キャッシュバック)
保険・補償 ショッピング保険(30万円まで)

不正利用補償

楽天銀行Visaデビットカード

楽天銀行Visaデビットカードを利用すれば、楽天スーパーポイントが貯まります。貯まったポイントは、楽天銀行の振込手数料や楽天市場でのお買い物に便利に活用できます。

 

年会費 1029円(税込)
海外ATM・事務手数料 3.024%
ポイント/キャッシュバック還元率 0.2%(1000円につき2ポイント付与)
保険・補償 不正利用補償

まとめ

高校生以上なら申し込めるVisaデビットカードは、使い過ぎの心配もなく、海外でも両替不要で現地通貨を調達できるなど、様々なメリットがあります。留学したいけれどクレジットカードを持つのは不安という人は、Visaデビットカードの申し込みを検討してみましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ