海外ドラマ・映画は英会話の勉強に使える?おすすめ海外映画・ドラマ

海外ドラマや映画を見るのはお好きですか?英会話を学ぶ人は、誰もが「いつかは海外ドラマや映画を字幕なしで見てみたい」と思うのではないでしょうか?

さて、海外ドラマ、映画は英会話の勉強をする上でとてもよい教材となります。ただ漠然と見ているだけではもったいないので、英会話の学習に役立ててくださいね。

海外ドラマ・映画は英会話の勉強に使える?

海外ドラマ・映画を英会話の学習に取り入れて、上達したという人は大勢います。海外のドラマや映画は、内容がおもしろいのはもちろんですが、出演している俳優、女優も魅力的な人が多いですね。楽しめるストーリー、すてきな登場人物を楽しみながら英会話の勉強ができたらこんな嬉しいことはありません。

ドラマや映画は、リスニングの勉強になるのはもちろん、こんなときにはどんな言い回しをすればいいのかということも学べます。

聞き流せば勉強できる?

さて、それではただドラマや映画を聞き流しているだけで勉強になるのでしょうか?

昔から、英語の音声を聞き流すだけで効果があると言われていましたが、実はそれは間違いです。聞いているだけではいつまでたっても英語を話せるようにはなりません。

まずは内容を理解すること、集中して聞くことが大切です。

ドラマや映画を使う勉強に向いている人

すべての人にドラマや映画を用いた勉強法が向いているわけではありません。

向いているのは、時間がある人です。ドラマや映画を1本見ると1時間から2時間くらいかかります。そして、それを毎日継続する必要があります。したがって、毎日遅くまで残業している人や、子育てや介護で忙しい人で時間がとれない人には向きません。

もう一つは、ある程度の基礎知識がある人に向いています。単語や文法に関する知識がないと、ドラマを見ても、内容が把握できないので意味がありませんし、おもしろくなければ長続きしません。

また、メインの学習法としてではなく、補助的な学習法として利用するとより効果が期待できます。

全部を聞き取るのは無理

英語を勉強している人ならわかると思いますが、教材や問題集などの中に知らない単語や表現は頻繁に出てきますね

さて、ドラマや映画にも様々な表現が使われています。わからない単語があっても、ストーリーは流れていってしまいますから、そこで立ち止まらないようにしましょう。教材なら、そこで辞書を引いたり人に聞いたりできますが、映像の場合は無理ですね。すべてを聞き取って内容を理解しようとする必要はありません。ドラマや映画を見て、使える表現を見つけたらそれでいいぐらいに考えておきましょう。

ドラマや映画で学習するメリット

教科書に出てくるような英語ではなく、ネイティブが実際の会話で使っているくだけた英語が学べます。いわゆる生きた英語です。

また、状況に応じた受け答えや、実際の会話でありがちな「話している途中で、他の人が遮るように話し出したとき」「言葉が出てこなかったとき」などの状況になったときどうすればいいのかが学べます。また、話しているときの大げさなジェスチャー、表情についても注目してみましょう。

具体的な勉強法

ドラマを見る順番

最近は、月数百円でビデオが見放題のサービスがありますね。少し前まではDVDを借りるか買うか、もしくはテレビの放送を録画する以外の選択肢がなかったことを考えると英語学習者にとっては恵まれた時代になりました。ビデオ見放題のサービスは「字幕あり」「字幕なし」の両方が配信されているものがあります。英語の学習には両方とも配信されているものを選びましょう。

海外ドラマや映画は同じものを何度でも見ることが大切です。最初は内容を知るためにも英語音声、字幕付きで見ましょう。何度か見返すうちに、日本語字幕を見ないで音声だけを聞くようにします。

DVDなど英語の字幕がある場合は、最後に「英語音声、英語字幕」を見ます。

最初は内容を確認し、次に音に集中してリスニングます。次に英語字幕を見ながら正しく聞き取れていたかを確認するのです。なお、「日本語音声、英語字幕」で見ると、日本語音声を聞きながら英訳する練習ができます。

意味を理解

ドラマや映画を見ていると確実にリスニング能力は向上します。同じドラマを繰り返し見ていると、俳優さんの声に慣れるのか聞き取りがたやすくなりますので是非試してみてください。

しかし、ただリスニング能力が向上しても英会話は上達しません。聞き取れるだけで、意味が分からなければ英語をアウトプットできないからです。

そこで、海外ドラマのスクリプト(台本)を入手するのがお勧めです。最近では無料で公開されているものもありますので、手に入れてください。料金がかかるものもありますが1000円から2000円程度とそれほど高価ではありません。

台本を手に入れたら、何度も見返して、できれば台詞を暗記できるくらいに繰り返し学習すると、英会話に自信がつきます。・

おすすめ海外映画・ドラマ

作品の選び方

「好きな俳優、女優が出演している」「内容が面白い」ものがお勧めです。ただ、医療系や法律関係、警察関係のドラマは、難しい専門用語が出てくるため聞き取りには不向きです。

子供向けアニメーションも、聞き取りが難しい場合が多いので避けた法が無難です。また、アメリカ英語に比べると、イギリス英語は聞き取りやすいという特徴があります。リスニング初心者は、イギリスの作品を選ぶとよいでしょう。

フレンズ(friends)

  出典:Amazon

シチュエーションコメディといわれるジャンルの作品です。主演はジェニファー・アニストン。30分ドラマなので初心者でも集中して見ることができます。

内容は、大人になりきれない登場人物たちの友情、恋愛を描いたものです。都会的な生活を送る登場人物たちがコミカルに演じます。

俳優たちの台詞はそれほど速くなく聞き取りやすいのが特徴。またドラマの内容も楽しいので、思わず見入ってしまいます。

アリー my love(ALLY McBeal)

  出典:Amazon

女性弁護士アリー・マクビールが主人公のコメディです。セクハラを受けたために弁護士事務所を解雇された主人公が、学生時代の同級生に誘われて彼の事務所に就職。ところがそこには幼なじみの元彼ビリー・トーマスがいたというところから、物語は始まります。

法廷での英語は少し難しいものの、全体的に台詞は聞き取りやすいです。少し英語のリスニングに慣れた中級者にお勧め。何よりストーリーが面白いので引き込まれます。

魔女の宅急便(KIKI’S DELIVERY SERVICE)

  出典:Amazon

宮崎駿作品の中でも人気があった「魔女の宅急便」は英語版のDVDが出ています。中学生で習うような表現がほとんどのため、誰でも楽しく見ることができます。難点はネット配信されていないのでDVDを購入しなければならないという点ですね。

ローマの休日

  出典:Amazon

オードリーヘップバーンの代表作。1953年と、今から60年以上前に作られた映画ですが、今でも人気があります。古い作品は全般的に英語が丁寧に話されているため、聞き取りやすいという特徴があります。また、登場人物が話すスピードも現代のものと比べるとゆっくりです。

ハリーポッターシリーズ

  出典:Amazon

「ホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可します」、こんな手紙が主人公ハリーポッターの元に届くところから物語が始まります。実は、彼の亡くなった両親は有名な魔法使いでした。

イギリスでつくられた作品のため、英語の発音がきれいで聞きとりやすいのが特徴。また、すぐに日常会話で使える表現が多く、初心者にもお勧めです。

まとめ

英語の学習には、リスニングはとても大切です。ネイティブの話すスピードの英語をリスニングできなければ英会話はできません。好きなドラマや映画を見ながらリスニング能力を鍛えましょう。

同時に、英会話のコツや言い回しを覚えて、実際に会話するときに生かせるようにしてくださいね。ビデオ配信サービスは安価でありながら、英語の勉強にも役立ちます。そういった意味で中学生や高校生にもお勧めです。家族一緒に楽しみながら英会話を学んでみませんか?