オフィス勤務型で安定した回線によるレッスンが魅力のオンライン英会話【QQEnglish】

目次 ※クリックで開閉します

好きな時間にレッスンを受けることができ、場所を選ばずいつでも気軽に参加できることで人気のオンライン英会話。ここではオンライン英会話の中でも比較的長い歴史を持ち、フィリピンでのセブ島での留学事業も展開している、

大手オンライン英会話のQQEnglishについてご紹介します。

QQEnglishはコースの豊富さやプログラムの充実度、講師が全員TESOLと呼ばれる英語教授法の資格を取得していることなどから注目と信頼を集め、現在では関西大学や明治大学、立命館中学校などの教育機関でも導入されている、安心感と信頼性の高いオンライン英会話です。

例えば大妻中野中学校・高校では、英語の授業の一環としてQQEnglishのマンツーマンオンライン英会話を取り入れており、授業中生徒は各自PCを机の上にセットし、ヘッドホンを付けて講師とのマンツーマンレッスンを通じ英語を学んでいます。ここでは、QQEnglishの料金やカリキュラムなどについて詳しくご紹介します。

QQEnglishとは

  出典:QQEnglish

オフィス勤務型で安定した回線によるレッスンが魅力

QQEnglishのレッスンは、1回あたり25 分です。会員になる前に雰囲気を確かめたいという方には、2回までの無料体験レッスンも用意されています。支払い方法はクレジットカードか銀行振り込みのどちらにも対応しており、およそ350名と多くの講師が在籍しています。レッスン方式はマンツーマンのみで、講師の国籍はフィリピンがメインです。

QQEnglishの特徴は、他の多くのオンライン英会話のように講師がそれぞれの自宅でインターネットに繋いでレッスンを行うのではなく、全員がオフィスに通勤してレッスンを行っていると言う点です。

QQEnglishのオフィスはセブ島で最先端と言われるITパーク内にあり、クレジットカードなどのコールセンターのように、フロアには何百台ものパソコンと講師のブース席がずらりと並んでいます。

講師はここへ出勤し、毎日制服に着替えスケジュールに沿ってレッスンを提供するわけです。フィリピン人講師などをメインとする格安系オンライン英会話のデメリットとして、ほとんどのオンライン英会話サービスが講師の自宅でのレッスンを提供しているため、通信環境がそれぞれの自宅の設備に依存してしまと言うことがあります。

私も以前某格安オンライン英会話でレッスンを受けていたのですが、たびたび画面がフリーズしてしまったり、肝心の講師の声が聞きづらかったりと言うストレスがありました。また残念ながらプロ意識に欠ける講師も在籍しており、レッスンへの遅刻もありました。

その点、QQEnglishであればオフィス用の大容量の光回線を使用しており、出勤型なのでスケジュール管理も徹底されており、遅刻のような心配もありません。また、フィリピンでは停電がよく起こるのですが、QQEnglishのオフィスでは大型の発電装置を備えており、こうした停電にも対応可能となっています。

講師は全員TESOLを取得し、ハイレベルなレッスンを提供しています

QQEnglishの講師は、全員がTESOLと呼ばれる英語教授法の資格を有しています。

会社として講師全員にTESOLの資格取得を義務としているためです。英語を教えるのにあたっては、講師がきれいな英語を話せるかどうかと言うのも重要ですが、それ以上に英語を母国語としない生徒に対して、どのように英語を上手に教えられるかと言うスキルの方が求められます。

TESOLでは文法や語彙などの教授法のほか、リスニングやライティング等の教授方法、教材の選び方や生徒の英語力の評価方法などを総合的に学ぶことができます。そのためTESOLを取得しているQQEnglishの講師の質は、一定以上の水準を保っていると言えるでしょう。

QQEnglishはいくらでレッスンを受けられるの?

QQEnglishでは、月会費プランまたは毎日プランの2つから好きな方を選択することができます。どちらも入会金は無料です。

<月会費プラン>

月会費プランはポイント制となっており、月額3,980円で400ポイントが与えられます。QQEnglishでは、講師のレベルによりレッスンで消費するポイントが異なります。

例えば勤務年数が短い講師の50ポイント、勤続年数が長くハイレベルなレッスンを行えると評価の高い講師は、受講するのに75ポイントが必要になります。また選択するコースにもよって消費ポイントが異なるため、レッスン1回で使用するポイント数は50~100ポイントと幅があります。

400ポイントで足りない場合は追加ポイント購入することができます。レッスンのレベルの高さを重視する人は75ポイント以上の講師を選び、なるべくリーズナブルに抑えたい方は50ポイントの講師を選、自分の目的に応じてレッスンを選択することができます。

<毎日プラン>

毎日プランでは毎日レッスンに参加することが前提となります。レッスン時間は25分・50分・100分のいずれかから選択することができます。

例えば毎日25分プランの場合、月額の受講料は5,780円となっており1レッスンあたり186円でレッスンを受けることができます。

一番リーズナブルなのが100分コースで、レッスン単価は127円となります。毎日英語に触れることで効率的に英語力を伸ばしたい方、なるべく安い単価でレッスンを受けたい方におすすめのプランです。

QQEnglishの用意する様々なカリキュラムとは

QQEnglishでは、生徒のレベルや目的に合わせて様々なカリキュラムを選択することができます。初心者から中級者の方に人気が高いのが、QQEBasicsコースです。

これは日本人が苦手とする英語の音に着目したコースで、まずは聞くスキルを高め次にリーディングやライティングを行い、最後にスピーキングで身に着けた知識をアウトプットすると言うサイクルが、1つのユニットになっています。このカリキュラムではPPPメソッドと言う学習方法が取り入れられています。PPPメソッドでは、まず「プレゼンテーション」で学習のテーマを理解します。

次に「プラクティス」は、例えばロールプレイなど、登場人物になりきって学んだテーマを定型文に沿って口に出し、会話をやり取りする練習を行います。そして最後に「プロダクション」で学んだ内容を自分自身の考えや言葉に基づいてアウトプットしていきます。

QQEBasicsコースでは、このようなサイクルを通じ総合的に英語力を高めていくことができます。またレッスンの冒頭は講師と挨拶や軽いトークを行いウォーミングアップして、レッスンの最後にはクロージングと言って締めの挨拶や、宿題の指示を受ける時間が設けられています。

 

QQEnglishでは、他にも下記のような特徴があります。

  • 日本人スタッフが常駐しておりいつでも相談することができる。
  • 予約システムが充実しており、講師の得意コースや性格など様々な細かい条件から、お気に入りの講師を絞り込むことができる。
  • 講師の数が豊富で、24時間いつでもレッスンを受けることができる。

まとめ

QQEnglishはオンライン英会話の中でも歴史があり、大手オンライン英会話として注目と信頼を集めていることから、関西大学や明治大学などの教育機関でも導入されています。

講師は各自の自宅ではなくオフィスに出勤して授業を行うので、スケジュール管理が徹底されており安定した回線と音声環境によるレッスンを受けることができます。

QQEnglishの受講費は格安系オンラインに比べると比較的高めですが、オフィス勤務型で安定した回線を用意しパソコンや制服、勤務ブースを一人ひとりに貸与し、講師全員にTESOL取得を義務付けるなど、きちんとした投資が行われています。

カリキュラムには、総合的に英語運用能力を伸ばせるカランメソッドやQQEBasicsなど、豊富なコースが用意されています。ビジネスイングリッシュやTOEICなどの試験対策、トラベル英会話や中学英語など、さまざまな目的に応じてコースが選択できるので、幅広い年齢層の方におすすめできるオンライン英会話です。

PICKUP CONTENTS

トップへ