手作りのごはん?それともドッグフード?愛犬のためにはどっちがいいの??

目次 ※クリックで開閉します

最近はワンちゃんへのごはんを手作りしている方も多いようです。

その理由として「家族の一員として自分たちと同じようなごはんを食べさせたい」という声もある一方で、ドッグフードに含まれている添加物や保存料、着色料などを危険視している方も少なくはありません。

そこで今回は、ドッグフードと手作りごはんのそれぞれのメリット・デメリットを取り上げていくとともに、理想的な愛犬のご飯について説明していきたいと思います。

手作りごはんとドッグフード

人間からすると、ドッグフードは見た目的にも匂い的にも全くおいしそうには思えませんよね。

また、ワンちゃんを溺愛している方は特に、毎日同じドッグフードを食べさせることに抵抗がある人も多いようです。

こういったドッグフードへの不信感が原因で、手作りごはんへチェンジする人もいるようですが、その一方で結果的に愛犬へ手作りごはんを与えて失敗したという飼い主さんも見かけました。

そこでまずは、手作りごはんとドッグフードの双方について、それぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきたいと思います。

手作りのメリット

手作りごはんの一番のメリットはその安全性にあります。

それもそのはず、飼い主さん自身が材料を選び、調理するわけですから、

「実は身体に悪い添加物が入っていた」

「原材料に粗悪なものが使われていた」

なんてことはありえませんよね。

また、愛犬の体調や体質、年齢にあわせて調理法や材料を変えることもできるので、その時々で愛犬にとって最適なごはんを提供することができると言えます。

食物アレルギーを持っているワンちゃんにとっては特に、手作りごはんの方が安全性は高いかもしれません。

手作りのデメリット

手作りごはんの大きなデメリットとして挙げられるのが、「時間と手間がかかる」ということです。

愛犬の栄養バランスを気にしながら、献立を考え、材料を買い、調理する・・・

これをほぼ毎日行う必要があるのは、手間も時間もかかると思います。また、手作りごはんはドッグフードのように日持ちがしないため、保存方法も考えなければいけません。

その分新鮮なごはんを愛犬に提供できることはメリットのひとつかもしれませんが、仕事や家事に追われている人は特に手作りごはんは負担になってしまうこともあるそうです。

加えて、愛犬のご飯を手作りする場合、体調や年齢によって調理法や材料、硬さなどを変えていく必要があります。

そのためには知識を付けることが求められますし、そのたび材料費がかさむことも予想されます。

ちなみに調理法によってはせっかくの栄養価を壊してしまうこともあるので、細心の注意を払いながら調理しなければいけないとも言われています。

また、手作りごはんの場合旅行などでワンちゃんを預けるときや、非常時の時に替えが効かないため、ワンちゃんにストレスをかけてしまうことも示唆されています。

ドッグフードのメリットは?

巷で販売されているドッグフードのなかには粗悪なものもまぎれているようですが、基本的に良いドッグフードにはたくさんのメリットが見いだせます。

具体的には以下の通りです。

栄養バランスがとれている

良いドッグフードにはワンちゃんが必要とする栄養素がバランスよく配合されています。

また、なかには水とそのドッグフードを与えておけば生きていくのに問題はないと言われている「総合栄養食」というものもあり、栄養バランスへの安心感は高いようです。

コストパフォーマンスが良い

高級ドッグフードとはいっても、手作りごはんよりと比べれば安価で済むそうです。

といいますのも、手作りごはんはなんといっても材料費が毎度毎度かかりますよね。

しかしドッグフードのなかでもとりわけドライフードならば、一袋で長期間もちますし、一食を計算してみる断然安上がりだと考えられています。

年齢や犬種に対応している

ドッグフードの中には、あらかじめ犬種や年齢、身体の大きさ別で原材料を変えて製造しているものも多くあります。

また、全犬種、全年齢に合うように作られているドッグフードもあるので、飼い主さんにとっても楽ですしワンちゃんにとってもフードの切り替えでかかるストレスの回避につながるようです。

手間いらず

ドッグフードの場合、愛犬に適した量を測り、お皿に移すだけなので楽なところもメリットと言えます。

長期保存も可

ドッグフードの中でも、特にドライフードは長期保存が可能です。

そのため、非常事態の時にワンちゃんに食事のストレスをかけずに済むというメリットもあります。

歯の健康維持

手作りごはんは調理法によってどうしても柔らかくなってしまうことが多いようです。

そうなるとあごが弱くなってしまったり、歯石が溜まりやすくなったりするほか、飼い主さんがより徹底して愛犬に歯磨きをしてあげる必要も出てきます。

その点ドッグフードは固く、よく噛むようにできているので、噛む力を養えるほか歯石も付きにくいようです。

ドッグフードにもデメリットがあります

ドッグフードのデメリットとしては、目に見える安心性が無いことが挙げられるでしょう。

例えば安価なドッグフードには、有害な添加物や保存料などが使われていることもあるようですが、それは原材料名を見ても知識が無ければすぐにはわかりません。

また、調理過程も自らの目で確かめることができないため、不安を捨てきれない飼い主さんも多いようです。

結局どっちがいいの??

手作りごはんとドッグフードのどちらにもメリット・デメリットがあることが分かったうえで、愛犬にとっての理想のごはんとはどんなものなのか、最後に詳しく解説していきましょう。

理想は良いとこ取り!

毎日手作りごはんを与えたいという飼い主さんも多いかもしれませんが、それはなかなか大変なことです。

飼い主さんによっては、手作りごはんを与えていたら逆にワンちゃんの具合が悪くなってしまい、獣医さんに診てもらったら実は塩分過多に陥っていた、なんてケースも見受けられました。

また、手作りごはんを続けていたら、思いのほか材料費がかかってしまい家計が圧迫してしまったというケースも・・・。

しかし手作りごはんのメリットとドッグフードのメリットを比べてみると、ドッグフードも良いところが多いことが分かります。

そこでワンちゃんのご飯を、手作りごはんに限定するのではなく、ドッグフードと半々にしてあげてみることをおすすめします。

例えば食事はドッグフードをあげるようにし、おやつやご褒美として手作りのものをあげるなど、両方を使い分けるとそれぞれのメリットを生かせるようです。

そうすることで飼い主さんの負担も減らせますし、ワンちゃんの健康維持にもつながると思います。

愛犬に合った食事を

愛犬の健康を第一に考えるのなら、大切なのは愛犬の体調や年齢に合うごはんをあげるようにすることなのではないでしょうか。

一方で、ワンちゃんにも好みはあるので、できるだけ食いつきが良いものも与えたいところですよね。

一方、欲しがるからと言って人間用のごはんを与えるのは、結果的に愛犬の健康に結びつかないと言われています。

あくまで愛犬に合ったごはんを心がけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ワンちゃんのためを考えると、手作りごはんが良いのかドッグフードが良いのか迷ってしまいますよね。

しかしどちらもメリット・デメリットはあるので、飼い主さん側で無理のない程度に食事を管理することが大切だと思います。

ぜひ参考にしてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ