ソフトドライと似てる「セミモイスト」のドッグフード。どんなワンちゃんにおすすめ?

愛犬のドッグフード、適当に選んではいませんか?

犬にももちろん好き嫌いや好みがあるので、今あげているドッグフードを食べないのであれば変えた方が良いこともあります。

しかしドライフードからセミモイストフードへと変更する際は飼い主側で注意が必要なようです。

そこで今回はセミモイストフードの特徴やメリット・デメリットに触れながら、どんなワンちゃんにおすすめなのかについても紹介していきたいと思います。

セミモイストタイプ

ドッグフードと言われると、硬い粒状の「ドライフード」を思い浮かべる人が多いかと思います。

そもそもドッグフードは大きく「ドライ」「セミモイスト」「ウェット」の3つに分類することができ、それぞれ形状や水分含有量が異なります

この中でもセミモイストタイプのドッグフードは、ドライタイプよりは柔らかいですがウェットタイプよりも水分を含んでいません。

まずはそんなセミモイストタイプのドッグフードについて、特徴や違い、メリット・デメリットなどを見ていきましょう。

特徴

水分を25~35パーセント前後含む半生のドッグフードのことをセミモイストタイプと呼びます。

製造過程において発泡処理を行わず、ジャーキーのように押し出し機を使って形を整えられ作られます。

水分を多く含むため1つ1つが柔らかく、弾力もあることからお肉の食感に近いそうです。

さらに匂いも強いため、ドライフードよりも喜んで食べる犬が多いと言われています。

ソフトドライとの違いは?

セミモイストフードと同じく半生タイプに分類されるドッグフードとして「ソフトドライフード」というものがあります。

ソフトドライフードも水分含有量が25~35パーセントとされていますが、こちらはドライフードと同じく加熱発泡処理され製造されています。

セミモイストフードとソフトドライフードは見た目はそっくりとなっていますが、製造方法が異なることから違うものとして分類されているようです。

メリット、デメリットは?

メリット

セミモイストフードの大きなメリットはその嗜好性の高さにあると見受けられます。

先述したように、お肉に近い食感や強い匂いを持つことから比較的ワンちゃんの食いつきも良いと言われています。

また、水分を多く含むことから、セミモイストフードを食べるだけである程度の水分を摂取できることもメリットとして挙げられます。

そのほか、ホームセンターやスーパーなどで簡単に購入できる手軽さも、飼い主さんにとってのメリットに数えられるかと思います。

デメリット

セミモイストフードにはデメリットもいくつか存在します。

まず、水分含有量の多いことでカビが発生しやすかったり腐りやすかったりすることは、ワンちゃんにとっても飼い主にとっても大きなデメリットと言えます。

そしてこの問題点をカバーするために、一部のセミモイストフードでは化学合成の添加物を使用しているそうです。

例えば防腐剤や酸化防止剤、しっとり感を持続させるための湿潤調整剤など、中には人間用の食べ物には認可されていない危険なものが含まれているものもあると言われています。

もちろん天然の保存料を使用している安全性の高いものもありますが、場合によっては発がん性やアレルギーを引き起こすことで危険視されているものもあるので、購入時に原材料を確かめることは必須と言えます。

また、セミモイストフードはその柔らかさから食べやすいというメリットの反面、顎の発達には適さないことがデメリットとして挙げられます。さらに歯石が付きやすいとも言われてるので、歯石が気になる犬にはセミモイストフードはおすすめできません。

ドライフードのほうがいい?

ワンちゃんがドライフードを問題なく食べるのであれば、わざわざセミモイストフードに変更する必要はないようです。

むしろ基本的には、ドライフードの方がセミモイストフードよりもおすすめできる要素が多くあります。

ドライフードと比較

セミモイストフードはドライフードと比べてコストや保存、栄養素の面で劣っているようです。

まずコストについて言えば、セミモイストフードは品質保持のために個別包装されていたり、その1つ1つに脱酸素剤を入れていたりするので、パッケージコストが高いとされています。

さらにごはん自体もドライフードよりは高価なものが多いようです。

また、ドライフードは開封後しっかりと保存できれば長期保存が可能であるのに対して、セミモイストフードは開封後1カ月以内に使用する必要があります。

未開封であれば1年くらいの賞味期限はありますが、いずれにせよドライフードよりは保存がきかないと考えられています。

その一方で、セミモイストフードの中には賞味期限が長く設定されているものも多くあるようですが、それらには先ほど紹介したような長期保存のための化学合成添加物が混入されているものも多いと言われています。

さらにドライフードの場合、犬に必要な栄養素である「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」「脂肪」などがバランスよく配合されているようですが、セミモイストフードはドライフードに比べると栄養素やカロリーが低いものが多く見られます。

セミモイストをおすすめできる場合

基本的にはドライフードの方がおすすめではありますが、ワンちゃんによってはセミモイストフードの方が適している場合もあります。

例えば歯に炎症を起こしていたり、歯がぐらついていたりと、しっかりと噛むことができないワンちゃんにはドライフードよりも柔らかいセミモイストフードの方が良いでしょう。

また、好き嫌いが激しいワンちゃんや、食欲がないワンちゃんにはセミモイストフードの方がおすすめできます。

というのも、先述したようにセミモイストフードの方が一般的にワンちゃんの食いつきが良いので、ドライフードをどうしても食べないのであればセミモイストフードを与えてみても良いと思います。

しかし主食としてセミモイストフードを与えることに関してはあまりおすすめできません。

理由としては、セミモイストフードの方が食べてくれるからといって、そればかりを食べさせていると逆に栄養バランスが偏ってしまい、不調を招くこともあることが挙げられます。

したがって、例えば体調が悪いとき専用の、予備のドッグフードとして使用してみることをおすすめします。

あくまで総合栄養食であるドライフードを与えながら、バランスよくセミモイストフードを組み合わせていった方が愛犬の健康のためには良さそうです。

ワンちゃんに合ったものを選ぶ

現在、ホームセンターなどで見てもわかるように犬種や犬の年齢によって異なるいろいろなドッグフードが店頭に並んでいます。

例えば子犬期のワンちゃんには栄養価が高いドッグフード、成犬期のワンちゃんには健康維持のためのバランスのとれたドッグフード、そして高齢期のワンちゃんには機能低下や病気を見込んだ栄養素の配合がされているものが勧められているようです。

また、病気の疑いがあるワンちゃんに関しては、臓器やパーツごとの健康維持が期待できる成分や栄養素が配合されている機能性ドッグフードも展開されています。

まとめ

ワンちゃんの好みもあるので一概に「これが良い!」とは言えませんが、愛犬の健康のことを考えるのであれば年齢や症状に考慮したドッグフードを選んだ方が良いでしょう。

また、ドッグフードによって原材料も使い方も異なるので、しっかりと確認したうえで愛犬に与えるようにしましょう。

ぜひ参考にしてください。