ルシアン「ヤラーキャットフードグレインフリー」の成分と評判は?

目次 ※クリックで開閉します

株式会社ルシアン&パートナーズはもともと犬のブリーディングをしている企業だったそうです。

しかしどんなに生活環境の改善を試みても、お腹を壊す子や体調を崩す子は後を絶たなかったとか。

そこで改めて「フードの原材料の品質」を見直し、数々のフードを試した結果たどり着いたのが「ヤラー」だったそうです。

今回はそんな「ヤラー」のキャットフードについてその特徴や原材料、価格、評判などを詳しく見ていきましょう。

ヤラーキャットフードグレインフリーとは?

現在「ヤラー」ではドッグフードやキャットフードのほか、おやつや除菌・消臭グッズ、サプリメント、ケア用品などが展開されています。

その中でも「ヤラーキャットフードグレインフリー」は穀物を一切使用していないため、穀物アレルギーの猫ちゃんでも安心して食べることができるフードに仕上がっています。

まずはそんな「ヤラー」のペットフードにみられる特徴をいくつか紹介していきたいと思います。

愛犬家が開発したオーガニックフード

「ヤラー」は成長するにつれて慢性的な皮膚疾患に悩まされるようになってしまった愛犬のために、創設者であるロエルビンク氏が研究を重ね作り上げたペットフードです。

ロエルビンク氏は愛犬ダノの体調不良の原因はペットフードに使用されている粗悪な原材料や化学物質に違いないと考え、「オーガニック」のペットフードを作ることを決意したとか。

実際に1990年代当時は「自称プレミアムフード」といったペットフードはあったものの、ヨーロッパでもオーガニックは主流ではなく、もちろんオーガニックのペットフードも存在していなかったそうです。

 

そこでロエルビンク氏は原材料から製品に至るまですべてにオーガニック認証を得られるようなペットフードづくりを開始し、1992年にはヨーロッパ発のオーガニックペットフードである「ヤラー」を世に送り出すことを成功しました。

以来「ヤラー」のペットフードはヨーロッパにおいてオーガニックペットフードのシェアNo.1を確立しているそうです。

生産者がわかる原材料

「ヤラー」の原材料はすべて「トレーサビリティ(生産者や内容が追跡可能)」が確立されています。

そのため、原材料の安全性は確かなものであると言えるでしょう。

例えば「ヤラー」の主原料として使用されることが多い鶏肉は、ヨーロッパの広大な大地で平飼いされているうえ、薬剤不使用のオーガニック飼料を与えて飼育されているニワトリのものであるとか。

こちらのニワトリは比較的ストレスが少ないうえ運動量が多い生活環境で飼育されていることから、脂肪分が少なく低カロリーな良質タンパク質源となるそうです。

徹底した品質管理

「ヤラー」は食品安全マネジメントシステムである「ISO22000」の認定を獲得しています。

こちらは製造工場の衛生管理だけでなく、原材料の調達、製造過程における安全性、さらに出荷に関してまで統括している厳しい基準ではありますが、「ヤラー」では2009年に取得を実現したそうです。

さらに「ヤラー」はランダ、ノルウェー、スウェーデンの3か国において原材料、製品の両方を対象とするオーガニック認証をほぼすべての商品において獲得しています。

こういった面からも、「ヤラー」では最先端の品質管理を徹底していることが窺えますね。

ヤラーキャットフードグレインフリーの原材料・成分は?

  出典:ルシアン

「ヤラー」ではドライタイプのキャットフードとして「ヤラーキャットフードグレインフリー」「キャットフードフィッシュ」「キャットフードチキン」の3種類を展開しています。

ここでは、その中でも「ヤラーキャットフードグレインフリー」について詳しく見ていきましょう。

まず、使用されている原材料や成分の内訳は以下の通りになります。

原材料

鶏肉、グリーンピース、イエローピース、じゃがいもデンプン、ヒマワリの種皮、鶏脂、海藻、魚(ニシン)、イースト、タウリン、ビタミン類(VA、VB12、VB3、ビオチン、パントテン酸、 塩化コリン、VK3、VB6、VB1、VD3、VB2、葉酸)、ミネラル類(炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、硫酸亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、硫酸コバルト、ヨウ化カルシウム、亜セレン酸Na )、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ビタミンE)

保証成分

粗タンパク質・・・32%

粗脂肪・・・14.5%

炭水化物・・・33.8%

粗灰分・・・7.1%

水分・・・9%

粗繊維・・・3.6%

カルシウム・・・1.04%

ナトリウム・・・0.74%

リン・・・0.7%

マグネシウム・・・0.15%

出典:ルシアン

鶏肉がメイン

「ヤラーキャットフードグレインフリー」の原材料を見てみると、第一主原料に「鶏肉」を使用していることから鶏肉をメインに据えているフードであることが分かります。

鶏肉は豚肉や牛肉に比べて低カロリーなうえ、猫にとって低アレルゲン食材でもあるので、キャットフードの主原料としては優れている食材であると考えられているようです。

さらに、「ヤラー」では厳選された高品質な鶏肉を使用しているほか、造過程においてくちばしや羽根などが手作業で取り除かれていることが分かっているので、品質上も申し分ないものを使用していると言えるでしょう。

穀物の代わりに豆類を使用

「ヤラーキャットフードグレインフリー」は、原材料を確認してもその名の通り穀物を一切使用していないフードであることが分かります。

また、穀物の代わりとして「グリーンピース」や「イエローピース」といった豆類を配合することで、栄養バランスをカバーしているようです。

合成酸化防止剤は不使用

こちらには合成酸化防止剤や化学合成された保存料などの添加物は一切使用されていないようです。

一方で、ローズマリー抽出物やビタミンEが配合されていることから、安全性が高い天然由来の成分を酸化防止剤として使用していることがわかります。

ヤラーキャットフードの評価は?

「ヤラー」のキャットフードに寄せられている口コミをまとめて紹介していきましょう。

まず良い評価の口コミとしては、「便の状態が良くなった」「穀物アレルギーの子にも安心して与えることができて安心」といった意見が多く見受けられました。

一方で、低評価の口コミとしては「食いつきが微妙」「価格が高い」といった意見が寄せられていました。

ヤラーキャットフードの購入方法と価格は?

「ヤラー」のキャットフードはルシアンの公式サイトやAmazon、楽天といった各通販サイトで購入することができます。しかし販売場所によって価格が異なるほか、実施しているサービスなども違うようです。

公式サイトでの購入

「ヤラー」はルシアンの公式サイトから購入する場合、「メル」というコインが貯まるお得なサービスの対象となります。

例えば「ヤラーキャットフードグレインフリー」の場合、公式サイトから800gで3,218円(税込)、3kgで9,698円(税込)で購入することができます。

その際に税抜きの商品合計金額の10%(最大20%)分の「メル」が付与されることとなります。

貯まった「メル」で商品を購入することもできるので、購入すればするだけお得なサービスになると言えるでしょう。

Amazon・楽天での購入

Amazonや楽天では先ほど紹介したようなお得なサービスは展開されていませんが、販売元によっては送料無料や翌日配送などのサービスを実施しているところもあります。

ちなみに現在、「ヤラーキャットフードグレインフリー(3kg)」の場合、Amazonでは8,313円(税込)、楽天では6,584円(税込)で販売されています。

ヤラーキャットフードがおすすめの人

ヤラーキャットフードの特徴や成分を見てきましたが、購入にお悩みの方は以下のおすすめの人を参考にしてみてください。

  • グレインフリーのキャットフードをお探しの方
  • オーガニックフードをお探しの方
  • 安心・安全なキャットフードを与えたい方
  • 穀物アレルギーの猫を飼っている方

まとめ

いかがでしたか?

「ヤラー」のキャットフードはオーガニック先進国であるヨーロッパにおいて高い評価を得ている人気のフードです。

また、粗悪な原材料も使用していないようなので、安全性も高いと言えるでしょう。ぜひ参考にしてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ