漫画を売るなら宅配買取を使うのが断然オススメな訳を比較で解説!

目次 ※クリックで開閉します

メリット多数の「宅配買い取り」(ネット買い取りサービス)。

今回はその人気の秘密に迫ります!ネットで申し込み、箱詰めして送るだけの「宅配買い取り」は、近年のインターネット普及に生まれたサービスです。

ブックオフやTSUTAYAへ直接持ち込むよりもラク。

さらには「高額買い取り」が期待できるということで、大変オススメな方法となっています!

漫画を売るなら宅配買い取りがオススメ

漫画を売るにはどんな方法があるの?

読まなくなった漫画を売る時、皆さんはどのような方法で売りますか?

古本の買い取りには、現在「3つの方法」があります。

1つ目の方法は、近所にある古本屋さんなどでの「店舗買い取り」(実店舗へ持ち込む方法)です。

街に昔からある、個人経営の小さな古書店をはじめ、TSUTAYAやブックオフなどといった全国チェーンも古本の買い取りを行っています。

2つ目の方法は「出張買い取り」です。

これは実店舗から自宅へスタッフが派遣される形式。

まさに「実店舗買い取りの出張版」と言えます。

ただし、スタッフが来る日は予定を空けておく必要があり、少々面倒。

そもそも業者とは言え、知らない人を家に上げることに、抵抗を感じる方も少なくないのではないでしょうか。

3つ目の方法は「宅配買い取り」(ネット買い取り)です。90年代以降、インターネットの普及が目覚ましく進みましたが、それによって実現した便利な買い取り方法ですね。

宅配買い取りは、インターネットで申し込むだけで、いつでもどこからでも買い取りをしてもらえるという、大変便利なサービスです。

なぜ宅配買い取りがオススメなの?

宅配買い取りがオススメな理由は複数あります。

しかし、一言で言えば「実店舗への持ち込みよりも高く買い取ってもらえる可能性が高いから」といえるでしょう。

店舗買い取りでは本の種類ではなく「本の状態」がより重視される傾向です。

これも、店舗買い取りにおいて、必ずしも満足のいく査定額が提示されなかった理由と考えられます。

一方、宅配買い取りの強みは「店舗を持たない」という事。

その為、店舗や土地のリース代、人件費などといったあらゆるコストの削減が可能になっています。

つまり、削減されたコスト分をある程度「お客さんへ還元することが可能になっている」と考えられます。

宅配買い取りならではのメリット

高額の買い取りが期待できる

宅配買い取りは、店舗買い取りよりも高く買い取ってもらえるケースが多い。

その秘密を、もう少し具体的にご説明しましょう。

個人経営などの小さな古本屋さんの場合、商品の回転率はあまり高くないと考えられます。

地域に根ざした小規模な経営なので、売買する客層が、基本的に地元の方に限定されるからです。

そのため、買い取り価格もシビアにならざるをえません。

それでは、全国規模のチェーン店ではどうでしょうか?

個人経営の古本屋さんよりは融通が利くものの、実はこちらも似たような悩みに陥っています。

近年では、ネットの普及に伴い、本を実店舗ではなく「ネット」で買うとケースが増えてきました。これは、新品ならず古本でも同じ状況です。

そのため、全国規模のチェーン店でも「従来に比べて在庫の回転率が悪くなっている」という事情があります。

おまけに全国チェーンの場合、規模が拡大していくほど、店舗のお金や人件費がかさんでいきます。

実はこれによって、苦戦を強いられている大手チェーンも少なくありません。

店舗側が漫画買い取り希望者の自宅へスタッフを派遣する「出張買い取り」も、人件費や交通費がかかっています。

査定では曖昧になっていることも多いですが「人件費や交通費も買い取り価格から差し引かれている」のが一般的と言えるでしょう。

一方、宅配買い取りの場合には、店舗を増やしたり、それに伴って人件費が増えたりすることもありません。

ネットでは「コストをかけずに、全国規模で売買できる」のです。

そのため、宅配買い取りなら「高い査定額」を提示することも可能になっています。

簡単で手間がかからない

店舗買い取りでの査定には、時間がかかります。

少しの漫画を売るために、1時間も、2時間も待たされた…。そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

宅配買い取りならば「無駄な時間のロス」はありません。

インターネットから申し込めますし、自分の都合の良い時間に送ることができます。

気になる配送方法も、とても簡単です。売りたい本をダンボールに詰めて、宅配業さんに渡すだけ。

申し込みから配送まで、すべて自宅で完結します。

さらに、配送にかかる手数料や送料を「無料」にしている宅配買い取りも多く、こちらも魅力的なポイントの1つとなっています。

買い取りのキャンセルがしやすい

断るのが恥ずかしかったり、持って帰るのが面倒くさかったり…。

店舗買い取りでは、そのような理由で、買い取り価格に不満がありながらも、そのまま買い取ってもらうケースがあります。

実店舗で起こりがちなこのような悩みも、宅配買い取りにはありません。

店員さんとの対面のコミュニケーションではないため、価格に満足ができなければキャンセルもしやすいです。

また、1冊から売ることができるので「高値の付いた一部漫画のみを買い取ってもらう」ということもできます。

宅配買い取りでない場合はデメリットが多い

時間がかかったり、時間の自由がききにくい

店舗買い取りでは、当然お店が開いている時間に訪れなくてはなりません。

それに、査定の間の待ち時間もあります。つまり、お店側の都合に合わせなくてはなりません。

このように、時間が拘束・制約されることは、店舗買い取りの大きなデメリットです。

仕事が忙しい方などの場合には「漫画を売りに行きたくてもなかなか行けない」ということになります。

出張買い取りの場合も、業者が訪れる時間にあわせて、自宅で待機している必要があるため、同じデメリットといえます。

持っていく手間が増える

店舗買い取りでは、お店に持ち込むための準備や手間が多いといえます。

特に、売る漫画の冊数が多いほど、その持ち運びは重労働です。

また、店舗に行くことも大きな手間。

電車で行く場合には電車賃がかかりますし、車で行く場合にもガソリン代がかかります。

ここまでして、査定額に納得がいかず、買取をキャンセルしなければならない場合には、また大変な思いをして漫画を持って帰らなければなりません。

実は、店舗買い取りにおける手間や出費は、思った以上に多いのです。

買い取りのキャンセルがしづらい

業者と対面して買い取りをしてもらう場合、買取をキャンセルすることに罪悪感が生まれてしまうもの。

店舗買い取り、出張買い取りに関わらず、なんとなく「キャンセルすることが悪いこと」のように思えてしまいます。

しかし、買い取り額に納得していないのに、その場の勢いで売ってしまうのは、絶対に良くありません。

対面ではないため、冷静にキャンセルの判断ができる「宅配買い取り」に比べて、こちらもデメリットの1つといえるでしょう。

買い取り額が安くなりがち

店舗買い取り・出張買い取りの最も気になるデメリット。

それは「買取価格が安くなりがちな点」です。

古本の買い取りを行う某大手業者については、売れ筋の漫画であっても、 査定額をかなり低く提示してくるケースがあります。

また、買い取り額を明示していない漫画などについては「全て10円程度で買い取る」と決まっているようなケースもあるようです。

「宅配買い取り」なら、それよりも高値で売れる可能性が高いため、とてももったいない話といえます。

まとめ

今回はおすすめの古本買い取り方法として「宅配買い取り」をご紹介致しました。

実店舗での買い取りや出張買い取りに比べて、多くのメリットが見込める「宅配買い取り」。

査定額が、店舗に持ち込むよりも2~3倍以上も高くなるケースもあるので、利用したことのない方は、ぜひお試しください!

PICKUP CONTENTS

トップへ