30代の転職を検討する人が成功率を上げるために考えたいポイント

ある程度、自分に自信がついてきた30代、即戦力としての転職、年収アップ、キャリアアップが最も生きる年代でしょう。

その反面、20代の時より異業種、異業界への転職の難易度は上昇します。

この記事では、30代の転職におけるよくある悩みや、30代の採用において求められるものを整理しながら、転職成功率を高めるポイントを解説していきます。

転職を考える30代の仕事に対する悩み

会社の将来性を感じなくなった

30代は一番会社の将来性を気にする時期です。

20代では、なかなか考えもしない点ですし、40代を超えると定年まで、安定していれば大丈夫といった保守的な考えになりがちなのです。

また、新しい時代や風を敏感に感じとることも30代までであり、40歳以降だと、そのアンテナの精度は大きく落ちるでしょう。

やりたいことがあり、実現させたい

自分の本当にやりたいことが見えてくる時期です。

20代とはまた違った形で、より精度の高い本当にやりたいことが見え始めてきます。

また、それもある程度現実的であることが多いので、それを実現させようというエネルギーは非常に大きいでしょう。

やりたい何かが漠然な場合は、安易に転職しない方かもしれません。それが許されるのは20代までです。

転職活動における自己PRの軸として、やりたいことをしっかりと明確化させておきましょう。

実現させたいあなたの働き方そのものが、企業選びの基準になります。次に、どんな企業であれば、その夢が実現できるのかを考え、できるだけ多くピックアップしましょう。

その中からあなたのスキルが活かせそうな順に企業を選ぶと良いでしょう。

明確な夢、それが実現できる会社、あなたのスキルを求めている会社、この3つが具体的であれば転職活動は簡単かもしれません。

このような明確かつ、ポジティブな意欲は、面接官を説得させ易く、強力な武器になるでしょう。

よりスキルやキャリアを高めたい

スキルアップ、キャリアアップを考えている、向上心の高い方は多いでしょう。

この転職が実現できる方は「高い能力」がある必要があります。

そして、現在の仕事場では高い能力を発揮できない、その能力への賃金相場額より現在の給料が安すぎる、といった企業や配置を変えることで待遇アップが見込めるほどの、優れた人材である必要があります。

なぜなら、基本的に転職した最初の年は給料が下がるからです。

企業は、あなたが働いてきた実績が無い以上、多額の人件費を払うことにリスクを感じているのです。

数年働いて、実績を固め、信用を得た段階でようやく期待通りの年収になるでしょう。

転職すると信用がリセットされてしまうのです。

入社後3カ月間は契約社員として雇い、その後正社員になるシステムがありますが、それと少し近いかもしれません。

契約を切られる可能性はほぼないのですが、そこでの働きによって4ヶ月目からの給料が変わることも多いです。

これらは、一度上げてしまった基本給はなかなか下げにくいといった日本独特の文化が影響しているかもしれませんね。

ともあれ、年収アップを転職1年目で実現するのは、至難の業であることを認識してください。

家族が増えたので、収入を増やしたい

ご両親の同居や、出産、家庭環境の変化により、生活に必要な収入が増加することも多いでしょう。

ただし、これらの理由だけで転職を考えるのであれば、まずは今の企業の上司や人事に相談してみることを推奨します。

「給与アップの交渉」「児童手当の援助」などは、例えそういった制度が無かったとしても、提案してみる価値はあるでしょう。

それを理由に退職すると伝えておけば、それらの要望が形となり、子供がいる方向けの給付金のような制度が生まれるかもしれません。

それが実現すれば、同じ環境の他の社員からも感謝されることになるでしょう。

また、そのような境遇の人向けに、国から補助金が出る可能性もありますので、必ず最寄りのハローワークで確認をしてください。

こういった助成金は知らないだけで損してしまいます。

企業が30代の転職者に求めるもの

即戦力としてのスキル

一番重要なポイントが戦力になるまでのスピードです。

入社して簡単な研修を受け、すぐに成果を生み出せるようなそんな人材を求めています。

中途採用は基本的に今すぐ必要だから採用活動をしています。

企業にもよりますが、一般的には一年中採用活動をしている会社は稀でしょう。

また、将来的に戦力になればよい、という考えで採用する場合は、新卒採用で事足りるのです。

したがって、自己PRも数字をベースにしたスキルや経験のアピール、そして、その経験から何ができるのかを伝え、今すぐ戦力になりそうな印象を与える必要があるのです。

業務で得た広い人脈

特に営業で求められる点なのですが、前職で得た人脈も、企業にとっては大きな魅力の一つです。

商材によっては、会社ではなく人に担当者が依存する場合があります。

つまり同業他社で似たような商品を販売していた場合は、企業や商品が変わったとしても、同じ営業マンを指名することもあるのです。

また前職ではお客さんだった会社が、新職ではコチラが発注する側かもしれません。

そういったケースは転職後にはよく起こりうることであり、人脈が広ければ広い人ほど、色んな面で得をするのです。

つまり、その会社も得をすることになります。

あなたの企業にある新しい風、文化、価値観

新卒採用のメリットに「教育しやすい」というものがあります。

今まで正社員として働いた経験がないため、労働に対する価値観が全くないためです。

最初の企業の働き方が、その人にとっての労働価値観となり、不満を持つことなく「当たり前」と受け入れてくれることを狙っているのです。

それに対して、中途採用は新卒よりも社風、会社理念などの価値観に関する教育は難しいと言われています。

その反面、前職での考え方や文化を取り入れることができるメリットもあります。

同じような人ばかり採用すると会社に革新が起きにくくなるといわれるのと同じように、企業の改革を中途採用に求めるケースです。

改革といった大きな変化でなくても、仕事への姿勢、作業処理の方法、問題解決のプロセスなど、本人にも気が付きにくい部分にも、会社の色というのは残っています。

その違いを効果的に取り入れることを第一目的とした中途採用も存在しています。

部下をまとめる管理職としてのマネジメント力

若手社員には求められないが、30歳を超えると必ず求められるポイントです。

管理職としての適性があるかどうかは、役職を持って正式に部下管理をしたことがない方でも、上司部下としての簡単な関係がアピールとして有効なので、安心してください。

具体的に何名ほどの部下がいたのか、どんな指導をしたのかについてエピソード交じりで伝えましょう。

マネジメント能力とは、部下に結果を出させる能力です。

それには、モチベーション管理から、人としての尊敬度、ものを教える能力など様々なスキルを総合したものになります。

30代で転職する際に考えるべきポイント

年収や成功率を下げたくなければ、同業同種への転職を

給料というのは企業にどれだけ利益を生み出しているかで決定します。

あなたが今まで働いてきた会社は実績があるので、それに応じて昇給やボーナスなどで還元されたかもしれませんが、転職の際はまだ実績がありません。

あなたに高給を約束した上で採用するということは、大きなギャンブルなのです。

したがって年収が伸びるとしても、入社してから2年、3年経ってからになることが多いでしょう。

医者や薬剤師、プログラマーやSEなどは転職で年収アップが実現しやすいと言われていますが、その理由は「スキル」が明確だからです。

出来ることできないことが明確な上に、そこには共通認識があるので、給料に見合った仕事はするだろうという安心感があるのです。

このような背景から、異業種の転職の場合、年収は基本的に下がると思ってください。

初年度から高い年収を期待するのであれば、同業同種でなければなかなか難しいでしょう。

30代の転職活動は長期戦に挑む覚悟を!

30代の場合、書類選考含め、面接などの合格率は20代より低く、安易に見ているとなかなか内定は得られないでしょう。

必ず、長期的な視点を持って、一社一社に丁寧に取り組み、計画的に挑戦していきましょう。

短期的な思考で一社への熱意が散漫することで選考は通過できず、挫折、といったケースが最悪です。

また、選考に通ったとしても、転職に踏み切った動機を満たせる企業に出会える可能性はさらに低くなりますので、それを見極めるための時間や多くの企業に出会う時間が必要になってきます。

30代の転職は在職中からスタートすることがオススメ

30代の場合、退職のリスクが20代よりも大きいので、可能な限り在職中に転職活動を済ませてしまいましょう。

特にご家族を養っている方は注意ですね。

転職活動にかかる期間はなかなか予想できるものではありません。

一ヶ月で転職先が見つかると予定を立てて、実際には半年以上かかることもよくあります。最悪のケースを考えて、リスクが大きくならないようなスケジューリングを意識しましょう。

また、転職活動を続けていく中で「自分の会社は思っていたよりいい会社なのでは・・・」と思い返すケースもよくあります。

そう思えただけでも、転職活動には大きな意味があったと言えます。

退職した後に、前職を良く思ったところで、簡単に復帰することはできませんからね。

これも若いうちにはなかなか気が付きにくい30代特有の事例でしょう。

何はともあれ、これくらいの期間転職活動をすればどこかに内定が決まるだろう…といった短絡的な考えでの退職は絶対に控えましょう。

まとめ

30代は最も中途採用が光る年代です。

30代を求めている求人情報は非常に多いです。

30代後半あたりからグッと求人数は減りますが、総数だけでいえば増加傾向になるので、転職はしやすい環境になってきているといえるでしょう。

しかし、30代の転職の難易度はそれだけではありません。

結婚や出産、両親の介護などの過程環境の変化がある年代であるのと同時に、職場でも中間管理職としてかなりのハードワークが想像できます。

そういった多忙の環境では、転職活動を実現するだけでも大変だと思われます。

なので、転職を考えている人は、長期的な視点を持って、少しずつアクションを起こしていくことをオススメします。

もしくは、転職エージェントに登録し、カウンセリングを受けるのも良いでしょう。

カウンセラーであるキャリアコンサルタントは、プライベートの悩みも考慮した上での転職活動を総合的にサポートしてくれます。