未経験者の転職は悩んで当然!不安や心配な気持ちを解消する方法は?

目次 ※クリックで開閉します

転職活動をはじめるまえに、ある程度不安な気持ちを解消しておきたいと思うのは当然です。ただ、転職しようか考えたとき、だれに相談すればよいか悩む人も少なくありません。家族や友人、会社の人に相談すると波風が立つ場合もあるからです。

 

そこで、過去転職した多くの人たちが感じていた転職の不安やその解消法、年代ごとの転職アドバイスをまとめました。

そもそも未経験者の定義は?

最初に、転職の求人でよく見かける「未経験者歓迎」の未経験者とは一体なにを意味するのか、抑えておきましょう。

 

求人における「未経験者」とは、以下の3種類にわけられます。

 

①社会人として働いた経験のない、本当の未経験

②その業界で働いたことはあるが、その職種は未経験

③その職種で働いたことはあるが、その業界は未経験

 

①は、正真正銘の未経験者のことです。おもに、新卒や既卒と呼ばれる、社会人経験のない人を指します。

 

②は、たとえば不動産業界で事務として働いていた人が、分譲マンションの営業マンになるというようなケースを指す未経験です。求人では、業界のルールや慣習はなんとなくわかっているものの、実際に応募する職種の経験はない、という人を募集する場合に使います。

 

③は、②と逆です。たとえば、不動産の営業マンだった人が、業界を変えて自動車の営業マンになる状況を意味します。同じような仕事をしたことがあり、異業種への転職を希望する人を募集する求人に利用されることが多いです。

 

実際の求人では、「未経験者歓迎」といっても求める人材に違いがあります。求人にどういう未経験者がほしいか書いている場合もあれば、求人情報や転職サイト、転職エージェントから話を聞いて自分で判断しなければならないこともあるため、注意が必要です。

 

ただ、多くの場合「未経験者歓迎」の求人は、どのタイプの未経験者でも採用を通過できます。

未経験者のよくある不安や心配

転職を考えるにあたって、未経験者が不安になりがちな悩みをまとめました。

転職では書類や面接でなにを見て判断しているの?

企業がほしいのは、「ビジネスマンとして、伸びしろのある人」です。書類は学歴や資格、書類作成のていねいさ中心に見ることで最低限のふるい落としを行い、面接では未経験の仕事に対する意欲や柔軟性があるかを判断しています。

こんな未経験者は採用したくないと思わせてしまうポイントは?

書類や面接において、「どうして自社を志望したのかわからない」「転職後の仕事に対するやる気、意欲がない」「成長しようという気持ちが見えない」と採用担当者に思われてしまった場合、選考にはとおりません。

未経験者でも採用したいと思ってもらうコツは?

趣味、資格試験や英語の勉強など、継続的になにかを学んでいる、新しいことに臆することなくチャレンジしている、といった体験談や経験をアピールするのが、「やる気」や「伸びしろ」をアピールするコツです。

未経験歓迎の求人があるけど、どうして歓迎なの?

もし、即戦力がほしいと思っていれば、会社は未経験者ではなく経験者、それも一定以上のスキルをもっている人を中途採用で募集します。企業が未経験者を募集するのは、まだ他社や他業界の常識に染まっておらず、教育しやすいからです。

 

とくに、25歳前後の「第二新卒」と呼ばれる層は、人気があります。

未経験者のための研修は用意されているの?

まったくの未経験者をフォローなしで現場に放り込んでも、企業はなにひとつ利益を得ることができません。会社によって、OJTの場合もあれば専用の研修を行う場合もありますが、未経験者を一人前に育てるために最低限の研修は用意されているため、安心しましょう。

未経験者でも営業ってできるの?

最初からうまく仕事ができる人はいません。営業に限らず、どのような仕事でも全員最初は「仕事をしたことがない未経験者」です。

 

性格や才能による向き不向きはありますが、未経験でも営業はできます。むしろ、人と接することが苦手だと思っていた人が、勉強や実践を重ねることで才能を開花させ、トップセールスマンになるというケースもビジネスの世界では珍しくないのです。

未経験でも成功する人の共通点は?

未経験の仕事で成功する人は、「ちょっとやそっとのことでは諦めない」という共通点をもっています。だれでも初めての仕事はうまくできません。上司や先輩、取引先に怒られたり、失敗して落ち込んだりしても、諦めずに仕事の勉強や研究をつづけることができる人は、どの業界、どの職種でも成功するのです。

こんなケースは有利?不利?

①職種はもちろん、社員になった経験もなかったら不利?

若いうちの転職、とくに第二新卒であれば社員経験がなくても大きな不利にはなりません。企業からすれば、経験があろうとなかろうと、教育しやすい人材を雇うことができれば問題ないからです。

②転職活動は在職中、退職後どちらが有利?

転職活動をするなら、間違いなく在職中のほうが有利といえます。金銭的、精神的な余裕を保って転職活動をすることができるからです。最終的に転職しなくても、同業他社の採用基準を知ったり、異業種の人と交流したりすることは、自分の成長につながります。

③離職期間が長引いてからの転職活動は不利?

不利になるのは、間違いありません。しかし、選考において挽回は十分に可能です。空白期間になにをしていたか、採用担当者が納得するような説明をしましょう。転職にそなえて、空白期間中もスキルアップや社会人としての生活習慣を保つ努力をしていた、といったアピールも有効です。

④出産退職後の再就職は不利?

率直にいって、出産退職後の再就職はどうしても難しくなります。できれば、産休や育休を取って職場復帰をするのが理想的です。

 

ただ、女性支援を積極的に行っている企業もあります。医療系や看護系、事務を中心に、資格が必要な仕事は再就職もしやすいです。

⑤年齢があがってからの転職は不利?

基本的に、年齢が高くなれば高くなるほど転職の難易度はあがります。しかし、若い人にはない長年の経験やスキルは、転職を有利に進める強力な武器です。管理職、マネジメント職への転職であれば、年収アップも見込むことができます。

転職未経験者が不安な気持ちを解消する方法

経験者であっても、転職に不安はつきものです。そこで、不安な気持ちを少しでも軽くすることができる、おすすめの方法を紹介します。

転職のメリット・自分を雇う企業のメリットを考える

人間は、感情に引きずられる生き物です。ネガティブなことばかり考えていると、表情も暗くなり、どんどん生活が楽しくなくなってしまいます。

 

そこで、転職をすることのメリット、転職をして手に入るもの、自分を雇う企業側のメリットなどを考えてみましょう。

 

収入が増える、新しい仕事が肌に合って生き生きと働くことができる、未経験でも将来有望な社員を手に入れて会社もうれしいなど、できるだけポジティブなことをたくさん考えるのです。ネガティブな不安も、ポジティブにいいかえれば気持ちが楽になります。

思い詰めすぎないように気分転換をする

転職活動では、気分転換も大切です。面接に行くついでに美味しい食べ物を探したり、きれいな景色を見つけるために散歩したりしてみましょう。

 

転職における選考、とくに面接は神経をすり減らします。転職をするために、体調を崩しては意味がありません。仕事帰りに運動して汗を流す、自宅で音楽を聞いてゆっくりするなど、気持ちを休ませる時間を意識してつくることをおすすめします。

業界で働く人のブログやSNS・知人の話から転職後の生活を具体的に想像する

転職が不安なのは、転職したあとこのさきどうなるのか、未来が見えないからでもあります。志望する業界で働く人のブログや知人の話を材料に、転職したあと自分がどのように働くのか想像してみましょう。

 

ポイントは、できる限り具体的に想像することです。入社初日にどういうふうに動くのか、慣れない仕事にどうやって対応するのか、どういう能力や資格があれば仕事に役立つのかまでイメージすることができれば、選考時のアピールにも使うことができます。

年代別の転職アドバイス

20代から50代までの年代ごとに、転職のアドバイスをしていきます。

20代の転職アドバイス

20代の転職で大切なのは、自己分析です。若いうちは、スキルや経験をもっていないことが大きな不安になりがちですが、どれだけ自分を客観視して、自分の将来を企業にアピールできるかで採用をとおるかどうかが決まります。

 

20代という若さなら、まったく経験のない仕事への転職もできるのです。未経験であることは、転職における武器にもなります。自分の将来のために、よりよい企業、より自分に合う企業に転職しましょう。

30代の転職アドバイス

30代になると、年収や社内での待遇、将来の出世に不満や不安がある人が増えてきます。30代の転職者に求められるのは、即戦力として通用する実力です。どの職種でも、基本的に一定以上のスキルが求められます。

 

また、部下をもつ立場の人が増えてくる年代でもあるため、チームを動かした経験、プロジェクトをうまくやり遂げた経験をもっていると、非常に有利です。

 

30代は求人数が豊富で、キャリアップのチャンスも多くなっています。結婚や子育てといった人生設計に合わせた転職や、年収アップの転職を積極的に狙っていきましょう。

40代の転職アドバイス

社内における出世競争のゴールが見えてくる40代の転職では、将来性に見切りをつけて転職することも大切です。転職に成功するには、これまでの経験を活かす業界、仕事に応募することを考えましょう。

 

20代、30代に比べて求人数も少なくなってくるため、とにかくできるだけ多くの求人情報をかき集め、希望に沿う求人を見つけることがもっとも重要です。大量の求人情報を簡単に比較検討することができる転職サイトや、転職エージェントの利用価値がますます高まってくる年代といえます。

50代の転職アドバイス

一般的に、人件費の高い50代は一番リストラの対象になりやすい年代です。左遷や出向、閑職に回されたまま勤めあげるくらいなら、と転職を決意する人も少なくありません。また、親の介護や相続に関する問題が出てくる時期でもあります。

 

50代の転職において重要なのは、求人が非常に限られているという現実を受け止めたうえで、転職活動をすることです。50代の転職は、行き当たりばったりではうまくいきません。知り合いの紹介を頼る、在職中に有望な求人を見つけ、転職を決めてから辞めるなど、確実性の高い方法で転職をするようにしましょう。

まとめ

未経験の仕事に転職する人、転職未経験の人が、転職をまえに不安になるのは当然です。しかし、20代の若い人にとって未経験であることは転職を有利に進める武器でもあります。業界未経験、職種未経験の求人なら、30代以降の人も経験をうまく活用することでキャリアアップもできるのです。

 

年代によって、転職のポイントは違います。適度に気分転換をしながら、諦めずにチャレンジをつづけましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ