50代におすすめの転職サイト・転職エージェントはどこ?

目次 ※クリックで開閉します

「なんとなく」では絶対に転職できないのが、50代の実情です。50代の転職を成功させるためには、相応の準備と実績が欠かせません。

 

ただ、相応の準備といってもなにをしたらよいのかわからない人も多いですよね。そこで、50代が転職を考えるうえで知っておきたい転職の悩みやメリット、転職の成功例、おすすめの転職お助けサービスをご紹介します。

50代の主な仕事の悩み

同世代の人間がかかえている、おもな仕事の悩みをまとめました。

健康や体力面に不安を感じる

50代を越えてくると、男女問わず更年期障害をはじめとしたさまざまな健康面の問題に悩まされることが増えてきます。また、仕事の内容によっては体力の衰えを感じてつらいと悩んでいる人も少なくありません。

定年まで勤めつづけることができるか不安

一般的に、50代は年収のピークを迎える年代です。社内においてもっとも人件費が高いため、企業がリストラの対象にすることの多い年代でもあります。

 

同期が早期退職を勧められたり、肩たたきの憂き目にあったり、子会社への転向を勧められたりするなか、定年まで問題なく勤めあげられるかどうかわからない、だから転職したいと考えている人は多いです。

いまの会社では出世ができない

50代ともなると、社内のポジションはほとんど固定されてきます。そして、出世ができなくても仕事の重責は増えていくのです。自らの仕事ぶりや能力を、適切に評価してくれる企業へ転職を希望するのは、けっして珍しいことではありません。

子供が巣立ったのでもっと仕事を増やしたいが調整してもらえない

とくに、50代の女性に多い悩みです。子供が大学進学や就職で家を出たあと、ぽっかりと空いた時間を仕事に費やしたいと思う人は大勢います。しかし、現在の人員配置で十分に仕事がうまく回っている場合、仕事を増やすのも簡単ではありません。

仕事を減らしたいがうまくいかない

50代に入って仕事を増やしたいという人がいる一方、逆に仕事を減らしたい、と悩む人もいます。自由な時間がほしい、転職活動をしたい、仕事が多すぎてストレスが大きいため適度に働きたいといった理由です。

50代の転職メリット・デメリット

50代で転職すると、どのようなメリットとデメリットがあるのか、あらためて考えてみましょう。

50代の転職メリット

早期退職制度を活用すればまとまった資金を得つつ再就職できる

会社に早期退職制度がある場合、うまく活用すれば退職金と同時に新たな転職先を手に入れることも可能です。転職先がすぐに見つからなくとも、まとまった蓄えがあれば心にゆとりをもって転職活動をつづけることができます。

純粋にやりがいのある仕事を追い求めることができる

一度転職することで社内のしがらみを断ち切り、あらためて仕事のやりがいを追求できるのは、経験と技術をもつ50代ならではのメリットです。長い社会人経験で身につけた技術が、他社に行っても通用するからこそできる選択といえます。

経験を活かしてさらなるスキルアップをすれば定年を越えても働ける

50代で転職できるということは、もっている経験や能力に需要があるということです。転職をしたあとさらに経験を積みあげれば、ビジネスマンとしての価値をますます高めることができます。

 

転職で自らの市場価値を高めると、定年退職をしたあとも再就職の声がかかりやすくなるのです。

50代の転職デメリット

選考に落ちると精神的な衝撃が大きい

面接に落ちると、想像以上のストレスを受けます。しかし、50代の転職活動は、ある程度書類選考や面接に落ちるのが当たりまえの世界です。

 

とくに、転職まえ社内で一定以上の地位にいた場合、選考になかなかとおることができずに転職活動がいやになってしまうケースも少なくありません。

キャリアアップは難しい

50代でキャリアアップできるのは、ごく一部の人材に限られます。よい条件の求人は、応募者に相応の実力や実績を求めるからです。

希望どおりに転職できる可能性は極めて低い

転職活動を進めるうえで、「これまでの経験を活かした職につきたい」と考えるのは当然です。しかし、50代を歓迎する求人は数が少ないため、希望どおりの求人はなかなか見つかりません。

50代の転職で成功・失敗するケース

転職の成功例と失敗例を見て、転職活動の参考にしましょう。

50代の転職で成功するケース

友人や知人から転職先を紹介してもらった

50代の転職で、もっとも成功率が高いのは「友人や知人からの紹介」です。お互いの人格や仕事ぶりがわかっているため、転職先の仕事と自分の能力とのミスマッチが起きづらいというメリットがあります。

特定分野ならスペシャリストとしてだれにも負けない実力がある

特定の分野において、余人の及ばない技術や実績をもっている場合、転職に成功する確率が高いです。50代では、広く浅くなんでもできるジェネラリストよりも、特定分野に特化したスペシャリストのほうが好まれる傾向があります。

若手経営者の補佐として幹部待遇で転職した

IT関係など、若手経営者が多い企業では、年齢が高いからこそ転職できる場合もあります。社内に年上の落ちついた人間を置くことで、経営方針や社内の雰囲気を落ち着かせようと考える経営者も少なくないからです。

50代の転職で失敗するケース

「なんとかなるだろう」と安易に会社を辞めてしまった

安易な考えで退職を決めると、転職先が見つからずに後悔することになります。50代の転職には、ほかの人に負けない技術や知識、資格や運が必要なのです。勢いで行動すると、高確率で失敗します。

家族や知人のサポートを受けられない

年齢的にも体力的にも、50代の転職には周囲の理解と後押しが必須です。面接に行けばうまくいかず、家に帰ればなぜ辞めたのかとちくちく嫌味をいわれてしまうような状況では、うまくいくものも、うまくいかなくなってしまいます。

プライドが邪魔してどうしても転職先を選り好みしてしまう

まえの会社でもらっていた年収、地位、部下の数、仕事の内容にプライドをもつことは大事です。しかし、執着するのはよいことではありません。転職先の条件を厳しくしすぎてしまった結果、転職に失敗するのは本末転倒です。

企業が働く50代に求めることってなに?

企業は、50代の人材を雇うことで自社が抱えている問題を解決したいと考えています。たとえば、新規店舗や海外進出の管理を一任できる人材がほしいと思っている企業もあれば、業界内の人脈を利用して販路を広げたいと考えている企業もあるのです。

 

求人を出している企業によって、50代の人材を求める理由は違います。どうしてこの企業は50代の人材がほしいと思っているのかを見抜き、うまくアピールすることができれば採用につながるでしょう。

50代が転職するうえで、おすすめの資格はある?

50代の転職において、もっていたほうがよいのは独立を目指すことができる資格、業務に必須の資格です。

①中小企業診断士

中小企業診断士をもっていると、ビジネスパーソンとしての知識を深めることができます。転職先や取引先との付き合いを活かして、独立することも可能です。

②ファイナンシャルプランナー

お金の悩みがない人間はいません。だからこそ、節約や投資といったお金のサポートができるファイナンシャルプランナーの資格は有用です。営業スキルがあれば、独立も視野に入ります。

③介護福祉士

高齢社会の日本では、介護の需要が高いです。未経験であっても、介護職は転職しやすい業界といえます。介護福祉士の取得をきっかけに、実務経験を積みながら管理職を目指すのもおすすめです。

④行政書士

行政書士は、いわゆる士業と呼ばれる資格のなかでも比較的合格率が高いという利点をもっています。社内での書類仕事に役立つうえ、もちろん独立も可能です。

⑤宅地建物取引士

不動産業界への転職を考えるなら、宅地建物取引士の取得をおすすめします。営業マンとしての転職だけでなく、事務職への転職にも効果的な資格です。

50代で転職するなら転職サイトか転職エージェントを利用すべき!

50代の転職は、とにかく求人数が少ないこと、求人のジャンルが限られていることが大きな問題となります。また、経験が長いために自分のどの長所をアピールすれば採用につながるのか、よくわからない場合も多いです。

 

50代の転職に、転職サイトか転職エージェントの手助けは欠かせません。年代別の求人をたくさん取りそろえている転職サイトと、どこをアピールすべきか助言をしてくれる転職エージェントを上手に利用しましょう。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

自分で求人を選別したい人は、転職サイトがおすすめです。しかし、少しでも転職の成功率をあげたいと考えるなら、専属アドバイザーがついてくれる転職エージェントを使わない手はありません。

 

餅は餅屋です。転職のアドバイスを専門に行っているプロの意見は、長い社会人経験をもつ50代にも参考になります。

50代におすすめの転職サイトランキング

転職サイトを選ぶポイントは、求人数の多さです。

【1位】DODA

大手の転職サイトは、どこもたくさんの求人を取り扱っています。なかでもDODAをおすすめするのは、非公開求人の数が多いからです。非公開求人は、サイトに登録した人しか見ることができません。とにもかくにも、まずは登録しておいて、めぼしい求人を探すのが正しい使い方です。

【2位】リクナビNEXT

リクナビNEXTは、全国各地ジャンルを問わず、ありとあらゆる転職者向けの求人を扱っている転職サイトです。非常に多機能で、一流企業から地元の中小企業まで、幅広い求人を探すことができます。

【3位】フロム40

50代も含めた、40代以降の求人を見ることのできる転職サイトです。面倒な会員登録が必要なく、自分の名前と電話番号だけで簡単に応募することができます。

50代におすすめの転職エージェントランキング

50代以降の転職エージェントは、非公開求人が多く、転職実績が多いものがおすすめです。

【1位】リクルートエグゼクティブ

リクルートが運営する、高所得者向けの転職エージェントとなっています。運営母体が大手企業であることから、好条件で魅力的な求人の数が多いです。ただし、求められる能力も高くなります。

【2位】DODAエグゼクティブ

おすすめの転職サイトで紹介した、DODAの転職エージェントです。多数扱っている非公開求人のなかから、自分の属性や経歴に合わせた企業を紹介してもらうことができます。

 

アドバイザーがつくため、自己分析からしっかりとアピールポイントを導き出し、面接に進むことが可能です。

【3位】パソナキャリア

人材派遣サービス大手である、パソナグループが運営する転職エージェントです。仕事が忙しい人のために、アドバイザーは夜間や土曜日も相談を受けつけています。公式ホームページでは、業界ごとにキャリアアドバイザーが紹介されているため、どういう人と話をすることになるかを事前に知ることができるのも強みです。

まとめ

50代の転職では、転職を始める前にどれだけしっかりと準備をしたかが重要になります。なんとかなるだろう、という安易な気持ちでは転職することはできません。多数の求人を扱う転職サイトと、自分の強みや経歴を客観的に評価してくれる転職エージェントは、50代の転職における心強い味方です。

 

自分の市場価値を知り、適切な求人に応募するためにも、転職サイトや転職エージェントを利用しましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ