看護師転職で土日祝休みでも年収・給料が高い求人ってあるの?

目次 ※クリックで開閉します

看護師として働いているなかで土日祝が休みだったらいいな~と思ったこと、一度はあるのではないでしょうか?

充実した週末を過ごしたい看護師にとって、土日祝休みの案件はとても人気の高いものとなっています。

今回は、そんな土日祝休み希望のある皆さんにぜひとも知っておいてほしい情報を集めてみました。

土日祝休みで働くメリット・デメリット

メリット

やはり友達や家族と時間を合わせやすいというのが、一番のメリットではないでしょうか。平日休みがあっても家族や友人と予定が合わなければ、一人で過ごす時間の方が増えそうです。

ひとりで過ごすことを好む方にとっては都合がいいかもしれませんが、既婚の方の多くは家庭での生活を考えて土日祝休みを強く希望する傾向にあるようです。単身の方でも、社会人向けの学校の日程や趣味などのイベント参加開催日を考慮して、土日祝休みを希望される方もいるみたいです。

病棟勤務の方は、シフト制で働くことに慣れてしまい土日出勤が当たり前になっている人がほとんどだと思いますが、土日祝休みで固定の休みがあると、規則正しい生活を送ることができて生活にメリハリがつき体調管理もしやすいですよね。身体のことを考えると、健康的な生活を送れる土日祝休みが人気なのも頷けます。

デメリット

土日祝が休みとなると、月曜日~金曜日が自動的に連勤になってしまうことがほとんどです。土日が連休となるので当然と言えば当然ですが、夜勤ありのシフト制が当たり前になってしまっていて連勤に慣れていない人にとっては、しんどく感じるということもあります。実際私がそうでした。

業務内容もどちらかというと平日の方が忙しいため、バタバタして残業することも考えられます。慣れてしまえばしんどさを感じることなく生活を送れるのでしょうが、できれば余裕をもって働きたいものです。

他に挙げられるデメリットとして、土日祝が休みになることによって平日休みが取りにくくなり困ることも。たとえば銀行や市役所、郵便局に用事のあるとき等に時間を作ることが困難になってくることが考えられます。

給料面では、土日祝日に勤務をすると手当がついて給料に反映されますが、一方土日祝休みだとそれがないためどうしてもその分損をした気分になります。

土日祝休みの看護師求人なんてあるの?

看護師の免許を持っていれば、みなさんが思っている以上に多くの働き方があります。

どんな医療機関に土日祝休みがあるの?

土日祝休みで割と求人が多いと言える医療機関は一般的にクリニックや介護施設が多いです。

やりがいや福利厚生に重きを置きたいという人にとっては、大きな病院の外来やオペ室、透析室は土日祝休みが比較的多くなっており条件としてはぴったりかもしれません。ただし、オペ室勤務はオンコール対応、透析室勤務では土曜日・祝日の勤務があることも。事前にチェックしておく必要があります。

土日祝休みなら年収・給料はどれくらい?

地域や病院、経験年数によってさまざまであるため一概にこれくらいとは言えません。

看護師転職サイトのひとつである「看護roo!」

(参照元:https://www.kango-roo.com/km/)では、看護師の給料明細や平均年収をチェックできる「ナースなワタシのお給料」というサービスを提供しています。

「日勤常勤」×「正看護師」×「外来(土日休み)」で検索してみたところ、平均年収は4,003,634円でした。(H29/6/30現在)

ちなみに「常勤(夜勤あり)」×「正看護師」×「病棟」で検索してみると平均年収は4,837,382円となることから、夜勤の有無で平均年収におよそ80万円もの差が生じることがわかります。

看護師の給料は一般的に基本給に諸手当が付くことで決まってきます。

夜勤があれば夜勤手当、残業があれば残業手当といったように、月々のお給料は手当に左右されてきます。転職する際には、土日祝休みを条件として考えるにしても、基本給に加えてどんな手当があるのかをチェックしておくと年収が変わってきそうですね。

土日祝休みの求人情報の探し方のポイント

私の経験上、働き方にこだわらず条件を絞らないのであれば、クリニックや介護施設で探すのが手っ取り早くすぐに見つかります。

しかし、働き方にはしっかりこだわりたい!という方がほとんどだと思います。そんな方のために求人情報の探し方のポイントを紹介したいと思います。

ハローワークへ足を運べば求人はいくらかありますが、やはり土日休みとなると話は別です。仮に何件かあったとしてもとても人気の高い案件であり競争率が高いのは言うまでもありません。

私も一度ハローワークを利用してみましたが、足を運んだタイミングで自分の考えている条件にぴったりの案件が全くなく諦めざるを得ませんでした。そんな経験をした看護師さんも少なくないのではないでしょうか。

そこで知っておいて欲しいのが、看護師転職サイトの存在です。耳にしたことはあっても、なかなか手が出せないと思っている方も少なくないのではないでしょうか?

転職する際に失敗しないためには、如何に多くの情報を得て自分に合った職場を選択していくか、というところにあると思います。

看護師転職サイトは“登録したら最後、必ず職を探さなければならない”ということは一切ありません。情報を得るために利用するだけでも良いのです。

また、どこか一つの転職サイトに絞って活用するのも悪くはないですが、どこの転職サイトもすべての求人を扱っているわけではないので、できれば複数登録することをお勧めします。

活用の方法としては、土日祝休みで働ける求人を条件として伝えておくと、担当者が条件に見合った案件を探し出して提案してくれます。活用の方法によってはとても賢く転職活動が行えます。

数多くの求人のなかでも、土日祝休みの求人はとても競争率が高くなってきます。こういった職場では一度働きだすと離職率が低く辞める人が少ないため、気になる求人があれば応募を早めにしておく必要があります。

自分の条件に合った求人にいち早く気づき行動に移すために、転職サイトに登録しておくと自分の代わりに担当者がぴったりな求人を持ってきてくれるのでとても助かります。

私の周りには、複数登録することで「一部の転職サイトから頻繁に連絡がくることがストレスになった」「なかなか思い通りの案件を紹介されない」と嘆く看護師も何人かいたため、転職サイト選びも重要になってくるみたいです。

土日祝休みでさらに夜勤なし・日勤のみの看護師転職求人なんてあるの?

夜勤ありの求人と比較すると大幅に減ってしまいますが、それでも多くの求人があります。

病院の外来で働く

病院にあるのは病棟だけではなく、外来にも多くの看護師が働いています。外来では、病棟では経験できないことを経験することができます。もし病棟で何年か経験を積んだのであれば、一度外来を経験してみるのもいいかもしれません。

患者にも限りがあるためよほど忙しくない限りは定時で帰宅することが可能です。

オペ室で働く

基本的に土日祝は予定手術がなく平日のみに組み込まれているため、オンコール番にならない限り休みになることが多いです。オンコール対応の場合は、休日の緊急手術が入った際にすぐに対応できる状態でいる必要があるため、気持ち的には休まらないと思われます。ただ、スキルアップを図ることもが可能であり連休を取りやすいともよく耳にするため魅力的な職場でもあります。前述したように、月に数回の夜勤やオンコール対応をしているところがあるため、積極的にオペ室勤務を考えている方はその辺もしっかり調べておく必要がありそうですね。

透析室で働く

はじめに断っておくと、透析室勤務は残念ながら土曜日や祝日も開いているため、土日祝すべてが必ずしも休みになるとは限りません。ただ、夜勤や日曜出勤がなく一般病棟と比較すると休日が固定化しています。そういった面では働きやすいと思われますので、紹介しておきますね。

病院内の透析室は基本的には月~土曜の勤務になります。透析クリニックとなると遅出勤務があるため注意が必要です。

給料面では夜勤がない割に高めに設定されています。これは危険手当がつくためです。看護師のなかでも専門性の高い分野であり、一度経験していると強みとなり後々転職もしやすいです。透析看護経験のある看護師はどこへ行っても引く手あまたであり人気の高い案件と言えます。

一般クリニックで働く

一般のクリニックはカレンダー通りであることが多く、土日祝休みのところが非常に多いです。その代わり、診療時間が夜遅くまでやっているところもあります。

クリニックの看護師の特徴としては、医師や他のスタッフとの距離が近いことが挙げられます。一般病棟とは違って看護業務以外の雑務をすることがあるので、仕事内容に関しては事前によくチェックしておく必要がありそうです。

介護施設や訪問ステーション

介護施設や訪問看護ステーションは日勤のみですが、基本的にはシフト制です。土日祝休みを条件として採用してもらえる施設がなかにはあると思うので、探してみてもいいかもしれません。介護施設では看護師が24時間常駐することを条件としていないことが多く、そのため夜勤のない施設が非常に多いです。オンコール対応のところもあるため、確認が必要です。

いずれにしても、土日祝や日勤のみを問わず働きたいという人が同時に面接した場合、そちらの方が優先されてしまう可能性大です。介護施設でなおかつ土日祝休みたい人は根気が必要かも…!

一般企業で働く

さらに、少し一般的に考えられている看護師の働き方とは異なりますが、企業看護師として働くという方法もあります。

企業看護師とは、一般企業の医務室や健康管理室等、企業内の診療所で勤務する看護師のことを指します。主な勤務内容としては、働く従業員の健康管理をしていくことが挙げられます。

一般の企業でそこの社員として働くことになるため、休日は暦通りの土日祝となります。給料もそこの一般社員としてのものとなるため働く企業によって異なりますが、大手企業で企業看護師として働くと、高収入となることも考えられます。

一般企業のなかでも積極的に看護師を採用しているものとして、以下の3つがあります。看護師経験を活かせる仕事です。

(参考:https://www.kango-roo.com/career/special/company/)

臨床開発モニター(CRA)

治験を行っている病院や医師といった治験の実施者側をサポートしていきます。病院や医師に治験内容を説明し、治験をしたい製薬会社の担当者として治験が問題なく適切に行われているかをモニタリングしていきます。

製薬会社や医薬品開月業務委託期間(CRO)が勤務先となります。

主な業務内容としては、

  • 治験を実施する医療機関と医師の選定
  • 治験に関わる医師や薬剤師らへの治験概要の説明
  • 治験モニタリング業務
  • 治験薬の補充と回収
  • 医師に対する治験薬の効果や副作用のヒアリング
  • その他治験データの回収 など

ポイント…医師との対話経験など医療機関での勤務経験が活かせる、新薬の完成を支えるやりがいがある、週の半分を社内で過ごして残りは病院へ過ごすことが多い、遠方に出張することもしばしば。

治験コーディネーター(CRC)

製薬会社の新しい薬の候補を治験に同意した患者(被験者)に投与し、効果や安全性をチェックしていきます。この一連の流れがスムーズに行えるように被験者に寄り添って必要な調整をしていくのが治験コーディネーターの仕事になってきます。

病院や治験の支援を専門とする企業(SMO)が勤務先となります。

主な業務内容としては、

  • カルテを元に被験者の候補を選出
  • 医師が被験者への治験内容を説明する際の補佐
  • 治験を受ける被験者のメンタルケア(医療行為を除く)
  • 治験スケジュールの調整
  • 治験結果などデータのとりまとめ

ポイント…被験者のケアやカルテ判読などに看護経験が活かせる、新薬の完成を支えるやりがいがある、現代医療で治療難解な患者への貢献ができることです。

クリニカルコーディネーター(CC)

医療機器メーカーの社員として、病院やクリニック等の医療機関に対して医療機器商品の正しい使い方を講義する仕事です。

医療機器メーカーが主な勤務先となります。

主な業務内容として、

自社製品のデモンストレーション・販売サポート

納品時のトレーニング など

ポイント…医療機器を扱ってきた経験が活かせること、医療機器の普及と発展を支えるやりがいがあること、外資系メーカーが多いため英語を活かせる場合があることです。

しかし病院やクリニックの求人と比較すると少なく人気の案件であるため、求人が出てもすぐに募集が締め切られてしまうことが多々あります。

まとめ

参考になりましたでしょうか?

土日祝が休みの看護師としての働き方も様々だということがわかりましたよね!選択肢が拡がれば可能性も大きく拡がります。

いくつかの転職サイトを活用することで、自分の考える条件にぴったりの案件を探すことができ、効率よく転職活動を行うことができます。

ぜひこの機会に、今まで考えていなかった働き方も視野に入れて転職活動を行ってみてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ