転職して年収ダウン・キャリアダウンになっても幸せになれるって本当?

目次 ※クリックで開閉します

「Time is Money」

時は金なり、という言葉があるように、時間はお金と同じぐらい重要なものであり、仕事を選ぶ際に重要な基準になるでしょう。

相対的な話ですが、高給な仕事は多忙であることが多く、逆に拘束時間が短い仕事は薄給のものが多いでしょう。当然、短い勤務時間で高給であれば最高ですし、毎日終電帰りになるような激務なのに低賃金であれば、転職を考えるべきかもしれません。

価値基準も環境も様々である「時間とお金」ですが、この記事では「年収を下げ、キャリアダウンしてでもプライベートの時間を確保したい」と考えている方向けに、その考え方や転職をする際のコツなどを解説していきます。

プライベートの充実のために転職することは間違っている?

年収が下がる転職、キャリアダウンする転職は勇気のいる決断でしょう。

また、妻、夫、子供、父、母などのご家族からの反対意見も多く、「もしかしてこの決断は間違っているのでは?」といった不安と葛藤と戦うことになるでしょう。

プライベートの時間を獲得するための転職活動は間違っているのでしょうか。

価値観は人それぞれなので、自分の気持を大切に

一番、大事にすべきなのは自分の気持ちです。良い仕事であれ、悪い仕事であれ、一番影響を受けるのは、実際にその仕事をしているあなた自身です。

自分以外の人の考えも尊重すべきとも思いますが、その人は、あなたの仕事の辛さを本当には分かっていないはずです。そもそも、あなたの体が壊れてしまっては、働くこと自体できなくなる恐れもあります。

 

価値観は人それぞれです。あなたがどう働くかについては、自分の気持ちを第一優先に考えましょう。あなたの人生はあなたのものです。もし、ご家族に年収のダウンについて言及する場合は、それに伴ったプラス内容も伝えられると良いでしょう。

 

あなたのプライベート時間が増えることで、ストレスが減少、リフレッシュタイムが増えることにより家庭内関係も良好になるかもしれません。

お子さんとの遊ぶ時間などが増えるかもしれません。あなたが幸せにならないと、周りの人を幸せにする余裕もなかなか生まれないものです。そういった意味では、あなたの人生が家族皆のものであったとしても、あなたの価値観を第一優先にすべきでしょう。

生きるために仕事をしているのか、仕事のために生きているのか

仕事の目的を見直すべきかもしれませんね。仕事の最大の目的はお金を稼ぐためでしょう。もちろん、やりたい仕事をすることがやりがいであったり、生きがいだと感じることもあるかもしれませんが、お金が得られなければ生活することはできません。生きることができません。

 

しかし、生きるための仕事がハードワークすぎて、充実した生活ができていないのであれば、それは本末転倒でしょう。お金を稼ぎすぎてプライベートの時間がない方は、その部分を軽視しているのではないでしょうか。

 

年収があがることで、生活レベルが上がりすぎてしまうと、元の生活になかなか戻るのに勇気が必要です。しかし、体を壊すことを考えれば生活レベルを下げるほうが幾分マシでしょう。壊れてしまえば、新たに稼ぐことはできないのですから。

 

例えば、40歳で年収1000万の激務の人が、残り20年間、ずっと同じ年収を維持するのは難しいでしょう。同じ年収を維持できたとしても、同じ仕事量をこなすのは相当難しいはずです。それでしたら、20年間維持できるレベルの仕事量に抑えて、ある程度の年収ダウンを受け入れるほうが得策ではないでしょうか。

転職せずとも、それが可能なのであれば、まずは社内に相談を持ち掛け、難しそうなのであれば転職を視野に入れるべきでしょう。

プライベートの時間が取りやすい仕事の転職は、年収ダウンになることが多い

残業がなくなる=収入が減るということは理解しておこう

もちろん、状況にもよりますが、現在残業が年収に大きく影響している人は念頭に置いておきましょう。プライベートの時間を得るために残業時間が少ない会社、もしくは残業時間が短い企業に転職した場合は、基本待遇が同じでも年収が大きく下がることになります。

年収について懸念がある人は必ず、年収を実数値で把握し、その数字のみで比較するべきです。同じように、有給なども念頭に置くべきです。日数自体は企業によって大きな差はないかもしれませんが、取得できるかどうかは会社によってかなりムラがあります。

 

例えば、残業時間、基本待遇が同じ会社でも、有休消化率が高ければそれだけでプライベートの時間を取りやすくなる上に年収は変わらないはずです。また、転職先での残業も現職と同じ忙しさだとしても、残業代の規定が違う可能性があります。1時間あたりの金額が違うことはもちろん、「○○時間までは基本給に含む」といった実質サービス残業であることも考えられます。

残業で日々忙しいと感じている方は、転職せずに残業だけ減らすことも可能です。年収は下がりますが、時間的に余裕が生まれます。残業が及ぼす影響は意外と大きいので、必ず細かく認識しておく必要があるでしょう。

求める生活水準を理解し、年収ダウンの許容範囲を明確にする

年収を下げ、時間を得るための活動を行う場合、最低年収を明確にする必要があるということは前述しましたが、その数字が分からない場合は、家計簿を見直す必要があります。

年収が下がってから困るのでは話になりません。求める生活水準を理解し、生活に必要な金額を細かく計算していきましょう。可能であれば、1年単位で算出すべきです。パートナーがいる場合は、必ず相談を。

子供がいらっしゃる方は、養育費、学費なども計算に含めるべきでしょう。

「プライベートが欲しい」という理由での転職活動で注意したいこと

残業時間は0がいいのか、多少ならOKなのかをハッキリとさせておく

「残業はもう一切したくない。定時に帰りたい」といった方と「一日2時間程度の残業なら問題ないです」では年収の下がり幅も違いますし、転職のしやすさも違ってきます。そもそも残業とは毎日、時間が決められているものではなく、定時までに終わりそうにない仕事をするための追加の仕事です。

その仕事を自らするものなのか、会社からお願いされているものなのか、はたまた、強制的にしなければいけないものなのか、これらの雰囲気は求人情報を見てもなかなか分からないことが多いです。

2時間程度の残業は当たり前になっていて、そこからは自分に時間の裁量があるのか、もしくはできるだけ早く帰るように会社から催促されるのか。これらの感覚は会社によって全く違います。特に今まで一社でしか働いたこと無い方は、想像もつかないようなルールに驚くことも考えられます。

これらを踏まえた上で、自分が働ける残業時間を決めきってください。また、一日2時間までという考えよりも、月、もしくは週単位で考えたほうが良いでしょう。一日単位で2時間という条件にしてしまうと、本当に忙しい時に困ります。「明日は休みでもいいから、今日は残業をどうしてもお願いしたい」といった状況も考えられますからね。

色んな面で、「残業ゼロ」と「残業○○時間までなら」の違いはとても大きいので、どれくらいの時間であればプライベートの時間を守れるのか、イメージを持ってください。

転職エージェントには、就労時間の希望条件をきちんと伝える

転職活動をする場合、なかなか自分が希望する求人を探し当てることは難しいです。

転職エージェントを利用すれば、自分にあった求人や就職先の実態など自分一人では情報が得られないようなことまで転職のプロに教えてもらうことができます。

転職エージェントを利用する場合は、就労時間の希望を必ず伝えましょう。

可能ならば「○○以上が希望、最低でも○○以上」といった二段階の希望があれば、キャリアコンサルタントも企業を紹介しやすいでしょう。「お金に関する条件なんて傲慢だ・・・」といった気持ちは捨ててください。

あなたの本音をそのままぶつけましょう。条件に合っていない企業の紹介を受け、無駄な時間を費やすよりもずっとマシです。もし、その金額があまりにも現実的な数字でない場合は、エージェント側から必ず、条件変更の提案があります。年収の条件について考え直すのはそれからでもいいでしょう。

企業には志望理由をそのまま伝えることは危険!

「年収を下げてプライベートな時間を得たい」というのは、転職先ではそこまで働きたくないと捉えられます。例え、前職で何時間働いていたとしても、勤務時間を減らしたいという姿勢は、印象が悪くなってしまうのです。

したがって、退職理由として、ハードワークであることを伝えるのは構いませんが、志望動機として「楽そうだから」といったニュアンスの言葉は控えるべきです。

ニュアンスを伝えたいが、そのまま伝えるのはよくない…という少し難しい内容ですが、意識しておいてください。

残業の少ない職種を紹介

工場作業員

作業系の仕事は、するべき内容が事前にある程度決まっていることが多く、その業務量に応じた働き方ができるので、残業は少なめであることが多いです。営業などと違い、クライアントの連絡によって急な仕事が入らないのがポイントです。

また、体力勝負であることが多く、残業をしすぎると体を壊したり、怪我をする可能性が高いのも大きな理由の一つです。

事務職

事務職は力仕事でないにも関わらず残業が少ないことが多い職種であり、プライベートを充実するための職種の代表ともいえるでしょう。産休や育休などが取りやすく、転勤も少ないのでもので、特に女性がある職種でもあります。

ただし、事務職にも種類があり、それによって残業に差が出てきます。

営業職でもBtoBのルート営業は残業が少なめ

BtoBのルート営業は営業職の中では残業が少なめです。BtoCの場合は、ルート営業ということはほとんどありませんし(稀にある)、BtoBであっても新規開拓メインの営業であれば残業は多めでしょう。

お客さんが固定化していれば、クライアントを探す時間と訪問する時間が短くて済みます。また、一件あたりの受注額が大きいことが、そのビジネスが成立する理由でしょう。

もちろん、必ず、残業が少ないわけではなく、あくまで少ない可能性が高いだけですので、詳しくは企業の個別ページをご覧ください。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職実績 約3万人(2015年度実績)
公開求人数 30,320件(2017年6月13日時点)
非公開求人数 143,515件(2017年6月13日時点)
対象地域 北海道から九州まで全国展開
会員数 約41万人
利用料 無料
運営会社 (株)リクルートキャリア

リクルートエージェントは、業界最大級の案件数で様々な地域や業種、世代をカバーしています。

手厚いサポートで初めての転職活動でも不安なく始められ、企業の詳細情報から選考通過率を上げるアドバイスをしてもらえます。

また、もしも担当のキャリアアドバイザーが合わない時は変更も可能です。

まず、間違いない安心して利用できる転職エージェントと言えるでしょう。

リクルートエージェントの転職求人情報や面談方法は?評判も紹介

マイナビエージェント

マイナビエージェント

転職実績 非公開
公開求人数 約5,600件
非公開求人数 約17,748件
対象地域 首都圏・関西中心に名古屋、福岡なども掲載
会員数 約6万人
利用料 無料
運営会社 株式会社 マイナビ

マイナビエージェントは首都圏及び関西で若いうちに転職したい人向けのサービスとなっています。

マイナビグループのリサーチ力を活かした豊富な案件と、手厚いサポート体制で転職活動から内定後までしっかり面倒を見てもらえます。

キャリアアップを目標にした30代以降の転職や短期間で内定を獲得したい人にはおすすめできませんが、比較的若い層に向けた第二新卒の求人が充実しています。

 

マイナビエージェントの転職・求人情報は?面談方法や口コミも紹介!

DODAエージェント

DODA

転職実績 年間約18,000人以上
公開求人数 36,144件(6月15日時点、DODA全体での数値)
非公開求人数 130,988件(6月15日時点、DODA全体での数値)
対象地域 北海道から九州まで全国
会員数 約339万人(DODA会員全体)
利用料 無料
運営会社 株式会社インテリジェンス

DODAエージェントは、国内規模No.2の転職エージェントで、案件の豊富さに定評があります。

一方、DODAはキャリアアドバイザーの質はあまり評価はよくありませんが、変更はいつでも可能です。

また職務経歴書作成や面接対策、転職支援ツールなどは評価は高いため積極的に活用していくべきです。

DODA(デューダ)エージェントサービスの転職求人情報や評判は?

まとめ

「年収」と「忙しさ」。この2つは、仕事選びをする時に必ずとっていいほど、検討する内容です。この記事では、年収を下げることで、忙しさを抑える例がメインでしたが、その逆も考えられます。

仕事が暇であり、かつ年収にも満足していないケースです。「もっと働いてお金をもっと稼ぎたい」そのように考えている人も多いでしょう。その場合も同様に、どれくらいの勤務時間なら耐えられるのか、最低でもいくらの年収が必要なのかを明確にした上で企業探しを始めるべきでしょう。

また、このような数字に置き換えられる条件(年収と拘束時間)は転職エージェントを利用する際には非常に効果的です。その条件で企業が見つかるかどうかを確認する意味も込めて転職エージェントに一度足を運んでみてはいかがでしょうか。自分自身の幸せを勝ち取るためには、できることは全部やってみるべきです。

PICKUP CONTENTS

トップへ