ゴルフビギナーに必要な道具は?選び方やおすすめゴルフクラブセットを紹介

目次 ※クリックで開閉します

ゴルフをこれから始めようとする時、まず気になるのが「ゴルフクラブはどうすればいいか」ということ。ゴルフクラブには多くの種類があり、メーカーごとの違いもあれば重さやシャフトの硬さにもさまざまなバリエーションがあるため、どれを選んだらいいか迷いますよね。

そこで今回は初心者がゴルフクラブを選ぶ際に気を付ける点や選ぶポイントを中心に、初心者のクラブ選びについてご説明いたします。

ゴルフ道具一式を揃えるのにどれくらいの費用がかかるの?

ゴルフをプレーするには、ゴルフクラブだけでなくグローブやボールなど多くの道具を揃えなければなりません。これら一式をいざ揃えようと思ったら、気になるのはその値段ですよね。

予算が潤沢にあるという恵まれた環境にいる人は例外として、一般的には「ゴルフはお金がかかる」というイメージもあるためデビューを躊躇してしまうケースもあるでしょう。

では、仮に全くの初心者が始めてコースデビューをする際に必要なゴルフ道具一式を揃えようと思ったら最低限どのくらいの予算が必要なのか、簡単に試算してみましょう。

ゴルフクラブ

初心者向けセットで2~5万

ゴルフウェア

安いもので揃えて1万

ゴルフシューズ

スパイクレスのスニーカータイプで5,000円

グローブ

1,000円程度

キャディバッグ

初心者向けゴルフセットに含まれています

小物類

まとめて5,000円程度

という感じで、合計しても4万~8万程度ですね。もちろん、中古品を選んだりディスカウントストアを利用したりすればもう少し安く抑えることも可能です。

こう考えると、思っていたよりも安いと感じるのではないでしょうか。

なお、ゴルフクラブについてですが、初心者の場合は新品よりも中古品から選ぶことをおススメします。中古品のメリットとして、何よりもまず価格が安いことが挙げられます。型落ちモデルだと新品よりも大幅に安く売られているため、高性能なクラブが安価で手に入るのです。

また、中古販売店では買取保証を設けている所があります。「買ったクラブがあわなければ高値で買い取る」というシステムなので、万が一自分に合わないクラブを購入したとしても安心ですね。

ゴルフ初心者が揃える道具一式

次に、ゴルフプレーに必要な道具について、それぞれの用途や利用するシチュエーションについてご説明します。

必須アイテム

ゴルフクラブ

ボールをショットするための道具です。最大で14本までの複数のクラブを組み合わせてプレーします。後述しますが、初心者の場合は最低でも7本は必要となります。

ゴルフウェア

機能性に優れ、マナーに違反しないゴルフウェアが必要です。自然の中でのプレーとなるため、気温対策や動きを妨げないデザインなどが重視されます。

ゴルフシューズ

ゴルフプレー専用の靴です。芝生を傷めずかつしっかりと踏ん張れるようなソールをしています。サイズに合ったもので、足が疲れないタイプのものを選びましょう。

ゴルフキャップ(帽子)

危険防止や紫外線対策のために必要です。頭をすっぽり覆う帽子タイプかサンバイザータイプのものがあります。

手袋(グローブ)

右利きの人は左手用、左利きの人は右手用のグローブは必要です。ゴルフクラブが滑らないようしっかりとグリップするために必要です。

キャディバッグ

ゴルフクラブを入れ持ち運ぶために必要です、ゴルフクラブ以外にもボールやティーなど小物類を入れプレーに備えます。

小物系

ゴルフボール

色や打感、弾道など多くの種類があります。コースに出る際はボールを多めに持っていきましょう。また、種類をバラバラにするのではなく、すべて同じ種類のボールに統一するのがマナーです。

ティー

ティーグラウンドでボールをティーアップするために必要です。材質や形状にいろいろな種類がありますが、初心者はロングティーとショートティーの2種類は最低限用意しておきましょう。

グリーンマーカー

グリーン上でボールをマークする時に使います。ボールを地面から拾い上げる時、元の位置がわかるように代わりに置く目印となります。

グリーンフォーク

グリーンにできたピッチマーク(ボールが落下した際にできたグリーンの凹み)を修理する際に必要です。

サングラス

日差しの強い日には必要です。逆光でボールの行方を目で追うためにはサングラスが無いと困難です。またUVから目を守るという役目もあります。

あったら便利な道具

スコアカウンター

自身のスコアをカウントする道具です。携帯型や腕時計型などさまざまな種類があります。

ショットナビ

グリーンまでの距離を測るツールです。正確なショットをするためには持っておいて損はないでしょう。

レインウェア

雨天時のプレーに必須です。動きやすくプレー時に蒸れないタイプの物が各メーカーから発売されています。

初心者のゴルフ道具の選び方

では、初心者がゴルフクラブを選ぶポイントについてお話しします。初心者の場合は前述の通り中古ショップで購入することをおススメします。試打コーナーがある中古ショップであれば納得のいくまでいろんなクラブを試打できるため、比較的簡単に自分に合ったクラブを見つけることができますね。

なお、初心者の場合はそれほど多くのクラブを買いそろえなくても大丈夫。以下に示す7本のクラブを最低限揃えておけば普通にラウンドできます。

最低限必要なゴルフクラブ

ドライバー

ミドルホールやロングホールのティーショットで必要となります。初心者でも上手に当たれば200ヤード以上飛ばすことができるため、距離を稼ぐためにはドライバー選びが最も重要です。自分のスイングのクセやスピードを考慮して選びましょう。

7番アイアン

フェアウェイやラフからグリーンまでに必要なクラブです。アイアンの中では初心者でも打ちやすく、かつ飛距離を稼ぐことができるクラブです。

8番アイアン

7番アイアンと同じくグリーンまでに必要となるクラブです。7番アイアンよりも打ちやすいですが距離は出ません。初心者だと残り距離110~140ヤードの時に使うことが多いでしょう。

9番アイアン

残り距離100ヤード強の場合に使います。ボールが高く上がるので風の影響を受けやすいですが、打ちやすいため正確なコントロールが可能です。

サンドウェッジ

バンカーショットで必要になります。

ピッチングウェッジ

グリーン周りからのアプローチで必要です。バンカー越えなど、ボールを上げてアプローチする時に重宝します。

パター

グリーン上でのパットで必要になります。

ゴルフグラブセットを購入するメリット・デメリット

さて、ショップへ行くと「クラブセット」と称してドライバーやアイアンなど必要となるゴルフクラブをすべて含めたセットとして販売していることがあります。このゴルフクラブセットを購入するメリットとデメリットについてお話ししましょう。

メリット

手軽にすべてのクラブを揃えることができる点がメリットです。上記の通り初心者でも7本のクラブが必要であり、すべてを試打して選ぶにはかなりの時間と手間がかかります。セット品であればそういった時間や手間を削減することができます。

デメリット

セット品はショップが想定したゴルファー像に合うようにセッティングされています。従って、自分に合わないクラブが含まれている可能性があります。特にパターなどは繊細な感覚を必要とするため、合わないクラブだとスコアに影響しやすいと言えます。

 

さて、次に初心者がそれぞれのクラブを選ぶ時に重視すべきポイントについてお話しします。

ドライバーの選び方のコツ

ドライバーを選ぶ際には、重さ/ロフト/ヘッド体積/シャフトの4項目をチェックしましょう。それぞれの項目についてチェックポイントを挙げてみます。

① 重さ

実際にスイングしてみて、軽すぎず重すぎずと感じるクラブを選びましょう。軽すぎると手打ちになってしまいますし、重すぎるとクラブに振り回されてしまいます。一般男性だと300グラム程度が基本です。

② ロフト

ロフトが大きいほどボールが上がりやすくなります。初心者はロフト10以上を選んでください。

③ ヘッド体積

ヘッドが大きいほうがスイートスポットは広くなり、ミスを軽減できるため安定して飛ばすことができます。430cc以上のものを選びましょう。

④ シャフト

シャフトの硬さは柔らかい順にL,A,R,S,Xとあります。スイングスピードによって適したシャフトが異なりますので、ショップで計測してもらい判断しましょう。一般的な男性の初心者であればR、女性初心者であればLが基本となります。

アイアンの選び方のコツ

アイアンの選び方のポイントは、形状/重さ/ソールの3項目です。それぞれの項目についてチェックポイントを挙げてみます。

① 形状

キャビティと呼ばれるヘッドの背面がえぐれたタイプを選びましょう。キャビティにはスイートスポットが広いという特徴があるため初心者でもミスショットを減らすことができます。

② 重さ

ドライバーと同じく、重すぎないクラブを選びましょう。なお、シャフトがスチールだと重くなるため初心者の多くはカーボンシャフトを選ぶ傾向にあります。

③ ソール

ソールの幅が広いタイプの方がミスショットは減ります。初心者はソール幅の広いタイプを選びましょう。

ウェッジの選び方のコツ

ウェッジは主にアプローチで使用するため、ボールを上げやすい方が使いやすいと言えます。そこで、初心者はロフト/バウンスにポイントをおいて選びましょう。

① ロフト

SWで56°、PWで48°が一般的です。

② バウンス

バウンスというのはゴルフクラブを構えた時に出来る地面とソール部分との角度を指します。バウンスが大きい方がハザードなどでショットしやすいため、初心者はバウンスの大きいクラブを使いましょう。

パターの選び方のコツ

パターを選ぶ時のポイントはヘッドの大きさと方向性のイメージです。それぞれについて解説します。

① ヘッドの大きさ

初心者の方は、ヘッドが重く大きめのマレット型パターを選びましょう。マレット型はヘッドが大きいため目標(カップ)に対して真っすぐに構えることができます。また重いためパットの際に軸がブレることなく打ち出せます。

② 方向性のイメージ

マレット型はそのデザインが特徴的で、真っすぐにボールを打ち出しやすいようにイメージしやすくなっています。

失敗しない初心者向けのおすすめゴルフクラブセット5選

では、具体的に初心者が選ぶべきクラブのブランドをご紹介します。どのクラブも初心者が簡単に扱えるように優しく作られており、ある程度腕前が上達しても継続して使用できるため長く愛用できるクラブです。

おススメその1

  • ブランド

ダンロップ

 

  • 商品名

XXIO(ゼクシオ)/ドライバーからフェアウェイウッド、アイアンセットまで幅広いラインナップです。

 

  • 価格

ドライバー・・・5~8万円、アイアンセット・・・8~12万円

 

  • 特徴

ヘッドの大きさやスイートスポットの広さが特徴です。初心者や年配のゴルファーでも飛距離を出せるように「やさしさ」を前面に出しているブランドです。シャフトのバリエーションなども豊富で中古市場にも数多く出回っているため選択肢も豊富です。

おススメその2

  • ブランド

キャロウェイ

 

  • 商品名

ビッグバーサ/多くの契約プロを抱える一大ブランド。初心者からプロユースまでカバーしています。

 

  • 価格

ドライバー…5~10万円、アイアンセット…10万円前後

 

  • 特徴

丸みを帯びたドライバーのヘッドは構えやすく、心理的にミスショットが減りそうなイメージです。ボールの捕まりもよく、真っすぐに力強い弾道でボールを飛ばすことができます。

おススメその3

  • ブランド

ヤマハ

 

  • 商品名

インプレス/打球音の良さとヘッド調整などのカスタマイズ性に大きな特徴があります。

 

  • 価格

ドライバー…4~8万円、アイアンセット…5~8万円

 

  • 特徴

クオリティの割に比較的安く手に入るヤマハのゴルフクラブ。ドライバー・アイアンともにシンプルなデザインながらRTSウエイトで細かい弾道調整ができるなどカスタマイズ性に優れているため自分に合わせたクラブに仕上げることができます。

おススメその4

◇おススメその4

 

  • ブランド

クリーブランド

 

  • 商品名

クリーブランド/ウェッジならクリーブランドと言われるくらいウェッジの代名詞となっているブランド。

 

  • 価格

ウェッジ2本セット・・・1~2万円

 

  • 特徴

構えやすくボールが上がりやすいため、ミスショットが少なくなります。バウンスも大きめに作られており、プロでも愛用者がいるほど優れたウェッジを数多くラインナップしています。

おススメその5

  • ブランド

オデッセイ

 

  • 商品名

オデッセイ/マレット型パターの定番ブランド。構えた時にボールの打ち出し方向が容易に想像できるデザインです。

 

  • 価格

パター・・・1~3万円

 

  • 特徴

ボールを置いて構えると、打ち出し方向がすぐにイメージできるため自分のパッティングに自信が持てるようになります。

まとめ

初心者がゴルフクラブを自分ひとりで選ぶのはハードルが高く、知識も無いためどれが良いか判断できないこともあるでしょう。ここで説明した内容を参考にして、ベテランのゴルファーなどに付き添ってもらうことも大切です。また、上達度合いによって自分のスイングも変化するので、上達したと思ったらゴルフクラブの買い替えを検討してみてもよいでしょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ