確定申告

忙しい方は必見!確定申告をサポートしてくれる便利なサービス

確定申告の準備を始めようとして、分類しなければならないレシートや領収書の量に並行してしまったという人も多いのではないでしょうか?

いざ入力しようとしたときにも、不便さを感じ、もっと便利にできないものかと頭を悩ませている方もいらっしゃるでしょう。

このページでは、確定申告をサポートしてくれる便利なサービスをご紹介します。

経理処理の手間と時間を省いて、確定申告の負担をなくすために、こちらでご紹介するようなサービスを上手に役立てていただければと思います。

人気はクラウド型の確定申告会計ソフト

オンラインでどこからでも入力し、溜め込まないようにしよう

確定申告を行う前段階として、会計ソフトを使って日々の伝票を処理しておく必要があります。

日常的な伝票入力などの経理処理がきちんとできていれば、確定申告をする際には集計するだけでかまいませんから、それほど大きな負担にはなりません。

しかし、実際には日々の業務が忙しく、なかなか伝票入力にまで手が回らないという人が多いと思います。

日頃の経理処理を楽にするためにおすすめなのが、クラウド型の会計ソフトです。

クラウド型の会計ソフトは、インストール不要で、インターネット環境があるところならどこでも利用することができます。

パソコンだけでなくスマホからも入力できますから、お金の出入りがあったときにすぐに入力することもでき、伝票処理を溜め込まずにすみます。

クラウド型会計ソフトなら、パソコンが壊れた場合にデータが守られるという安心感もあります。

ソフトは常に最新の状態にアップデートされていますから、消費税率の変更などにもすぐに対応できます。

また、クラウド型会計ソフトには、インターネットバンキングやクレジットカードのオンライン明細と連携できる機能が付いています。

これにより、経費や売上などの項目が自動または半自動で入力されることになりますから、手入力の手間を大きく省くことができるというメリットもあります。

無料で利用できるサービス

確定申告を便利にするツールに関心はあるけれど、できれば利用料をかけたくないという方もいらっしゃると思います。

確定申告を支援してくれるサービスには、以下のように、無料で利用できるものもあります。

無料のソフトにはサポートが受けられないなどのデメリットがあります。

しかし、パソコンや経理の知識がある人ならそれほど問題ないこともありますから、導入を検討してみましょう。

e-Tax

e-Taxは、国税庁で用意されている国税電子申告・納税システムです。

e-Taxを利用すれば、オンラインで確定申告データを送信できますから、税務署に確定申告書を持って行ったり郵送したりする必要がありません。

どこにも行かずに確定申告をすませることができますから、それだけで時間や手間を大きく省くことができます。

e-Taxで確定申告を行うには、事前に準備しなければならないことがいくつかあります。

まず、申告の際に本人確認が必要になりますから、マイナンバーカードや住民基本台帳カードに組み込まれている電子証明書を取得しなければなりません。

さらに、電子証明書を読み込むためのICカードリーダライタという機器も用意しておく必要があります。

e-Taxにより申告を行うには、事前に開始届出書を提出して利用者識別番号を取得しなければなりません。

このほか、パスワードも必要になりますから、管理が大変になってきます。

e-Taxはインターネットで確定申告ができる点では便利ですが、準備や手続きがやや煩雑なため利用しにくいという意見も多くなっています。

もちろん、一度設定してしまえば後は楽ですから、パソコンや機器に強い人はぜひ使ってみると良いでしょう。

フリーウェイ確定申告

「フリーウェイ確定申告」は、株式会社フリーウェイジャパンが提供しているクラウド型の確定申告ソフトです。

有料版と無料版がありますが、Liteの無料版は永久に無料で利用ができます。Liteの無料版では、確定申告書類を作成し、印刷したものをそのまま税務署に提出できます。

なお、「フリーウェイ確定申告」では帳簿入力をすることはできず、仕訳や帳簿付けを行いたいなら同じ会社の「フリーウェイ経理」という会計ソフトを利用する必要があります。

「フリーウェイ経理Lite」にも無料版がありますから、「フリーウェイ確定申告」と連動することにより、日々の帳簿付けから税金の計算までを無料で行うことができます。

ネットde会計

「ネットde会計」は、株式会社パイプドビッツが提供するクラウド型会計ソフトです。

個人事業主向けの基本サービスは無料となっていますが、決算書作成機能を利用すれば3000円、相談サービスを利用すれば500円といった形で追加料金がかかるしくみになっています。

「ネットde会計」では、伝票入力や帳票作成などは無料でできますから、既に仕訳などの知識がある人にとっては利用しやすいソフトです。

確定申告支援 by マネトラ

「確定申告支援」は、高機能の経費精算・家計簿ソフト「マネトラ」を提供している株式会社ミロク情報サービスの確定申告支援アプリで、無料で利用が可能です。

領収書やレシートの読み取り機能を使ってスマホで入力し、パソコンで事業収支の全体を管理できるようになっています。

アプリで入力したデータは、指定の会計ソフトや申告ソフトに連携することもできます。

有料で利用できるサービス

有料のクラウド型会計ソフトは、機能が充実しているだけでなく、サポートもあって使いやすいものになっています。

有料のサービスとしては、以下の3つが有名です。

やよいの青色申告 オンライン

「やよいの青色申告 オンライン」は、「弥生会計」でおなじみの弥生株式会社が提供する青色申告用のクラウド型確定申告ソフトです。日々の伝票入力から確定申告書の作成、青色申告に必要な帳簿やレポートの作成まで可能になっています。

「やよいの青色申告 オンライン」には、簿記知識がなくても簡単な入力で帳簿が作成できる「かんたん取引入力」、銀行、クレジットカード、電子マネーなどの取引データを取り込んで自動仕訳できる「スマート取引取込」など便利な機能がたくさん付いています。

「やよいの青色申告オンライン」には、初年度1年間(最大14ヶ月)すべての機能を無料で試せるキャンペーンがあります。

Freee

クラウド会計ソフトでNo.1のシェアを誇るFreeeは、日々の経理業務から決算までを効率的に行うことができるサービスです。

操作がわかりやすく、簿記の知識がなくても帳簿入力や確定申告書の作成ができる点が特徴となっています。

銀行口座やクレジット明細を自動的に取得して仕訳登録することも可能なので、入力の手間を省くと同時に、人為的ミスを防止できます。

Freeeには、「スターター」「スタンダード」「プレミアム」の3つのプランが用意されており、すべてのプランで30日間の無料お試しができるようになっています。

MFクラウド確定申告

家計簿ソフト・家計簿アプリとして人気のマネーフォワードが提供するクラウド型確定申告ソフトです。

銀行口座やクレジットを登録して取引明細を自動取得できるほか、電子マネー、通販、POS、クラウドソーシングなどとも連携が可能になっています。

レシートをスマホで撮影して入力できる機能も付いており、入力の手間を大きく省くことができます。

「MFクラウド確定申告」には無料プランも用意されていますが、月間仕訳件数が15件までという制限があります。

なお、仕訳無制限のプランを申し込んだ場合にも、最初の30日間は無料期間となり、無料期間中は課金なしで解約できます。

試してみて使い勝手のいいものを選ぼう

日常的な業務として無理なくできるものを探してみる

確定申告をサポートしてくれるクラウド型会計ソフトはいくつかあります。機能に大きな違いはなくても、画面の使いやすさなどで好みが分かれますから、どれを選んだら良いかということは一概には言えません。また、各社で料金体系も異なっていますから、利用開始する前には料金についてもよく確認しておく必要があります。

有料のクラウド会計ソフトでも、たいていは無料で利用ができるお試し期間が用意されています。

無料お試し期間を利用して実際に使ってみて、自分が最も使いやすいと感じるソフトを選ぶのがおすすめです。

会計ソフトというのは、日々の入力の手間をできるだけ減らし、確定申告の時期の負担をなくすことが目的です。

使いにくいものを選んでしまえば、結局入力を溜め込んでしまうことになり、ソフトを使う意味がなくなってしまいます。

会計ソフトを選ぶときには、使い方がわかりやすく、無理なく使えそうなものを選ぶようにしましょう。

ABOUT ME
nishino
元広告代理店勤務。nanairoでは不動産・暮らしやお金・節約術の記事を執筆しています。