投資

割安株と割高株をPER・PBRを使って見つける方法を解説!

株式投資を始めたからには、「儲けたい!」と誰もが思いますよね。

株で儲けるには、株を安く買って高く売ることが必要です。

そんなこと言われなくても分かっていると思われるかもしれませんが、多くの人ができていないのが現実です。

株を安く買って高く売るには、株が割安になっていれば買って割高になってれば売ればいいわけです。

ここでは、基礎的な株価指標(PERとPBR)を使って割安株と割高株の見つけ方を解説していきます。

株価指標とは

株価は、様々な要因が影響して形成されています。

その企業の資産や負債、利益や将来性、現在及び将来の業界動向や経済動向など、数え上げればキリがありません。

そのため、株価自体があらゆる指標にも勝る先行指標であると言われたりもします。

理論株価を基準にして判断する

株価には、それぞれ理論株価というものが存在します。

いろいろな計算手法を使って、「この株はこれぐらいの株価が妥当だろう」という株価を算出するのです。

その際に、どの観点から計算するかによって理論的な株価は変わってきます。

その計算の基準に使われるのが「株価指標」です。

その理論株価より安ければ「割安株」、高ければ「割高株」という判断をするわけです。

株価指標を使って割安株・割高株を見つける方法

話は戻りますが、「安く買って高く売る」には「割安株と割高株を見つける」ことができるようにならないといけません。

「安く買って高く売る」という観点は、要するに値上がり益を獲得しにいくということ、つまりキャピタルゲインの考え方です。ここでは、インカムゲイン(配当や利子)は少し横に置いて話をしていきます。

割安株・割高株を判断する方法は、指標によって様々あります。

ここでは2つの代表的な株価指標を使って方法について解説していきます。

①PER(株価収益率 Price Earning Ratio)

PERとは、株価の水準が割安かどうかを見極める指標の代表的なものとして、広く知られている指標です。

PERは、企業の利益に着目して株価が割安か割高かを考える指標です。

PERの計算式は、

①現在の株価÷一株あたり利益(EPS)

もしくは、

②時価総額(株価×発行済み株式数)÷当期純利益(一株あたり利益×発行済み株式数)

で表されます。

両方とも結局は同じ計算式ですが、式の言葉を考えると違う意味が見えてきます。

①の計算式は、

「その企業の現在の株価は、一株あたり利益の何倍になっているか」を示しています。

一方で、②の計算式は、

「会社全体の価値(時価総額)は、(当期)利益の何倍か」を示しています。

これは、言い換えると「この会社を時価総額で買収した場合、何年で投資金額を回収できるか」を表しているのです。

そもそも発行されている株式を全株買えば会社を丸ごと買うことができます。さすがにそれは無理なので、買える分だけ買いますよね。

それは、その会社の一部を買うということに繋がっています。ということは、やはり「投資した金額が何年で回収できるのか」という指標を気にかけることは非常に大事です。

PERの具体例

少し話を簡単にする為に、例を挙げて説明しましょう。数字は適当です。

トヨタ(株価:4000円、発行済み株式数:100万株、当期純利益:4億円)

ホンダ(株価:4000円、発行済み株式数:100万株、当期純利益:2億円)

だと仮定しましょう。

トヨタのPERは、「株価÷一株あたり利益」で表されるので、

4000(円)÷400(円)=10(倍)

となります。

一方で、ホンダのPERは、

4000(円)÷200(円)=20(倍)

となります。

これらを比較すると、両社は同じ株価ですが、

「トヨタの株価は、利益の10倍までしか買われていない(10倍までしか上がっていない)。」

「ホンダの株価は、利益の20倍まで買われている(まで上がっている)」

ということが分かります。

要するに、トヨタ社の方が割安であると判断できるのです。

これを先ほどの②の計算式で考えると、

トヨタのPERは、時価総額÷当期純利益で表されるので、

40億(円)÷4億(円)=10(倍)

ホンダのPERは、

40億(円)÷2億(円)=20(倍)

となります。

これは、トヨタを40億円で買収した場合、毎年4億円の利益が出ているわけですから、10年間で投資金額の40億円を回収することができます。

これに対して、ホンダを40億円で買収しても、毎年2億円の利益ですから、40億円を回収するには20年間かかる計算になります。

トヨタ社とホンダ社は同じ株価でありながら、稼ぐ力はトヨタの方が大きいのです。トヨタ社に投資をした方が、効率が良いことが分かりますよね。

このようにPERは○○(倍)という数字で表され、数字が少ないほど割安であると判断する材料になるのです。

PERの注意点

このPERを活用して割安株・割高株を判断する方法には、いくつかの注意点があります。

業界によって平均値が違う

それぞれの業界によって、大体の平均値というものがあり、その平均値を下回れば割安、上回れば割高という判断をします。

業界には、利益率の高い業界もあれば、利益率の低い業界もあります。利益の伸びが急激な業界もあれば、ゆっくりとしか利益が伸びない業界もあります。

そのため、同じ業界内でしか比較できないということを覚えておいてください。

業績が赤字の場合は参考にならない

もう一つの注意点として、赤字の場合は指標自体が参考にならなくなるという点です。計算式に利益が出てくるので、急激な業績の落ち込み等があり、赤字が出ている場合は、PERの数字がマイナスになります。

リーマンショックの時などは、あらゆる企業が赤字になってしまっていたので、指標が全く役に立たなくなったこともありました。

また、ベンチャー企業やバイオ業界でも役に立たないことがよくあります。現在は研究開発段階のため、しばらくは赤字を見込んでいるという企業は、利益がずっと赤字なのでPERは使えません。

PERのまとめ

PERは四季報などにも載っていますし、インターネットでも調べることができます。

計算式も単純な為、一度覚えてしまうと簡単に割り出すことができます。

PERを非常に重視している投資家も多くいます。

これだけで確実に割安株を判断できるわけではありませんが、判断材料の一つとして考えるようにしてください。

②PBR(株価純資産倍率  Price Book-value Ratio)

PBRとは、PBRと同じく株価の水準を判断する指標の一つです。

会社の純資産と株価の関係に着目し、株価の水準を算出する指標です。

PBRは、

①時価総額÷純資産

もしくは、

②時価総額÷一株当り純資産

という計算式で表すことができます。

PBRは、時価総額(つまり市場が評価している会社の価値)が、純資産(会計上の会社の価値)の何倍になっているかを表します。

純資産というのは、専門用語で解散価値ともいいます。会社を現時点で解散して、会社に存在する資産を全て売却して現金化し、負債を全て返済した後に残る額のことです。

理論上は、この数字は1.0倍を下回ることはありません。1.0倍を下回るということは、時価総額が会社の解散価値より低いということになります。

そうすると、もしも資金を潤沢に持っている投資ファンドがあったとするならば、その会社の株を全て買い、買収します。

その後、すぐに会社を解散して保有している資産を売却するなどして清算すれば利益が出てしまうのです。

PBRの具体例

A社【株価:5,000円、発行済み株式総数:100万株、純資産(資産-負債):60億円(資産100億円、負債40億円)】

A社の時価総額は、

5,000(円)×100万(株)=50億(円)

となります。

これはA社が市場から50億円の価値がある会社だと評価されていると言えます。

ところが、A社の純資産は60億円です。

PBR(株価純資産倍率)は、

50億(円)÷60億(円)=0.83(倍)です。

もし、私が50億円の現金を持っている場合、A社の株式を全て買ってA社を買収します。

その後、A社を解散し、資産(100億円)と負債(40億円)を清算します。残った10億円は利益です。

このようなケースは、本来であればありえません。基本的に企業の会計上の純資産というものは、数値化できるもので構成されています。(一部の無形固定資産を除く)

そのため、例えば会社で働いている人材の価値や、今まで蓄積されてきた会社の信用力などは株価に反映されていると考えられます。

そうすると、株価を構成する要素は「純資産+付加価値(将来価値)」であるといえます。そのため、株価は基本的には純資産を上回ってなければならないのです。

PBRの数値が大きければ大きいほど、株価=純資産+αの「+α」の部分が大きく評価されているということになります。

逆に数値が低ければ低いほど、「+α」の部分が低く評価されており、割安であると判断することができます。

PERもPBRもあくまでも指標の一つですので、他の指標や株価のチャート判断等も組み合わせて使うことで、株価の水準が割安なのか割高なのかを判断することができるようになります。

PBRの例外パターン

余談になりますが、過去を振り返るとリーマンショック時に日経平均は大暴落し、しばらく低調な相場となっていたことは知っている方も多いと思います。

このとき、日経平均に採用されている225銘柄のPBRの平均が1.0倍を下回るという異常事態になっていました。

厳密に言うと違いますが、イメージ的には「日本を丸ごと買い取って資産を売りさばけば儲かる」という相場でした。

実際に、日本株は実態経済以上に売り込まれており、大安売り状態であったと言えます。このときに株を買って、今まで売らずに置いていた人はかなり利益が出たのではないかと思います。

まとめ

私は、株で儲ける方法は「投資のタイミングを逃さずに、株を安く買って高く売る」ことだと思っています。

「絶好のタイミングで優良な割安株を見つけて買い、株が割高になってきたら売ること」が何よりも重要です。

それはそうだろうと思う方もいるかもしれませんが、このことを突き詰めていくことが大事です。

PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)は、この投資の鉄則を実現する手助けになると思います。

投資で大儲けした有名人がテレビに出演したりしていますが、彼らは投資テクニックがすごかった訳ではないと思います。

彼らは、「タイミング良く、安く株を買うことができた」のです。

テレビや新聞などで、「投資を始めている人が増えている」、「株式投資ブームが来ている」という見出しを見て、情報に流されて投資をするのはおすすめできません。

自分自身が普段から収集している情報を分析した上で、自分なりに「投資をするには今がチャンスだ!」と思った時期に投資をしてください。

リーマンショックのような株の大安売りのタイミングがいつ来るか分かりません。

いつでもそのビッグチャンスを掴めるように、証券口座を開設しておくことが何より大事なのかもしれません。

ABOUT ME
yoshi
以前は証券会社に勤めていました。 週末にはバスケットボールをして汗を流しています! nanairoでは、証券会社での経験やFPの知識をもとに、FX・株の記事を中心に執筆しています。