訪問見積もりをしない引越革命と他社の比較

目次 ※クリックで開閉します

さまざまな特色を打ち出す引っ越し業者があるなかでも、引越革命はとても特徴的な業者だと言えます。

訪問見積もりを必要としない引越革命の詳細について見ていきましょう。

引越革命ではWebだけで見積もりができる

引越革命は、従来の、「訪問ありき」の引っ越し業界の常識を覆した業者です。

引越革命の場合、WEB、もしくは電話で見積もりが完結します。

そのため、

「急に引っ越しが決まったので、訪問見積もりをお願いしている時間がない」

「知らない人を家に入れるのは抵抗がある」

「女性の一人暮らしなので、業者さんとはいえ、男性に来てもらうのはちょっと……」

といった人でも、気軽に見積もりをとってもらうことが可能です。

引越革命と他社の訪問なし見積もりの違いを比較

では、このように、インターネット・電話で見積もりが完結する引越革命と、それ以外の引っ越し業者では違いがあるのでしょうか。

それぞれの特徴を、比較検討していきましょう。

引越革命の訪問なし見積もりの特徴と流れ

引越革命は、WEBでの見積もりに特化している会社であるため、部屋の家財のすべてを、㎡数(量)で正確に測定する、という方法をとっています。

そのため、簡単でありながら、精度の高い見積もりを期待することができます。

引越革命流れは、

WEB見積もり→電話での確認→申し込み→預り金の振り込み(3000円)→契約→書類の郵送など→梱包材の提供→引っ越しの荷造り→引っ越し作業へ

となっています。

他社で訪問なし見積もりをした場合の特徴

「電話やWEBでの見積もりで、本当に大丈夫なのか?」というのは、引越革命に限らず、ほかの業者に頼むときでも、多くの人が不安に思うことなのではないでしょうか。

そのため、各業者ではさまざまな工夫をして、トラブルがないように工夫をしています。

たとえばアリさんマークの引越社やベスト引越サービスでは写真を撮って、その写真をもとに荷物の量を把握することができるようにしています。

サカイ引越センターの場合は、電話でのオペレーションや確認を丁寧にやることによって、トラブルを防止しようと努めています。

引越革命以外の業者の場合、一人暮らしならともかく、家族向けの引っ越しの場合、WEBや電話だけでの見積もりではなかなか正確な数字が出しにくいこともあります。

しかし各社が工夫を凝らし、正確でトラブルの少ない見積もりを出そうとしていることは、利用者にとってはとてもありがたいことです。

訪問見積もりをしない場合に覚悟しておきたいデメリット

ただ、このように、引越革命をはじめとして、各社が電話やWEB上での見積もりをきちんと出そうとしていても、やはりその精度は、訪問見積もりのときに比べれば劣ります。

そのことは覚悟しておかなければなりません。

なぜなら、直接専門家が確認しない状態では、引っ越しの荷物の量を正確に判断できないことがあるからです。

WEBや電話での見積もりの場合、利用者がある程度自分の荷物の量を測定しておかなければなりませんが、引っ越しに慣れていない人や、荷物が多い人にとってはかなり難易度が高いと言えます

また、大型家具の場合は、自分自身で寸法を測る必要があることもあります。長さのあるメジャーを一本購入しておきましょう。

「まったく見当がつかない」

「どうしてもわからない」ということであれば、写真を見てくれる業者を選んだり、電話口できちんと相談にのってくれたりする業者を選ばなければなりません。

荷物の量についてのトラブルが起こることもある

荷物の量をきちんと測ることが難しいことである以上、当日になって、「申告していた荷物の量よりも荷物が多くなってしまった」「荷物の量を読み間違えてしまっていた」というトラブルになる可能性は決して低くはありません。

「ダンボールが1個~2個増えた」

「すべてを引っ越し業者に頼む予定だったが、自家用車で運ばざるを得なくなってしまった」

などの場合は、それほど深刻なトラブルにはなりません。

前者の場合は荷物の積み方を工夫すれば入ることもありますし、宅急便で送ることもできます。後者のケースなら、ダンボール箱が10個程度増えても運ぶことができるでしょう。

しかし、荷物の量が非常に多くなってしまった場合や、自家用車がない場合などは、追加料金を支払わなければならなくなることもあります。

さらに深刻なのが、「荷物の運送を断られる」というケースです。トラックの大きさには限りがあるため、あまりにも荷物の増加量が多いと、「運べないので運送中止」ということになる可能性も否定できないのです。

契約内容を自分で記憶しておかないといけない

電話でのやり取りは、原則として、議事録が残るものではありません。そのため、相手が何を言ったのか、どんな内容であったのか、というのをきちんとメモで記録しておかなければなりません。書類が送付される場合でも、手元に届くまでには時間がかかります。

ちなみに、「どうしても覚えられない」「メモにきちんととれるか自信がない」という場合は、録音しておくとよいでしょう。

レコーダーがなかったり、携帯電話の録音機能がきちんと機能しなかったりする場合でも、ハンズフリーモードにしておけば、普通のカメラの動画撮影モードで音を拾えます。

念のため、「話の内容を忘れそうなので、録音させてください」と断るとよいでしょう。

 

引越革命についてもっと詳しく知りたい人は、こちらもご覧ください。

 

「引越革命」は「中央引越センター」が2016年に社名を変更しました。

それに伴い、訪問無しで見積もりができるサービス名称も「Smart引越」から「ラク越」へ変更になりました。

まとめ

引越革命の訪問見積もりなしのサービスは、その名の通り引越業界に革命を起こす新サービスです。

ですが、お伝えしたようにまだまだデメリットもあるサービスですので、引越革命に絞った見積りを取るのではなく、一括見積もりサービスを利用して比較検討することをおすすめします。

 

引越しをするなら「引越しラクっとNAVI」の一括見積もりサービスがおすすめ

引越しラクっとNAVI

引越しをお考えの方は、少しでも引越し料金を安く済ませることができる引越し一括見積もりサービスがお得です。

中でも「引越しラクっとNAVI」は、一括見積を利用した際の悩みである嵐のような電話もなく、訪問すらなく見積もり費用を取ることのできる画期的なサービスです。

引越しは、相見積もりを行うことで、価格が大きく変わってくるため、一括見積もりサービスを使うことで、最低価格で引越しができるのでおすすめです。

 

引越革命を検討していても、複数の見積りをとって最適な業者を選びましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ