訪問見積もりの場合は部屋を片付けた方がいい?

目次 ※クリックで開閉します

引越し見積もりを行う際、訪問見積もりをしてもらうことによって、正確な引っ越し料金が出しやすくなります。

もちろん、「普段の生活」を見てもらうだけでも、相手はプロですから、ある程度はきちんとした見積もりを出してくれます。

しかし、その前に片付けをしておけば、より正確な見積もりを出してもらえます。

片付けをしてから正確な見積りをもらう

見積もりをしてもらう際に、「実際に訪問をしてもらう」というのは、とても有用な方法です。

部屋が散らかっていても、もちろん見積もりは出してもらえます。部屋を見て回ることで、「どれくらいの量になるのか」を把握することができるからです。

しかし理想的なのは、「引っ越し業者の訪問見積もりを受ける前に、部屋をきれいに片付けておくこと」です。

見積もりのミスを防ぐには、片付けをしておく方がやっぱりイイ!

部屋が散らかっているときというのは、何をどこに片付けたのかがわかりにくく、正確な荷物の量を把握することが難しいこともあります。

相手はプロですが、やはり、片付いた部屋の方が、片付いていない部屋よりも荷物の量を測りやすいでしょう。

また、片付いた部屋であることは、引っ越し業者に対して、プラスのアピールポイントになります。

汚い部屋の場合、「本当に引っ越し当日までにきれいにしてもらえるのだろうか」「荷物の梱包は終わっているだろうか」という不安感を与えることになってしまいます。

荷物の内容を正確に判断してもらうのも、トラブル回避のコツ

引っ越しのときに問題になるのは、「荷物の量」です。しかし、内容も把握してもらっておいた方がより望ましいでしょう。

割れ物や貴重品、大きな荷物など、内容を確認してもらうことは、「その荷物を引っ越し業者が運搬できるかどうか」の判断を助ける手助けとなります。

これは確かに見積金額とは直結しませんが、出費に繋がるトラブルを回避することができます。

このように、「見えない出費への影響」を考えておくことも、とても重要です。

どうしても片付けが間に合わない……

ただ、「片付けておいた方がよい」ということはわかっていても、実際には、「時間がない」「掃除が苦手」「急に引っ越しが決まった」ということで、片付けが間に合わない人もいるでしょう。

その場合は、以下の3点をおさえておきましょう。

できるだけ「いらないもの」はまとめておく

少し時間ができたら、「いらないもの」をまとめるようにします。捨てるもの、捨てないものを分けておくだけで、部屋の荷物の状況を把握しやすくなります。

部屋の広さや数に余裕があるのであれば、どこかの部屋に「いらないもの」をまとめておくとよいでしょう。

いらないものをまとめる「隔離部屋」」の作り方は、意外と簡単です。

まずは荷物の少ない部屋から始めます。

そして、そこが片付いたら、その部屋を「いらないものを隔離する部屋」にして、ほかの部屋の片づけをしていくと合理的です。

こうすることによって、自分自身だけでなく、業者も荷物の量を測りやすくなります。

可能ならこの状態にしておきたいものです。

片付けが間に合わなければ「いるもの」「いらないもの」は把握する

いらないものをまとめることができないようであれば、頭のなかだけでも、「いるもの」と「いらないもの」をまとめておきましょう。

実際に担当者が家に来た時に、部屋のなかを巡りながら、「これはいりません」「これは捨てます」「これは持っていきます」と伝えられるようにしておきます。

「どちらにするか保留している」というものの存在を少なくすれば少なくするほど、見積もりは正確に出せるようになります。

それも難しい、ということであれば、最低限、大物の処遇(冷蔵庫やテーブル、ベッド、洗濯機など)だけでも決めておきましょう。

見られて困るものだけは収納を忘れずに

最低限のマナーとして、見られて困るものは片付けておきましょう。

「普段は部屋のなかに下着を吊るして干している」「貴重品はリビングのテーブルの上に出しっぱなし」「趣味の本が山積みになっている」というようなケースの場合は特に注意です。

これらは事前に梱包できるのならばそれに越したことはありませんが、下着や貴重品などは難しいでしょう。

そのような場合は、タンスのなかなどに片付けるようにします。引っ越し業者の目的は、あくまで「持っていく(積み込む)荷物の量を把握すること」ですから、タンスの中身までは見られません。

ここに片付けておけば大丈夫です。

ちなみに、クリアタイプの引き出しや、すりガラスのような白さのボックスは、想像以上に中身が見えますので、過信は禁物です。

必ず、中身がまったく見えない収納家具に入れるようにしてください。

「訪問見積もりを受ける前に部屋を片付けること」は、お客側にとっても引っ越し業者にとってもメリットが多いことです。

どうせ引っ越しするとなれば大掃除をしなければならなくなるのですから、時間を見つけて、コツコツ片付けをしていきましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ