引越し見積もりをとった後の業者電話はしつこい?上手にお断りする方法

目次 ※クリックで開閉します

軽い気持ちでとった見積もり。

しかしその後にかかってくるのが、「電話」です。これに対して、どのように対処していけばよいのでしょうか?

一括の引越し見積りを頼めば、必ず電話が鳴ります

インターネット上で、「引っ越しの見積もりは一括で行えます!」というサイトを見かける人も多いのではないでしょうか。

これは、一斉にいろいろな会社に見積もりをお願いできる、大変便利なサービスであり、安く引っ越しをしたいのであれば、利用したいもののうちの一つです。

しかし、これにお願いすると、必ず電話がかかってきます。

相手も仕事ですから、見積もり依頼をした人には、必ず電話で営業をかけてきます。

これはもう、仕方のないことなので受け入れることが必要です。引っ越しを安くあげたいと思うのなら、電話応対に労力を割くことは必然と言えるでしょう。

ただ、ここを乗り越えれば、安い見積もりをとることができる可能性がアップします。

そのため、必要なのは、電話を厭うことではなく、「その電話に対してどのように対処していくか」を考えることです。

なり続ける電話をとめる方法が一つあります。

それが、「見積もりを取り、一社に決めた後は、それ以外の業者には断りの連絡を入れる」ということです。

こうすることで、基本的には、電話はかかってこなくなります。意外に思われるかもしれませんが、「電話が鳴りやまない」と悩んでいる人は、このような「断りの連絡」を入れていないことが多いのです。

業者も、「まだこの人は決めていないのだ」と思っていれば、営業をかけてきます。

しかし、一つに決まってしまえば、基本的には、それ以上の労力を割こうとは思わないはずです。

断りの電話が不安…そんな方のための上手な断り方

ただ、なかには、「断りの電話を入れるのが苦手」という人もいるでしょう。

そのような場合はどうすればいいのかをご説明します。

会社の代表番号に電話を入れる

「営業マンの人には随分よくしてもらったから、断りづらい」

「顔を知っている相手に、断りの電話を入れるのはちょっと……」

と思っている人は、代表番号に断りの連絡を入れましょう。

「もう決まってしまったので、これ以降は勧誘やおすすめの電話はしないでください」と伝えれば、多くの場合、きちんと対応してくれます。

受付の人であっても、軽い引き留めの言葉を口にすることがないわけではありませんが、基本的にはこれで対応は完了です。

営業マンの人との間にしがらみができてしまっていることが、お断りをしにくい理由だ……という人は、ぜひ試してみてください。

引越し業者を選べなくなったことにする

「避けていたけれど、営業の人とどうしても話をしなければいけなくなった」

「追撃の電話がかかってきてしまった」

というケースも、ないわけではありません。

このような場合、「ここにはいない第三者のせいにする」というやり方が有用です。

「会社の辞令で転勤することが決まったが、後日、『会社指定の引っ越し業者を使うように』と言われてしまいました」というのが、もっとも有効な方法でしょうか。

自分には選択権がない、というのを前面に押しだせば、強く食い下がられることはないでしょう。

引越し自体をなくなったことにする

「引っ越し自体がなくなってしまった」と言い切ってしまうのも一つの手です。しかしこれの場合、「引っ越しが延期になった」という言い訳を使った場合、それが嘘であれ本当であれ、「その後引っ越しの話はどうなりましたか?」と電話が入ることもあります。

また、まれな例ではありますが、「引っ越し自体がなくなった」と言った場合でも、同じように追撃されることもあります。

そうなったら、「他の人が行くことになりました」などと続けるようにするとよいでしょう。

攻めのお断り文句「他社のほうが安かったので」

今まで紹介した方法はやや消極的な方法でしたが、業者の電話をチャンスとして、値切り交渉を行ってしまうのも一つの手です。

「他の業者の方が安かったから、そちらにしました」と伝えてみるのです。

この方法を使った場合、担当者によっては、値段を聞いて、もっと安い金額のプランを提示してくることもあります。

少し疲れる方法ですが、「一番安い業者にしたい」ということであれば、この方法を使ってみるのも手です。

何をやっても電話がかかってくる場合の最終手段

ただ、ここまでしても、それでも、と電話をかけてくる業者は少なからずいます。

そこでここでは、自分でできる最終手段もお伝えしておきます。

着信拒否設定にする

携帯電話の場合は特におすすめなのですが、相手の電話番号を着信拒否にしてしまいます。

こうすることで物理的に相手からの連絡をシャットダウンすることができるため、非常に強力なやり方です。

はっきりと「電話が苦痛だ」と伝える

「営業マンの電話を着信拒否にしたのに、今度は代表者番号やコールセンターからしつこく電話がかかってくる!」という場合は、その電話で、「何度お断りしても電話がかかってきて、大変苦痛です。

それが嫌で、ほかの業者に決めました。二度と電話をしないでください」とつっぱねましょう。

ここまで伝えた場合、まず電話はかかってこなくなります。

勇気がいる方法ではありますが、電話自体がストレスになっているようなら、思い切って伝えましょう。

契約した業者がお断り連絡を代行してくれる場合も

もう一つ、イレギュラーな方法ですが、「契約した業者にお断りの連絡を代行してもらう」という方法もあります。

これは、「あなたのところ以外では契約しない」という強烈な意思表示になるため、業者側にとってもメリットのある方法です。

もちろん、すべての業者がこのやり方をとってくれるわけではないでしょう。しかし、何度もかかってくる電話が苦痛である、ということを相談してみるのは有効です。

場合によっては、その業者から、「こちらからお断りの連絡をしましょうか?」と提案してくれることもあるかもしれません。

興味がなく、何かをごり押しされる電話というのはとても苦痛なもの。

上手に対策をしていきたいですね。

PICKUP CONTENTS

トップへ