運送会社「赤帽」の引越しサービスはどうなの?

目次 ※クリックで開閉します

「赤帽(あかぼう)」という名前を耳にしたことはありますか? 赤帽は引越しの専門業者ではなく、運送を手がける個人事業主の団体です。

実はこの赤帽に依頼することで、引越しを安くすませる方法があります。

使ったことのない人にとって、赤帽は謎の組織。身近な存在ではありません。

どんな事業者かよくわからないので、「ちゃんと運んでくれるの?」「保証が心配」と不安に思う人も多いと思います。

そこでこちらでは、赤帽がどのような団体であり、どんな引越しサービスを受けられるのかわかりやすくご説明します。

メリットもデメリットも知った上で、自分に合った業者を選びましょう。

「赤帽」の正体に迫る

「赤帽(あかぼう)」の正式名称は、「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」です。これは会社などのひとつの企業ではなく、一人ひとりが独立した個人事業主の集合体です。

彼らは軽貨物自動車を使って荷物を運ぶ運送業者であり、引越しの専門業者ではありません。しかし依頼すると、引越しサービスも提供してくれます。

赤帽は農家が集まってできた「農業協同組合(農協)」や、漁師が集まってできた「漁業協同組合(漁協)」と同じく、個人事業主で構成される、「協同組合」です。

各都道府県にそれぞれ別の協同組合が存在しており、その中に個人事業主が多数存在しているという形です。

同じ看板をつけていると私たちからは同じ事業者に見えますが、赤帽の場合、それぞれが別の事業者であるということを知っておきましょう。

サービス内容や料金は、地域によって差が

ご紹介した通り赤帽はそれぞれが独立した事業主なので、サービス内容や料金は地域によって違います。

基本的にどのような依頼に対しても「距離制運賃」「時間制運賃」「引越し運賃」のいずれかが適用されますが、この適用の仕方によって、料金に差が出てくるようです。

赤帽の中でも、複数の事業者に相見積もりを取ることをおすすめします。

顧客への対応に関しても、統一された社員教育があるわけではありません。

「紹介から次の依頼がもらえることもあるから、丁寧な接客をしよう」と心がけている事業者がいる一方、「引越しなんて単発の仕事だから、とにかく運べばいいや」という雑な事業者も存在します。

荷物の取扱いでも、担当した事業者による個人差が大きいと思っておきましょう。

引越し業者より安いって本当?赤帽の料金

一般的に赤帽への依頼がオトクだといわれる範囲は、移動距離が20km以内の近距離で、作業時間が2時間以内の単身の引越しです。

作業内容や荷物の量、移動距離、曜日などによって運賃は上下しますが、基本的にこの範囲であれば「引越し運賃料金」という定額料金が適用されます。

ただし、赤帽で使用するトラックはあくまでも軽貨物車輌。

1台の荷台に荷物がすべて乗せられなければ、2往復してもらったり、2台の車両をチャーターしたりしなければなりません。

そのため、荷物の多いファミリー層の引越しではかえって高額になることも多いようです。

荷物の量以外にも、移動距離や作業時間が規定をオーバーすると、通常の「距離制運賃」や「時間制運賃」が適用されます。

「オトクだと思って頼んだのに、かえって高くついた!」という可能性もあるため、事前にしっかりと料金のシミュレーションをしておきましょう。

段ボールは自分で用意するのがオトク

一般的な引越し業者は、段ボール箱をサービスとして無料で提供してくれます。

しかし赤帽は引越し専門の業者ではなく、費用も安く抑えられているため段ボール箱の無料サービスがありません。

赤帽で引越しを依頼する場合、段ボール箱は赤帽経由で購入することもできますが、この場合一般的な代金に比べて決して安くはありません。

オトクに引越しをしたいのなら、段ボール箱は自分で調達しましょう。

サイズが不揃いで構わないのなら、スーパーなどの小売店でもらってきたものを使うという方法もあります。

しかしこのような段ボール箱は引越しの荷物に適した強度ではないため、安全に荷物を運ぶためにはオススメできません。

インターネット上の通販サイトを利用すれば、引越し専用の資材が安く手に入ります。

通販サイトで注文すれば、かさばる段ボール箱を自宅まで持ってきてもらえるというメリットもあるのでおすすめです。

移動中も楽しい?赤帽のメリット

赤帽の最大のメリットは、一定の条件にあてはまると安く引越しができることです。

さらに一般の引越し専門業者では絶対に得られない赤帽のメリットに、トラックに一緒に乗せてもらい、自分自身も移動ができるというサービスがあります。

荷物だけでなく、自分も赤帽に運んでもらうのです。

別途交通機関を利用することを考えれば交通費の節約になりますし、到着時間の差による時間のロスもありません。

運転手と気が合うかどうかは運しだいですが、「移動中運転手さんと話が盛り上がり、楽しかった!」という口コミもみられます。

ただし、赤帽の組合員はほとんどが男性です。

無用なトラブルを避けるため、女性がひとりで赤帽に乗せてもらうのは避けた方がよいでしょう。

赤帽のデメリット

個人事業主の集まりである赤帽には、メリットばかりではなくデメリットも存在します。

一般的な引越し業者とは違う組織であるだけに、依頼を検討するならこれらのデメリットをしっかりと把握しておく必要があります。

デメリット1 荷物を運ぶのを手伝わないといけない

通常赤帽による単身者の引越しは、軽トラック1台とドライバー兼作業スタッフ1人で行われます。

担当者によって作業内容に多少差はありますが、荷物の積み込みは依頼主も手伝わなければなりません。

「人件費が少ない」ということも、赤帽の引越し代金が安い理由です。もちろんピアノなどの特殊な荷物の運搬知識はありませんし、高所作業車などの設備もなく、大型の家電や家具であっても人力を駆使して運ぶことになります。

エレベーターがない建物では、作業時間も長めになることを覚悟しておきましょう。

大型の家具や家電がある場合、体力や腕力に自信がない人は2台以上をチャーターしておいた方が無難です。

詳しい作業内容は、事前に確認しておくことをおすすめします。

デメリット2 養生のクオリティがバラバラ

赤帽に依頼した場合、養生のクオリティに事業主によって大きなばらつきがあります。

「養生(ようじょう)」とは、家具や家電などの荷物や建物に作業による汚れや傷がつかないよう、資材でおおう作業です。

引越し専門の大手業者は、養生に関する独自のマニュアルを用意しており、専用の資材でしっかりと荷物や建物を守ってくれます。

しかし、赤帽はあくまでも運送業者。引越し専門業者ではないので、専用の資材はあまりありません。

ベテランの事業者なら手際よく家具や家電を毛布などでくるみ、傷つかないよう注意深く運んでくれることも多いようです。

心配な場合は、自分でも養生に使えそうな資材を手もとに置いておくことをおすすめします。

デメリット3 手伝うことで「業者の過失」でなくなることがある

赤帽は「貨物保険」という保証制度を用意しています。

貨物の破損や紛失に対して最大300万円、第三者への賠償に対して最大100万円の保障が受けられる制度です。

さらにこの範囲よりも高額な荷物を運搬する場合、希望すればさらに高額な貨物保険をつけることもできます。

ただしこの保証が適用される条件は、「業者の」過失であることです。赤帽の引越しでは、依頼主も運ぶ作業を手伝わなければなりません。

例えば依頼主と作業スタッフが2人で運んでいた荷物が破損した場合、どこまでが「業者の過失」でどこからが「自分の過失」なのか、判断が難しくなります。

このようなケースだと、まれに責任逃れをしようとする事業者もいるようなので、万が一のリスクに対する対応を考えておきましょう。

まとめ

一般の引越し業者とは異なる特徴の多い赤帽には、独自のメリットやデメリットがあります。

自分の住むエリアの赤帽の口コミが気になるのなら、「赤帽 地名 評判」とインターネットで検索してみましょう

はじめから「安く引越ししたいから赤帽で!」と決めてしまうと、デメリットが気になったときに、他社の見積もりが間に合わない可能性も。

まずは選択肢のひとつとして、ほかの業者と同様に相見積もりを取って比較・検討してみることをおすすめします。

PICKUP CONTENTS

トップへ