引越し費用を安くするために最適な時期や時間

目次 ※クリックで開閉します

引越しの前後は仕事や学校がかわる人も多く、何かとお金がかかるもの。家具や家電を買い替える機会も増えるので、「せめて引越し費用は少しでも安くしたい!」と考えるのが当然です。

実は引越し費用を安くするためには、最適な時期や時間があるということをご存じでしょうか。

引越しのタイミングが自分で選べるのなら、それらを調節して引越しのコストを抑えましょう!

こちらでは引越し費用が安くなる時期や時間帯を、安くなる理由を交えてご紹介していきます。

引越し費用が大きくかわる!繁忙期と閑散期

多くの業界の仕事に繁忙期と閑散期があるように、引越しにも当然繁忙期と閑散期が存在します。引越しの繁忙期は転勤や就職、進学などが重なる3~4月です。このほかに8月も「子どもの夏休みに合わせて引っ越そう」という人が多く、引越しの需要が高い繁忙期といえます。

春先の繁忙期の引越し数は、平常時の3倍程度ともいわれています。

引越しには作業スタッフや搬送に用いるトラックを確保しなければならないため、どこの業者でも希望通りの日程で予約を取ることが難しくなるようです。

逆に辞令が出る前の1月から2月や、梅雨時と重なる6月から7月、寒さが本格化する11月から12月はあまり引越しが多くありません。

このような閑散期は、希望通りの日程で予約が取りやすい傾向にあります。

どれだけ違う?繁忙期と閑散期の価格差

繁忙期と閑散期では予約の取りやすさも大きく違いますが、もちろん引越しの見積もり金額も大きくかわってきます。

荷物の量や時間など、ほかの条件が同じであっても、倍近く料金がかわるという業者もあるほどです。

割引をしなくても、次々に予約が入ってくる繁忙期。引越し業者の立場で考えれば、多少料金が高くなるのにもうなずけます。

ただし同じ繁忙期であっても、日にちによって料金はかわってきます。「少しでも安く引っ越したい」と思うのなら、「繁忙期だから高くても仕方ない」と諦める前に、自分のスケジュールが許す範囲で安く引っ越せる日程がないか確認しましょう。

日にちによる具体的な料金の違いは、業者に直接確認しなければわかりません。訪問見積もりの際、担当者に直接聞いてみることをおすすめします。

繁忙期に安く引越しする方法

繁忙期に少しでも安く引越しをしたいなら、人気のない日程を選びましょう。

引越し料金を安く抑えたいなら繁忙期を避けるのが一番です。しかし「突然転勤の辞令が出た!」など、仕事や学校の都合によってはどうしても繁忙期に引越しをしなければならない場合もあるでしょう。

ひと口に「繁忙期」といっても、曜日や時間帯によって予約の入り方はまちまちです。

次のような人気の集まりにくい日程を選ぶことで、繁忙期でも多少料金を抑えることが可能になります。

月末よりも月の上旬・中旬が狙い目

時期を選べるのなら、月末よりも月の上旬・中旬を狙いましょう。

賃貸物件の家賃は、月末締めというケースがほとんどです。家賃を無駄なく使い切りたい人が多いので、月末は引越しが多くなります。

月の上旬や中旬で引越しをすることで値段を抑えられるので、料金も多少安くなります。

引越しの料金と家賃の負担分を比べ、無駄なくお得になる日程を選びましょう。

土日よりも平日がオススメ

有給休暇を使えるなど曜日が選べるのであれば、人気の低い平日に引越しをすれば値段が抑えられます。

多くの荷物を運搬し、荷解きをして収納していく引越しは一日仕事です。そのため、休みの人が多い土日に人気が集中してしまいます。

一般的に平日は土日に比べて交通量も少ないため、作業自体の効率も上がるかもしれません。

大安よりも仏滅がオトク

引越しの料金がオトクになるのは、「大安」よりも「仏滅」です。「大安」「仏滅」「先勝」「先負」「友引」「赤口」の6つは六曜(ろくよう)と呼ばれ、その日の運勢などを占う意味があります。

近年では六曜のお日柄を気にする人はずいぶん減りましたが、冠婚葬祭や引越しの日程を決める際は現在でも意外に縁起の良し悪しを気にする人が多く、「大安」の日に予約が集中する傾向があります。

特に結婚して新居に引っ越す場合は、六曜を気にする人が増えるようです。

逆に「仏滅」の引越しは今でも避けられる傾向があるため、あまり人気がありません。

縁起を気にしないタイプの人なら、あえて仏滅に引越しの予約を入れてみてはいかがでしょうか。

予約が入りにくい日程なので、値引き交渉もしやすくなります。

さらに費用を抑えられる!時間帯選びのワザとは?

引越しの料金は日程だけでなく、時間帯によってもかわってきます。引越しの時間帯として圧倒的に人気なのは、朝一番の便です。料金を抑えたいなら、午後の便を選びましょう。

あるアンケートの結果によると、午後の中でも一番料金が安くなるのは17時ごろ。もっとも高い7時以前の料金は、17時ごろの料金の約2.8倍に上るそうです。

午前中に搬送を終え、午後から荷解きや収納をすれば一日の時間を有効活用できます。そのため引越しでは午前の予約希望者が多く、料金も高くなるのです。

反対に人気のない午後の便は予約が埋まりにくいので、引越し業者にも「何とか予約を入れたい」という気持ちがあります。

作業スタッフは日当で確保するケースが多いので、午前と午後の両方に予約を入れて人件費に対応する作業時間を有効に使いたいのです。

午後便を選べば繁忙期でも値引き交渉が成功しやすくなるので、検討してみましょう。

その時間で大丈夫?午後の引越しのメリットとデメリット

午後の引越しは午前に比べて費用が下がるというメリットがあります。その一方で午前中の作業の進み具合によっては、トラックの到着が遅れてしまうかもしれないというデメリットもあることを知っておきましょう。

午後の引越しでは、契約書に作業開始時間が明記されません。13時でも17時でも、「午後です」といわれてしまえばそれまでです。

事前に到着予定時刻を通知してくれるので、そこまで極端に時間がずれ込むことはほとんどありませんが、2時間や3時間のズレが生じる可能性は十分にあります。

午後の引越しを行う場合は、次の日に荷解きができるよう休みを入れるなど、スケジュールに余裕を持って取り組みましょう。

も~っと安く引っ越したい!そんな人には「フリー便」という手も

午後便よりもさらに安く引っ越せるのが、「フリー便」と呼ばれるプランです。フリー便は時間の縛りがない便で、トラックの到着時間や作業終了時間が何時になるかわかりません。

その代わり、時間を予約する方法の中でもっとも引越し費用が安く抑えられる方法です。

運がよければ午前便の作業が終わったあとの、比較的早い時間にトラックが到着しますが、繁忙期であれば大抵は午後便よりもさらにあとの作業となります。

引越し作業が夜間におよぶ可能性がありますし、作業スタッフも遅くまで働いているためクタクタです。集中力が切れ、破損などのリスクも若干増えるかもしれません。

「フリー便」を選ぶ場合は、当日中に新居のご近所へあいさつに行くことも難しくなります。

体力に自信があり、荷解きやあいさつ、手続きの時間が翌日に取れそうな場合は検討してみましょう。

まとめ

引越し費用を安くする方法はさまざまですが、少しでも安くしたいと思うなら、時期や時間による引越しの需要の違いを把握しておくことは重要です。

場合によっては数時間引越しの時間を調節するだけで、数千円から1万円程度の節約になることも。

「その日のその時間にしか引っ越せない」という人はともかく、少しでも調節が可能な人は、しっかりと調べた上で日程や時間を決めることをおすすめします。

PICKUP CONTENTS

トップへ