引越し祝いをもらった時のお返しのポイント

目次 ※クリックで開閉します

人から善意で贈られる「引っ越し祝い」。心づくしのものだからこそ、失礼のないようにしたいものです。

今回は、引っ越し祝いについてのマナーをお教えします。

気をつけておきたいお返しのマナー

引っ越し祝いを「もらう側」になったときに気を付けたいのが、その返礼の方法です。

引っ越し祝いで何かを頂いたのなら、それにお礼をしなければなりません。

このときに、私たちは、ついつい熨斗を「お返し」などのような形にすればよい、と考えてしまいがちです。

しかし実は、これは不正解。引っ越し祝いへの返礼は、「内祝い」とするのが正しいのです。

内祝いは、「自分たちにとって幸せな出来事があったときに、それをおすそ分けする」という意味合いがあります。

このような特徴を持つため、結婚式や出産のときにも使われます。

これに対して、「お返し」は「お礼」の意味合いが強く出るため、失礼にあたることもあるとされています。

ただし、ここでは、一般的な名称として分かりやすい「お返し」という言葉で統一してお話します。

お返しの時期について

お返しの時期は、転居してから1~2か月くらいをめどに行います。

ただし、これはあくまで、「正式なお返し」をするのがこれくらいの目安である、という意味です。

お礼の電話やお礼状は、1~2日以内に行いましょう。

特に、郵送などでお祝いをいただいた場合、相手も「届いたのかな?もし郵便事故などあったら……でも確認するのも、お礼を強要するようでいやらしいし……」と思ってしまうこともあるので、お礼状やお礼の電話はきちんと行うようにします。

お返しの金額相場について

お祝いのお返しは、いただいたものの金額の3分の1~2分の1程度が相場だと言われています。これはほかの内祝いのときとほぼ同じくらいです。

ただ、いただいたものが高額であったり、品物の値段がわからない、といったりすることであれば、相場にこだわらずに感謝の気持ちを伝えるようにします。

高額なお祝いをくださる相手は、多くの場合、あなたに近しく、目上の立場の人達ですから、何はなくとも、素直な感謝の思いを述べることが大切です。

お返しの「熨斗」について

熨斗は「内祝い」としますが、水引の色や結び方にも注意が必要です。

水引の色は、おめでたい紅白か金銀のものにします。

結び方は蝶結びを選び、結び切りは避けます。結び切りは、「これきりで終わり」、蝶結びは「何度繰り返してもよいこと」に使われる結び方だからです。

結び切りが用いられるのは、結婚や葬儀、蝶結びが用いられるのは出産祝いや進級祝いであることを考えれば、これは想像がつきやすいでしょう。

オススメのお礼は?

お礼は、物品だけでのお返しにとどまるものではありません。さまざまなお礼の形があります。

招待をしてお披露目会を開こう

本来の内祝いは、「親しい人を新しい家に招いておもておなしをする」ということにあります。

お披露目会をするのがよいでしょう。特に、新築物件への引っ越し(賃貸ではない)の場合は喜ばれます。

料理は、自信があるのであれば手作りにしましょう。ただし、「料理に自信がない」「大人数の料理を作った経験がない」ということであれば、ケータリングサービスを利用します。

忙しい時期でもありますから、無理に手作りにこだわる必要はないでしょう。

負担が少ないお返しの方法であるのもうれしいポイントです。

お披露目会ができなかった場合はギフトを贈ろう

お披露目会ができない場合は、品物をお贈りします。よく選ばれるものは、お菓子や実用品、「消え物」と呼ばれる消耗品です。

「家のように、中身を包み込むから」ということで器が選ばれることもありますが、相手の好みがわからない場合は慎重に選択しましょう。

現在は、カタログギフトを贈る方法もよくとられています。内祝いをもらった人が自分好みの商品を選ぶことができるため、もっとも合理的なお返しだとも言えるでしょう。

なお、こちらのケースでも、品物だけをお贈りするのはあまりにも不躾。

必ず、「本来ならばお招きするところですが……」などと断ったメッセージを添えるようにします。

「お返しはいらないから」と言われた場合は?

さて、今までは「お返しのやり方」について見ていきましたが、「お返しはいらないから」と言われた場合はどうすればよいのでしょうか。

そう言われても、何かしらお返しをするのが無難

いくら「いらない」と言われていても、それは相手の気遣いによるところもあると思われます。

この場合、「本当に何も返さなくてよいのか?」という疑問が出てくるでしょう。

気の置けない友人などの場合は、一緒にランチを食べにいったときに、「いろいろお世話になったから」と軽い理由をつけておごるのも手です。

そうでなければ、小さなプチギフトなど(500円程度)を贈るのがよいでしょう。

「絶対にいらないから!」と言われたら、せめてメッセージを送ろう

ただ、なかには、「絶対にいらない」と強く念押しをされるケースもあります。

このような場合、お返しをすることは逆に失礼にあたるでしょう。素直に好意を受け取っておいた方がスマートです。

お祝いは心づくしのものですから、固辞をしたり、無理にお礼をしたりすることはやめましょう。

「物」で返せないからこそ、このときには、きちんとお礼を言うことが重要になってきます。

電話でお礼をいうだけでなく、お礼状をしたためるようにしましょう。

このときは、

  • 美しい便箋を使い(季節に応じた柄がより望ましい)
  • 手書きで
  • 失礼なく
  • 簡単な近況を添えて
  • 厚くお礼を述べて

送ります。

また、お金ではなく品物をいただいたときには、お礼状のなかに、「いただいた品物をこのように使っています」と書き添えるとなおよいでしょう。

さらに、切手も、ありきたりな82円切手ではなく、特別な柄の切手を選ぶとさらに好感度がアップします。

「お祝い」「お返し」の文化は、人の気持ちを伝える、非常に大切なものです。

人からの気持ちをいただき、その人に自分の気持ちを伝えるというやりとりにおいて、もっとも大切なのは心でしょう。

しかし、その「心」をしっかり伝えるためには、やはり、これらの「常識」を知っておく必要があるのです。

PICKUP CONTENTS

トップへ