もったいない気持ちごと捨て去ろう!引越しに合わせた断捨離の成功術

引越しは断捨離を行う良い機会といわれています。なぜ、このように言われるのでしょうか。

その理由を解説するとともに、いるモノ、いらないモノの選別方法、断捨離に取り組みたい人などを紹介します。

これから引越しを予定している方などは確認しておきましょう。

引越しこそ断捨離の最高のタイミング!

引越しは断捨離のベストタイミングです。

断捨離とは、やましたひでこさんが提唱する「モノへの執着を捨てて身の回りをきれいにする」片付け術です。

いらないモノを整理することで心までスッキリするといわれています。

なぜ、引越しが断捨離のベストタイミングなのでしょうか。

荷造りをしながら、必要な物を見直そう

いらないモノを整理するには、必要なモノとそうでないモノを分けなくてはなりません。

引越しで荷造りを始めると、家の中にあるほぼすべてのモノと向き合うことになります。

このような機会はめったにないので、引越しが断捨離を行うベストタイミングといわれるのです。

引越しする方は、荷造りをしながらいるモノ、いらないモノの選別をしましょう。

押し入れやタンスの奥のものまで、全てに目が届く

その気になれば、引越し以外のタイミングでも断捨離は行えます。

しかし、押し入れやタンスの奥にあるものまで引っ張り出すとなるとかなり大変です。

引越しでは、望む、望まないにかかわらず押し入れやタンスの奥にあるものまで引っ張り出して荷造りしなくてはなりません。

荷造りのついでに家中のものと向き合えるので、引越しは断捨離を行うベストタイミングなのです。

荷物が減ることで引越し費用も抑えられる

断捨離では、いらないモノを思い切って捨てます。

断捨離を行うと家の中のモノが大幅に減ります。家の中のモノが減ると、引越し業者に運んでもらうモノも減ります。

引越し料金は運ぶモノの量などで決まるので、引越し前に断捨離を行っておくと引越し料金が安くなることがあります。

この面からも、引越しは断捨離を行うベストタイミングといえるでしょう。

ちなみに、運ぶ荷物の量が減れば、新居で行う荷解き作業も減ります。

この点も、引越しのタイミングで断捨離を行いたい理由のひとつです。

引越しで捨てるものを考えるポイント

引越しはいらないモノを捨てる良いタイミングですが、捨てるものはどのように選べばよいのでしょうか。

引越しで捨てるモノを考えるポイントを紹介します。

新居での引越し後の生活をイメージする

引越し前にモノを整理する目的は、新居にいらないモノを運び込まないためです。

新居にいらないモノを運び込んでしまうと、余計な引越し料金がかかるほか貴重なスペースが奪われてしまいます。

引越し前にいらないモノを整理するときは新居の間取り、環境、生活などをイメージして、スペース的に置けないモノ、新居に似合わないモノ、新生活に必要ないモノなどを捨てましょう。

新居の写真を撮っておくと、具体的にイメージしやすくなります。

1年以上使用していないものは捨てる

いらないモノを整理していると「必ずいつか使うかも」と悩むことがあります。

捨てずにとっておきたくなりますが、ほとんどのケースで「いつか」はやってきません。

単なる置物になってしまうことが多いので、「いつか使うかも」と思うものも処分しましょう。

一般的に、1年以上使用していないものは再び使うことが少ないといわれています。

1年を目安にいるモノ、いらないモノを選別するとよいかもしれません。

データ化できるものはデータにして保管する

新生活でも必要なモノの中には、データ化できるものがあります。

データ化すると小さくまとめることができるので、できるものはデータにして保管すると便利です。

データ化できるものの代表として、本や写真などが挙げられます。

かさ張る本や写真などをデータにしておけば、新生活をスッキリ始められるはずです。

必要最低限のダンボールから荷解きし、生活してみる

実際に、いらないモノの処分をしてみると判断に悩むことが少なくありません。

思い切って捨てられないものは、新居に持ち込むことになります。

つまり、断捨離を心がけても、新居にいらないモノを持ち込んでいる可能性があるのです。

あてはまる方は、新居で生活必需品だけ荷解きして3週間ほど生活してみましょう。

この間に、追加で荷ほどきしたものは生活に必要なモノです。

なんの不便も感じず荷ほどきしなかったモノはいらないモノです(季節品、ストック品など例外はあります)。

悩んだ末に持ち込んだモノであっても処分しましょう。

特にこんな人は断捨離が要検討!

以上のポイントに注意すると、いらないモノを整理することができます。

無駄なものが身の回りから減ると、余計なものに惑わされることが減るので心がスッキリするはずです。

引越しを予定している方は断捨離に取り組んでみてはいかがでしょうか。

特に、次の方などは断捨離に取り組んだほうが良いといわれています。

実家暮らしから一人暮らしへ変わる人

実家暮らしを卒業して一人暮らしを始める方は、断捨離に取り組んだほうが良いといわれています。

一人暮らしを始める方が断捨離に取り組んだほうが良いといわれる理由は、部屋が狭くなるからです。

1Kや1LDKなど一人暮らし用の住宅は、実家に比べて収納スペースが少ないことがほとんどです。

実家と同じ感覚で荷物を運びこむと生活するスペースが小さくなってしまいます。

せっかくの一人暮らしを窮屈な状態で始めなくてはならないので注意しましょう。

特に、社会人の方は断捨離を意識したほうが良いかもしれません。

お金にゆとりがあるので、社会人の方は運び込む荷物が多いといわれているからです。

必要なモノを厳選して新居に運び込みましょう。

結婚・同棲による引越しで家族が増える人

結婚や同棲をきっかけに引越しする方も断捨離を心がけたほうが良いといわれています。

2人が1つの屋根の下で暮らすので、荷物の量が2倍になるからです。

上手に断捨離しないと、ドライヤーが2つある、食器が必要以上にあるなど、不用品に囲まれて新生活を始めることになります。

結婚や同棲を始める方は、パートナーと相談して誰が何を持ち込むか調整しましょう。

趣味や価値観の違う2人が1つの屋根の下で暮らし始めるので、単にモノを持ち込むだけでなくデザイン面などでの調整も必要になります。

場合によっては、使えるものがあっても新しく買い替えることなどもあります。

結婚や同棲を始める方は、モノを減らすだけでなくどのようなモノを持ち込むかまでパートナーと相談しておきましょう。

まとめ

家の中にあるほぼすべてのものと向き合う必要がある引越しは断捨離に最適なタイミングです。

モノに囲まれて生活している方はいらないモノを処分しましょう。

モノを減らすことで、引越し費用や荷解き作業も減らすことができます。

いるモノ、いらないモノの選別に悩む方は、新居での生活をイメージするとよいかもしれません。

あるいは、1年以上使っていないものは捨てるなどのルールを作っても良いでしょう。

それでも悩む場合は、新居に運んで生活を始めましょう。

3週間ほどたっても使わない場合は不用品と考えることができます。

いらないモノが減ると心がスッキリします。引越しをきっかけに断捨離に取り組んでみてはいかがでしょうか。

断捨離をする前にスピード買取.jpで査定を受けよう

断捨離をするものが決まったら、せっかくなので捨てるだけだともったいないです!

捨ててしまおうと思った物は、査定に出せば高額買取の可能性だってあります!

高額査定にならなくても、お金の必要な引越しのタイミングで少しでも金額がつけば嬉しいものです。

引越しのタイミングで断捨離をするなら、スピード買取.jpでの査定がおすすめです。坂上忍さんのCMでお馴染みのあのサービスです。

  • 出張から査定、買取まで、全て無料
  • 買取の対象となるものが非常に多い
  • 忙しい引越しタイミング嬉しいスピード買取
  • 最短30分で自宅まで取りに来てくれる便利さ

スピード買取.jpはこのような特徴を持っているため、時間の惜しい引越しのタイミングにもピッタリなのです。

荷物を減らして引越し代を抑えつつ、さらにいらないものがお金に変わります!

大変なことの多い引越し準備の中で、少しでもお金で嬉しい気分を楽しんでください♪