引越しを会社に報告したくない!同棲を内緒にしてバレない方法はある?

交際が順調だと自然な流れで同棲をスタートすることがあります。

同棲をスタートした方の中には会社に報告するべきか悩む方がいるようです。

同棲をきっかけに引越しした場合、会社に報告しなくてはならないのでしょうか。

内緒にしておきたい場合、バレない方法はあるのでしょうか。

これらの点について解説します。お悩みの方は参考にしてください。

引越ししたことを会社に報告したくない!

会社の中には同棲を禁止しているところ、上司の中には同棲に反対する方がいるようです。

しかし、このようなケースは稀で、大人同士の同棲であれば認めてくれることが多いようです。

悪いことをしているわけではないので堂々と報告すればよいといえますが、いざ自分のことになると何となく恥ずかしいので会社には報告したくない気持ちになります。

同棲がきっかけで引越ししても会社に報告しなくてよいのでしょうか。

引越しした事は会社に報告する義務がある

同棲をきっかけに引越ししたことを会社に報告したくない気持ちはわかりますが、「引越し」したことは会社に報告しなくてはなりません。

社会保険の住所変更など、様々な手続きを会社が行わなくてはならないからです。

勤務する部署によっては見えにくいですが、会社は本人に代わり様々な手続きを行っています。

これらが正しく行えなくなるので、同棲をきっかけに引越しした方は、「引越し」した事実を会社に報告しましょう。

黙っていても転送不可の郵便物などでバレる

同棲をきっかけに引越しした方の中には、タイミングを逃して報告しそびれる方がいるようです。

「このままいけるのでは?」と期待してしまいますが、報告しなくてもどこかのタイミングで引越ししたことは会社にバレます。

例えば、転送不可の郵便物が戻ってくる、社会保険の手続きが行えないなどのトラブルが発生するからです。

上司などから指摘されて引越ししたことを報告するのは気まずいですよね。

引越しした方は、速やかに「引越し」したことを会社に報告しましょう。

会社に引越しを黙っていることでリスクもある

引越ししたことを報告しなくてはいけないことを理解しても、気乗りしない方がいるはずです。

ズルズルと報告せずいると次のようなトラブルに発展することがあります。

通勤中の事故で見舞金などがもらえなくなるかも

同棲をきっかけに引越しすると、ほとんどの方で通勤経路が変わるはずです。

引越ししたこと(通勤経路が変わったこと)を会社に報告せず通勤中に事故にあうと、勤務先の就業規則によっては社内で設けられている見舞金などをもらえなくなることがあります。

(※通勤災害は引越ししたことを報告していなくても通勤経路が合理的であればおります。)

通勤費の差額でトラブルになる

また、引越しにより通勤経路が変わると通勤費も変わります。

引越ししたことを報告せずにいると、これまで受け取っていた通勤手当をもらい続けることになります。

ケースによってはもらいすぎや不足が生じます。

実際の通勤費と受け取っている通勤手当の差額によりトラブルに発展することがあるので、同棲により引越しした方は会社に報告したほうが良いでしょう。

会社への引越しを伝えるタイミングや方法は?

以上の通り、同棲をきっかけに引越しした方は会社に「引越し」したことを報告しなくてはなりません。

どのタイミングでどのように報告するのがスマートなのでしょうか。

引越しが決まった時点で報告をするのがマナー

引越しのきっかけが同棲だと、なんとなく恥ずかしいと感じる方が多いはずです。

報告を先延ばししたい気持ちはわかりますが、他の事項と同じく出来るだけ早く報告したほうが良いでしょう。

ベストのタイミングはケースにより異なりますが、引越しが決まった時点で報告するのがオススメです。

その後の手続きなどを教えてもらえるので、スムーズに引越しを進めることができるはずです。

メールで済まさない!口頭と書類で報告をしよう

引越しの報告がしづらいと、メールで済まそうとする方がいるはずです。

この気持ちも理解できますが、大切な報告なのでメールで済ませることはオススメできません。適切な報告手段ではないと考える方がいるからです。

引越しの報告は口頭で行いましょう。会社に所定の書類が備えられている方は、書類も併せて提出します。

同棲がきっかけの引越しであっても悪いことをしているわけではないので、コソコソする必要はありません。

引越し理由が同棲なので伝えにくい…

同棲がきっかけの引越しであっても、会社に報告しないわけにはいきません。

もしかすると、憂鬱なっている方がいるかもしれませんね。

憂鬱な気分になっている方は次のポイントを確認しましょう。

転居理由まではちゃんと伝えなくてもOK!

様々な手続きを行う必要があるので、引越しした事実は会社に伝えなくてはなりません。

しかし、引越しした理由まで会社に伝える必要はありません。

つまり、同棲がきっかけの引越しであることを伝える必要はないのです。

引越しした理由を聞かれた場合は、個人的な都合、会社までの距離が遠いなどでかわしても問題ありません(※会社の寮などに住んでいる方は報告が必要になることがあります)。

会社に同棲を始めたことを伝える必要はありませんが、仲の良い同僚には同棲を始めたことを伝えておいた方が良いかもしれません。

伝えておいた方が色々な相談をしやすくなるからです。

結婚を前提に同棲を始めた方などは、親しい同僚に伝えることを検討してみてはいかがでしょうか。

もちろん、プライベートなことなので伝えないという選択もありですが、総合的に検討して判断しましょう。

社内恋愛禁止の会社の場合はタイミングに気をつけよう

同じ会社で働く同僚と同棲する方は、同棲のタイミングに気をつけましょう。

特に、社内恋愛を禁止している会社の方は注意が必要です。

会社によっては、社内恋愛が仕事に悪影響を及ぼす、社内の人間関係に悪影響を及ぼすと考えるところがあります。

このような会社では、社内恋愛が分かった時点で転勤を命じることがあります。

同棲を始めると彼氏、彼女と同じ住所になるので、内緒にしていても同棲していることがいずれ会社にバレます。

引越ししたことを会社に報告しないわけにはいかないので、このようなケースでは同棲を始めるタイミングに気をつける必要があります。

社内恋愛禁止の会社に勤務していて同僚とどうしても同棲したい方は、信頼できる上司や同僚などにどのように会社に報告すればよいか相談してみると良いでしょう。

もしかすると、大きな力になってくれるかもしれません。これから同棲を始める方は、会社のルールなどにも十分注意しましょう。

まとめ

同棲をきっかけに引っ越す方は多いものです。

悪いことをしているわけではありませんが、プライベートなことなので会社に報告したくありませんよね。

気持ちはわかりますが、会社に引越ししたことを報告しないわけにはいきません。様々な手続きなどができなくなるからです。

引越しした事実は伝えなくてはなりませんが、引越しした理由まで伝える必要はありません。

会社には同棲を始めたことを伝えなくてよいのです。

ただし、会社の雰囲気や人間関係などによっては、同棲を始めたことを伝えたほうが良いことがあります。

同棲をきっかけに引っ越した方は、総合的に判断して必要な範囲で事実を伝えましょう。

同棲をする際の引越しは準備がとても大変

引越しをするだけでも大変ですが、同棲の引越しとなるとさらに負担も大きくなります。

これまで説明したように会社への報告に加え、荷物も2人分となるため荷造り準備の負担も費用の負担も大きくなります。

少しでも準備を楽に、費用を安くするためには、一括見積もりサービスの活用がオススメです。

引越し侍など、一括見積は随分とメジャーなサービスになりました。

メジャーになった背景は、それだ便利で利用価値があるということです。

予算と手間の削減のためにも、一括見積もりサービスを利用しましょう。