大型荷物の代名詞!引越しでベッドを運ぶ際に知っておきたいポイント

目次 ※クリックで開閉します

大型荷物の引越しは何かと気を使いますよね。

大型荷物の代表といえるのがベッドです。ベッドはどのように運べばよいのでしょうか。

ベッドの引越しについて詳しく解説いたします。引越しを計画している方は参考にしてください。

ベッドの運送は引越し業者に頼むのがオススメ

自分の力で引っ越したいけど「ベッドが運べない」なんてことはありませんか。

ベッドは大型荷物なので旧居からの搬出、新居への搬入がかなり大変です。

ベッドの引越しは自分で行ったほうが良いのでしょうか。

それとも、引越し業者に頼んだほうが良いのでしょうか。

大型家具は運び出すのに苦労する

単身で荷物が少ない方、近い場所に引っ越す方などは、自分の力で引越しをしたいと考えるかもしれませんね。

自分で引越しをするメリットは、引越し料金がかからないことです。

 

とても魅力的な方法ですが、自分で行う引越しにはデメリットもあります。

荷物の搬出・搬入に大変な労力がかかります。

特に、ベッドなどの大型家具は搬出・搬入が大変です。用意した車に乗らないこともあります。

 

また、ベッドの種類によっては解体、組み立てが必要になります。

自分で引越しできないことはありませんが、ベッドをはじめとした大型家具の搬出・搬入には苦労することが多いでしょう。

運送中に床や壁に傷を付けてしまう可能性が高い

ベッドの引越しを自分で行いたい方は、もう一つのリスクについても理解しておきましょう。

大きくて重い家具なので、搬出・搬入にはそれなりの力とテクニックが必要です。

これらが不足すると、搬出・搬入中にベッドを落として床を傷つける、ふらついて壁を傷つける、ベッドを傷つけることなどがあります。

賃貸住宅の床や壁を引越しで傷つけると全額自己負担で修理を求められることがあります。

ほとんどの方が保険に加入していないはずです。

わずかな引越し費用を削ったばかりに、大きな修理費を払わされる恐れがあることを覚えておきましょう。

ベッドの運送だけをお願いできる業者もある

自分で行うベッドの引越しにはメリットとデメリットがあります。

デメリットを避けたい方は、ベッドだけの引越しを依頼できる引越し業者を利用してみてはいかがでしょうか。

引越し業者の中には、ベッドなど単品の家具だけであっても引越しを請け負ってくれるところがあります。

トラック(軽自動車など)に収まる荷物であれば、ベッドと一緒に運んでくれることがあるので便利ですよ。

料金は距離や荷物の量などにより異なりますが、数千円~利用できます。

ベッドの引越しを考えている方は見積もりだけでもとってみてはいかがでしょうか。

引越し業者にベッドを運んでもらう際の基礎知識

苦労とリスクを考えると、ベッドの引越しは引越し業者にお願いしたほうが良いでしょう。

引越し業者はどのようにベッドの引越しを行うのでしょうか。

ベッドは基本的に分解して運送する

住環境によりますが、多くのケースで引越し業者はベッドを分解して運びます。

ベッドを分解する理由は、そのままだと廊下や扉、階段、エレベーターなどを通過できないことが多いからです。

また、分解することでベッドが軽く、小さくなります。運びやすくなるので、壁や床などにぶつけにくくなります。

より安全に引越しできるので、多くの引越し業者がベッドを分解するのです。

ベッドの分解、組み立ては、基本的に引越し業者が行います。

難しいベッドの引越しをプロに任せることができるので、引越し業者の利用は賢いベッドの引越し方法といえるでしょう。

折りたたみベッドや分解可能なシングルベッドなら単身パックでも運べる場合も

ここまでベッドとひとくくりにしていますが、ベッドにはキングサイズ、クィーンサイズ、ダブルサイズ、セミダブルサイズ、シングルサイズがあります。

それぞれ大きさが異なるので、ベッドの種類により運送に適した引越しプランも異なります。

目安としては、折りたたみベッドや分解できるシングルベッドであれば単身パックで引越しできることがあります。

ダブルサイズまでであれば、軽トラックに積めることがあります。

実際にこれらの引越しプランが利用できるかどうかは、ベッドのデザインなどによります。

詳しくは、引越しの見積もりをとるときに相談してください。

収納スペース付きのベッドであれば、荷物は出しておこう

先ほど紹介した通り、基本的にベッドは解体して運びます。

収納スペース付きのベッドを運んでもらう方は、引越し前に収納スペースの荷物を出しておきましょう(引越し業者から荷物はそのままでよいと指示があった場合は除きます)。

ベッドの収納スペースに荷物を詰めたままだと、効率よく搬出・搬入できないからです。

引越し前に要検討!そのベッド、本当に新居へ持っていく?

ベッドの引越しを自分で行うと苦労とリスクが伴います。

ベッドの引越しを引越し業者に依頼すると費用が掛かります。

大型家具だけあって、ベッドの引越しは大変です。

新居に運んで失敗したと後悔しないように、本当に新居にもっていくべきか検討しておきましょう。

新居の寝室に置けるサイズかどうか

苦労して新居にベッドを運んだものの、新しい寝室とサイズが合わなかったことに後悔する方は少なくありません。

特に多いのが、寝室に対してベッドが大きすぎるケースです。

なんとか寝室に入っても、寝室のスペースがベッドで埋まると快適に過ごすことができません。

あるいは、部屋に対して小さすぎてバランスが悪いと感じることもあります。

ベッドの引越しを予定している方は、新居の寝室に置けるサイズかどうかを確認しましょう。

新居への搬出入経路を通れる大きさなのか

新居の寝室に置けるサイズの方も安心は禁物です。

新居の寝室にサイズがあっていても、大きすぎるため搬出・搬入の経路を通れないことがあります。

吊り下げ搬出・吊り下げ搬入などにより対応できますが、ケースによっては引越し費用が高額になることがあります。

大きなベッドを引っ越す方、搬出・搬入の経路が狭い方は、ベッドを新居の寝室まで運べることを確認しておきましょう。

「古くなった」という理由で引越しを機に買い換えるのも一つの手

ベッドのサイズや搬出・搬入経路の広さに問題を抱えている方で、すでにベッドが古くなっている方は、新しいベッドの購入を検討するとよいかもしれません。

引越し料金分がうくので新しいベッドをお得に購入できます。気持ちよく新生活を始められる点も魅力です。

ベッドの引越しを予定している方は、自分にとってベストの選択を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

引越し費用を節約するためベッドの引越しを自分でしたいと考える方は多いものです。

簡単に見えるベッドの引越しですが、搬出・搬入が大変、壁や床が傷つくなど様々なリスクが伴います。

基本的には、ベッドの引越しをお願いできる引越し業者に依頼したほうが良いでしょう。

引越し業者に依頼する方は、ベッドが新居の寝室に収まること、搬出・搬入の経路に問題がないことを確認してください。

これらに問題がある場合は、引越しを機に新しいベッドに買い替えるのも一つの選択肢です。

引越し料金がうくのでお得に新しいベッドが購入できます。

ベッドの引越しにはいくつかの選択肢があるので、それぞれのメリットとデメリットを検討してから方針を決めましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ