引越し見積もりは何日前から取ればいいの?

目次 ※クリックで開閉します

引越しの第一歩は、「業者から見積もりを取ること」です。引越し業者には、「何日前までに見積もりを取ればよいですか?」という質問が頻繁に寄せられるといいます。

「見積もりは早めに取ったほうがよい」といわれますが、こちらでは実際に何日前までに見積もりを取るべきなのかを、根拠とともにご紹介します。

また、引越しの何日前までなら見積もり依頼を受けつけてくれるのかという点も合わせてご紹介。疑問を解消し、すっきりとした気持ちで引越し準備に取り掛かりましょう。

引越し見積もりに最適な時期とは

自分の希望通りの日程で引っ越すためには、一般的に1ヶ月から2週間前までに見積もりを取っておくとよいといわれます。

引越し業者のトラックや作業スタッフの人数には限りがあるため、予約の日程は「早い者勝ち」。

ただし引越しには複数の業者が存在するため、その時期に予約すれば、基本的に自分の希望する日程で引越しのプランが組めると思ってよいでしょう。

1ヶ月前ならある程度余裕を持って複数の業者から相見積もりを取り、比較することも可能です。

早めの予約で安心したい!見積もりはいつから可能?

一括見積もりサイトで見積もりを依頼できる業者数は、1ヶ月前から2週間前に最大になる傾向があります。一般的に、1ヶ月前から予約を受け付ける業者が多いためです。

引越し業者の中で、見積もり開始の時期を明確に定めているところはあまり多くありません。「引越しの概要を説明できる場合は引越しの3ヶ月前から」、「引越しの2ヶ月前から」など、受付可能な日程は業者によって異なります。

その一方で人気の日取りだと、ピンポイントで2ヶ月前に予約が埋まるケースもあります。「あまり早めだと迷惑かもしれない」などと考える必要はありません。

「早めに行動したい」というタイプの人は、引越しが決まったらまずは見積もり依頼をしてみましょう。

小回りの利く業者なら、「当日予約」も可能!?

引越し見積もりは早めに取ることをおすすめしますが、実は空きさえあれば、「当日引越し」が可能な業者もあります。

「当日引越し」とは、申し込んだその日の引越しのことです。転勤などで急な引越しが必要になった場合や、ギリギリまで引越し業者の手配を忘れていた場合でも対応可能なケースがあるので、諦めてはいけません。

時間がない場合は知人などに依頼する前に、まずは一括見積もりサイトを利用して複数の会社に問い合わせます。

電話で直接確認をするよりも、希望日程を入力して対応可能な業者を選ぶ方が効率的です。まずはサイトで対応可能な業者を検索するところから始めましょう。

業者によっては、直前予約だと一括見積もりサイトを利用できない場合があるので、そういう業者には直接電話確認します。

 

もちろん空きがなければ、いくら柔軟な対応の業者でも依頼することができません。引越しが確定した時点で、一刻も早く業者に連絡を取りましょう。トラックやスタッフなど必要な手配をしてもらい、希望の日程を確保することが重要です。

要注意!いつも以上に「早めが肝心」な繁忙期の引越し

  • 3~4月 : 転勤や進学が重なる時期だから
  • 9~10月 : 転勤の辞令が出やすい時期だから
  • 週末の大安 : お日柄を気にする人が選ぶため
  • 月末 : 辞令が出やすく、引越し時期を賃貸借契約の締日に合わせる人が多いため
  • ゴールデンウイークやお盆休み、年末年始など長期休暇 : 作業スタッフが確保しにくいから

上の2つは引越しの「繁忙期」と呼ばれ、通常の時期に比べると約3倍程度の予約が入るといわれています。この時期に引越しをするなら、1ヶ月前では間に合わない可能性も大いにあるので、より早めに見積もりや予約を取って日程を押さえておきましょう。それ以外でも、上記にあてはまる日程は予約が取りにくいので、注意が必要です。

 

意外に思う人もいるでしょうが、年配の人には今でも「引越しは大安に行いたい!」というニーズが少なくありません。若い人でお日柄を気にする人はあまりいませんが、そういった人は子供など家族にも大安の引越しを勧めるため、週末の大安には予約が集中しがちです。

 

特に結婚後の新居への引越しでは新しい家庭の繁栄を願う気持ちから、お日柄を気にするケースが増えます。

縁起の良し悪しやお日柄を気にしない人で繁忙期の引越しを希望するなら、逆に人気のない仏滅の引越しを検討してみてはいかがでしょうか。

引越し代金が抑えられ、希望の時間帯で予約が取りやすくなる可能性があります。

繁忙期の引越しはニーズが多い分、引越し業者の見積もりが強気の金額になることもあります。

早めに見積もりを取ると業者も予定が立てやすくなり、金額交渉の余地も生まれるため、引越し代金を抑えるためにも早めの連絡をおすすめします。

繁忙期の直前予約は、受けつけてもらえないケースも!

繁忙期の土日、祝日や月末など、人気の日程は予定自体が埋まってしまう可能性が高いので要注意です。

特に祝日を含む3連休は、梱包や荷解きがまとめてできるため人気が集中します。

前述のとおり、引越し予約できるかどうかは「業者の設備やスタッフに空きがあるかどうか」にかかっています。

ゴールデンウイークなどの長期休暇には引越し自体の件数は減るものの、直前予約では余計に作業スタッフが確保しづらいため、場合によってはなかなか予約が取れません。

 

直前でもその日の予定があいていれば受けつけてもらえますが、「受けつけてくれる業者が見つからない!」という最悪の事態も十分にあり得ます。繁忙期の直前予約はできるだけ避けてください。

早めの準備が引越しの成否を分ける!

引越しの成否を分けるのは、事前の準備です。スケジュールを確認してチェックリストを用意し、漏れがないよう確認しながら進めていきましょう。

引越しには荷物の運搬だけでなく、水道や電気といったライフラインの確保や住所変更にともなう役所の届出など、多方面にわたる作業や手続きが必要です。

自分で必要な手順をすべて把握することは難しいので、『引越しの際はチェックリストを作ると便利!』を参考に、やるべきこととその期日を書きだします。

引越し見積もりを取る以外で特に急ぐべき項目は、現住所が賃貸物件である場合、オーナーに解約する予定日を伝えておくことです。

オーナーは次の入居者の募集をかけ、空室期間を最小限にしたいので早めに伝えることを忘れないでください。

解約の日程が直前になると、家賃が1ヶ月分(もしくは半月分)余分にかかる可能性もあります。

チェックリストの内容は人によって違ってくるので、自分に合った項目のものを用意しましょう。夫婦で共有し、お互いに役割分担をしておくと効率よく準備が進められます。

知っておきたい荷造り準備のコツ

  • 引越しまでに使わないものから梱包する
  • 重たいもの(本など)は小さい箱、軽くてかさばるもの(洋服など)は大きい箱
  • 割れ物の梱包では緩衝材(新聞紙やタオルなど)を使う
  • 段ボールは荷物を置いている部屋ごとに使い分け、引越し先で運び込む部屋名を記入

これらのポイントを守ることで、引越しの荷造りがぐっとラクになります。上手な荷造りにはほかにもポイントがありますが、詳しくは『引越しに向けた失敗のない荷造りのコツ【準備編】』『引越しに向けた失敗のない荷造りのコツ【荷詰め編】』の中で解説しています。一度目を通し、参考にしてください。

まとめ

引越しにあたってどの準備項目よりも早めに取りかかるべきなのが、「引越し業者の見積もり」です。

「希望日に予約が取れない!」という事態を避け、時間をかけて自分のニーズに合った業者を選ぶためです。

日程や業者がはっきり決まっていないと、自分の気持ちも落ち着きません。早めの見積もりでスムーズに準備を進めましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ