引越しの見積もりは電話よりも訪問がオススメ!

目次 ※クリックで開閉します

引越しの見積もりを業者に申し込むと、ほとんどの業者がすぐに「訪問見積もりにうかがいます」といってきます。

「部屋が散らかっているから見られたくないな」「忙しいから面倒だな」と思うかもしれませんが、この訪問見積もりを断ってはいけません。

引越しの見積もりは、電話よりも訪問が絶対におすすめです。こちらでは電話見積もりと訪問見積もりの違いや、訪問見積もりのメリットをわかりやすくご紹介していきます。

電話やインターネットだけでは損をする可能性大!

訪問見積もりが面倒だからといって、電話やインターネット上に入力した情報だけで見積もりを依頼すると、相場より若干高めの金額を提示されます。

この金額には、引越し業者の保険のような意味合いが込められています。

引越しの際は、基本的に運搬する荷物をトラック一台にすべて乗せなければなりません。トラックの荷台にはさまざまなサイズがあり、引越し代金には作業スタッフの人件費や企業の利益に加え、このトラックの使用料が含まれています。

もしもトラック1台に荷物がすべて乗らなかった場合、トラックを2往復させなければならない可能性もあります。

業者はそのような事態を避けるため、荷物の正確な量が把握できない段階では大き目のトラックを使用する前提で、高めの金額を提示してくるのです。

しかも万が一大き目のトラックでも荷物が載せきれずに2往復した場合は依頼主の責任となり、追加料金を請求されます。

一方で訪問見積もりを依頼して担当者に荷物を確認してもらった場合、正確な量に基づいてトラックの容量が決められるのでムダがありません。

トラックに載せきれなかった場合の対応も業者の責任となるため、それによる追加料金を請求されるリスクもなくなります。

訪問見積もりをしたがらない業者には要注意です。概算の荷物の量でトラックを押さえ、「乗らなかったら追加料金を請求すればよい」と思っているいい加減な業者かもしれません。

荷物の取扱いが乱暴だったり、破損や紛失に対する補償制度が用意されていなかったりする可能性もあるので、そういった業者は避けましょう。

訪問見積もりでムダをカット!

訪問見積もりを依頼すると、営業担当者がこちらの予定を聞き、自宅まで訪問してくれます。営業担当者も引越しのプロなので、荷物を見れば正確な金額の提示が可能です。

ただしせっかく自宅まで来てもらっても、玄関先で対応しては荷物の量がわからないので意味がありません。部屋の中まで入ってもらい、実際の荷物を見てもらうことが大切です。

ダンボールを無償で提供してくれる業者も少なくありませんが、営業担当者に荷物を見てもらえば、必要なダンボールの個数も判断してもらえるので安心です。

訪問時に即決はしないこと

訪問見積もりをすると、必ずといっていいほど即決するよう営業担当者に促されます。担当者もノルマがあるのでしょうから、無理もありません。しかしどれだけ勧められても、その場で即答するのは禁物です。

「この金額は今だけです!」といわれるかもしれませんが、実際にはそうでないことも多いようです。こういわれた場合も焦って契約するのではなく、「わかりました。それでは、数日間検討した場合はいくらになりますか?」と尋ねましょう。

料金を抑えるためにも、サービスの充実した業者を選ぶためにも、複数の業者から相見積もりを取って比較検討することが大切です。相見積もりを取ると、大抵の場合は「今だけ」といわれた金額よりも安くなります。

『引越し業者に見積もりを取り比較しよう』でご紹介したように、一括見積もりサイトを利用して複数業者に見積もりを依頼し、相場を把握した上で値下げ交渉をしてみましょう。

訪問見積もり時に注意したいマナー

複数の業者から相見積もりを取る場合、訪問見積もりの日時は必ずずらしておきましょう。

「面倒だから一度にすませたい!」と思うかもしれませんが、営業担当者を一度に集めて見積もりを出させ合うということは決してやってはいけません。

少し考えればわかることですが、営業担当者にとって別の業者の人間と同席する場は居心地が悪いですし、ケンカをけしかけられているようで嫌な思いをすることになります。

重大なマナー違反なので、どの引越し業者も見積もりを提示することを拒否してくることも考えられます。

ごくまれにこういった方法を取る人がいるようなので、皆さんは注意してくださいね。

意図的に集めたわけではなくても、ずらしていたはずの時間が重なってしまうとお互いに嫌な思いをすることになります。

訪問見積もりのスケジュールの組み方には、心づかいが必要です。

まだまだメリットいっぱい!訪問見積もり

メリット1 直接値下げ交渉が可能!

訪問見積もりを行うと、正確な値段を出してもらえるという以外にもたくさんのメリットが期待できます。営業マンと直接顔を合わせることになるので、値下げ交渉のよいきっかけになるのです。

 

多くの営業担当者には、大幅な値引きの決定権がありません。一定額以上の値引きでは、上司の判断を仰ぐことになります。

相手も人間なので、顔も知らない人間のために上司に掛け合うよりも、きちんと顔を知っている相手のために動く方が熱も入ります。

ただし、「こちらが客だから」といって横柄な態度を取っていては逆効果です。「○○さんのために頑張ります!」と思ってもらえるよう、営業マンには誠実で丁寧な姿勢で対応しましょう。

メリット2 営業マンの印象から業者の良し悪しを判断!

訪問見積もりを依頼すると、連絡への対応や営業マンの印象などがある程度定まってきます。

似たような見積もり額が出た場合、そういった感覚を判断材料に加えるものもひとつの手です。営業マンの顧客対応には、企業の体質があらわれるためです。

引越し業者には大切な自分の荷物を預けることになります。

信頼できるかどうかは大事なことなので、実際に対面したときの印象を忘れないうちに書き留めておきましょう。

メリット3 引越し準備に必要なアドバイスも受けられる!

引越しに不慣れな人にとって荷造りの方法や手続きの進め方など、引越しにともなういろいろな悩みや不安は尽きません。

それらを相談できる相手ができることも、訪問見積もりを依頼するメリットのひとつです。

もちろん電話で問い合わせてもよいですが、顔を知っている相手だと、ちょっとしたことでも気軽に尋ねやすいのではないでしょうか。

営業担当者は基本的に現場で作業するわけではありませんが、彼らも引越しのプロです。

荷造りのコツや忘れがちな手続きのスケジュールなど、参考になるアドバイスをもらえることもたくさんあります。

まとめ

訪問見積もりの重要性をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。自宅の中でもリビングなどではなく、普段人を入れないキッチンや寝室などの部屋に、知らない人間を招き入れるのは勇気がいるかもしれません。

「散らかしていて恥ずかしいから」と訪問見積もりを断る人もいますが、それでは損をしてしまう可能性があります。

相手はさまざまな家を見ているので、少しくらい散らかっていてもさほど気にならないようです。

最低限の片付けをした状態であれば問題ないので、気にせず入ってもらいましょう。

今回依頼しなかった業者に、いずれどこかでお世話になる可能性もあります。

訪問見積もりが終わったら、わざわざ自分のために時間を割いて出向いてくれたことに対してお礼を述べ、お互いに気持ちよく過ごせるよう心がけましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ