引越し見積もりの費用に差がでてくる理由は?

目次 ※クリックで開閉します

見積もり金額は、業者によってとても差が出ます。それにはいくつかの理由があるので、ここではその「理由」を中心としてお話していくことにします。そして、見積もりの望ましい利用方法もお伝えします。

見積もり金額は業者によって差がある

見積もりは、業者によって大きく差が出るものです。そのため、複数の業者から見積もりを取る必要があります。

注意してほしいのは、これは、「同条件での見積もりであっても、値段が変わる」ということです。

同じ日に、同じ場所に、同じくらいの荷物を運ぶ、という設定であってさえ、値段が変わってくるのです。

そのため、複数社に見積もりをとることで、一番安いところを探し出すことができるのです。

では、何でこのように、費用の差が出るのでしょうか。

どうして業者によって見積もり金額が変わるのか?

見積もり費用が変わる要素は、いくつかあります。

そもそも会社の規模が違う

会社の規模は、見積もり金額に影響を与えると言われています。大手の会社は、知名度をあげるために、テレビコマーシャルや雑誌などを作ります。

その「広告費」が料金に含まれるため、値段があがってしまいがちです。

ただ、一方で、大手業者はその知名度ゆえに多くの人が申し込むため、「薄利多売形式」をとることができます。

そのため、会社の規模が影響を与えることは確かですが、「大手の方が絶対に安い」と言い切れないことも確かです。

実際のところは見積もりを取ってみないとわかりません。

サービスの内容が異なる

「基本料金」として組み込まれている内容がどのようなものかによって、料金は変わってくるでしょう。その業者・その業者によって、積み込める荷物も違うからです。

あるところでは基本料金に組み込まれているサービスが、あるところでは違った……ということもあるので、チェックが必要です。

混みあう時期の違いにより差がでる

3~4月は繁忙期ですが、それ以外にも、業者ごとによって、混みあう時期や日程が異なります。そのため、同じ季節であっても、業者によって料金が異なることがあります。

用意しているプランが異なる

現在、引っ越し業者はそれぞれで特徴的なプランを出しています。そのため、「自分にぷったりのプランを選べる引っ越し業者」が安くなることもあります。

見積もり費用の違う引っ越し業者の選び方は?

引っ越し業者を選ぶとき、私たちは、ついつい「一番安いところにしたい」と考えてしまいがちです。

しかしこれは少し危険な考え方です。

上でも述べたように、安い費用を提示してくる業者は、それ相応の理由があります。

「繁忙期ではないから」「自分にとって一番よいプランがあるから」といった理由で安くなっているのならばよいのですが、そうではない場合、サービスが悪いという可能性も考えられます。

「なぜ安いか」をきちんと紐解いてから契約をしましょう。

お願いしたい業者が高い場合は値下げ交渉をしてみる

「多少高くても、この業者にお願いしたい」

「営業マンが好印象だった」

「周りからこの会社を勧められるので……」

という理由で、「お願いしたい業者」が出てくるケースもあるでしょう。

この場合、ほかの業者に出してもらった見積もり書を見せて(あるいは伝えて)、値段交渉をしてみてください。この方法をとることで、多くの業者が値下げ交渉に応じてきます。

もちろん、内容によっては、日時の指定やサービス内容に変化が出ることはありますが、とても有効な方法です。

うまく値下げ交渉をしたい場合は、「見積もり金額からの値下げ交渉術」という記事にノウハウをまとめているので、参考にしてください。

「料金」は引っ越しのときにとても気になるもののうちの一つです。

できるだけ品質を落とさずに、リーズナブルな引っ越しを実現しましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ