引っ越し業者のトラックに一緒に乗っていくことは可能?

目次 ※クリックで開閉します

「引っ越しをするときに、自分もトラックに乗せてほしい」と考える人もいるのではないでしょう。しかし、このようなことは可能なのでしょうか?

「引っ越し時のトラックの同乗」について見ていきます。

荷物と一緒に自分もトラックに乗せてもらえる?

「行先はどうせ一緒なのだから、乗せていってほしい」

「車やバイクを持っていないので、交通手段が公共交通機関しかない。面倒なので乗せていってもらえたら……」

このように考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら、トラックへの同乗は、基本的にはできません。

できる場合があるとすれば、「荷物を監視しなければならない」「わかりにくい道なので、道案内が必要だ」という特別なケースでしょう。

あなたが業者に頼んだ結果、「どうしてもと言うのなら……」と許可をしてもらえることもあるかもしれません。

また、あまりないケースですが、引っ越し業者の方から、「同乗していくか」と聞かれる可能性もあるかもしれません。

しかし、この場合でも、決して乗ってはいけません。なぜならそこには、法律上の縛りがあるからです。

なんで乗せてくれないの?

「どうせ行先が一緒なのに、なんで乗せてくれないんだろう」と考える人もいるかもしれません。

しかしそこには、きちんとした理由があります。

法律上の問題

もっとも大きいのは、「法律上の問題」です。

引っ越し業者は、区分としては、「貨物運送業」に分類されています。これは、「人を運ぶための仕事」ではありません。人を運ぶためには、「旅客運送業」としての認可を受けなければなりません。この「旅客運送業」に分類されるのは、バスやタクシーといった乗り物です。

引っ越し業者は、この「旅客運送業」の認可を受けていないため、お客を乗せて車を走らせると違法になるのです。

万が一の事故の時に責任が取れない

法律上、引っ越しのトラックには人間が乗っていないことになっています。そのため、当然のことながら、事故などでお客側がけがをしたとしても、それを補償することはできません。荷物の破損については対応できるのですが、それが貨物運送業の限界なのです。

単純に定員がいっぱい

引っ越し業者のトラックには、ドライバーとスタッフが乗っています。当然トラックは、「荷物を詰むこと」を前提としているので、スペースもありません。人間の座るスペースは最小限になっているため、ほかの人が乗るような余分な場所はないのです。

同乗できるケース

ただし、ごく一部のケースでは、引っ越し用の荷物を運ぶ車に同乗できるサービスもあります。

これは、アート引越センターのファミリーサルーンがもっとも有名です。

これは、トラックと大型バスを合せたような特殊車両を利用したサービスです。人が乗ることのできる客室(サルーン)と荷物スペースに分かれており、最大で9人まで乗ることができます。(ただし、運転席に3名乗るので、居室は6人分のスペースとなります)

大型犬や車いすの人でも乗ることができるので、大変便利なサービスです。

しかもこのサービスは、なんと、引っ越し料金以外は必要ありません。大手の業者だからこそできるサービスでもあり、ぜひ利用したいものです。これを希望する場合は、事前に業者側に通達しておきましょう。

安さが売りの「赤帽」は、原則1名での引っ越しとなるため、スペース的には道場の余地があります。

また、保証はそれほどしっかりはしていませんが、「荷物を監視するため」という目的で乗ることは可能です。

ただし、乗り心地は良くはありません。また、それぞれの地域の業者にしっかり確認することも大事です。

当日の移動手段は確保しておこう

一部の例外はあるものの、基本的には、引っ越し業者のトラックに同乗することはできない、ということがお分かりいただけたのではないかと思います。

「引っ越し業者のトラックに乗せてもらうつもりだった」ということであれば、認識を改める必要があります。当日になって掛け合ったのでは時間もロスしますし、法律上よいこととも思えません。

そのため、事前にきちんと交通う手段を確保しておくことが重要です。自家用車があるのなら、それでの移動がベストでしょう。時間はやや読みにくくなりますが、積み残した荷物などを車に乗せて運ぶことができます。

「時間を守りたい」「時間を正確に把握したい」ということであれば、電車(特に新幹線)での移動がもっとも確実です。ただこの方法の場合、荷物はあまり持っていけませんのでご注意を。

バスは、近場ならばいいのですが、遠い所の場合時間がかかりすぎますから、「荷物と一緒に当日移動する」という形をとるときは避けた方が賢明です。

引っ越しのときは、荷物だけでなく、自分の身も運ばなければなりません。そのことを頭に入れて、きちんと交通手段を確保しておきましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ