引越しのダンボールが足りなくなった時の入所方法と対処方法

目次 ※クリックで開閉します

引っ越しのときに使う、大量のダンボール。これがないと荷造りが進みません。

しかし引っ越し初心者さんにとっては、「どれくらい必要か」というのはなかなか把握しにくいものです。

ダンボールが途中で足りなくなってしまった場合、特に当日に足りなくなった場合、非常に困り焦ってしまいます。

 

万が一、切れてしまったときの入手方法や対処方法、またそうならないための予防方法をお教えします。

引越しのダンボールはどうやって用意する?

まず、そもそも引越しで使うダンボールはどうやって用意すれば良いのでしょうか?

基本となる入手方法から確認していきましょう。

引越し業者から購入する・もらう

引越しをする際は多くの方が引越し業者に依頼をされると思います。引越し業者は会社ごとに専用のダンボールを用意していますので、業者を利用する際は基本的にこちらを利用することになります。

 

ダンボールが有料か無料かどうかは、引越し業者によって異なります。見積書を見て確認してみて下さい。

明細の中に「ダンボール代」として記載があれば、残念ながら購入が必要な業者と言えます。

しかし、実際は「ダンボール無料」と謳いながら、基本料金などにダンボール代を上乗せして見積書を出している業者もいるので、一概にダンボール代がある業者が悪いとも言い切れません。

用意されていた引越し用ダンボールが足りなくなったら!?

「引っ越し業者からもらっていた引っ越し用ダンボールだけでは数が足りなくなった」ということは、訪問見積もりを頼んでから決めた場合でも起こりうることです。荷物の量を確認しないで契約した場合はなおさらです。

 

このような場合はどうしたらよいのでしょうか。

引越し業者に追加を頼む

引越し業者にダンボールが足りなくなった旨を伝えれば、追加を用意してくれます。

 

ただ、この追加分が無料か追加料金がかかるかは、業者さん次第です。

必要になる数にもよりますので、あといくつぐらい必要なのかを見立てて連絡すると良いでしょう。

必ず無料でもらえるわけではないので、連絡の際に一緒に確認をしておきましょう。

ホームセンターで購入する

引越し用のダンボールはホームセンターなどでも購入が可能です。

お店の規模により取扱のあるダンボールの大きさには差がありますが、一般的に使われるサイズのものはどこでも手に入るでしょう。

 

引越し業者のものと違い、基本的にはクラフト素材の無地のものが用意されています。

スーパーなどからもらう

「ダンボールなら近所のスーパーで空き箱がもらえるな」と思いつく方もおられるでしょう。

 

たしかに無料でダンボールを手に入れる方法なのですが、引越しではおすすめしません。

厳密には引越し用のダンボールは丈夫な作りになっていて、スーパーでもらえるダンボールとはものが違います。

 

また、スーパーでもらえるダンボールは一度使用した「中古品」なので、強度が弱っています。

しかも、元々入っていた中身や保存方法によってはダンボールが塗れていてより弱い状態のものもあります。

 

大切な荷物を運ぶためのダンボール箱なので、強度のあるものを用意しておきましょう。

どの方法でも引越し業者に連絡は必ずしよう

「足りない分のダンボールは自分で用意できたし、当日伝えて運んでもらおう」と思われる人が多いのですが、これは絶対にNGです!

どのような方法で入手したかに関わらず、引越し業者への連絡は必ず行ってください。

荷物を勝手に増やすと追加料金が発生することも

結論から先にお話しすると、連絡をしなかった場合、見積額から追加料金を求められることがあるからです。

 

引っ越し料金は、基本的には、「距離」「日時」「荷物の量」で決まります。

 

そのため、自分勝手に大量の荷物を追加してしまうと、別途料金がかかることがあります。最悪なケースでは、車を新しく手配しなければならず、スケジュールに大きな遅れが出てしまうことでしょう。

 

このため、大量に追加になりそうなケースや、もともとの荷物の量の見積が限界ギリギリのケースの場合は、必ず相談をしてください。

 

その際は、「どれくらい増えるのか」をきちんと伝えて、「見積り金額とどれくらい変わるのか」を確認しておくようにします。

不揃いのダンボールだとなおさら運べないことも

上では、「スーパーのダンボールは引っ越し用ダンボールではないので、強度面で不安がある」としました。

 

引っ越し業者と荷物の量の情報を共有する意味でも、引っ越し用ダンボールは引っ越し業者に追加をお願いすることをおすすめします。

 

引っ越し用ダンボールはとても品質がよいため、基本的には有料です。

 

しかし不揃いのダンボールとは違い、規則正しく積むことで1台のトラックに乗せられる荷物数を最大量にできるため、可能な限り、同一業者の引っ越し用ダンボールを使いたいところです。

それでもやっぱりダンボールにお金を使いたくない場合

「いくら品質が良いとは言っても、所詮ダンボール、あまりお金を払いたくない……」というのが本音ですよね。

そんな場合は、引越し業者に使用済みの中古ダンボールがあるかを問い合わせてみると良いかもしれません。

場合によっては、無償で提供してくれるでしょう。

 

ただし、中古のダンボールは提供していないところもありますし、提供していたとしても「自分で取りに来てください」と言われるケースもあるので注意してください。

当日に引越用ダンボールが足りなくなった場合は?

どれだけ注意をしていても、万が一のダンボール不足が起こる可能性はあります。

もし、それが引越し当日だった場合はどうでしょう?とても焦ってしまいますが、冷静に対応するように心がけてください。

最後に荷造りする荷物の量を見誤ることは多い

引っ越しの場合、多くのケースでは、引っ越し当日までに「最低限使う道具」以外は荷造りをしてしまっています。

そのため、「今残っている道具は、せいぜい引っ越し用ダンボール1箱で納まることだろう」と考える人も多いです。

 

しかし、実際には、この「最低限使う道具」の数はそれほど少なくはありません。

食事に必要な道具、最後の掃除に必要な道具など、意外と当日まで必要なものは多いのです。

 

このため、引っ越し用ダンボールを1~2個残していたとしても、当日になって、「やっぱり引っ越し用ダンボールが足りない!」という状況になることは非常によくあるのです。

早い段階でダンボールが不足していることを連絡する

先にも説明をしましたが、ダンボールの不足を引越し業者に黙っていることはおすすめしません。すぐに担当者に相談しましょう。

 

実は「当日の引っ越し用ダンボールの不足」はトラブルとしてはそれほどマイナーなものではなく、頻繁に起こるものです。そのため、スタッフ側でも予備の引っ越し用ダンボールを常備していることがほとんどです。

 

ただし、繁忙期や、不足枚数が多ければ、スタッフの方でも対応しきれないこともあります。そのため、情報の共有はお早めに。

どうしてもダンボールが足りない場合の対処法

もし、「引っ越し用ダンボールも足りない、時間も迫っている、トラックにももうあまり乗らない」ということであれば、最後の手段として、旅行用のトランクや大きなカバンを使用してください。

 

そのなかに小さな荷物を入れてしまうのです。こうすれば、「カバンの運搬」と「中身の運搬」の両方を一度にやってしまうことができるうえ、省スペース化も図れます。

 

荷ほどきするときには面倒さを感じますが、背に腹は代えられません。

 

また、この方法をとる場合は、念のため、スタッフにその旨を伝えてください。また、割れ物や貴重品は入れない方が賢明です。

引越し業者選びはダンボールも重要なポイント

ダンボール不足の際の対処方法などお話をしてきましたが、できればこんなn慌てること無く引越しをしたいものです。

引越し業者のダンボールに対する対応も、引越し業者選びの重要なポイントになってきます。

きちんとダンボールの数を見積もってもらえる業者選びをしよう

そもそもこういう事態に陥る原因は、荷造りの上手さもあるでしょが、引越し業者のダンボール数の見誤りにもあります。

 

きちんと訪問時に荷物の量を確認してくれる丁寧な業者、万が一足りなくなった場合のフォローがしっかりしている業者に決めることも引越し業者選びでは大切なポイントです。

一括見積もりサービスで信頼できる引越し業者を探そう

引越しに不慣れな場合は、訪問見積もり時の短時間で業者を見極めることは難しいです。

そのため、一括見積もりで複数業者に依頼し、担当者の対応や見積りでのダンボール費用を見ておくと良いでしょう。

 

一括見積もりは登録業者の多い引越し侍で行うことがおすすめです。

入力フォームでの荷物の量の申告に加え、業者による訪問見積りを行った上での引越し料金を比較できるので、サービスでも料金でも一番納得のでき信頼できる業者に依頼することが可能です。

 

当日のトラブル回避のためにも、業者選びの段階からしっかりと準備を始めておいてくださいね!

PICKUP CONTENTS

トップへ