女性専用引っ越しサービス「レディースプラン」の各社内容を比較

目次 ※クリックで開閉します

男性と女性の引っ越しは、やはり違うもの。女性だからこそ気にしたい、という点はいろいろあります。

今回は、そんな女性の引っ越しによりそう「レディースプラン」について見ていきましょう。

女性の引越しには「レディースプラン」を使おう

名称はさまざまですが、女性の引っ越しに特化した引っ越しプランは、「レディースプラン」という形でまとめられています。

レディースプランには、いくつかのメリットがあります。

まず、第一に、レディースプランの場合は、ほとんどが女性の引っ越しスタッフで構成されているということ。

「引っ越し業者のスタッフさんとは言っても、女性の一人暮らしなので家のなかに入られるのはちょっと……」

「梱包サービスをお願いしたいが、男性に下着を見られるのは嫌だ」

と考える人でも、レディースプランを選べば安心です。

このようなレディースプランは、実は、さまざまな会社が行っているとてもメジャーなものです。

そのため、選択肢にも事欠きません。

ただし、レディースプランの場合、一般の引っ越しに比べると、値段は少し高くなります。

また、荷造りを行うスタッフは女性ではあるものの、重い荷物は男性が運ぶ、というケースもあります。

見積りの際に、値段やスタッフについて確認しておくと安心です。

各社のレディースプランの内容を見比べよう

さて、ここからは、より細かく、レディースプランを打ち出す会社のそれぞれのプランの特徴について見ていきます。

アート引越センター

非常に有名な引っ越しセンタ―です。

この業者の場合、当日の搬送作業はすべて女性担当するため、とても安心です。

また、「待ち割り」「インターネット限定割引」「フリー便」などを利用すれば、高くなりがちなレディースプランの料金を抑えることが可能です。

ちなみにこのレディースプランは、基本的には全国区を対象としていますが、一部地域では未対応です。

大都市ならばまず問題はないかと思われますが、一度問い合わせてみるとよいでしょう。

ライフポーター・ワタナベ運輸

引っ越し業者は、多くの場合、「金額」をホームページで明記することは避けます。それには理由があり、引っ越しは「距離」「荷物」「日時」などで金額が大きく変わるからです。

これは確かに致し方のないことでもありますし、見積りをとれば正式な金額はわかります。

ただ、目安となる数字がわからないと、やはり不安です。

そんななか、「ライフポーター・ワタナベ運輸」では、金額をしっかりと明記しています。

関東圏限定であるため利用できる層は限られますが、15000円(スタッフ1人、1トントラック。ワンルーム向き)、30000円(スタッフ2人、2トントラック。大きい物もある程度乗る)、38000円(スタッフ2人、2トンロングトラックを使用。もっとも多くの量を運べる)の3つのパターンに分けられているため、料金面での不安が少ないというメリットがあります。

このように、「料金が明記されている」というメリットは極めて大きいため、費用をかけずに引っ越しをしたい人におすすめです。

ダック引越センター

それほど大きくは取り上げていませんが、化粧品や下着といった、男性の目には触れさせたくないものに関しては女性スタッフが対応してくれます。

荷造りを女性に一任できるのはうれしいポイントです。

レディアス引越センター

「女性の一人暮らしの引っ越し」を焦点にあてて引っ越しプランを提供するのが、レディアス引越しセンターです。一人暮らし専門の業者ですから、学生さんや社会人の進学や転勤に便利です。

プランは3通りで、ここも金額を明記しています。

12000円のプランは5キロ程度の距離で、1トントラック1台と1名のスタッフで行うもの。格安ですが、1階の引っ越しのみの対応です。

15000円~18000円のプランの場合は、10キロ程度まで対応しています。これは2トントラック1台と1名のスタッフで行います。これも1階の引っ越しにのみ対応。

28000円まで出せば、25キロまでの距離に対応してもらえます。2トントラック1台に1~2名の作業員が付きます。階数制限もありませんから、このプランがもっとも現実的です。

また、条件はあるものの、インターネットに加入することで引っ越し料金が0円になるサービスもあります。ただしこれらは、インターネットの解約条件などに縛りがある可能性も否定できませんから、契約書は必ず確認してください。

女性の引越しに便利なオプションサービスも紹介

単身で引っ越しする場合、自分が苦手なことは業者に頼んでしまうことをおすすめします。

たとえば、大きな家具の設置。タンスやベッドの設置は業者に任せてしまった方が安心です。

また、家電製品やインターネット設定をお願いすることのできるサービスもありますから、自分で行う自信がないのであれば頼ってしまいましょう。

特に、インターネットの場合は、引っ越し業者が特定のプロパイダと提携していることもあります。それによって料金が安くなることがあるので要チェックです。

ただし、上でも述べたように、場合によっては解約に条件などがつけられることもありますから、納得のいくまで契約書はチェックしてください。

女性の一人暮らしということで、セキュリティ面を気にする人は、盗聴器調査を入れるのもよいかもしれません。

現在、「盗聴すること」は犯罪ではありませんから、よからぬことを考えて盗聴器を仕込む、という悪意のある第三者もいるかもしれません。安全を気にする人ならば、これらのサービスを導入することも考えてみてください。

これらのサービスを一つの選択条件として、無数の引っ越し業者から自分に合うところを選ぶのもよいのではないでしょうか。

PICKUP CONTENTS

トップへ