引っ越しの際に貴重品はどうしたらいいの?

目次 ※クリックで開閉します

引っ越しのときに気を付けたいのが、「貴重品の管理」です。物が物だけに、なくすと「凡ミス」ではすみません。今回は、引っ越しのときの「貴重品の管理」についてお話していきます。

引っ越しの時の貴重品はどうすればいいの?

まず知っておいてほしいのですが、貴重品は、引っ越し業者では運ぶことはできません。

これは、どんなに親切で、どれだけ優秀な引っ越し業者であっても同じです。

引っ越し業者は、運搬中の荷物の紛失や破損については、保証してくれています。しかし、貴重品に関しては、保証の対象外としています。

万が一、紛失や破損があったとしても引っ越し業者は責任を思いませんし、その責を引っ越し業者に負わせることはできないのです。

「貴重品」って何が含まれるの?

「貴重品」と一口に言っても、それにはいろいろな種類があります。

大きく分けると、「お金関係」「思い出関係」「データ関係」「美術・骨董品関係」になります。

お金関係

まずは現金。そして、通帳や印鑑、キャッシュカードやクレジットカードといった金融関係のアイテムがここに入ります。また、土地の権利証や有価証券、小切手などもここに分類されます。

厳密には「お金」ではありませんが、宝石や高価な腕時計、パスポートやカギ類もこちらに含めておきましょう。

思い出関係

写真や形見の品がこちらに分類されます。もっとも、大量のアルバムの場合は、自分たちで運ぶのが困難なため、引っ越し業者に頼む人も多いと言えます。

データ関係

パソコンのデータや、仕事で使っている資料などです。これらは、プライベートだけではなく、「仕事」に直結するので、ある意味ではお金よりも重要です。事前にバックアップも取っておきましょう。

美術・骨董品関係

骨董品、たとえば高額な壺がこちらに分類されます。絵画や書も該当するでしょう。

貴重品の運び方はどうしたらいいの?

貴重品は、基本的には自分で運ぶようにします。この方法がもっとも一般的です。自分自身の管理下に置けますし、肌身離さず持ち歩くことで紛失のリスクを大きく下げることができます。

また、その際は、バラバラに運ばず、一か所にまとめて運びます。クレジットカードや認め印は、財布などに入れて持ち歩くのもよいでしょう。貴重品の箱は、見失わないようにするために、特別な箱に入れるようにしましょう。

なお、盗難にはご注意を。

自分で運べないものに関しては、運送業者に依頼をします。骨董品や絵画などを運ぶ、専門的な知識のある輸送サービスが現在は整備されています。この場合、食器や絵画、壺などの骨董品を託すことができます。いずれの場合でも、キャッシュカード類は自分で管理しなければいけません。

万が一、貴重品を紛失してしまった時はどうしたらいいの?

では、万が一、貴重品を紛失してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

これについては、前にも説明した通り、「うっかり間違えて、引っ越し業者の荷物のなかにいれてしまっていた」という場合であっても、引っ越し業者ではその損失を埋めることはしません。

あくまで「自己責任」の範疇になります。

この場合は、すぐに行動に移さなければなりません。まず、キャッシュカードやクレジットカードは、すぐに使用停止手続きを行います。メンテナンス期間などを除き、基本的には、停止手続きは、365日24時間電話で受け付けてくれています。

なくした時点で真っ先に連絡しましょう。電話をした後に見つかると、再び口座が使えるようになるまで少し時間がかかりますが、悪用されるよりはマシです。

小切手や手形の紛失については、取り扱っている金融機関へまずは問い合わせをしてください。紛失届けを提出したのち、警察に遺失届を出すことになるでしょう。裁判所で、再発行をしてもらう必要があります。

美術品に関しては、保険に入っておくと比較的安心です。ただ、この場合でも、「壊れたものを元通りにすること」はできません。あくまで、「お金が支払われる」というだけなので、やはり、運送には細心の注意が必要です。

権利証は再発行がききませんので、取り扱いには特に注意が必要です。(保証書の発行は、売却時などには可)

カギは、単に「カギを作りなおしてもらう」というだけでなく、カギ自体を取り換えましょう。特に、新居のカギや、車のカギについてはこの手続きが重要です。

カギを拾った人が、それをあなたの個人情報と結びつけてしまった場合、大きな盗難事件に発展しかねません。

家のカギをなくすと、ついつい、「カギの便利屋さんに新しいカギを作ってもらって使えるようにしよう」と思ってしまいがちですが、これは危険な発想だということに気づいてください。

貴重品は、その名称の通り、とても貴重なものです。人生に直結しているものであるといっても過言ではないでしょう。なかには、一度紛失してしまうと、取り返しのつかないものもあります。

このような貴重品をなくさないためには、慎重な対応が求められます。

PICKUP CONTENTS

トップへ