erabu外壁塗装での一括見積もりの取り方や対象エリア、評判について解説

外壁塗装の業者選びは難しいと感じた人は多いでしょう。大手といわれるところでも、結局は下請けに回されて職人さんの技術がないために、思ったように仕上がらないといったこともあります。

インターネットで調べても、遠くの業者で足代がかさむ場合もあります。

そこで、インターネットで利用できる一括見積もりを活用してみましょう。

erabu外壁塗装の特徴

一般個人利用者多数で、安心度・信頼度がNo.1!

erabuは、一括見積もりサイトでも、安心度と信頼度で定評のあるサイトです。

一般個人利用者が多数あることをPRしています。利用者が多いこと自体が、それだけ信頼があるという証でもあるわけです。

無料で利用でき、全国から自分にあった外壁塗装業者を選べることが、まず第一の強みです。

安心の根拠となるのは、独自の厳しい加盟基準を設けていること。

この見積もりサイトで表示される業者は登録制となっており、erabuの事務局が営業実績・工事年数・地域などを考慮して慎重に決定した業者ばかりです。

また、必ずerabu事務局が顧客とマッチする優良な5社の工事会社の間を取り持つので、よくわからないまま契約に至ることがありません。

企業向けの特設サイトでオーナーにも便利!

登録した企業にとっても、自分の特設サイトで簡単に見積もり依頼などの情報が確認でき、スピード感を持った見積もりの提出が可能です。

さらに、どういった問題があるか、依頼主の細かい情報も得られるため、実際に聞き取りした場合と同じ豊富な情報のもとで詳しい見積もりが出せます。

ここで24時間以内に見積もりが出せないと、よその業者に権利が移譲され、管理画面から自動的に消去されるため、請けたくない仕事が来た場合でも、ストレスなく対応ができます。

該当エリアから優良企業5社の見積もりが届く

見積もりを依頼すると、erabuの事務局がマッチングした業者5社から見積もりが届きます。

この時点ですでに利用した価値はあるのですが、すでに工事内容がある程度把握されているので、業者との直接交渉においても、スムーズに話が進みます。

登録業者の施工事例が確かめられる

自分にあった塗り替えができるのかどうか、イメージできるのは写真ではないでしょうか。

erabuのサイトでは、登録業者の施工事例がいつでも閲覧できるので、モルタルの塗装はできるのか、サイディングは大丈夫?といった内容を把握することができます。

もちろん、見積もりを依頼する段階で、技術的に十分対応できる業者を選んでくれるわけですが、自分で確認できることで安心感も増します。

キャンペーン・特典情報

2017年2月現在、キャンペーンなどはありません。

外壁塗装費用の一括見積りを取る方法

サイトでの入力必要項目

実際に一括見積もりをする場合、どのような項目を入力していくのでしょうか。他の分野の一括見積もりでもそうですが、最低限確認しておくべき必須項目があります。

  • 建物の種類
    一戸建てか、ビルか、店舗かといった分類です。あらかじめ候補があるのでチェックするだけです。
  • 改修内容
    外壁だけの塗り替えか、防水工事は必要か、ベランダの改修か等です。あらかじめ候補があるのでチェックするだけです。
  • 建物の階数
  • 築年数
  • 希望内容

わからないことや条件等を具体的に書き込みます。

以下は個人情報になります。

  • 施工場所(住所)
  • 氏名(ふりがな)
  • メールアドレス
  • 電話番号(FAX)
  • 連絡希望時間

見積りでの最短所要時間

上記の項目はほとんど選択項目なので、入力に時間がかかりません。最短で2分もあれば済ませることができます。

入力後の業者からの連絡の流れ

入力が終わると、erabu事務局で登録業者とのマッチングが行われた後、入力内容にあった外壁塗装業者5社より連絡があります。

連絡はメール、もしくは電話で直接連絡があります。ただし、連絡先情報は見積もりを出した5社のみにしか公開されない仕組みになっています。

erabu外壁塗装のクチコミや評価

外壁塗装業者の数

登録業者は150社以上です。

対象エリア

全国になっていますが、登録のない都道府県もあります。地方では数件という所もあります。

使い勝手の良さ

入力事項はほとんどが選択式で使い勝手の良さは抜群です。このサイトの特徴であるマッチングにより5社に絞ることができるのは大幅に手間を省いてくれます。

お得度

希望条件を自由に文章で入力できることから、かなり細かな情報をもとに見積もりが出せます。

そのため、正確な見積もりに近い額が提示されます。最初は安かったのにあとからオプションで結果的に高くなったということは少ないでしょう。

総合評価

一括見積もりサイトの中でも定評のあるerabu。ある程度詳しい情報を書き込んでおけば、その希望に見合った業者をマッチングしてくれるので、利用する側としては手間が省けます。

一方、登録されている業者は自分で管理画面を持つことができ、メール対応などが迅速にできます。連絡先は見積もりを出さないと表示されず、個人情報の保護についてもきっちり守られます。

ただ、連絡先について希望時間帯が選べるのはよいのですが、いきなり電話は困るという人に対して、メールでの対応か、いきなり電話でもよいかを選べると、安心感がさらにアップできるでしょう。

インターネットでの利用者の反応を見ても、安心してスムーズに交渉ができたという声が多く見られました。

まとめ

外壁塗装の業者選びに一括見積もりサイトを使うことは、知識のない人には簡単で便利な方法の1つです。

しかし、保険などと違って、建物は複雑で付帯部分も多くあります。単純に表面積を出すだけで適正な見積もりが出ないところに、一括見積もりサイトの難しさがあります。

その点で、erabuは、文章で記入できる項目を設けることで、ある程度詳しく情報を伝えることができます。そのうえ、あまり知識がなくても、専門知識のあるerabuの事務局担当者が適切に処理して登録業者とマッチングしてくれます。

ある程度の情報があるために、業者も実際に近い見積価格を出すことができ、後の交渉もスムーズにできるでしょう。

ちなみにerabuでは、一般の利用者が多いことと、「安心度と信頼度 No1」をうたっていますが、比較対象がなく、一括見積もりサイトでNo1かどうかはわかりません。しかし、登録業者への厳しい審査基準があるため、全くデタラメではなく、高い位置にあることは間違いありません。

登録業者については、個々の情報を閲覧できるようになっており、施工事例からおおよそのイメージをつかむことができます。実際に目で確認できることも大きなポイントです。さらにいえば、保証制度についても記述があればよいと思いますが、こちらは登録業者に任せているようで、必ずしも表示が義務化されていないようです。保証制度は業者選びには重要項目でもあるので、是非掲載して欲しい項目です。

2015年から登録業者も全国展開となってきましたが、まだまだ150社程度で多いとはいえません。県によってはヒットしないケースもありました。システム自体は評価されるべきものであるだけに、各県で一社以上なければ、ネット検索の意味が半減されてしまいます。今後もっと地方を中心に登録業者が増えていけば、まさに日本一の見積もりサイトとなることは間違いないでしょう。