高額な費用の外壁塗装はローンを組むべき?メリットとデメリット

外壁塗装は家を維持していくために必要なメンテナンスですが、外壁の面積が大きいとかなりの金額になります。

平屋であっても足場が必要ですし、狭い土地に建った3階建て住宅や複雑な形をした外壁もかなりの費用が必要になってきます。

「外壁塗装をしたいけれどとても一括では支払えない」、そんな場合にローンを組む方法も考えてみましょう。

ローンで外壁塗装費用を支払うという選択肢を検討しよう

意外にも多くの人がローンを組んで外壁塗装を行っている

外壁塗装は、家を守るために必要なことですが、結構な金額がかかるため、一括で支払うとなると、なかなか実施できないというのが現状です。

しかしながら、不動産売却時にリフォームして価値を上げて売りに出す場合や、中古を安く購入して後からリフォームする若者を中心としたニーズも増えてきています。

そこで、金融業界では、リフォームに適したローンを立ち上げ、今後の需要増を見込んで重点対策として検討している企業も多くなっています。

住宅購入する際に行う外壁塗装に関しては、住宅ローンの中に組み込んでしまう方法で対処できますが、すでに購入した住宅の塗り替えでは、リフォームローンを使います。

数十万円単位であれば無担保で借りられる商品もありますし、大きな金額であれば建物を担保に借りることができます。

ローンを組むことで得られるメリット

ローンを組むメリットはなんと言っても一度に支払いをしないで済むことです。

審査も住宅ローンよりも簡単で、特に家を購入したばかりの人であれば、それを担保に借りることができます。

金利についても住宅購入時のローンと同じように固定金利と変動金利を選ぶことができ、そのときに有利な条件で金利設定ができます。

返済期間は概ね最長で15年程度と、次回の塗り替えまでの返済となり、定期的にメンテナンス料金として支払う感覚で活用ができます。

外壁塗装のためのローンの選び方は?

リフォームローンは借りる金融機関などの違いによって、それぞれに特徴があります。

住宅ローンを組んでいる銀行でローンを組む

住宅ローンを組んでいる銀行から借りるのは、担当者がわかっているので比較的相談しやすいかもしれません。

返済期間も、通常は15年くらいが最長ですが、35年など長く設定することもできます。

外壁塗装の場合は、10年くらいで次の塗り替えが来ますから、あまり長く設定するのはおすすめしませんが、無理のない返済計画を立てるうえでは重要なポイントになります。

ただ、金利は公的融資よりは高くなります。

銀行系リフォームローンのメリットとして、金融機関によっては改築工事だけではなく、インテリアなどの購入費にあてることができる場合があることです。

外壁塗装だけでなく大きなリフォームを行う場合は有利です。

業者が取り扱っているローンを組む

外壁塗装だけを行う場合で、施工する塗装業者と支払い方法を相談して、ローンを組むのも楽な方法です。

業者がクレジット会社と契約していれば、契約ができます。

ただし、もし業者と契約していないクレジット会社を使おうとしても使えないので、自分でクレジット会社を指定する場合は注意しましょう。

金利については銀行よりも高い金利となり、借りられる額もそれよりは少額になります。

外壁のみのリフォームであれば検討してみる価値はあります。

ローンの有担保と無担保はどんな違いがあるの?

無担保ローン

担保なく借りられるローンは、一定の収入があれば審査は比較的簡単です。

少し金利は高くなりますが、短い期間で少額であればそれほど不利にはならないでしょう。

有担保ローン

所有する住宅を担保にして借りるローンです。金利は少し安くなります。

外壁塗装だけでなく、大規模なリフォームを行った場合はこちらの方が有利といえます。

その他のローンの借入先

そのほか、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫融資)や財形住宅融資など、公的な金融機関から借りられるリフォームローンもあります。

金利は低いですが、審査が厳しいものになります。

補助や減税制度も活用しよう!

地方公共団体のリフォーム支援制度を利用する

自治体によっては、家の改修に対して直接融資する場合や、他の銀行などの民間ローンに利子補給しているところもあります。

それぞれの自治体で対象者の条件や借りられる限度額など条件が細かく決められていることが多く、役所などで相談する必要があります。

外壁塗装にかかる支援制度は少ないですが、以下のような事例もあります。

愛知県東栄町では、地域での人口減少を食い止める施策として、空き家のリフォームを積極的に支援しています。

補助される費用は10万円と少額ですが、5年間で300件以上が活用し、人口も増えてきているということです。

住宅ローン減税を利用する

外壁塗装の支払いに直接用いることはできませんが、外壁塗装を施工すると、住宅ローン減税の対象になります。

減税対象の限度額は400万円まで、毎年10年間は住宅ローンの残高の1%相当が減税となり戻ってきます。

1%といっても元金が高額なので、かなりの金額が戻ってきます。

他にも、地球環境に配慮した省エネリフォームを行うと、補助対象となる支援制度もあります。

断熱塗料、遮熱塗料を使った工事で一定条件を満たした場合に対象となります。

「」窓などの断熱工事と一体でないといけない」、「屋根一面に遮熱塗料を使えば外壁は通常の塗料で良い」など、自治体によっても条件が違っているようなので、確認しておきましょう。

まとめ

外壁塗装の費用はおおよそ材料費と足場代金で20%ずつ、30%が人件費、残りの30%が営業費用等になります。

人材不足がいわれる中で、人件費は今後も上昇する可能性があります。

このようなことを考えると、建坪25坪の建物であれば、100万円を超えてきます。

子育て中の家族や、介護の必要な高齢者を抱えた家庭では、大きな出費です。

一括で支払えない家庭でも、そのまま放置したために家の雨漏り等が始まってしまえば、それ以上の改修費用がかかり、もっと大変なことになります。

そんなときはローンを考えましょう。

いまは銀行やクレジット会社でも、重点的に商品企画を増やしてきています。

ローンを組む場合、気になるのが金利と返済期間、審査です。

100万円を超えてくるような工事だと、それなりに返済期間も長くなければ生活を圧迫します。

さりとて、返済が終わらないうちに次の塗り替え時期が来てしまうのも困ってしまいます。

ローンを組む場合は、負担のない返済金額と10年から15年という塗装の塗り替え目安を参考にして返済期間を決めましょう。

公的機関や自治体の特別融資、一般銀行のリフォームローン、クレジット会社が運営するリフォームローン、選択肢はいくつかありますが、公的機関は金利が安く、クレジット会社は金利が高くなります。

銀行はその中間くらいです。逆に、借入時の審査は公的機関、銀行、クレジット会社の順に緩くなります。

また、各自治体などが運営する各種補助金も、多くはないですが、外壁塗装に使えるものがあります。

対象となる条件が各補助金で異なっているので、該当するかどうか自治体に相談してみましょう。

安心して毎日が暮らせるように外壁塗装もできるだけ負担が少なくなるよう、費用の見直しの他に、資金にも工夫をしてみてください。