平屋の外壁塗装でも足場は必要?はしごや脚立じゃダメなの?

外壁塗装につきものなのが足場です。

一階建て住宅で、しかも屋根も低い建物であれば、それほど大げさに見える足場が必要なのか、疑問に思うこともあるでしょう。

屋根の塗装はせず、外壁のみの塗装であっても、足場は必要なのです。

足場を組むことのメリットについて、これから考えていきます。

平屋の外壁塗装でも足場は必要なのか?

足場の代わりに脚立やハシゴを使って工事はできる

平屋の外壁塗装工事の場合、業者さんにお願いをすれば足場を組まずに作業を行ってくれる場合があります。

その場合、足場の代わりに立脚やハシゴを使用して作業が行われます。

このようなものの準備ができるかどうか、ご自宅の形状で足場なしでも対応ができるのか、業者さんによって判断が分かれますので、どうしても足場を組まずに外壁塗装工事を行ってほしい場合は相談してみるといいでしょう。

ただし、塗装範囲は「外壁のみ」となることがある

無理に足場を組まないで塗装を終え害すると、当然ですが脚立やハシゴで届く範囲に限定されてしまうため、塗装範囲が外壁のみとなってしまいます。

また、塗装範囲が限定されてしまうこともあるばかりか、手抜き工事をされてしまう危険性もあります。

これからの説明では、主に外壁の塗装を中心に進めていきます。

屋根の塗装が必要な場合は、足場は必須です。

足場を使わなかった場合の外壁塗装工事にはデメリット

足場を組む目的は、安全性、効率、塗料の飛び散りや工具の落下を防止することにあります。

作業者の危険性が高まる

作業員の安全は、塗装業者であれば最も大事にしないといけない項目の1つです。

軒下がコンクリートである場合、脚立では滑って危ないことが多いですし、ぬかるんだ土でも、うまく脚立を固定できずに安全性が確保できません。

はしごでも同じです。もし無理矢理にやるとなると、脚立を持って、安全性を確保する要員が1~2名必要になります。

足場を組んであれば、道具を持ったままでも安心して作業ができますし、足場がぬかるんでいても、支柱をしっかり土中に差し込むことで安定します。

コンクリートなど打ち込みが不可能な場合でも、規格コンクリート品(ブロック)やH鋼材等の重量物を使用し、やらずを使うなどしてしっかり固定させます。

また、専用アタッチメントで、建物の壁に控え補強を設置する場合もあり、十分な強度で固定されるので、重量のある機械を持って作業する時も安心です。

作業がスムーズに行えず工期が延びることがある

作業の効率を高めるというのも大きなメリットです。

脚立では作業が終わると都合のよい場所に移動して、次の作業を進めることになります。道具を持って作業している場合は、それを一度おくスペースも必要になります。

移動のたびごとに脚立を降りる必要があるので非効率的です。

また、安全確認も移動するたびにしっかりしておかないと事故のもとになります。

このような作業をできるだけ減らそうとすると、無理な体勢で作業をすることになり、隅々まで丁寧にできません。

このような理由から、作業日数は多くかかります。業者としてはこれでは儲けがありませんから、早く仕事を済まそうと手抜き工事をしてしまう要因になります。

飛散防止シートが張れず周辺への飛散の可能性が高まる

足場の外側には、塗料が飛び散らないように飛散防止ネットを張るのが普通です。

吹き付け塗装をする場合では、特に近隣への飛散も含めて注意する必要があります。

脚立では飛散ネットを張るとなると、外側にスペースが別途必要で、なおかつ支柱なども必要になってきます。

足場を組むと移動がスムーズにできるだけでなく、足場自体が飛散防止ネットの支柱を兼ねることができ、狭いスペースでもネットを張ることができます。

飛散防止ネットは道具などの落下防止にも役に立ちます。1階の低い建物でも、上からものが落ちてきた場合、通行人にあたってけがをすることもあります。

歩道のある道路に面した家では、必ずつける必要があります。

もし、隣の車にペンキがついて修理工場に出さないといけなくなった場合、修理費用は20万円ほどかかるという事例もあります。

通行人にけがをさせてしまった場合は想像に難くないでしょう。

通常はこのような事故に対しては、塗装業者が補償する話ですが、もし、業者の意向を蒸しして、施工主が「どうしても足場を組まないで欲しい」とお願いしていたのであれば、施工主にも責任が問われ、補償しないといけないことになってしまいます。

屋根の塗装はしてもらえない場合が多い

普通、外壁塗装をする場合には、屋根も一度に御願いすると思います。

屋根だけというのはあっても、外壁だけというのはあまり聞きません。

塗料の耐用年数を考えて、同時にやってしまうのが効率的です。

屋根がトタンの場合、田舎では自分で塗り直している光景もよく見かけます。

隣が離れていれば足場を設けず、命綱を使って塗り直しをしている人も普通にいます。

だからといって、足場が必要ないということではありません。

安全性や作業効率を考えると、断然足場がある方が有利です。また、今時の作業者は命綱をつけて作業をする経験があまりないので、事故の危険性もあるでしょう。

業者側から言えば、「そのような作業はお断り」です。

契約時に屋根の塗装はしてもらえない場合がほとんどです。

結局、足場は組んだ方いい場合が多い

作業に集中できない環境では、作業が手抜きになる恐れがある

足場がないという理由で、多くの危険をおかしてまでも作業を承諾する業者はまずいないと思います。

前述したように、様々な理由で足場を組むのが嫌で、施工主のほうから足場を組むのを拒否した場合には、万が一の賠償が施工主にかかってきます。

ですから、足場は組んでおくべきです。

もし、足場を組まないで欲しいと交渉して、足場を組まない業者がいたとすれば、それは悪徳業者である確率が高いといえます。

塗装業者は万が一の事故に備えて「請負業者賠償責任保険」に加入しています。

しかし、ネットを張らずに事故を起こした場合、保険は降りず、全額補償を余儀なくされるのです。

そんな危険をおかす業者はまずいません。このような業者は、塗装も適当にやって終わらせてしまうでしょう。

屋根を別で塗装すると、工期がずれてかえって費用がかさむ

屋根だけ塗装、壁だけ塗装と別々に行ってしまうと、足場を組む作業が二重になってしまい効率的とはいえません。

立地環境や前回の塗装に使っていた素材や塗料によっても違ってきますが、できれば同時に行うことが経費を安くするコツです。

足場を使わないでやって欲しいと申し出てもまずは聞き入れてもらえないと思いますし、工期も長く、費用も多くかかる方法をあえて選ぶメリットはありません。

外壁塗装をする場合、立地環境で使う塗料は違ってくると思いますが、次の塗り替え時期が重なるように塗料等を選びましょう。

どうしても足場が必要な場合、足場の種類を低価格なものにするのも方法

足場が必要だけど、費用は抑えたいと考えるなら、足場の種類を価格の安いものに変更してもらうことはできます。

単管パイプだけを使った足場であれば、材料が少ない分、安くできます。

ただし、慣れた職人でないと固定ネジの締め方が不十分で安全性が確保できないデメリットもあります。

狭い場所に設置しないといけない場合も単管パイプだけを使った足場を使用することがあります。

まとめ

足場の値段は結構外壁塗装の金額に占める割合が高いと思う人も多いでしょう。

「足場代無料」といった業者の広告に目がひかれるかもしれません。

しかし、足場は安全性と効率性を優先させると、必ず必要なものです。

もし足場が必要ないという業者がいれば、まずは悪徳業者と疑ってみましょう。

どのような足場が必要かを見極めるのは難しいですが、単管足場でもOKな業者であれば、足場代を安くすることはできます。

施工費用を安くしたいのなら、足場の種類を変更できないか相談してみましょう。